漫画の地球儀

Apple MusicにiTunesの曲を同期する方法!【pc、スマホ、iPhone、Windows、Mac、android】

スポンサーリンク

Apple MusicにiTunesの音楽を同期

f:id:rick1208:20200720100225p:plain
Apple MusicにiTunesの音楽を同期する方法を解説します。今まで借りてきたCDなどをiTunesに同期させてからiPhoneiPadiPodに同期して使用していました。しかし、Apple Musicを使用し始めると、通常の同期ができなくなります。

これは、壊れたわけでも不具合でもなく、Appleの音楽同期そのものが必要なくなったため、操作ができなくなったのです。

説明不足のAppleに変わり、ここでは、わかりやすく、Apple MusicにiTunesの音楽を同期する方法を解説します。ここでは、iCloud経由で同期する方法、Apple Musicの設定に必要なことを記載していますので参考にしていただけたら幸いです。

Apple Musicとは

f:id:rick1208:20200721075943p:plain
Apple Musicは大人気音楽配信サービスで、運営はAppleになります。5,000万曲という世界最大級の曲数を誇り低価格で使用可能な点から人気沸騰中と呼ばれています。

プレイリストで、気分にあった音楽を配信してくれたり、友達聞いている音楽を共有したり、世界で人気の音楽をリアルタイムでチェックする可能ななどのメリットも多くあります。

またApple Musicは、iPhoneiPadApple WatchApple TV、MacCarPlayWindowsパソコン、Android搭載のスマートフォンタブレット、Sonosなど色々n端末で使用可能です。

iPhoneの機能でもある、「Siri」を使うことで簡単に操作も可能です。価格は一般で980円(学生は480円)で家族で使用したい場合のファミリープラン(1,480円)もあるのでニーズに合わせて使用可能です。

このApple Musicを使用している方に向けた記事が今回の「Apple MusicにiTunesの音楽を同期する方法」となっています。

iCloud ミュージックライブラリを有効にする

f:id:rick1208:20200720134650p:plain

iCloud ミュージックライブラリを有効にする方法ですが、iPhoneから設定アイコンを押してください。その後ミュージックを選びて設定することで、iCloud ミュージックライブラリを有効に可能です。

このiCloud ミュージックライブラリを使用するには、Apple Musicを使用していることが必須となります。
f:id:rick1208:20200721080006p:plain
上の画像の様にミュージックを押します。iCloud ミュージックライブラリは、Apple Musicを使用していれば表示されますので、表示されていない人は、Apple Musicに登録をしましょう。

ちなみにiCloud ミュージックライブラリが表示されていない画面は以下になります。Apple Musicに登録していない場合はこの様に表示されます。

気を付ける点として、Apple Musicに登録していないとiTunesでも表示されません。iTunesiPhoneが故障しているわけではありません。

ここから解説する、iCloud経由でCD音楽を同期する方法や、iCloud ミュージックライブラリの使用方法、音質問題やメリットデメリットなどは、Apple Musicに登録(使用)していることが条件になっていますので、お気をつけください。

この次は、iCloud ミュージックライブラリを有効にした場合どの様なことになるのかを解説します。慣れればiCloud ミュージックライブラリは大変有効で便利な機能です。

MacのパソコンとWindowsのパソコンを使用する場合はiTunesが必須となりますので、対象者の人は、iTunesのダウンロードをしておきましょう。

iCloud ミュージックライブラリを有効にするとどうなる?

f:id:rick1208:20200720134720p:plain
iCloud ミュージックライブラリを有効(オン、オフの設定が可能)にした場合どのようなことが起きるのと思いますか。

Apple Musicに登録(使用)している人はぜひチェックしてみてください。まだApple Musicに登録(使用)していない方も今後のためにチェックしてください。

そうれは全部の音楽の同期方法が今までと変わり、パソコンに保存して同期する必要がなくなるということです。全部の音楽がiCloud ミュージックライブラリに保存されるメリットはどのようなことなのと思いますか。気を付ける点なども同時にチェックしてください。

すべてのデバイスで自分自身自身のミュージックコレクションを楽しめる

f:id:rick1208:20200720152312p:plain
今までの音楽の同期は1回パソコン(iTunes)に接続してパソコンに同期させたいCDなどを保存しなければけませんでした。パソコンの容量を気にしたりしてうまく同期できないという方も多いと思います。

それだけではなく、iPhoneiPadiPodなどそれぞれに同期を行わなければミュージックを聞くことができず同期していなければ楽しめないというデメリットも過去のiTunes同期ではありました。

このような手間を無くし、すべてのデバイスで自分自身自身のミュージックコレクションを楽しめるようになったのが、iCloud ミュージックライブラリ(オン、オフの設定が可能)なのです。

iCloud ミュージックライブラリ(オン、オフの設定が可能)は上記のような問題を解決して、難しい操作をなるべく行わないよう誰もが使用可能な機能をApple Musicに登録(使用)している方に向けて提供しています。

音楽を自分自身自身で同期する必要はない

f:id:rick1208:20200720152327p:plain

今まではCDをレンタルショップなどで借りてきたり買ってきたりして、パソコンを立ち上げ、iTunesを開いてからCDの同期をやっていました。そのときにパソコンの容量なども気にしながら、CDのデータなども自身で記入したりと手間がかかっていました。

Apple Musicに登録(使用)している方限定ですが、iCloud ミュージックライブラリを有効(オン、オフの設定が可能)にするとこのような手間が省かれるメリットがあり、自分自身自身で同期する必要がないのです。

ではこれからのCDをレンタルしてきた場合どうすればiPhoneiPadiPodなどに同期させるのと思いますか。

その同期の方法やiCloud経由で入れる方法、Apple MusicにiTunesの音楽を同期することができない対処法やCD音源を同期する場合の気を付ける点などまとめていきます。

Apple MusicにiTunesの音楽を同期する方法

f:id:rick1208:20200720190319p:plain
では、Apple MusicにiTunesの音楽を同期する方法を解説します。iPhoneAndroid搭載のスマートフォンMacWindowsのパソコンでのApple MusicにiTunesの音楽を同期する方法を説明していますので、参考にしてください。

全部の端末で、Apple MusicにiTunesの音楽を同期するには、iCloud ミュージックライブラリを有効(オン、オフの設定が可能)にすることが大前提となります。

iPhoneAndroid搭載のスマートフォンMacWindowsのパソコン全でApple IDの登録も必要となります。気を付ける点なども同時にチェックしてください。

iCloud ミュージックライブラリを有効にする

f:id:rick1208:20200720192436p:plain
先ほども説明していますが、iPhoneAndroid搭載のスマートフォンMacWindowsのパソコンの全部の端末でApple Musicを使用する場合、iCloud ミュージックライブラリを有効(オン、オフの設定が可能)にしなければいけません。

これから解説する方法はすでにApple Musicに登録していることが大前提ですので、iCloud ミュージックライブラリが無い(表示されていない)時は先にApple Musicに登録しておきましょう。

iPhone

f:id:rick1208:20200721080110p:plain
iPhoneiCloud ミュージックライブラリを有効にするには、「設定」>「ミュージック」の順に選び、「iCloud ミュージックライブラリ」を押してオンに切り替えてください。(オン、オフの設定が可能)

気を付ける点として、Apple MusicあるいはiTunes Matchに登録していない場合はiCloud ミュージックライブラリは表示されないので、先に登録しておきましょう。

Android

f:id:rick1208:20200721072053p:plain
気を付ける点として、Android搭載のスマートフォンタブレットの場合は、iCloud ミュージックライブラリをオン、オフ(有効、無効)にする設定はありません。

Apple MusicあるいはiTunes Matchを登録しているApple IDを使用して、Android搭載のスマートフォンタブレットApple Musicを使用してください。

またこのようにiCloud ミュージックライブラリを設定できない端末は、Android搭載のスマートフォンタブレットApple TVなどの端末も含まれます。

MacWindows

f:id:rick1208:20200721072156p:plain
MacWindowsiCloud ミュージックライブラリを有効にするには、iTunesのダウンロードをしておく必要があります。まだMacWindowsiTunesをダウンロードしていない場合は先にダウンロードを済ませておいてください。

MacWindowsiTunesのダウンロードが済んでいる人はこの後の設定を行いましょう。Macの場合、Macのコンピュータの画面上部に表示されているメニューバーから、「iTunes」>「環境設定」の順に選びます。

Windowsのパソコンを使用の人は、WindowsのパソコンでiTunesウインドウの上部にあるメニューバーから、「編集」>「環境設定」の順に選びます。

ここまでは若干、MacのパソコンとWindowsのパソコンで設定手順は異なりますが、ここからは同じ設定手順となります。

どっちのパソコンも「環境設定」を開いてから、「一般」タブで、「iCloud ミュージックライブラリ」を選びて有効にします。(オン、オフの設定が可能)これで、iCloud ミュージックライブラリを有効になります。

気を付ける点は以下になります。

MacのパソコンとWindowsのパソコンでどっちもiCloud ミュージックライブラリが表示されていない場合はApple MusicあるいはiTunes Match に登録していない場合はCloud ミュージックライブラリは表示されないので、先に登録しておきましょう。

Apple MusicにiTunesの音楽を同期する

f:id:rick1208:20200720092014p:plain
上記の設定を終了すると、iCloud ミュージックライブラリが有効になるので、全部同じアカウントで接続している端末は自動で同期されます。あとはApple Musicを楽しむだけで、同期が可能ですのでお試しください。

上記の設定がうまくいかず、繋がらない(同期できない)場合は以下に記載している、コンテンツがすべてのデバイスに表示されない場合の対処法をごチェックください。

また気を付ける点も同時にチェックしてください。

コンテンツがすべてのデバイスに表示されない場合の対処法

f:id:rick1208:20200720085652p:plain
上記のiPhoneAndroid搭載の端末、MacWindowsのパソコンなどの全部のデバイスで、Apple Musicが同期できない(表示されない)場合で考えられる原因と対処法を解説します。気を付ける点としては、大半の場合設定側の設定ミスが原因です。

ログインできていない

f:id:rick1208:20200718093803p:plain
複数のApple IDを所持している人は少ないと思いますが、Apple Musicを使用するには、Apple Musicを登録(契約)しているApple IDアカウントが必須となります。使用したい端末でログインできているのかをチェックしましょう。

Apple Musicを使用(登録)している、Apple IDでログインできなければ、iCloud ミュージックライブラリ自体表示されませんのでご注意ください。

また先ほども解説しましたが気を付ける点として、Android搭載の端末では、iCloud ミュージックライブラリのオン、オフ(有効、無効)の設定は可能でせん。

バージョンをチェックしよう

f:id:rick1208:20200718045752p:plain
使用している端末が最新バージョンなのかチェックしてみてください。iPhoneiPadiPod touchなどは最新バージョンのiOSがダウンロードされているのかをチェックします。最新のiOSがダウンロードされていない場合はダウンロードしましょう。

MacのパソコンとWindowsのパソコンでどっちもiTunesが最新バージョンがダウンロードされているのかもチェックしてください。

Macパソコンの場合はiTunesのチェックと同時にmacOSが最新なのかもチェックして、iTunesmacOSも最新バージョンでないのであれば、iTunesmacOSも最新バージョンをダウンロードしてください。

特にiTunesはバージョンアップは定期的にチェックしておきましょう。

上記の対処法をチェックできたら、オリジナルのミュージックライブラリが入っているコンピュータで、Apple Musicに登録しているApple IDでiTunesにサインインします。

Apple IDでiTunesにサインインしたあとは、その端末でiCloud ミュージックライブラリを有効にしてください。

その後、コンピュータ画面の上部あるいはiTunesウインドウの上部にあるメニューバーから、「ファイル」>「ライブラリ」>「iCloud ミュージックライブラリをアップデート」の順に選びます。

Android端末の気を付ける点としては、アプリが最新かチェックしておきましょう。以上がコンテンツがすべてのデバイスに表示されない場合の対処法となります。

Apple MusicでCD音源を同期する方法

f:id:rick1208:20200717164727p:plain
先ほどまで解説したのは、Apple MusicにiTunesの音楽を同期する方法でした。ここからの解説は、Apple MusicでCD音源を同期する方法です。

昔からiTunesを使用している方ならわかると思いますが、今まではMacパソコンやWindowsパソコンにダウンロードしたiTunesに1回CDをダウンロードしてパソコン経由で同期しなければいけませんでした。

今回解説する方法は、MacパソコンやWindowsパソコンの容量を使用してパソコン経由で同期させるのではなく、別の方法での同期の方法となります。

なぜ今までと同じではできないのかというと、iCloud ミュージックライブラリを有効にした場合(オン、オフの設定が可能)ですが、オフにした場合過去にダウンロードしたApple Musicの曲などが消去されてしまいます。

Apple Musicを使用している人は、曲を再ダウンロードする手間が起きるので、無闇矢鱈にiCloud ミュージックライブラリをオフには可能でせん。

しかし今までのiTunes経由でCDをiPhoneiPadの端末に同期させる方法は、iCloud ミュージックライブラリを無効(オフ)にしなければできない仕様となっています。

Apple Musicを使用していてダウンロードした曲を消去したくない(再ダウンロード)人は以下の方法でCD音源を同期することが可能ですので、参考にしてみてください。以下の方法でのメリットもデメリットも合わせて説明しています。

音楽は iCloud経由で入れる

f:id:rick1208:20200717120736p:plain
上記で解説した通り、iCloud ミュージックライブラリをオフにすると、Apple Musicでダウンロードした曲などは消去されてしまうというデメリットがあるため、簡単にiCloud ミュージックライブラリをオフに可能でせん。

iCloud ミュージックライブラリをオフにできないということは今まで通りの同期(iTunesから端末への同期)が可能でせん。それに変わって同期する方法が、 iCloud経由で同期させるという方法です。

iCloud経由でCDの音源を同期させるメリットもデメリット、気を付ける点などもあるので一緒にチェックしてください。ただし、Apple Musicを使用している人はほぼ iCloud経由で同期させるしか方法はありません。

気を付ける点としては、どっちの同期もiTunesは必要となります。

  1. ***iCloud経由のメリット

f:id:rick1208:20200717120713p:plain
iCloud経由のメリットはやはり、手軽さと容量保存です。

例えばiPhoneiPadを使用している人は、通常の同期の方法では、MacWindowsのパソコン経由(iTunes)で同期しないといけないので、iPhoneiPadそれぞれとMacWindowsiTunes)に接続して同期をしないといけません。

しかし、iCloud経由の場合保存先がiCloudなので、パソコン(iTunes)と端末を直接接続する手間がいらなくなります。また端末全部にiCloud経由で音楽を聴くことが可能なのですごく便利になります。


またiPhoneiPadなどの端末は購入時に容量が決まっています。例えば32Gの容量で3万曲の音楽を同期させようとすると容量オーバーとなり曲を消去したり減らしたりするしか方法がありませんでした。

しかし、iCloud経由の場合、旅行先でも全部の曲が自由にiCloud経由でダウンロード可能なので、容量を気にする必要がなく音楽を楽しめます。

言わばドラえもんの四次元ポケットのように、好きな時に好きな分だけ取り出すことが可能なのがiCloud経由のメリットになります。

圧倒的に端末の容量削減が可能なので、大きな容量の端末を購入するコストも抑えられるのです。そしてiTunesを入れているパソコン(WindowsMac)の容量も気にする必要がなくなります。

気を付ける点「自動的にダウンロード」

f:id:rick1208:20200717112630p:plain
iOSの設定の「ミュージック」内にある「自動的にダウンロード」をオフにしておかないと、ライブラリ全曲をダウンロードしようとしますので、ストレージ容量に合わせて設定しておきましょう。

この設定をしなければ、容量がいっぱいになってしまいます。メリットが半減してしまうのでお気をつけください。

iCloud経由のデメリット

f:id:rick1208:20200717112630p:plain
iCloud経由のデメリットは大きく分けて2つです。「通信量の増加」と「音質」になります。

説明していくと、メリットでもお伝えした、iCloud経由はiCloudに一時保存していて必要な分だけ取り出すという、ドラえもんの四次元ポケットのようなものです。

この出し入れ(ダウンロード)をするのに通信量が必要となります。多くの曲を一気にダウンロードすることはないと思いますが、Apple Musicを使用している方とApple Musicを使用していない方では、このダウンロードする分通信量が増加するのでお気をつけください。

こればかりは現代の技術でやり方のないことだと思いますが、どうしても最高の音質で聞きたいという曲はCDを別で購入して聴くようにしましょう。


また最大のデメリットも言えるのが音質です。聞き分けられるほどではないのですが、CDよりもiCloud経由は音質が悪くなります。手軽さというメリットを維持するのでに音質の低下というデメリットが発生した形となっています。

このようにiCloud経由のメリットもデメリットも解説しました。気を付ける点として、音質を取るか、音質は妥協して手軽さを選ぶかになります。

私は、音質が多少悪くなっても沢山の音楽を楽しめる手軽さが魅力的に感じるので、音質は妥協し、音質を妥協したくない曲やアーティストのCDを別で購入しようと思います。

どれくらい音質が異なるのかについてはこのあと解説します。またデメリットも記載していますが、あまり気にする必要はないと思います。iTunesと端末を直接接続して同期させる手間に比べたら大したことのないデメリットです。

iTunes(パソコン)に直接接続させて同期させるにすごく時間がかかるので、同期させていない人も多かったのではないと思いますか。

iCloud環境での作業の流れ

f:id:rick1208:20200717112604p:plain
手順は以下になります。全部のiPhoneなどの端末やMacWindowsiTunes)で同じApple IDを使用してログインしてください。

パソコン、MaciTunesでCDをリッピング

パソコン、MaciTunesでCDをリッピング(取り込み)します。iTunesが最新バージョンなのかチェックしてください。最新バージョンではない場合iTunesをアップデートしましょう。
i
iTunesiCloudミュージックライブラリと照合してマッチング・アップロード実行します。iCloud経由で曲を保存します。あとは自動で音楽が聴けるようになります。

このように、iTunesiCloudミュージックライブラリと自動で照合してくれるので作業は以上になります。

iCloud経由での音質

f:id:rick1208:20200717110832p:plain
CDをiTunesリッピング(取り込み)した時は、Apple MusicやiTunes Storeと同等のAAC 256kbpsという形式で保存されます。

圧縮音源となり、音質が低下します。今までのiTunesから端末に接続する方法よりも音質が低下します。(今まではCDの音質同等のAppleロスレス形式で保存可能でした。)

iTunesで今までの音質で聞けなくなるデメリットはありますが、その分今までの作業(iTunesに直接接続する方法)がなくなるので、メリット、デメリットを吟味して使用しましょう。

iCloudでの同期を早くしたい時は

f:id:rick1208:20200717110219p:plain
iTunesで、リッピングした曲をiCloudにアップするのは基本的には自動行われますが、一向に始まらない場合は、手動でアップデートしましょう。

Apple MusicのiCloud経由でCD音源を同期する場合の気を付ける点

f:id:rick1208:20200717024046p:plain

iTunesを使い、Apple MusicのiCloud経由でCD音源を同期する場合の気を付ける点を解説します。

重要 ・アルバム内は1つのアートワークで統一されてしまう

f:id:rick1208:20200716061917p:plain
iCloudミュージックライブラリをオンにするとiTunesではアルバムの1曲目のアートワークで2曲目以降が上書きされます。統一されるので、気をつけてください。

アップロード処理が終わってもiTunesで曲を消去してはいけない

f:id:rick1208:20200715213107p:plain
CDをiTunesにアップロードすると、iCloud経由で曲を聴けるようになりますが、iTunesにダウンロードした曲は消去しないようにしましょう。

理由としてはApple Musicを解約した時にデータも消えてしまうので、最悪ダウンロードしたCDも聞けなくなります。

マッチング処理とは何か

f:id:rick1208:20200715213121p:plain
マッチング処理とは、Apple Musicにある曲データを使う手法で、人気曲など何百万人から同じ楽曲のファイルがアップロードされるので、Appleのストレージを削減するのでマッチングになるのです。

アップロードすることができない曲の条件

アップロードすることができない曲の条件は以下の通りです。

元のファイルサイズが200MBを超える曲
曲の長さが2時間を超える曲
曲のビットレートが96kbps以下の曲

この条件にはお気をつけください。

iTunesApple Musicをオフにしてませんか?

f:id:rick1208:20200721155658p:plain

iTunesからiCloudにアップロードされないため、iPhoneにも反映されません。iTunesではApple Musicをオンにしておきましょう。

Apple MusicにiTunesの音楽を同期できない時の対処法

f:id:rick1208:20200715154625p:plain
以上の対処法でApple Musicを有効に使用して、CDからの音源もiCloud経由で聞いてみてください。全部の端末で「iCloud ミュージックライブラリ」をオンにすることだけは忘れないでください。