漫画の地球儀

iTunesで重複した曲を一括削除する方法!【音楽、iPhone、Mac、スマホ、pc、楽曲、Windows】

スポンサーリンク

重複した音楽、曲を一括消去する方法「重複曲のチェック」

f:id:rick1208:20200720100225p:plain
長年「iTunes」を利用して音楽を管理していると、楽曲が重複している事が十分考えられます。問題はどの楽曲が重複しているかの判断です。先ずは重複しているかのチェック方法を見ていきましょう。

完全に重複する項目をチェックする手順

f:id:rick1208:20200720095837p:plain
iTunes」には「重複する項目を表示」させるメニューが用意されています。とても便利な機能なので以下その手順を解説します。

先ずは「iTunes」を起動させると、メニューバーを表示した状態でトップ画面が表示されます。(Windows)
f:id:rick1208:20200720191552p:plain
iTunes」が起動すると「ミュージック」に切り替えましょう。
f:id:rick1208:20200720192245p:plain
最近のiTunesでは、メニューバーを表示した状態でトップ画面が表示されます。
f:id:rick1208:20200720192321p:plain
最近のiTunesでは、起動すると、メニューバーを表示した状態で開きます。「メニューバー」の左端にある「ファイル」を「Shift+クリック」します。
f:id:rick1208:20200720192331p:plain
次に「ファイル」メニューの中の「ライブラリ」を選びます。
f:id:rick1208:20200720192339p:plain
「ライブラリ」のサブメニューの中の「完全に重複する項目を表示」を押します。

重複している曲の情報をチェックする手順

f:id:rick1208:20200720192346p:plain
「ファイル」メニューの中の「ライブラリ」のサブメニュー「完全に重複する項目を表示」を利用して重複する楽曲の一覧を出した後に、「曲の情報」をチェックする手順をチェックします。
f:id:rick1208:20200720192355p:plain
重複している楽曲一覧の一つを選びて右押し、「曲の情報」を押します。
f:id:rick1208:20200720192403p:plain
「曲の情報」をクリックすると選択された曲の詳細情報が表示される。続いて「ファイル」タブを押して該当ファイルの場所をチェックします。
f:id:rick1208:20200720192411p:plain
「ファイル」タブを開くと、画面下にファイルの場所・ファイル名が表示されています。

重複した音楽、曲を一括消去する方法「エクスプローラー」

f:id:rick1208:20200720092014p:plain
Windowsパソコンの「エクスプローラー」を利用して不要な重複曲を一括して消去する事が出来ます。

エクスプローラーで重複している曲を検索して消去する手順

f:id:rick1208:20200720192436p:plain
エクスプローラー」の検索ボックスに指定文字を記入して一括消去するファイルを検索します。
f:id:rick1208:20200720192446p:plain
iTunes」で取り込んだ楽曲は「ミュージック」フォルダに保管されています。検索対象フォルダである「ミュージック」を開きます。
f:id:rick1208:20200720192458p:plain
画面右上に「検索ボックス」が有ります。ここに検索する条件式を記入します。Windowsの場合の形式はダブルコーテーションの中に文字列を入れます。
f:id:rick1208:20200720193320p:plain
通常楽曲ファイルは「曲名、拡張子」となっています。重複した曲のファイルは、曲名の末尾に半角スペースと半角数字が追加されています。

重複した曲(今回消去したいファイル)のファイル名の最後が、「△1、mp3」の場合は、検索ボックスに" △1、mp3"と記入します。(△は1つのブランク)
f:id:rick1208:20200720193337p:plain
重複した曲(今回消去したいファイル)のファイル名の最後が「△1、m4a」の場合は、検索ボックスに" 1、m4a"と記入します。すると対象ファイルの一覧が表示されます。
f:id:rick1208:20200720193401p:plain
消去対象ファイルの一覧が表示されると、1つを選び、続けてキーボードから「Ctrl+A」を押し、全選択をします。
右押し消去を選択
f:id:rick1208:20200720193410p:plain
全選択されたファイルの上で右クリックすると、サブメニューが表示され、その中の「消去」をクリックすると選択されたファイルが一括消去されます。

重複した音楽、曲を一括消去する方法「ライブラリ」

f:id:rick1208:20200718093803p:plain
iTunes」で管理されている楽曲ファイルをWindowsの「エクスプローラー」で一括消去すると、「iTunes」の中では整合性が取れない状態が発生している場合があります。

これを解消するので「iTunes」のライブラリーの機能を利用して整合性を確保する方法があります。

存在しない曲をライブラリから消去する手順

f:id:rick1208:20200718045752p:plain
「プレイリスト」と「スマートプレイリスト」を使用して、「存在しない曲」をライブラリから一括消去して整合性のある状態に修正します。
f:id:rick1208:20200721064644p:plain
ライブラリーの整合性を修復するには、まず「iTunes」を開きます。
f:id:rick1208:20200721064657p:plain
次にメニューバーにある「ファイル」を押します。
f:id:rick1208:20200721065332p:plain
「ファイル」メニューの中の「新規」をポイントし、表示されるサブメニューの中の「プレイリスト」を押します。
f:id:rick1208:20200721065341p:plain
仮の名前「プレイリスト」を「消去用」と記入します。名前は任意ですが、ここでは「消去用」とします。
f:id:rick1208:20200721065355p:plain
「消去用」フォルダの中に、iTunesに取り込んだすべてのアルバムをドラッグ&ドロップして追加します。
f:id:rick1208:20200721065404p:plain
楽曲の他に、取り込んだポッドキャストやムービーも同様に「消去用」フォルダにドラッグ&ドロップします。
f:id:rick1208:20200721065413p:plain
次にメニューバーの中の「ファイル」を押します。
f:id:rick1208:20200721065555p:plain
「ファイル」メニューの中の「新規」をポイントし、表示されるサブメニューの中の「スマートプレイリスト」を押します。
f:id:rick1208:20200721065605p:plain
「プレイリスト」には実ときに存在する楽曲等が登録されていて、ライブラリの中には実とき存在しない曲が残っているので、これらを突き合わせて、存在しない曲等をリストアップする条件式を上図の通り設定します。
f:id:rick1208:20200721065615p:plain
ライブラリに存在しない曲がリストアップされました。これらは重複していた「△1、m4a」のファイルで、「エクスプローラー」により一括消去したものです。
f:id:rick1208:20200721065744p:plain
存在しない曲がリストアップされたら、キーボードより「Ctrl+A」を押して全部選びます。
f:id:rick1208:20200721065812p:plain
存在しない曲を全部選びたら、右押して、サブメニューの中の「ライブラリから消去」を押して一括消去します。

重複した音楽、曲を一括消去するときの気を付ける点

f:id:rick1208:20200717164727p:plain
長年「iTunes」を使用している場合、ライブラリに重複分が有るかどうかをチェックして、
有れば一括消去すると良いでしょう。一括消去する場合の「気を付ける点」があります。

重複音楽、曲をゴミ箱へいれて完全消去する

f:id:rick1208:20200717120736p:plain
まったく同じ曲がライブラリに存在する場合は、コンピュータのディスクスペースを費消しているだけなので、「重複した音楽、曲を一括消去する方法」を参考にして「完全消去」して下さい。

重複する楽曲ファイルが多く存在すると、その分コンピュータのディスクの容量を費消しています。もしディスクの残容量が少ない場合は、「完全に重複する項目」を調べて、必要なら「完全消去」しましょう。

重複音楽、曲を再度iTunesに追加する可能性がある場合はコンピュータに残しておく

f:id:rick1208:20200721070740p:plain
曲を消去する場合、"元フォルダは残す"・"元フォルダごと消去する"の2つの選択肢が有ります。もし「元フォルダごと消去」する場合には、「iTunes」の管理下ではなく、「ゴミ箱」に音楽ファイルが移動(復元不可)してしまうので注意しましょう。

f:id:rick1208:20200721070754p:plain
AAC(Advanced Audio Coding)規格で読み込まれた場合の音声ファイルの拡張子は「、m4a」です。従来より「mp3」が使用されていますが、AAC規格はMP3規格が進化したもので音質が重視されています。

「環境設定」メニューの中に「読み込み設定」があり、この画面(上図参照)でAACを含め4種類から選択可能です。