漫画の地球儀

FaceTimeの使い方、設定方法!【iPhone、iPad、Mac、iOS、通話、アプリ、端末】

スポンサーリンク

FaceTimeとは?

f:id:rick1208:20200712122505p:plain
「Face Time」は、iPhoneiPadMacの間で使える無料通話サービスです。Face Timeの機能は、ビデオ通話(FaceTime)と音声通話(Face Timeオーディオ)の2つがあります。お互いに顔を見ながら会話をしたり電話と同様に音声で通話が可能です。

iPhoneユーザーである家族や友人同士で電話するときにFace Timeを利用して通話をすれば、大手携帯会社に割高な通話料を払う必要はありません。

モバイルデータ通信でFace Timeを使用するとしても、消費するパケット通信量にかかる費用は通話料に比較してかなり格安であることに加え、通話の音質もOKレベルだからです。ここではFace Timeの設定方法や使用方法を解説します。

iOSで使用可能な通話アプリ

f:id:rick1208:20200712122715p:plain
Face Timeを使用可能なのは、次の端末になります。この数年以内に買ったiOS端末、MacならばFace Timeを制限なく使用可能です。iPhoneであればiPhone 4以降なら確実に可能であり、iPadならばiPad 2以降、iPad miniiPad Proなら大丈夫です。

しかもiPodTouchでも使用が可能です。iPod touch 第4世代以降(音声通話はiPod touch 第5世代で対応)しており、さらにiOSのパソコンの端末でもあるMacでも使うことが可能です。MacならばMac OS X v10、6、4 Snow Leopard以降です。

なお、Wi-Fi環境で使用するには、iPhone 4s以降とiPad 第3世代以降が必要です。

FaceTimeの機能

f:id:rick1208:20200712105433p:plain

Face Timeの欄には「ビデオ」マークと「受話器」マークがあるのはご存知でしたか?ビデオはビデオ通話のことで、受話器は音声のみの通話です。Face timeといえばビデオ通話の印象が強いと思いますが音声通話も行う使用方法も可能です。

Face Timeの機能を使えば便利に通話を行うことが可能ですのでFace Timeの機能をここではご解説します。

ビデオ通話

f:id:rick1208:20200712122742p:plain
通話中に、例えば家族の元気な姿やペットの様子や遠く離れた家族の姿など顔を見て話したい、音声だけでは伝わりづらい場面ではビデオ通話に切り替えたくなることもありますよね。そんなときは音声通話中に画面に表示されている「FaceTime」の
表示をタップ。

要するにFace Timeの機能の一つとしてあるビデオ通話の機能を使うのです。簡単にビデオ通話に切り替えることが可能です。ちなみに、ビデオ通話からは音声通話に切り替えるボタンは表示されません。
顔を見ながら通話が可能

Face Timeの使い勝手がいい理由としては何よりも相手の顔を見ながら会話をすることが可能なということです。遠くにいる家族はもちろん、友人や恋人などとFace Timeの使用方法を覚えればすぐに行うことが可能です。

相手の表情を見れるというのがかなり便利ですよね。

音声通話

f:id:rick1208:20200712122813p:plain
ビデオ通話に定評があるFace Timeですが、じつは音声通話にも対応しています。Face Timeアプリを起動すると、ビデオ、オーディオを切り替える使用方法が可能なのです。顔を見ながら電話すると気恥ずかしい友人とのやり取りにも便利ですよね!

私もFace Timeはたまに使いますが友達はオーディオの機能で音声通話にすることが多いのです。

FaceTimeの使用環境

f:id:rick1208:20200712073848p:plain
こんなに便利なFace timeの機能ですが実はFace Timeを使うにあたってFace Timeの使用環境というのがあります。

どんな使用環境が必要なのでしょうかそこでここではFace Timeの使用環境をiOSの端末ごとに分けてご解説します。

iPhoneの対応機種と使用可能な通信環境

対応機種 Wi-Fi 3G 4G LTE
iPhone5以降
iPhone4s 〇 ×
iPhone4 × ×

もうあまりiPhone4のユーザーは大半いないかと思いますが、iPhone4のみWi-Fiの通信環境が必要になるのですね。

iPhoneFaceTimeの使用方法を教えてください。 | よくあるご質問(FAQ) | サポート | ソフトバンク

iPadの対応機種と使用可能な通信環境

f:id:rick1208:20200712015304p:plain

対応機種 Wi-Fi 3G 4G LTE
iPad mini以降
iPad(第三世代) ×
iPad2 × ×

iPhoneなどの携帯は頻繁に使うものですから買い替えることも多いかと思います。しかし、iPadに関してはまだ古いものをお持ちの方もいるでしょう。それでもWi-Fiの通信環境があればFace Timeを使うことが可能です。

iPadFaceTimeの使用方法を教えてください。 | よくあるご質問(FAQ) | サポート | ソフトバンク

Macの対応OSと使用可能な通信環境

f:id:rick1208:20200711213111p:plain
Macを利用してFace Timeを使用するときには音声通話はもちろんですが、ビデオ通話をするには、次の条件が必要です。インターネットに接続していることであり、Apple ID を利用して「FaceTime」にサインインしている状態ということです。

Apple ID をお持ちでない場合は、Apple ID アカウントのWebサイトにアクセスして無料で簡単に登録可能です。Face Timeビデオ通話もあるので内蔵あるいは接続されたマイクが必要です。Face Timeビデオ通話には、内蔵あるいは接続されたカメラも必要です。

FaceTimeの設定方法

f:id:rick1208:20200711202646p:plain
iOSでFace Timeを使用するにはまず、設定をしなければなりません。そこでここではiOS搭載のiPhoneであったり、Macであったりそれぞれに分けて設定方法をご解説します。

iPhoneの設定

まずFace Timeの使用方法として設定をする必要があります。ホーム画面で「設定」のアプリを押します。
f:id:rick1208:20200712134245p:plain
下にスクロールしていくと「Face Time」という項目があるので「Face Time」」を押します。
f:id:rick1208:20200712134251p:plain
上記の画面になりましたらFace Timeがオンかオフになっているかをチェックしてください。

オフになっていれば、これをオンにします。iPhoneであれば、この設定だけで電話番号によるFace Time使用が可能になります。

以上でiPhoneでFace Timeの使用方法の前の設定が終了になります。この設定だけ行っていれば簡単にFace Timeをいつでも使うことが可能です。

iPadの設定

f:id:rick1208:20200712151829p:plain
iPadでFace Timeを使用する場合は、まず使用方法を覚える前に設定する必要があります。FaceTimeApple IDを使用を押して、Apple IDにサインインする必要があります。

iPadでは電話番号を使えないので、原則としてApple ID(Appleのアカウントとして登録したメールアドレス)がFaceTime用の連絡先情報として利用されます。またiPhoneの場合と同様にApple IDとは別に着信用のメールアドレスを追加も可能です。

Macの設定

f:id:rick1208:20200711185357p:plain
MacFaceTimeを使用する場合は、「アプリケーション」にダウンロードされている「Face Time、app」を起動して、Apple IDでサインインします。

Apple IDにサインインしたらFace Timeを使うことが可能です。ここからiPhoneと同様な使用方法で使用可能です。ちなみに、同じWi-Fiに接続しているiPhoneがあれば、MacからのFaceTime発信にiPhoneの電話番号を使うように設定することも可能です。

FaceTimeの発信方法

f:id:rick1208:20200711175638p:plain

音声通話やビデオ通話ができ、なおかつ使用費用も安くすむ便利なFace Timeを知ってしまったら早く使いたいですよね。そこでここではFace Timeの発信方法やFace Timeの使用方法をご解説します。

名前、メールアドレス、電話番号を記入

f:id:rick1208:20200711170910p:plain
iPhoneでFace Timeを利用して発信する使い人はまず「Face Time」のアプリを押して起動します。
f:id:rick1208:20200712151911p:plain
Face Timeを一回行っている相手だとFace Timeのアプリの中に履歴が出てきます。なのでその人にすぐに発信したい場合にはタップをすると発信することが可能です。新しく別の人とFace Timeをしたい場合には画面の右上にある「+」を押しましょう。
f:id:rick1208:20200712151923p:plain
すると上記の画面のように新しいFace Timeという表示が出ます。Face Timeの使用方法としてそこに発信したい相手の名前を打ち込むと発信したい相手の名前が表示されます。
f:id:rick1208:20200712151932p:plain
ここでFace Timeのオーディオ通話を使うのかビデオ通話を使うのかという2択が表示されます。ビデオ通話で発信したい使用方法の場合には上記の画面のようにビデオ通話のアイコンを押します。

発信したい相手の情報画面からあるいはを選択

f:id:rick1208:20200712151939p:plain
ちなみにiPhoneの「連絡先」に登録されている相手なら、連絡先情報からFace Timeへ発信することが可能です。履歴から相手に発信する使用方法も可能です。
f:id:rick1208:20200712151947p:plain
履歴には上記の画面のようにFace Timeの通話履歴も表示されます。Face Timeと書いてある人ならばタップすればすぐにFace Timeで発信する使用方法を行うことができ、かけ直す使用方法も可能です。

FaceTimeの着信方法

f:id:rick1208:20200711160753p:plain
Face Timeの電話がかかってくると、普通の電話と同様にロック画面で応答可能です。応答(緑の受話器ボタン)を押して応答します。ビデオ通話の場合は、カメラの映像が表示されます。

iOS8以降ではFaceTimeの通話中に電話がかかってくると、割り込み通話機能の使用が可能になります。話し中の通話を切って新しい着信を受けたり、話し中の通話を保留にして新しい着信を受けたり新しい着信を拒否したりといった使用方法もできて便利です。

着信に応答する

f:id:rick1208:20200712152005p:plain
Face Timeで着信が来たら簡単に応答することが可能です。特に特別なことはありません。自分自身が話し中であれば「終了して応答」を押してみましょう。通常であれば「応答」という緑のマークを押すとFace Timeに出れます。

使い人は何も特別ではありません。LINEのオーディオでかかってきた電話も同様に電話を出る使用方法で使用することが可能です。

着信を拒否する

f:id:rick1208:20200712152011p:plain
また、通常の音声通話と同様に着信拒否設定も適用可能です。着信拒否の設定方法は2種類。まず着信拒否をしたい人の連絡先画面を下へスクロールさせると、「この発信者を着信拒否」を押せば着信を拒否することが可能です。

着信拒否の使い人はやっぱり何度も電話がかかってくるような迷惑行為をしている相手などに使うといいでしょう。自分自身が連絡先を消しても相手はあなたの連絡先を知っているので着信拒否の使用方法を覚えたら使った方がいいでしょう。
f:id:rick1208:20200712152021p:plain
連絡先以外にも着信拒否の設定をする方法があります。「設定」のアプリを開いて下にスクロールすると「Face Time」という項目があるのでそちらを押しましょう。すると次の画面になり上記の画面のようになります。

電話番号による着信拒否の設定が可能なので、登録外の番号を着信拒否したい場合はこの使用方法で着信拒否をしましょう。連絡先に入っていない人を着信拒否する使用方法にはとても便利な方法です。

スリープ状態での着信

f:id:rick1208:20200712152036p:plain

iPadiPhoneがスリープ中に、誰かからFaceTime通話がかかってくると、このような画面になります。 画面の上部には、呼び出し元の相手の名前が表示されています。 「スライドで応答」と書かれたスライドバーを左から右にスライドさせると、通話が出来ます。

これはFace Timeだけではなくスリープ状態であれば他の着信を受け取る方法と同じです。スリープ状態でも電話に応答する使い人は簡単ですね。

起動中の着信

f:id:rick1208:20200712152052p:plain
iPadiPhoneを操作しているときってありますよね。その時に誰かからFace Time通話がかかってくると、上記の画面のようになります。「応答」 ボタンを押すと、Face Timeで通話することが出来ます。

操作をしていてFace Timeを出る使用方法も簡単ですね。逆に「拒否」 ボタンを押すと、すぐさま呼び出しは止まります。 相手の画面には「Face Time可能でせん」と表示されます。

「メッセージで返信」

f:id:rick1208:20200712152058p:plain
Face Timeから電話がかかってきたときにもしiPhoneで電話に出れない時にはテキストメッセージを送信する使用方法もあります。「メッセージ」というボタンを押すと定型文が表示されます。文面を選択すれば相手にメッセージが送られます。

そうすると文面を選びたとき、相手に「ただいま電話に出る事が可能でせん・・・」という音声が流れます。この「メッセージ」ボタンの使い人は押すだけで相手に長くコールをさせないというメリットもあります。

「後で通知」

f:id:rick1208:20200712152105p:plain
iPhoneにFace Timeの着信があった場合、上記の画面のようになります。今は出れないからあとでかけなおすというときには「後で通知」を押します。
f:id:rick1208:20200712152116p:plain
着信が来て「後で通知」を押すと、「1時間後」か「ここを出るとき」かを選択することが可能です。どっちかを選びたときに、相手に「ただいま電話に出る事が可能でせん・・」という音声が流れます。使用方法としては1時間後なら教えてくれます。

まるでアラームのような役割を果たしてくれますね。

何よりも嬉しいのがiPhoneiPadだけではなくMacでもFace Timeを使うことが可能なということですね。Macだと大画面になりますし、iPhoneiPadだと手軽に通話を行うことが可能です。私も毎日Face Timeは使用しているくらいです。

ぜひこの機会にFace Timeを利用してみてください