漫画の地球儀

iPadがフリーズして反応しない原因、対処法!【固まる、止まる、アプリ、不具合、パソコン】

スポンサーリンク

メモリ

f:id:rick1208:20200711213111p:plain
iPadを使用しているときに突然フリーズしてしまう現象に困っていませんか?どうしてiPadがフリーズしてしまうかの原因を知っておかなければ、どのような対処法をとればいいかわかりません。

iPadがフリーズしてしまったときのメモリが原因となる対処法を説明していきましょう。

メモリの容量不足

f:id:rick1208:20200711204424p:plain
iPadがフリーズしてしまう一番の原因としてあげられるのが「メモリの容量不足」です。メモリは仕事をするときに使う机のようなもので、1回に広げられる机は可能なだけ大きい方がいいです。

iPadを正常に稼働させるためにも、ある程度はメモリに余裕がある状態の方がいいです。同時に大量のアプリが起動されている状態だと、メモリは大量に使用されている状態になるので、使用可能なメモリがなくなりフリーズしてしまいます。

iPadがフリーズしてしまったときは、起動しているアプリを1回終了させることで改善させることが可能です。

アプリの強制終了

f:id:rick1208:20200711204218p:plain
iPadのメモリの容量ぼ足でアプリを使用しているときに、メモリの処理が追い付かずにiPadがフリーズしてしまいます。

アプリを使用した後にそのままホームボタンを押してアプリを終わらせていると、バックグランドでアプリがまだ動いている状態になってしまいます。

iPadの処理にどんどん負荷がかかってしまうので、アプリを完全に終了させる癖をつけるようにしましょう。

写真や動画を撮ったり、アプリをダウンロードしていくとどんどんiPadのデータは膨らんでいくので、必要のないデータや使用していないアプリは消去して容量に余裕を持たせましょう。

本体の強制リセット

f:id:rick1208:20200711203951p:plain
iPadのスリープボタンを押しても反応しなくなって、どうすることができなくなった状態になってしまったときには、iPhoneを強制リセットしてみてください。

iPadを強制リセットするのでには、iPadの「ホーム」と「スリープ」のボタンを同時に長押ししてください。途中で画面に「電源オフ」のスライダーが表示されるのですが無視してください。

10秒以上長押しすると、画面が急に真っ暗になって電源がオフになります。ちょっと時間がたってから、スリープボタンを長押しすると電源がついてアップルの尾久が出てきて立ち上がります。

アプリ

f:id:rick1208:20200711203915p:plain

iPadの本体がフリーズしてしまう原因としては、使用しているアプリが原因で本体がフリーズしてしまうことがあります。

iPadがフリーズしてしまう原因として、使用しているアプリのバグが原因になっていることもあります。使用しているアプリでフリーズしてしまう原因と対処法を説明していきます。

アプリの不具合

f:id:rick1208:20200711203555p:plain
アプリが原因でiPadがフリーズしてしまうことがあります。アプリのソフトウエアが悪さをしてしまってiPadがフリーズしてしまうのです。

いつも使用するときにアプリが起動させるとフリーズしてしまう場合は、アプリそのものに原因があると考えるべきと思います。

もし思い当たるアプリがあるなら、1回アプリをアンダウンロードしてから再度ダウンロードしてみることで改善されることがあります。

ゲームなどのアプリが原因となっているときには、消去する前にデータの引き継ぎを残しておくようにしてください。また、iPadiTunesに接続するとフリーズしてしまうこともあります。

アプリの強制終了

f:id:rick1208:20200711202646p:plain
バックグランドで動いているアプリを終了させるためには、ホームボタンを2度押した後に上にスワイプするとバックグランドで動いているアプリを終了させることが可能です。

バックグランドでアプリが作動しているとメモリの容量不足になってしまいiPadがフリーズしてしまう原因になってしまうので、アプリを強制リセットする必要があります。

何回開いてもフリーズしてしまうアプリがあるときには、アプリをアンダウンロードすることで解決します。

アプリをアンダウンロードして、もう1回ダウンロードすることでバグが改善されて、iPadがフリーズしてしまう原因が修復されることもあります。

バッテリー

f:id:rick1208:20200711185357p:plain
iPadがフリーズしてしまう原因としてバッテリーがあります。バッテリーが消耗していてフリーズしてしまうこともあるので説明していきます。

iPadの本体で、バッテリーが消耗していると、メモリが反応しない状態だったり処理が遅くなってしまいフリーズの原因になってしまうことがあるので、バッテリー不足でフリーズしてしまいます。

バッテリーが消耗している

f:id:rick1208:20200711213706p:plain
iPadがフリーズする原因として、バッテリーが不足していることがあります。バッテリーが減ったことで、iPadの処理が重くなってしまいメモリが反応しないのでフリーズしてしまうことが考えられるので充電してみてください。

バッテリーを充電しても本体のメモリが反応しない場合は、本体のバッテリー自体が弱くなっていることもあるので、充電が上手くできていない場合にはアップルストアなどでの修理が必要になることもあります。

バッテリーを充電する

f:id:rick1208:20200711220019p:plain
iPadの本体が正しく充電されているかチェックしてください。iPadを充電器に差し込むと、充電画面にバッテリーマークが表示されます。

本体に充電画面が表示されないときは、USBケーブルなどに原因があることもあるので、本体が反応しない状態で充電画面が表示されなければ、USBケーブルの断線などもチェックしてみてください。

USBケーブルが原因で充電できていない

f:id:rick1208:20200711061439p:plain
iPadを充電器に挿したときに充電画面が表示されているかチェックしてください。1時間経過しても充電画面が表示されないのであれば、プラグやUSBケーブル、電源アダプタをチェックしてみましょう。

コードの断線や故障が原因だったり、ほこりなどのごみが付着していることが原因になることもあるので気を付けてください。

パソコンに接続して再起動する

f:id:rick1208:20200711060847p:plain
iPadをパソコンに接続している状態で再起動することで、データが消去されることなく強制終了して再起動することが可能です。

強制終了や強制リセットしたときに、iPadにあるデータが消去されてしまうことがあるので、バックアップを取っておいたり、パソコンに接続して強制終了や強制リセットなどの再起動をしてください。

iPadをパソコンと接続してからしてアップデートする

iPadとパソコンを接続して「iTunes」を開きましょう。「ホームボタン」と「上部ボタン」を同時に押します。リカバリーモードの画面が表示されるまで長押しを続けましょう。

アップルのロゴが表示されても、リカバリーモードの画面が表示されるまで長押しを続けると「復元」か「アップデート」を選択する画面が表示されます。

「アップデート」を選択すると、iPadのソフトウエアをダウンロードしてリカバリーモードは終了します。

リカバリーモードでアップデートすると初期化されてしまうので、バックアップをしておくように気を付けてください。

iPadのフリーズの予防方法

f:id:rick1208:20200711055824p:plain
iPadがフリーズしてしまう原因にはいくつかありますが、予防方法を知ることで、フリーズしてしまうことを極力減らすことも可能なので予防方法を解説します。

アプリにバグがありアンダウンロードすることでフリーズが解消されたり、強制終了や強制リセットをすることでメモリの容量不足を解消することも可能です。

メモリの容量不足でフリーズしてしまうことが多く、アプリをアンダウンロードすることでフリーズは大半解消されるのですが、あらかじめ予防方法を知っておくことでiPadのフリーズを防止可能です。

メモリの容量不足に注意する

f:id:rick1208:20200711220405p:plain
メモリの容量が不足していると、フリーズしてしまう原因になってしまうので使用していないアプリはバックグランドでも動いていないように強制終了させておきましょう。

写真や動画以外にも、アプリをたくさんiPadに入れておくとメモリの容量不足になってしまうので、使用していないものは消去するようにしてください。

アプリをアップデートする

f:id:rick1208:20200711220411p:plain

iOSやアプリをアップデートやアンダウンロードすることで、バグの修正なども行っています。最新バージョンがあるならアップデートする癖をつけておきましょう。

今までフリーズの原因となっていたアプリでもアンダウンロードしたりアップデートすることでフリーズしなくなることもあります。

定期的に電源を切る

f:id:rick1208:20200711220429p:plain
iPadの電源を定期的に切ることで、バックグランドで使用されているメモリの容量不足が解消します。

普段使用されているデータの処理もすることが可能なので、iPadもパソコンと同様に定期的に電源を切ってあげることが重要です。

iOSをアップデートする

f:id:rick1208:20200711220439p:plain

使用しているiPadのアプリのバージョンのせいでiPadのフリーズが起きている可能性もあります。

iOSのアップデートでバグなどの修正がされているので、iPadのフリーズがバグによるものであれば、アップデートすることでフリーズの対策になります。