漫画の地球儀

Googleフォームの使い方!【メリット、スマホ、pc、アンケート、写真、共有、画像、ユーザー】

スポンサーリンク

Googleフォーム

f:id:rick1208:20200717165332p:plain
満足度調査や商品アンケート、はては卒業論文の意識調査など、色々な用途でアンケートツールを使用することがあると思います。

しかし、フォームの作成や集計には手間がつきものです。その時点でやる気がなくなってしまうから使用方法が簡単なものがあれば、という方におススメなのが、Googleが提供するサービス「Googleフォーム(グーグルフォーム)」です。

アンケート等のフォームを作成することが可能な無料のツール

f:id:rick1208:20200717163021p:plain
GoogleフォームとはGoogleが無料で提供している、アンケートなどのフォームを作成することが可能なツールです。

Googleフォームは、作り方・使用方法も簡単でありながら高度なフォームを作成でき、集計も簡単に使用可能です。

Googleフォームの便利な使用方法、メリット

f:id:rick1208:20200717163045p:plain
そんなGoogleフォーム(グーグルフォーム)とはどれほど便利なのか、と思う方もいると思います。ここではGoogleフォームの便利な使用方法・作り方やそのメリットについて説明していきたいと思います。

初心者でも簡単にフォームの作成が可能

f:id:rick1208:20200717140656p:plain
Googleフォームのメリットは、何よりもまず、初心者でも可能な使用方法になっているため、簡単に記入フォームを作成することが可能であるという点です。

簡単に情報収集が可能

f:id:rick1208:20200717120713p:plain
これまで、記入フォームを作成し、その機能をカスタマイズしようと思うと、どうしてもプログラミングの知識など専門知識・技術が必要でした。

アンケート機能を使用可能なサービスはいくつかありますが、使用方法が難しいかったり、基本的に集計が面倒な点が多いものがあるのも現状です。アンケートなのですから一括で集計しようと思うと手間がかかってしまいます。

作り方も簡単に思えながらもやはり多少のHTMLなどの知識が必要なこともありますので、なかなか手に付けられない、という人もいると思います。

Googleフォームとは、そんな不安を払しょく可能なほど初心者でも簡単に記入フォームを作成可能なサービスです。基本的な端末の操作方法が分かっていれば、プログラミングの知識などがなくても作成が可能です。

情報収集したい場合は、作成したフォームをSNSなどで拡散し、それを自動集計してくれますので、情報収集が簡単に行えます。

選択肢形式のアンケートも可能ですし、記入してもらう形式のアンケートも作成が可能ですので、自分自身の思ったような調査ができ、その点がメリットの1つでもあります。

個人的な問い合わせフォームとして使用可能

f:id:rick1208:20200717112630p:plain
サイト運営を個人でしていたりすると、どうしても個人的な問い合わせフォームが必要な方もいることと思います。可能ななら使用方法が簡単なものが欲しい所です。

無料のWebページ作成サイトには基本的にフォーム作成が可能な機能があるところも多いですが、それをまとめてチェックして、となるといささか使用方法の面で手間な部分があります。

Googleフォームは、そのような問い合わせフォームの作成も可能なほか、サイト運営していなくても、卒業論文で必要な意識調査などのための個人的な用件でのフォームとして使用することも可能ですので、その点もGoogleフォームのメリットになります。

色々なテンプレートが用意されているのでデザインに困らない

f:id:rick1208:20200717112604p:plain
Googleフォームは、ただアンケートページ・問い合わせページを作成する以外にも、そのデザイン性もこだわることが可能な点もまた、大きなメリットと言えます。

テンプレートとはデザインの下地です。概要はどれも同じですが、色合いや画像などそれぞれに対する色々なテンプレートが存在しています。

気軽にアンケートの作成が可能

f:id:rick1208:20200717110832p:plain
Googleフォームのテンプレートはさまざま用意されていて、今や利用者も多いためWeb検索をかければ使用方法や作り方・カスタマイズ方法などの情報がたくさん可能です。

そのような情報を参考にしながら試行錯誤しつつ、簡単に自分自身好みのデザインのフォームを作成可能なのがGoogleフォームのメリットの1つです。

また、アンケートの作成そのものは難しいことはなく、気軽に作成が可能です。アンケートを設置したいけれど使用方法が難しいとなかなか作成するのが面倒で、という人には、Googleフォームは最適なツールと言えると思います。

色々なデバイスで簡単に作成・回答が可能

f:id:rick1208:20200717110219p:plain
今やスマホを所持していない人の方が少ない時代です。パソコン、スマホタブレットとデバイスの種類も色々あり、ホームページを作っているとそれぞれの画面に合わせて最適な表示に可能なよう設定されています。

基本的に、自分自身でアンケートを作成しようとすると、そのようないわゆるレスポンシブデザインが必要になってくる場合もあり得ますが、Googleフォームはそれが必要ありません。

スマホからでも回答が可能

f:id:rick1208:20200718045752p:plain
GoogleフォームとはGoogleが作っているサービスです。検索エンジンの中でも1、2を争うほどの企業ですから、そのようなことにはもちろん対応しています。

なので、パソコンから以外にも、スマホからもアンケートへの回答が可能です。アンケートもスマホから作成することが可能ですので、双方の使用方法の面でデバイスの種類に左右されません。

バイスに左右されず回答してもらえる、自分自身も作成・集計が可能なのは、このご時世にはなくてはならないメリットと言えると思います。

回答の集計はスプレッドシートで自動集計

f:id:rick1208:20200717110156p:plain
アンケート調査をしていて最も面倒と言えるのは回答の集計です。Googleフォームでは、回答の集計は同じくGoogleが提供しているスプレッドシート(エクセルのような表計算アプリ)で自動的に集計されます。

多くの回答があっても手間にならない

f:id:rick1208:20200717024046p:plain
回答数が増えるにつれ、集計はかなり手間になります。紙のアンケートを集計したことのある人は分かると思いますが、それを行うのはかなり面倒ですし手間ですし、量が多ければ多いほど投げ出したくなります。

SNSなどで拡散して集めたアンケートであればなおさら多くの回答があることと思います。そのような多くの回答の集計を自分自身ではなくGoogleスプレッドシートでやってくれますので、自分自身は集計結果を見るだけで済むような感じです。

使用方法そのものも単純で、ちょっとの作業で集計を行ってくれますので、集計が面倒、と考えてアンケート調査を忌避していた方にとっては、これはかなりのメリットなのではないと思いますか。

複数人で共有することも可能

f:id:rick1208:20200716061917p:plain
Googleドキュメントやスプレッド―シートは設定さえすれば複数人で共有することが可能です。Googleフォームも同様で、複数人でフォームを共有することが可能です。

共有とは、作成した本人以外にも編集もしくはコメントもしくは見ることが可能な機能を言います。

前述した集計結果もGoogleスプレッドシートですので共有が可能です。アンケートを複数人で管理して行いたい場合にも、この共有機能はかなり便利ですので、大きなメリットになることは間違いないと思います。

Googleフォームの基本的な作り方

f:id:rick1208:20200715213107p:plain
さて、ではGoogleフォームの基本的な作り方の説明に移動しましょう。作り方・使い人は簡単に行うことが可能です。

なお、GoogleフォームとはGoogleのサービスだと説明しましたが、使用のためにはGoogleアカウントが必要になります。Googleアカウントを作っていない人は、Googleアカウントを作ってからグーグルフォームの作り方の手順をチェックしてください。

手順

f:id:rick1208:20200715213121p:plain
さて、ではGoogleフォーム(グーグルフォーム)の作り方・使用方法の手順の説明に入りましょう。

Googleアカウントへログイン

まず最初はGoogleアカウントへログインしてください。下記リンクを開きましょう。
Google


f:id:rick1208:20200718045917p:plain
右上に「ログイン」があれば、アカウントへログインするのでそこを押してください。すでにログインしているアカウントがある場合でGoogleフォームを作成したいアカウントではないのであれば別のアカウントへログインを行いましょう。
f:id:rick1208:20200718045941p:plain
メールアドレスもしくは電話番号を記入してください。
f:id:rick1208:20200718045950p:plain
「次へ」を押します。
f:id:rick1208:20200718050003p:plain
次にパスワードを記入しましょう。
f:id:rick1208:20200718063023p:plain
パスワードの記入が終了したら、「次へ」を押します。それでログインは終了します。

Googleドライブにアクセス

f:id:rick1208:20200718063030p:plain
次にGoogleドライブへアクセスしてください。Googleドライブへのアクセスですが、ログイン後表示されたページの右上に四角が9つ表示されていますので、それを押してください。
f:id:rick1208:20200718063047p:plain
「ドライブ」を押します。

Googleドライブが起動したら、左上にある「新規」を押しましょう。
f:id:rick1208:20200718063058p:plain
メニューが表示されますので、「その他」にカーソルを合わせてください。
f:id:rick1208:20200718063106p:plain
Googleフォーム」を押してください。
f:id:rick1208:20200718063114p:plain
Googleフォームのページが開きます。
f:id:rick1208:20200718065836p:plain
まず、フォーム全体のタイトル――アンケートタイトルといった方が分かりやすいと思いますが、それを記入します。
f:id:rick1208:20200718065849p:plain
「フォームの説明」の部分は、そのフォームの内容が何を示すのかという説明文を記入します。どのような調査なのか、どのような目的で行うのかなどを記入しましょう。
f:id:rick1208:20200718065858p:plain
質問の編集ですが、「無題の質問」となっている部分が質問のタイトルにあたる部分になります。質問したい内容を記入しましょう。
f:id:rick1208:20200718065908p:plain
「選択肢1」は選択肢やそのほかの項目を追加する部分になります。
f:id:rick1208:20200718065917p:plain
選択肢を追加したい場合は、「選択肢を追加あるいは「その他」を追加」を押しましょう。
f:id:rick1208:20200718071624p:plain
ラジオボタン」となっている部分は、選択肢の選択方法などの選択が可能です。
f:id:rick1208:20200718071635p:plain
選択方法などの種類は下記の通りになります。

種類 内容
記述式 記述式の解答欄。短文用。
段落 記述式の解答欄。長文用。
ラジオボタン 選択肢のうち1つだけを選びたい場合に使用。選択肢少なめの場合におススメ
チェックボックス 複数選択式の場合に使用する選択肢。
プルダウン 選択肢のうち1つだけを選びたい場合。選択肢がかなり多い場合(都道府県名など)に使用おススメ
ファイルのアップロード先 回答者にファイルのアップロードを行ってほしい場合に使用。(信頼可能な相手の場合のみおススメの機能)
均等目盛 均等な目盛りの設置。評価点などを何段階評価で、という場合などに使用する形式。
選択式(グリッド) 二つの条件を提示し、合致するものを1つ選びてもらう形式の選択肢。
チェックボックス(グリッド) 二つの条件を提示し、合致するものを1つ選びてもらう形式の選択肢。
日付 日付の記入欄を作成
時刻 時刻の記入欄を作成

f:id:rick1208:20200718072344p:plain
均等目盛、選択式(グリッド)、チェックボックス(グリッド)は分かりにくいので例示画像を作成しましたので参考にしてみてください。
均等目盛、選択式(グリッド)、チェックボックス(グリッド)の見本
f:id:rick1208:20200718072353p:plain
質問の追加は、右側にある「+」ボタンをクリックで行います。質問と質問の間に挿入することも可能です。内容の作り人は上記の質問の編集と同じですので、説明は割愛します。
f:id:rick1208:20200718072705p:plain
フォームの背景色などの変更は、カラーパレットから行います。画面上部にあるパレットマークを押してください。
f:id:rick1208:20200718072713p:plain
使用したい色を選びてください。
f:id:rick1208:20200718072723p:plain
選択すると現在の画面の色も変化しますので、参考にしていろいろ試してみてください。
f:id:rick1208:20200718072733p:plain
また、各質問の三点リーダー(「・・・」が縦に並んだもの)をクリックすると、回答ごとに次のセクションへ移動させることが可能です。
f:id:rick1208:20200718074020p:plain
f:id:rick1208:20200718074026p:plain
終了したら、1回プレビューで内容をチェックしてみましょう。プレビューは画面右上にある目のマークをクリックで可能です。別タブが開きます。
f:id:rick1208:20200718074035p:plain
プレビューを見て内容が問題なければ、「送信」を押してください。
f:id:rick1208:20200718074044p:plain
フォームの送信方法の選択になります。

メールタブでは、メールアドレスなどを記入し、その送信先の人に回答してもらいたい場合に使用します。記入が終了したら「送信」を押してください。
f:id:rick1208:20200718074055p:plain
クリップマークはURLの欄です。短縮URLを作成することも可能です。これをSNSなどにペーストて収集することも可能です。(ツイッターフェイスブックはボタンからフォームを送信することが可能です。
f:id:rick1208:20200718074115p:plain
また、ホームページを所持していて埋め込みたい場合は、「<>」の部分を押して埋め込む大きさなどを調整してください。
f:id:rick1208:20200718074123p:plain

Googleフォームのデザインに写真を挿入する方法

f:id:rick1208:20200715154625p:plain

さて、Googleフォームの中に写真を挿入したい場合もあると思います。そのような場合の使用方法・作り方について説明していきます。

オリジナルの写真を挿入する手順

f:id:rick1208:20200715141815p:plain
まず、画像を挿入する手順の説明から入りましょう。挿入可能な画像は、パソコン内の画像以外に、Googleドライブに保存してある画像も可能です。

以前は作ってからテーマの編集が可能だったのですが、現在はテーマを後から編集することは可能でせん。画像の挿入とカラーの変更で可能だからだと思われます。

しかし、Googleフォームの基本の形式はどれも同じですので、写真を追加し、アンケートのヘッダ部分に画像を挿入することが可能です。ヘッダ部分へ写真を追加したい場合は、パレットボタンを押してください。
f:id:rick1208:20200718074232p:plain
「画像を選択ボタン」を押してください。
f:id:rick1208:20200718074242p:plain
ヘッダ部分に挿入可能な画像が表示されます。それぞれテーマに沿ったものを選択するなどして、好きなように編集してください。
f:id:rick1208:20200718074251p:plain
なお、自分自身が所持している画像を挿入したい場合は、「画像をアップロード」もしくは「あなたのアルバム」を選びましょう。
f:id:rick1208:20200718074358p:plain

テーマを選択からテンプレートを選ぶことも可能

f:id:rick1208:20200718074404p:plain
テーマの選択は、Googleフォーム作成時に行うことになります。先ほどGoogleフォームを開くとき、横にさらに矢印がありましたが、そこで「テンプレートから」をクリックすることで選択可能です。

テンプレート選択後も、画像の挿入・差し替えが可能です。

アンケートの中に画像を組み込むことも可能

f:id:rick1208:20200718074411p:plain
アンケートの中に画像を組み込むことも可能です。横にある稼働メニューの画像ボタンから行ってください。その下のボタンから動画を挿入することも可能です。
f:id:rick1208:20200718074421p:plain
質問タイトルに画像を一緒に設置することも可能ですので、画像を提示したうえでの選択肢、というのも可能です。質問タイトル横の画像ボタンから挿入が可能です。
f:id:rick1208:20200718074428p:plain
選択肢に画像を設置したりということも可能ですので、画像そのものを選択肢とすることも可能です。選択肢横に画像ボタンが表示されれば挿入可能です。

なお、選択肢の種類(プルダウンなど)によっては画像を追加可能でせんので、その点は気を付けてください。

Googleフォームの回答をチェックする方法

f:id:rick1208:20200718074437p:plain
さて、Googleフォームの回答をチェックする方法の説明に移動しましょう。先ほど作成したもので回答結果をチェックする使用方法ですが、質問ごと、ユーザーごとでそれぞれ回答をチェックすることが可能です。また、スプレッドシートで集計した回答のチェックも可能です。

回答のチェックは、各Googleフォームの「回答」から可能です。

質問ごとに回答をチェック

f:id:rick1208:20200718074444p:plain
質問事の回答のチェックは、「概要」部分から可能です。各アンケートフォームの内容ごとに回答内容をチェックすることが可能です。

ユーザーごとに回答をチェック

f:id:rick1208:20200718074451p:plain
回答したユーザーごとの回答をチェックしたい場合は、「個別」を押してください。それで回答者ごとの内容が順にチェック可能です。
f:id:rick1208:20200718074501p:plain
回答者の切り替えは<>の矢印から可能です。真ん中の数字は、件数が多い場合などで任意のものを出したい場合に便利です。

スプレッドシートで回答をチェック

f:id:rick1208:20200718074507p:plain
スプレッドシートで回答をチェックしたい場合は、スプレッドシートのマークを押してください。
f:id:rick1208:20200718074525p:plain
スプレッドシートの選択になります。基本的には「新しいスプレッドシートを作成」で問題ありません。
f:id:rick1208:20200718074534p:plain
「作成」をクリックすると、スプレッドシートが開きます。回答一覧がスプレッドシートにまとめられて表示されますので、最終的な一覧としても使用可能なと思います。

Googleフォームでアンケートを作るときのコツ

f:id:rick1208:20200714183341p:plain

さて、Googleフォームでのアンケートの作り方・使い人は分かったと思いますが、初めて作成する場合はどのようなアンケートにすればいいか分からないと思います。

そんな方向けに、Googleフォームでアンケートを作るときのコツを説明していきたいと思います。

質問項目を絞る

f:id:rick1208:20200714182633p:plain
まず一つ目は質問項目を絞ることです。アンケートをしたことのある人は分かると思いますが、あまりに質問項目が多いと、回答者側は苦痛を感じることもあります。

それにより、途中から回答が適当になる人も多いので、正しい回答を得られない場合も十分にあり得ます。それでは本末転倒ですよね。

可能なだけ回答してもらいたいのであれば、どうしても多くなる場合はやり方ないですが、それ以外は基本的に質問項目は可能なだけ厳選するようにしましょう。

選択肢形式を使用するのが好ましい

f:id:rick1208:20200714180444p:plain

アンケートの内容であったり、質問の項目にも左右されますが、可能なだけ回答方法は選択肢形式の使用をお勧めします。

記述式の場合、個々人で内容が異なるため情報を得やすい半面、テキストを記入することそのものが負担となることもあります。また、記述式だと何と回答していいか分からず、適当な回答になるということも十分にあります。

また、選択肢形式にしても、それに当てはまらないという人もいると思います。そういう方のために、選択肢以外の「その他」の選びを用意しておいて、そこにテキストを記入可能なようにしておくことが望ましいです。

その上、選択肢形式にすれば、集計するとき、自分自身も比較的楽に集計が可能です。基本的に、記述形式にするとどうしてもそれぞれを見る必要が出てきますので、自身の負担にもなりにくい、というメリットは大きいです。

Googleフォームは簡単に作成でき、集計も手軽に可能なため、アンケートや問い合わせフォームに使用するにはうってつけのサービスになります。

これまでアンケートなどを行うことをためらっていた人、問い合わせフォームの作成をどうしようか悩んでいた人は、ぜひ使用してみてください。