漫画の地球儀

ゆうちょPayの使い方、メリット!【iPhone、android、スマホ、pc、店舗、評判、口コミ、アプリ】

スポンサーリンク

ゆうちょPay

f:id:rick1208:20200711160652p:plain
株式会社ゆうちょ銀行は、GMOペイメントゲートウェイ株式会社とタッグを組み、2019年2月からスマホ決済サービス「ゆうちょPay」を始動しました。ゆうちょPayはスマホとゆうちょ銀行の口座があれば、誰でもスタート可能な仕組みのサービスです。

ゆうちょの新しいスマホ決済サービス

f:id:rick1208:20200711160753p:plain
5月8日にアプリのリリースがスタートしたゆうちょPayは、利用者の多いゆうちょ銀行から誕生したスマホ決済サービスとして注目されています。ゆうちょPayが対応している店舗ならば現金を引き出す必要がなく、スマホ一つで支払いが可能です。

QRコードスマートフォンを使用

f:id:rick1208:20200711160824p:plain
ゆうちょPayとはクレジットカードが不要でQRコード決済をベースとしたスマホ決済アプリです。スマホアプリ画面に表示されるQRコードを読み取るかタブレットに表示されるQRコードを読み取れば決済が可能な仕組みとなっています。

しかもゆうちょPayなら駅の券売機から現金を引き出すことも可能です。ゆうちょ銀行の口座を所持していれば使用することができ審査や年齢制限などもありません。使用代金は紐づけたゆうちょ銀行の口座から即時に引き落とされます。

ゆうちょPayは他のスマホ決済とはちょっと異なることが分かると思います。ここではゆうちょPayについて使用方法やその仕組みを解説します。スマホ決済をまだ使用したことの人もぜひ参考にしてみてください。

ゆうちょPayの仕組み

f:id:rick1208:20200711113408p:plain
ゆうちょPayはゆうちょ銀行の口座と直結しているためクレジットカードが必要ありません。要するにゆうちょPayを始めるには銀行口座とスマホがあれば良いということになります。

これまで現金主義を通してきた人も、ごく自然にスマホ決済をスタート可能なと思います。ではまずこのゆうちょPayの仕組みを解説します。

口座引き落としの仕組みは?

f:id:rick1208:20200711163845p:plain
ゆうちょPayの支払いの仕組みとしては、ゆうちょPayに対応している店舗でユーザーがスマホ画面に表示された「QRコード」を提示して、お店側が読み取ることによって決済を行います。又は店舗が表示するQRコードスマホで読み取れば決済可能です。

するとゆうちょ銀行の口座から自動的に支払われます。ゆうちょPayは使用に関してゆうちょ銀行の口座を必要としていて、登録したゆうちょ銀行の口座から即時に引き落とされ、使用の通知メールが届く仕組みとなっています。

イメージとしては、デビットカードに近い使用方法になることが考えられます。今までのキャッシュレス決済と違い「事前のチャージ」が必要ないことが大きなコツです。

ゆうちょPay導入済みの銀行

f:id:rick1208:20200711061505p:plain
ゆうちょPayは一見するとゆうちょ銀行以外では使用できず制限を感じられますが、実ときは他の銀行口座でも使用可能です。ゆうちょPayは、GMOペイメントゲートウェイ社との連携によって誕生したサービスとなっています。

GMOペイメントゲートウェイ社は、横浜銀行の「はまPay」や、福岡銀行熊本銀行親和銀行の「YOKA!Pay」を運営していて、ゆうちょPayの導入に関しても他行との相互連携が打ち出されています。

現在、導入済みの銀行はゆうちょ銀行以外に「株式会社横浜銀行」「ふくおかファイナンシャルグループ 株式会社福岡銀行」の2行です。

さらにふくおかファイナンシャルグループ 株式会社熊本銀行、株式会社親和銀行、りそなグループ 株式会社りそな銀行、株式会社埼玉りそな銀行、株式会社近畿大阪銀行などとの相互連携が予定されています。

決済サービスだけではなく、銀行としての利便性を高める連携が期待されていて色々なサービスの拡大が進んでいるとのことです。地方銀行も続々とゆうちょPayに参入しているので、今後ますます拡大へ繋がると考えられます。

手数料はかかる?

f:id:rick1208:20200711060934p:plain
ゆうちょPayは初期登録も年会費も無料です。ゆうちょPayの目玉機能でもある「キャッシュアウト」では東急線各駅(東京・神奈川)の自動券売機から、ゆうちょ銀行口座の現金を引き出すことが可能です。

スマホ決済が使えない場所でも、スマホ1つで現金が引き出せる銀行系スマホ決済サービスならではの機能と言えます。この「キャッシュアウト機能」の手数料については、2019年6月30日までは「無料」です。

それ以降は2020年1月3日まで108円、2020年1月14日からは平日8:45〜18:00以外の手数料が216円となります。

ゆうちょPayのメリット

f:id:rick1208:20200711060847p:plain

ゆうちょPayの仕組みを解説しましたが、次にゆうちょPayのメリットを解説します。メリットを知ってゆうちょPayが自分自身に合っているかチェックしましょう。

メリット

f:id:rick1208:20200711055744p:plain
もし既にゆうちょ銀行の口座を所持しているならゆうちょPayのスタートはとても簡単です。前述したようにゆうちょPayではクレジットカードが必要ないため、アプリをダウンロードするだけで手軽に始められる点は大きなメリットと言えます。

その他のゆうちょPayのメリットを見ていきましょう。

スマホでカンタン決済

f:id:rick1208:20200711163927p:plain
ゆうちょPayを使用すればスマホだけで決済が可能で、買い物や飲食店での支払いに使用することが可能です。ゆうちょPayはゆうちょ口座と直接リンクしている為事前のチャージは一切不要です。また払込取扱票による公共費用等の支払いにも対応しています。

スマホで簡単に支払うことが可能なのでお財布要らずで、荷物も少なく済む上小銭の心配もなくなるためメリットが多いです。ゆうちょPayが色々な店舗で普及すればATMからお金を引き出す必要がなくなると思います。

審査不要・年齢制限なし

f:id:rick1208:20200711055653p:plain
ゆうちょ銀行のキャッシュカードを使用している人であれば基本的に誰でもゆうちょPayを使用可能です。ゆうちょPayは銀行口座との直結型でクレジットカードを介在させない仕組みのため、未成年の方でも問題なく使用でき審査や年齢制限もありません。

新たにやるべきことはゆうちょPayアプリをダウンロードするだけです。ゆうちょ銀行の口座を所持していれば審査不要で、アプリをダウンロードし設定を終了すれば申し込み当日から使えます。

口座から即時引き落とし

f:id:rick1208:20200711163957p:plain
ゆうちょPayで決済するとその分が即座に銀行口座から引き落としされます。口座残高よりも高い支払いはできない仕組みですので使いすぎを防止することが可能な点は大きなメリットです。

クレジットカードだとついつい使いすぎて請求がきた時に後悔する人も多いと思います。ゆうちょPayであればその心配はありません。

ゆうちょPayは口座残高より多くの支払いはできず制限はありますが、それでも使い過ぎが心配であれば使用限度上限を設定しましょう。1日あたり200万円までの上限内で設定が可能です。

安心・安全

f:id:rick1208:20200710224536p:plain
ゆうちょPayの口座引き落としはとても安全で利用しやすい機能と言えます。従来のスマホ決済はクレジットカードの登録やチャージが必要ということがあり、セキュリティ安全対策に不安があるという意見が多くありました。

ゆうちょPayは公益企業の日本郵政グループのキャッシュレス決済ですので、セキュリティ対策やそのシステムの安定性はとても高いです。さらに口座引き落としという「わかりやすさ」から、機械が苦手な人でも安心して使用が出来るアプリと言えます。

「クレジットカードを持ちたくない」という人にも大きく受け入れられそうです。

機種変更時の手続きが簡単

f:id:rick1208:20200710224515p:plain
おサイフケータイが面倒なのは、機種変更時のデータ移行方法と言えます。特に事前にチャージするプリペイド式の電子マネーの場合は、データ移行を忘れて残高が使えなくなる事態を避ける必要が生じます。

その点ゆうちょPayは銀行Payなのでデータ移行の手間が小さく、機種変更後の新しいスマホで再度アプリをダウンロードして、設定したID、パスワードを記入するだけで使用可能な点が大きなメリットと思います。

バックアップから復元した場合は、ID・パスワードの記入だけで再使用が可能な仕組みです。使用したスマホを売却する場合や処分する場合は旧端末からアプリを必ず消去しましょう。初期化するのが無難です。

アプリのダウンロード

f:id:rick1208:20200710221921p:plain
では次にゆうちょPayの使用方法を解説します。既にゆうちょ銀行の口座を所持していればゆうちょPayのスタートはとても簡単です。まず最初はゆうちょPayのアプリをダウンロードしましょう。

ダウンロード方法

f:id:rick1208:20200711164132p:plain
ゆうちょPayのアプリはiPhone版とAndroid版に両方に対応していますので、以下のリンクからそれぞれダウンロードしてみてください。

iPhone

f:id:rick1208:20200711164140p:plain
App storeから「ゆうちょPay」アプリをダウンロードします。

Android

f:id:rick1208:20200711164559p:plain
Android端末を使用している人はGoogle Play Storeから「ゆうちょPay」アプリをダウンロードしましょう。

初期設定

f:id:rick1208:20200711165104p:plain
ゆうちょPayのアプリをスマホにダウンロードしたら、アカウント登録し初期設定を行いましょう。

初期設定方法

f:id:rick1208:20200711165113p:plain
スマホにダウンロードしたアプリを起動し「ご使用を始める」を押します。「アカウント登録」を選びましょう。

iPhone

f:id:rick1208:20200711165124p:plain
iPhoneにアプリをダウンロードした後はまずメールアドレスとログインIDを登録しましょう。設定したメールアドレスに6桁のチェックコードが届くので、その数字をアプリに記入し認証を行います。
f:id:rick1208:20200711165240p:plain
次にアカウント情報を登録しましょう。「お名前」「生年月日」「性別」「電話番号」「職業」「ゆうちょ銀行のご使用目的」を記入します。アカウント設定を行った後は「口座設定」に移動します。「口座内容を記入」を押しましょう。
f:id:rick1208:20200711165414p:plain
口座情報設定画面から「口座設定に進む」を押して、口座情報や暗証番号を記入していきます。そして口座振替申し込みをすれば「初期設定」が終了となります。

Android

Android端末の場合も同様に、アプリをダウンロードした後初期設定を行いましょう。アカウント登録を行い、口座振替の申し込みを行うと初期設定は終了となります。

支払い

f:id:rick1208:20200710221530p:plain
では実ときにゆうちょPayの使用方法を解説します。ゆうちょPayでは現金チャージの機能はありません。支払い方法はゆうちょ銀行口座からの即時引き落としのみに対応しています。イメージ的には、スマホデビットカードといった感じです。

ゆうちょPayの実ときの支払い方法と使用方法を見ていきましょう。

実ときに支払いで使用する手順

f:id:rick1208:20200710221542p:plain
では実ときの支払い方法を解説します。ここではゆうちょPayの「バーコード読み取り」「QRコード読み取り」「払込取扱票(請求書)払い」の3つを解説します。

バーコード読み取り

f:id:rick1208:20200711165452p:plain
まずゆうちょPayアプリを起動します。支払い方法で「コード表示」を選び、中央のアイコンを押しましょう。取引暗証番号6桁を記入します。iPhoneアプリの場合はTouch ID、Face IDの使用が可能です。
f:id:rick1208:20200711165503p:plain
制限時間内に表示されたコードをお店側に提示して、それを読み取ってもらえば支払いすることが可能です。

QRコード読み取り

f:id:rick1208:20200711165523p:plain
ゆうちょPayアプリを起動します。支払い方法で「コード読取」を選択するとカメラが起動しますので、カメラで提示されたコードを読み取りましょう。

支払い内容が表示され、金額などをチェックし、スライドによって支払いを進めます。取引暗証番号6桁を記入すれば支払い終了です。

払込取扱票(請求書)払い

f:id:rick1208:20200711165918p:plain
コードの読み取り機能を使えば、払込取扱票(請求書)の支払いも可能です。払込取扱票(請求書)に記載されている支払いコードをチェックしましょう。ゆうちょPayに対応している場合はゆうちょPayのロゴが掲載されています。

ゆうちょPayアプリを起動して支払い方法で「コード読取」を選びます。カメラが起動しますので、カメラで提示されたコードを読み取りましょう。

支払い内容が表示されたら金額などをチェックし、スライドによって支払いを進めます。取引暗証番号6桁を記入すれば支払い終了です。

上限金額は?

f:id:rick1208:20200710221608p:plain
ゆうちょPayは使える上限金額が大きいことも特徴で、1日につき上限200万円、1か月では上限500万円まで使用可能です。

PayPayやApple Payなど他のスマホ決済の限度額を調べてみると、いずれもクレジットカード限度額の範囲内・もしくはそれ以下で制限があり、ゆうちょPayの限度額がダントツで大きいことがわかります。

一般的なスマホ決済の場合、カード決済額が多い月は限度額制限から使えなくなってしまう可能性もありますが、ゆうちょPayであれば安心して買物が可能なと思います。

使用履歴のチェック方法

f:id:rick1208:20200711165938p:plain
逆に言えば使用上限が大きいので、どれくらい利用しているかをチェックすることはとても大事です。アプリのメニュー画面にある「ご使用履歴」を押すことで、これまでにゆうちょPayを使用した履歴がチェック可能です。

「ご使用履歴」では「各月の使用履歴」のほかにも、「今月の使用総額」「本日の使用総額」「今月の使用率(使用総額、使用上限金額)」「前月の使用率」などの使用状況も詳しくチェック可能なようになっています。
f:id:rick1208:20200711170023p:plain
ゆうちょPayの使用制限金額が「1日上限200万円・1か月上限500万円」と言っても実ときに使えるのはゆうちょ銀行口座残高の範囲内です。もし口座残高が50万円ならゆうちょPayの使用上限もやっぱり50万円です。

いずれにしても口座残高をすべて使い果たす訳にはいかないので、自分自身なりにゆうちょPayの使用制限を決めておいた方が良いと思います。ゆうちょPayなら使用上限を自由に設定可能なので、使い過ぎの心配はありません。

ゆうちょPayの使用履歴はアプリでいつでもチェック可能なので、家計の管理ツールとしてもおススメです。

使用可能な店舗

f:id:rick1208:20200711170037p:plain
ゆうちょPayを使える店舗は以下になっています。ゆうちょPayはGMOペイメントゲートウェイの「銀行Pay」を使用しているので、横浜銀行の「はまPay」、福岡銀行の「YOKA! Pay」等の加盟店でも使用可能です。

ヤマダ電機
ツクモ
ベスト電器
エディオン
100満ボルト
ケーズデンキ
ウエルシア
HACドラッグ
ダックス
ハッピー・ドラッグ
B、B、ON
メルエドラッグ


現時点では使える店舗の範囲は制限されていますが、2019年中にはさらに拡大する予定となっています。

使用可能な店舗、加盟店の探し方

f:id:rick1208:20200710221111p:plain
スマホ決済サービスの多くは、アプリ内に加盟店一覧をチェック可能な機能を備えていたりマップ機能を取り入れて、地図上に加盟店が表示されるなど便利な機能が付随していますが、ゆうちょPayはアプリ内で加盟店を探す機能はありません。

以下のゆうちょPayの公式サイトをチェックしてみてください。今後使用可能な店舗や加盟店は増えるとされていますので、追加されているかどうかチェックしましょう。

ゆうちょPayの気を付ける点は?

f:id:rick1208:20200710221100p:plain
ではこれからゆうちょPayを使用するにあたっての気を付ける点についてまとめていきます。スマホ決済サービスを使用する上で気になる部分がある人はチェックしておきましょう。

気を付ける点

f:id:rick1208:20200710221417p:plain
ゆうちょPayの使い人はとても簡単でメリットの多い決済サービスですが、以下の気を付ける点やデメリットについてもきちんとチェックしておきましょう。

加盟店は少ない

ゆうちょPayのリリース直後とはいえ、他スマホ決済サービスと比較しても加盟店の少なさは目立ちます。リリース時点でコンビニで使えない点、今後導入されたとしても大手コンビニ3社で使えないのは不便かもしれません。

ゆうちょPayは対応している独自の加盟店でのみ使用可能です。同じ銀行Payのスキームを使用している横浜銀行福岡銀行熊本銀行親和銀行りそな銀行埼玉りそな銀行近畿大阪銀行などの相互連携も行われて、相互の加盟店を使用可能です。

ただ共通コツの楽天スーパーコツが使える楽天ペイ、dコツが使えるd払いの存在感は大きく、どこまでゆうちょPayの加盟店が拡大するか不透明です。

限られた店舗でしか使えないと、いちいち使えるお店を覚えるのが面倒なのでなかなか使用が進まないかもしれません。日常的に使う機会が多いコンビニ、スーパー、ドラッグストア、ファーストフード、カフェ等での対応がどこまで進むかに注目です。

日本全国津々浦々に店舗がある巨大企業のゆうちょ銀行のパワーで、一気に加盟店が拡大すると便利になると思います。今後徐々に拡大していくと考えられますが、利便性と直結する部分だけに改善を期待しましょう。

セキュリティ面

f:id:rick1208:20200710221513p:plain

QRコード決済を使用するとき「詐欺や不正使用等をされる可能性はあるのだろうか?」と考える人は多いのではないと思いますか?昨年末話題になったPayPayは還元率の高さも相まって、今までQR決済を使用したこと無い方も多く使用する機会になりました。

一方で「使ったこと無いにも関わらず、勝手にPayPayに使用されている」という不正使用トラブルも多く見られました。

QRコード決済における不正使用パターンは、「偽のQRコードを生成し流入経路を不正する方法」「QRコード決済に関わるアプリの弱点を狙って不正する方法」とあります。

個人で簡単に支払いコードを生成出来るメリットを使用して、偽のQRコードを上から張り替え、支払先を別にすることで詐欺をするというのが1つ目の方法です。

2つ目の不正使用方法は先日PayPayでも取り上げられた問題であり、QRコード決済の性質的な問題ではなく原因はそのアプリ側にあります。PayPayはアプリでQRコード決済を用いる時に、クレジットカード情報を登録する必要があります。

クレジットカード情報はカードの裏側にあるセキュリティコードという3桁の番号を結ばないと使用可能でせんが、PayPayはセキュリティコードの記入回数の制限をしていなかったため、セキュリティコードを総当たり記入することで不正使用が可能となりました。
f:id:rick1208:20200711170152p:plain
ゆうちょPayのセキュリティ面では「取引暗証番号6桁」の記入を課している点があります。取引暗証番号の記入が必要なのは、「支払い」「キャッシュアウト」「アプリ起動時(一定時間経過している場合)」「設定変更時」です。

番号を4回間違えるとアプリがロックされます。ロックされた場合や取引暗証番号を忘れた場合はサポートデスクに問い合わせすることが必要です。取引暗証番号は生年月日等の第三者に特定されやすい番号を避けて設定し厳重に管理するようにしましょう。

またゆうちょPayを使用するスマホはコンピューターウィルスや不正プログラムに感染しないよう、セキュリティ対策ソフトを導入するなどのセキュリティ対策を行うとより安心と思います。

不正使用時の補償

f:id:rick1208:20200710215813p:plain
スマホを紛失したり盗難されたりしてゆうちょPayを不正使用された場合、ゆうちょPay側からの補償はありません。対応としては、通信会社への連絡、緊急停止サイトからのアカウント停止が必要となります。

ゆうちょPayは、クレジットカードを連携させて使用するサービスではないため、自己責任によるスマホ紛失・盗難に関しては責任を取らない方向のようです。

解約は可能?

f:id:rick1208:20200710215828p:plain
ゆうちょPayは、アプリ内での解約やアプリ消去に伴うアカウント消去などに対応していません。ゆうちょPayを解約するには、ゆうちょ銀行、郵便局の預金窓口で「即時振替サービス廃止届」を提出し、使用廃止の手続きが必要な仕組みとなっています。

ゆうちょPayの口コミや評判は?

ゆうちょPayのサービス開始は2019年5月8日でまだまだ浸透していませんが、ゆうちょPayに関する口コミや評判はどうと思いますか?使用している人の感想などをチェックしてみましょう。

口コミや評判

f:id:rick1208:20200710215023p:plain

ゆうちょPayは公益企業の日本郵政グループのキャッシュレス決済ということもあり、安心感を感じている人も多いようです。セキュリティ対策やそのシステムの安定性が高い点もゆうちょPayを選ぶ理由となると思います。

またゆうちょPayでは対応した払込取扱票に限りますが公共費用の支払いも可能です。これはゆうちょPayでしか使用できない機能の一つで、使用可能な払込取扱票が増えれば今後とても便利になると思います。


ただ気を付ける点でも解説したように、ゆうちょPayが使える店舗の制限があります。まだ限られた店舗でしか使えない上、ゆうちょPayはアプリ内で加盟店を探す機能が無いためどこで使えるのかが分からないという口コミも多いです。