漫画の地球儀

アプリの使用時間を制限する設定方法!【Android、スマホ、iPhone、子供、アプリロック、あんしんモード】

スポンサーリンク

docomo

f:id:rick1208:20200710210848p:plain
Androidスマホをドコモのサービスを利用して使用時間の制限設定をする方法は、「あんしんモード」というサービスと「ファミリーブラウザ for Docomo」というアプリを使用します。

あんしんモードで使用時間を制限

f:id:rick1208:20200710211223p:plain
ドコモのあんしんモードは申し込み不要で無料で使えるサービスで、お子さんのAndroidスマホの設定を保護者のAndroidスマホから操作可能なのが特徴です。普通のアプリとは違い、ドコモの公式サイトからダウンロードして、基本設定を行います。

あんしんモードの機能

f:id:rick1208:20200710211230p:plain
お子さんのAndroidスマホのアプリを個別に使用できないように制限することも可能ですし、時間帯によってアプリの使用制限が可能なのも大きな特徴です。

あんしんモードの設定手順

f:id:rick1208:20200710210818p:plain
ドコモのあんしんモードの設定方法は、Android6以前とAndroid7以降で違います。ここではAndroid6以前と、Android7以降それぞれのあんしんモードの設定手順を説明していきます。

Android6以前の設定手順

f:id:rick1208:20200710210442p:plain
ドコモのあんしんモードを設定する方法は「アプリ起動制限」という画面から「時間帯制限」という項目を押します。

時間帯制限の画面に変わったら「時間帯制限」の項目にあるチェックアイコンをオンにして、曜日ごとに「0,2,4,6,8」と2時間ごとに区切られたグラフが表示されているので、アプリの使用制限をしたい時間帯を押して赤く出しましょう。

Android6以前は曜日が時間帯によってアプリの使用制限が可能なのが特徴で、アプリごとに使用制限する曜日が時間帯を変えることも可能です。

お子さんが勉強で使う学習アプリは勉強時間帯に制限しないで、代わりにゲームや動画アプリ、音楽アプリは使用を制限するという細かい設定が可能なのです。

Android7以降は追加設定の通知が表示される

f:id:rick1208:20200710210252p:plain
Android7以降のあんしんモードでアプリの使用時間を設定する手順は基本的には、Android6以前と同じです。しかし設定を追加したり、変更したりするとお子さんのスマホに保護者がアプリの使用制限を追加したり、変更したことの通知が届きます。

お子さんが一方的にAndroidスマホのアプリを使用制限されるだけではなく、制限の状況を通知で把握することが可能なようになっているのです。

あんしんモードで制限されたアプリはアイコンがグレーアウトするのではなく、ホーム画面に表示されなくなります。

お子さんのAndroidスマホに通知で制限されたと分かるので、不具合とお子さんが誤解する心配はありません。使用制限されるだけではなく、アイコンが目に入らないので勉強などで気が散らなくなります。

ドコモのあんしんモードはアプリの使用制限だけではなく、歩きスマホをしているとAndroidの画面に忠告を表示する機能もあります。Androidスマホの振動を感知して、すぐに「歩きスマホは危険です」という警告が表示されるのです。

保護者にとってはアプリタイマー機能や歩きスマホの制限は便利ですが、あんしんモードで制限をかけられている子供たちからは不満のレビューがたくさん寄せられています。

ドコモのあんしんモードは制限が追加されると通知が届き、制限が変更されても通知が届くので、お子さんの不満が溜まりやすいというデメリットがあります。通知されてしまうことを考慮して、制限をかけるのは必要最低限にしてあげましょう。

au

f:id:rick1208:20200710211312p:plain
お子さんがAndroidスマホでアプリを使用する時間田や曜日を制限することで、勉強に集中できない環境や家族との会話が減ってしまう原因を取り除くことが可能です。

アプリタイマー機能がある使用制限アプリはドコモだけではなく、auSoftBankなどのキャリアからも登場しているので、お子さんのAndroidスマホのキャリアに合わせてダウンロードしましょう。

あんしんフィルター for auのタイマー機能を使う

f:id:rick1208:20200710211642p:plain
お子さんのAndroidスマホauの場合は、「あんしんフィルター for au」をダウンロードしましょう。しかし「安心フィルター for au」はAppStoreからiPhoneにしかダウンロード可能でせん。

Androidスマホの場合は「あんしんフィルター for UQmobile」か「あんしんフィルター for J:com」をGooglePlayから無料でダウンロードします。

ダウンロードして初期設定を終了したら、アプリタイマー機能を利用してお子さんがアプリを使いすぎないように使用制限を設定しましょう。

あんしんフィルター for auの機能

f:id:rick1208:20200710211650p:plain
あんしんフィルター for auと、あんしんフィルター for UQmobile、J:comは用意されている機能が同じです。

これらのアプリでは有害な情報からお子さんのAndroidスマホを守り、アプリタイマーでアプリに使用制限を設定することが可能です。
f:id:rick1208:20200710211657p:plain
それ以外にもお子さんが今いる場所が分かるエリア検索や、お子さんがAndroidスマホをいつどの時間帯で利用しているかなど使用状況も分かります。

お子さんを有害がサイトから守り、アプリを制限するだけではなく、お子さんが見ていないところでいつスマホを利用しているのか、今どこにいるのかもチェック可能なのです。

あんしんフィルター for auの設定手順

f:id:rick1208:20200710211709p:plain
あんしんフィルター for auは管理者ページからお子さんに利用して欲しくないアプリごとに曜日や時間帯を制限する設定が可能です。

設定画面はグラフに曜日と「0時、1時、2時、3時、4時」と時間帯が表示されているので、制限したいところを押すだけです。お子さんのAndroidスマホには制限した時間帯になるとアプリのアイコンが表示されなくなります。

アプリアイコンがグレーアウトするだけだと、アイコンが目に入ってしまってアプリを使いたい気持ちが強くなり、制限をかけられていることへの不満が大きくなります。

しかしauAndroidスマホでアプリを制限するあんしんフィルターはグレーアウトではなく、アイコンが表示されないのでイライラが溜まる心配がありません。

SoftBank

f:id:rick1208:20200710211717p:plain
SoftBankのあんしんフィルターは、他のアプリと同様にGooglePlayでダウンロード可能です。しかも無料なのでドコモ、auに比べると手軽に始めることが可能です。

あんしんフィルターのタイマー機能を使う

f:id:rick1208:20200710211728p:plain
au版のあんしんフィルターと違い、SoftBank版のあんしんフィルターにはアプリタイマー機能がありません。アプリごとに使用制限を設定することができないので、勉強や睡眠の妨げになるアプリを使えない時間帯を作ることが可能でせん。

その代わり、小学生、中学生、高校生と年齢ごとにフィルターを選択するだけでその年齢に最適な強度のフィルターをかけることが可能なようになっています。

あんしんフィルターの機能

f:id:rick1208:20200710210242p:plain
ソフトバンク版のあんしんフィルターはいつでもどこでも離れていても、お子さんのAndroidスマホの使用制限が変更可能なアプリです。

事前にお子さんの年齢に会った強度のフィルターを設定し忘れていたとしても、仕事先から自宅にいるお子さんのAndroidスマホの制限を設定可能なのが特徴です。

あんしんフィルターの設定手順

f:id:rick1208:20200710211749p:plain
SoftBank版のあんしんフィルターでアプリタイマーを設定する手順は、まずSoftBank版あんしんフィルターをGooglePlayから無料でダウンロードしてSoftBankのメールアドレスとパスワードを利用して、アプリにログインします。

小学生 スマホ初心者向け ゲーム、動画、音楽、SNS、出会い、アダルトを制限
中学生 スマホ中級者向け 動画、音楽、SNS、出会い、アダルトを制限
高校生 スマホ上級者向け SNS、出会い、アダルト系を制限

フィルターの種類は、年齢以外にもスマホにどれだけ慣れているかでも設定可能なよになっています。

Google

f:id:rick1208:20200710211939p:plain
お子さんに持たせているAndroidスマホが格安スマホの場合、それぞれのキャリアのアプリタイマー機能がある制限サービスを使用できません。

しかしAndroidスマホならキャリアスマホでも格安スマホでも使用可能な、Googleのアプリタイマー機能付き制限サービスがあります。

Googleの制限アプリでAndroidスマホを設定すると、ダウンロード画面もグレーアウトするので、新しいアプリをダウンロードできなくなります。

保護者向け Google ファミリー リンクで使用時間を制限

f:id:rick1208:20200710211946p:plain
保護者向けGoogleファミリーリンクは保護者とお子さんそれぞれのスマホにダウンロードして、保護者のスマホとお子さんのスマホを並べて初期設定を行います。

この初期設定を行うと、お子さんのAndroidスマホでアプリを使用する時間を制限することが可能です。

まずGoogleファミリーリンクを無料でダウンロードして起動したら、最初の画面でお子さんのAndroidスマホなら「お子様」、保護者のスマホなら「保護者」を押しましょう。

保護者向け Google ファミリー リンクの機能

f:id:rick1208:20200710212008p:plain
お子さんのAndroidスマホが手元にあるかチェックするように支持される画面が表示されるので、お子さんの対応デバイスをチェックしましょう。
f:id:rick1208:20200710212051p:plain
次にGoogleファミリーリンクを使用する上で必要になる「ファミリーグループの管理者になりますか?」問メッセージが表示された画面に切り替わるので、一番下の「ファミリーグループを作成」を押してください。

Googleでファミリーグループを作成し、お子さんと保護者が加入することでGoogleを利用してお子さんのAndroidスマホの使用制限を設定可能なようになります。
f:id:rick1208:20200710212316p:plain
お子さんがGoogleアカウントを所持しているかチェックする画面に切り替わるので、お子さんのAndroidスマホからメールアドレスをチェックしましょう。

お子さんが所有しているメールアドレスが「gmail、com」という末尾なら、Googleアカウントを所持しています。

チェックで来たら、保護者の生年月日や氏名、Googleアカウント情報を登録し、続いてお子さんの生年月日や氏名、Googleアカウント情報を登録します。次にクレジットカード情報を登録して、お子さんのAndroidスマホを接続すれば初期設定は終了です。

アプリダウンロード時はグレーアウトして通知される


Googleファミリーリンクでアプリの使用制限をかけると、ブロックされている種類のアプリをダウンロードしようとするとGooglePlayのダウンロード画面で「ダウンロード」アイコンがグレーアウトします。

グレーアウトしているダウンロードアイコンを押しても、ダウンロード可能でせん。ダウンロードアイコンがグレーアウトすることで、お子さんが勝手にAndroidスマホに新しいアプリをダウンロードするのを防ぐことが可能です。

さらにお子さんがアプリをダウンロードしようとっしたことが保護者のAndroidスマホに通知されます。Googleファミリーリンクではダウンロードアイコンをグレーアウトさせることによって、新しいアプリをダウンロードすることも制限可能なのです。

保護者向け Google ファミリー リンクの設定手順

f:id:rick1208:20200710212344p:plain

Googleファミリーリンクでアプリの使用制限を設定する方法は、まずアプリに登録してあるユーザーの中からお子さんの名前を押して「使用時間」項目の「設定」を押します。

次の画面から「1日の使用時間の上限」「曜日ごとの制限」「おやすみ時間」など細かくAndroidスマホのアプリタイマーを設定することが可能です。

アプリロック AppLock

f:id:rick1208:20200710212350p:plain
Googleアカウントを使ったアプリの使用制限は初期設定が面倒というデメリットがあります。もっと簡単に初期設定可能なフィルターアプリを使えば、手軽にお子さんのAndroidスマホを制限可能です。

アプリロック AppLockのアプリタイマー機能を使う

f:id:rick1208:20200710212357p:plain
アプリロックのApp Lockをダウンロードすれば、お子さんのAndroidスマホを手軽に使用制限可能です。アプリタイマー機能があるので、お子さんがアプリを使いすぎるのを防ぐことが可能です。

App Lockは保護者のAndroidスマホにダウンロードする必要はありません。お子さんのAndroidスマホにだけ、GooglePlayから無料でダウンロードしましょう。最初の画面で個人情報保護方針に同意してください。

アプリロック AppLockの機能

f:id:rick1208:20200710212402p:plain
お子さんのAndroidスマホにアプリタイマー機能付きの制限アプリをダウンロードすると、お子さんが勝手に設定を変更してしまうのが心配ですよね?

しかしApp Lockは初期設定で画面に表示される9つの点を好きな順番でなぞり、ロック解除パターンを登録します。
f:id:rick1208:20200710212411p:plain
次の画面でもう1回ロック解除パターンをなぞったら、登録終了です。パスワードだと生年月日やペットの名前など、ある程度お子さんに予想されてしまいますが、このロック解除パターンならお子さんに予想できないので安心です。

アプリロック AppLockの設定手順

f:id:rick1208:20200710212417p:plain
App Lockでロック解除パターンが登録出来たら、次にGoogleアカウントを選びましょう。この画面で選択するGoogleアカウントはお子さんではなく、保護者のアカウントです。
f:id:rick1208:20200710212426p:plain
保護者のGoogleアカウントを設定したら、「OK」を押してください。次の画面でGmailアドレスを保存して、App Lockの安全メールをいつでも受け取れるように設定しておきます。
f:id:rick1208:20200710212618p:plain
Gmailアドレスを保存する画面で「保存」を押したら、安全メールの登録チェックメールが保存したメールアドレスに届いていることをチェックしましょう。

App Lockは通知でお知らせが届くのではなく、メールでお知らせが届きます。通知だと内容を詳しく読む前に間違って非表示にしてしまうことがあったり、他の通知に埋もれてしまったりしまうことがありますが、メールではその心配がありません。
f:id:rick1208:20200710212637p:plain
App Lockのトップ画面が表示されるので、お子さんに利用してほしくないアプリを押してロックをかけましょう。お子さんがAndroidスマホそのものの設定を勝手に変更しないように、設定アプリもロックをかけることをおススメします。

Unity Lock

f:id:rick1208:20200710212644p:plain
Androidスマホでアプリの使用制限を設定するのでに使えるアプリは、App Lock以外にもあります。Unity Lockという制限アプリも無料でダウンロードできて、簡単に設定可能なのが特徴です。

Unity Lockで使用できないアプリのアイコンを非表示にする

f:id:rick1208:20200710212650p:plain
子供の使い過ぎを防止するのでの制限アプリは、アプリアイコンをグレーアウトするものが多いです。これだと保護者が制限していて使えないストレスが増えやすいというデメリットがあります。

使えないアプリをグレーアウトするのではなく、出しない仕組みの制限アプリがおススメです。Unity Lockは使えないアプリを出しないので、設定してもお子さんの不満が溜まりにくいです。

Unity Lockをダウンロードしたら、最初に使用許諾契約書が表示されるので「同意します」を押してください。

Unity Lockの機能

f:id:rick1208:20200710212655p:plain
次にマナーモードに設定している最中に使用可能なアプリを選択する画面になるので、表示されているアプリの中からマナーモード中でもアクセス可能なようにしたいアプリのチェックアイコンをオンにしておきましょう。
f:id:rick1208:20200710212702p:plain
GoogleアプリやUnity Lockアプリなど、マナーモード中でもアクセス可能なようにしたいアプリのチェックアイコンをオンに設定しましょう。Unity Lockのマナーモード設定をオンにしたら、画面を閉じてください。

Unity Lockの設定手順

f:id:rick1208:20200710212707p:plain
次の画面でUnity Lockのロック解除パターンを登録することに同意する画面が表示されるので、「同意」を押してください。
f:id:rick1208:20200710212715p:plain
画面に表示される9つの点を指で自由になぞり、ロック解除パターンを登録します。このロック解除パターンは忘れないようにメモしておきましょう。メモしたら、画面左下の「もう1回」を押してください。
f:id:rick1208:20200710212732p:plain
次の画面でもう1回Unity Lockに登録したいロック解除パターンを記入してください。画面右下にある「チェック」を押しましょう。
f:id:rick1208:20200710212740p:plain
「サービスを起動」という項目のチェックアイコンを押してオンに設定します。次に「アプリロック」の項目にあるチェックアイコンを押してください。

アプリロックの設定画面から、お子さんに使用してほしくないアプリをグレーアウトするのではなく、出しない設定をしていきましょう。

まとめ

f:id:rick1208:20200710213124p:plain
いかがでしたか?お子さんのAndroidスマホでアプリ制限を設定する手順はとても簡単で、さまざまな種類があります。あなたが設定、管理しやすい方法を選びましょう