漫画の地球儀

プロダクトキー再入力でライセンス認証をする方法!【Windows、pc、オフライン、プロダクトキー】

スポンサーリンク

プロダクトキー再記入でライセンス認証が必要な場面

f:id:rick1208:20200709125129p:plain
仕事などで役に立つWindows7をはじめとしたOffice製品。これらを使用することがありますよね。さて、皆さんが普段利用しているWindows7ですが、プロダクトキーのライセンス認証をは普段どのような場面で行うことが多いのと思いますか?

ライセンス認証の有効期限切れ

f:id:rick1208:20200709112805p:plain
Windows7でプロダクトキーのライセンス認証の再記入などを行うのが必要な場合にはなんといっても有効期限が切れてしまった場合です。Windows7のパソコンがライセンス認証の有効期限が切れてしまった場合には、Windows7のプロダクトキーを再記入をします。

有効期限が切れていてもWindows7でプロダクトキーの再記入を行えばライセンスを再認証することが可能です。プロダクトキーがわからないと、再認証することが可能でせんが、ここではWindows7のプロダクトキーを調べて再記入する方法をみていきます。

新しいハードウェア構成にすると再認証が求められる

Windows7の内部の構造をいじるようなことをしなければ特に問題はありませんが、Windows7のパソコンのハードウエア構成などを変更するとライセンス認証されたWindows7をそのまま使い続けていても、ライセンス認証が有効期限切れの状態になることも。

そうすると、Windows7ではプロダクトキーの再認証を求められることがあるので記入をしなければなりません。

オンライン

f:id:rick1208:20200709104342p:plain
先ほどの項目ではWindows7のプロダクトキーを再認証する必要性についてご解説しました。気になるのはオンラインでWindows7でプロダクトキーを再認証する方法です。ここではオンライン時のWindows7でプロダクトキーを再認証する方法を説明します。

オンラインで認証するやり方

f:id:rick1208:20200709095010p:plain
Windows7 のライセンスを認証する方法を解説します。コンピュータのハードウェア構成を変更するとWindows7のライセンス認証が有効期限切れの状態になります。そんな場合はプロダクトキーを再記入し、Windows7のライセンス認証を行いましょう。

それではWindows7のオンライン時で行う詳しいやり方をご解説します。

コントロールパネルを表示

まず最初は、Windows7でコントロールパネルを表示します。コントロールパネルを表示する方法はスタートメニューから「コントロールパネル」を起動します。上記の画面がコントロールパネルです。
f:id:rick1208:20200709130801p:plain
コントロールパネルを表示したら、続いて、「システムとセキュリティ」という項目があるので「システムとセキュリティ」を押します。
f:id:rick1208:20200709134719p:plain
「システムとセキュリティ」を押したら上記の画面になるので「システムとセキュリティ」の中にある「システム」を押しましょう。
f:id:rick1208:20200709134729p:plain
「システム」をクリックすると、コンピューターの基本的な情報の表示がされるので画面を下へスクロールします。
f:id:rick1208:20200709134739p:plain
Windowsライセンス認証をみてみましょう。この例ではライセンス認証の有効期限が切れているので「ライセンス認証を今日行う必要があります。今すぐ行う場合はここを押してください。」と表示されています。押しましょう。
f:id:rick1208:20200709134746p:plain
すると、「Windowsのライセンス認証」というウィンドウが表示されます。
以下より認証方法の選択をします。

Windowsのライセンス認証の手続きを今すぐオンラインで行います
新しいプロダクトキーをオンラインで購入します
プロダクトキーを再記入します
ライセンス認証の手続きを行うその他の方法を表示します

f:id:rick1208:20200709134804p:plain
もし、プロダクトキーを既に所持している場合には「プロダクトキーを再記入します」を選びます。
f:id:rick1208:20200709140113p:plain
プロダクトキーを記入し、「次へ」を押しましょう。
f:id:rick1208:20200709140120p:plain
プロダクトキーの検証です。1分程度で終了します。
f:id:rick1208:20200709140131p:plain
上記のような画面に表示されればプロダクトキーの認証が終了しました。以上でWindows7でプロダクトキーの再認証方法になります。新しいパソコンでは認証をしなければならないので別の方法をとります。

オフライン

f:id:rick1208:20200709045130p:plain
先ほどはオンライン時にWindows7でプロダクトキーを再認証する方法でしたが、どうしてもインターネットの環境などがない場合にはオンラインでの再認証は可能でせん。要するに、オフラインの状態になってしまうのです。

そこでここではWindows7でプロダクトキーを再認証する方法としてWindows7のオフライン時に行う方法をご解説します。

オフラインで認証するやり方

f:id:rick1208:20200708193310p:plain
Windows7でプロダクトキーを再認証する方法にあたって先ほどはオンラインで行う方法をご解説しましたが、オンラインで、どうしても再認証できない場合にはオフラインで行うしかありません。

そこでここではWindows7のプロダクトキーを再認証するオフラインの方法を説明します。

まず最初はWindows7でコントロールパネルを表示します。「スタートボタン」を押してください。メニューが表示されたら「コントロールパネル」を押しましょう。

Windows7でコントロールパネルを出したら「システムとセキュリティ」という項目があるので「システムとセキュリティ」を押します。

「システムとセキュリティ」の中にある「システム」を押してください。
f:id:rick1208:20200709140224p:plain
「今すぐライセンス認証を行う~」を押してください。画面下部「Windowsライセンス認証」の「Windowsのライセンス認証を○○日以内に行ってください。今すぐライセンス認証を行う場合はここを押してください」というのを押します。

認証方法の選択をします。ここでは「ライセンス認証の手続きを行うその他の方法を表示します」を押します。

それでは、プロダクトキーを記入しましょう。
f:id:rick1208:20200709140419p:plain
上記の画面のように表示されている「自動電話システムを使用します」を押します。

そして、改めてプロダクトキーを再記入しましょう。
f:id:rick1208:20200709140429p:plain
「ライセンス認証の手続きを行うための電話番号を検索してください」を押し「ライセンス認証の手続きを行うための電話番号を検索してください」の「最も近い場所を押してください」から「日本」を選び「次へ」を押します。

電話をかけます。
f:id:rick1208:20200709140437p:plain
Windows のライセンス認証を今すぐ行ってください」が表示されます。先ほどの画面に表示されている電話番号に電話をかけます。 音声ガイダンスに従って「ダウンロード ID」を電話機のボタンで記入します。
f:id:rick1208:20200709140445p:plain
音声ガイダンスに従って「チェックID」を記入します。 記入が終わったら「次へ(N)」ボタンを押します。
f:id:rick1208:20200709140453p:plain
「ライセンス認証に成功しました」と表示されれば、認証は全部終了です。「閉じる」を押して終了です。

プロダクトキーのチェック方法

f:id:rick1208:20200708172858p:plain
さて、先ほどまでは、Windows7のプロダクトキーの再記入をして、認証する方法をご解説しました。ここでは、Windows7のプロダクトキーのチェックをする方法をご解説します。

パソコンの底面やパッケージをチェック

f:id:rick1208:20200708171212p:plain
まず、店頭やインターネットなどで、新しいOffice製品を買った場合にはパソコンの底面やパッケージをチェックしましょう。Windows7のプロダクトキーは25桁の数字になっています。必ずあるのでパッケージをチェックしましょう。

パソコンに貼られているシールをチェック

まず最初は、新しいパソコンに貼られているシールをチェックします。利用しているパソコンがメーカー製の人は、デスクトップタイプなら本体側面か裏面に、ノートパソコンの場合は、裏面にプロダクトキーが記載されたシールが貼付されていますのでチェックします。

新しいパソコンには必ずシールが貼られていると思うのでチェックをしましょう。

PowerShellでチェック

f:id:rick1208:20200709141856p:plain
Windows7でプロダクトキーをチェックする方法にはPowerShellを使った方法があります。PowerShellというのはコマンドプロンプトのようにコマンドを記入することで、Windows7の構成などを変更可能なソフトウエアです。
f:id:rick1208:20200709141904p:plain
Windows7PowerShellを開く方法はWindows7の「スタートボタン」から「すべてのプログラム」にいき「アクセサリ」と進み「Windows PowerShell」を押します。するとコマンドプロンプトのような画面が立ち上がります。
f:id:rick1208:20200709141911p:plain
するとその下にプロダクトキーが表示されます。これでPowerShellでチェックすることが可能でした。

Windows Product Key Viewerでチェック

f:id:rick1208:20200709141917p:plain
Windows7のプロダクトキーをチェックするのにおススメなフリーソフトは「Windows Product Key Viewer」です。zipファイルと実行ファイルのどっちもダウンロー可能ですが、あまり頻繁に使うものでもないのでzipファイルを選びダウンロードします。
f:id:rick1208:20200709141924p:plain
ファイルをクリックするとWindows7のパソコンにダウンロードされます。zipファイルを解凍して「winproductkey」を押しましょう。
f:id:rick1208:20200709141934p:plain
するとこのようにWindows7のプロダクトキーをチェックすることが可能です。

ライセンス認証をしないと機能制限がかかる

f:id:rick1208:20200708122550p:plain
Windows7のプロダクトキーをチェックする方法や再認証する方法をご解説しましたがいかがでしたか?意外と簡単にチェックすることが可能なWindows7のプロダクトキー。再認証はコントロールパネルからシステムとセキュリティにいきます。

そしてチェックすることが簡単に行えます。そんなWindows7のプロダクトキーですが、ライセンス認証をしないと困ったことになります。そこでここではWindows7でライセンス認証をしないと機能制限がかかることについて見ていきます。

ライセンス認証なしで使用可能なのは30日間

f:id:rick1208:20200708120916p:plain
Windows7のプロダクトキーはライセンス認証なしで使用可能なのは30日間と決まっています。新しいパソコンで30日を過ぎてしますと、Windows7のプロダクトキーに機能制限がかかってしまいます。Windows7のプロダクトキーがわかった時点で認証をしましょう。

ライセンス認証をしないと機能制限モードに移行する

f:id:rick1208:20200708105116p:plain
Windows7のライセンス認証をしなくても、最初のうちは通常通り使うことが可能です。なぜなら、Windows7ではライセンス認証に30日間の猶予期間を設けているからです。しかし、ライセンス認証をしていないパソコンの表示は次になります。

「このWindowsのコピーは正規品ではありません」となるのです。ライセンス認証せずに30日経つとどうなるのかというと、OSの全部の機能を使うことができなくなります。パソコンに電源は入りますが、シャットダウンしかできなくなる状態になります。

データなどは保全されていますが、OSが立ち上がらないのでアクセスできない状態になります。ライセンス認証をするのでのWindows XPが立ち上がることがありますが、XPもライセンス認証以外の用途では使えません。早々にライセンス認証をしましょう。

プロダクトキーのライセンス認証を回避する方法

f:id:rick1208:20200707174112p:plain
新しいパソコンなどを買ったら新しいプロダクトキーを記入して認証しなくてはなりません。しかし、新しいパソコンなどを買った場合に行うプロダクトキーを記入することが面倒なこともあります。

そこでここではWindows7のプロダクトキー認証を回避する方法をご解説します。

KMSクライアントキーで認証する

f:id:rick1208:20200709142024p:plain
無料でWindows 7を認証するプロダクトキーがありますが、使用回数が限られるため無限に使用可能なわけではありません。GVLKは、KMSライセンス認証向けの特別なキーです。 GVLKは、ボリュームライセンスキーを表します。

複数台数のパーソナルコンピュータを認証可能となっています。VL版(VOLUME_KMSCLIENT channel)のみ、KMSで認証可能です。まずコマンド「Slmgr、vbs -dlv」を実行することでシステムのバージョンをチェックしてください。

OS KMSクライアントのGVLKキー
Windows 7 Pro FJ82H-XT6CR-J8D7P-XQJJ2-GPDD4
Windows 7 Pro N MRPKT-YTG23-K7D7T-X2JMM-QY7MG
Windows 7 Pro E W82YF-2Q76Y-63HXB-FGJG9-GF7QX
Windows 7 Enterprise 33PXH-7Y6KF-2VJC9-XBBR8-HVTHH
Windows 7 Enterprise N YDRBP-3D83W-TY26F-D46B2-XCKRJ
Windows 7 Enterprise E C29WB-22CC8-VJ326-GHFJW-H9DH4

上記の表がKMSクライアントのGVLKキーになります。

KMS認証クラックソフトKMSpicoで認証する

f:id:rick1208:20200709142154p:plain
KMS認証クラックソフトKMSpicoでWindows 7Windows 7 Pro ・Windows 7 Enterprise)を認証することも可能です。これでWindows7認証を回避することも可能です。KMSpicoをダウンロードして解凍し、ダウンロードします。

解凍パスワードは2016です。KMSpicoを開き、赤いボタンをクリックすると、ライセンス認証が終了します。

バッチファイルで認証する

f:id:rick1208:20200709142203p:plain
上記のようなバッチファイルを作成すると、プロダクトキーを使用せずにWindows 7を認証可能です。この方法はWindows 7 Professional EditionおよびEnterprise Editionに対応可能です。
f:id:rick1208:20200709142213p:plain
バッチファイルとして保存します。
f:id:rick1208:20200709142220p:plain
バッチファイルを右押し、「管理者として実行」を選びます。認証を行います。 認証終了後、コマンドプロンプトでは再起動するかと聞かれ、「Y」を押し、再起動します。

コマンドプロンプトで認証の有効期間を延長する

f:id:rick1208:20200707173255p:plain
一般的、Windows 7の認証有効期間があります。有効期限を超えると、Windowsのすべての機能は使えなくなります。コマンドrearmで有効期間を延長することは可能です。ただ、このコマンドは3回しか使用可能でせんが有効期限を最大90日延長可能です。
f:id:rick1208:20200709142237p:plain
スタートメニューを開き、「cmd」を記入し、右押します。「管理者として実行」を押します。
f:id:rick1208:20200709142244p:plain
コマンドプロンプトで、「slmgr –rearm」と記入し、「Enter」キーを押し、再起動します。
f:id:rick1208:20200709142252p:plain
コンピュータを再起動し、スタートメニューで「コンピュータ」から「プロパティ」を選び、ライセンス有効期間が延長されます。

Windows7のプロダクトキーをチェックする方法や認証する方法はいかがでしたか?基本的な認証方法の流れはスタートメニューからコントロールパネルを開いてシステムとセキュリティで行います。必ず新しいパソコンのときには早めの認証が重要です。

有効期限が切れる前にプロダクトキーを認証させなければいけませんし、どうしても認証ができないようでしたら、有効期限を延長する方法をとりましょう。