漫画の地球儀

Googleアカウントが作成できない時の年齢制限の解除方法!【pc、Windows、Mac、Chrome】

スポンサーリンク

Googleアカウントが作成できない主な原因

f:id:rick1208:20200710151921p:plain
Googleアカウントを作成するにあたって、年齢制限があることをご存知と思いますか。Googleアカウントを登録するときに生年月日を記入する場所がありますが、生年月日の西暦を間違えていたり、年齢制限がある西暦を記入してしまったりすると、「アカウントが作成可能でせんでした」という画面に切り替わります。

年齢制限によるGoogleアカウント作成時の問題についての対処方法をご説明していきます。

Googleアカウントの年齢制限は何歳か

f:id:rick1208:20200710140944p:plain
Googleアカウントを作成するのでには、所定の年齢に達していることが条件となっております。この年齢は国ごとに設定されており、日本では13歳以上にならないとGoogleアカウントを取得できない規約になっております。

「アカウントが作成可能でせんでした」と表示された場合の対処法

f:id:rick1208:20200710151940p:plain
1回「アカウントが作成可能でせんでした」というエラーメッセージが表示されてしまうと、同じ端末では同一人物が登録しようとしているとみなされて、アクセスしてもはじかれてしまうようになっております。

パソコン内にはCookieやキャッシュとして見ることデータが保存されます。データが保存されることで快適なオンライン操作につながるこの機能も、普段は便利ですが、アカウント作成の制限がかかってしまう状況では邪魔になってしまいます。そこで、パソコンの設定を変えることで制限を解除していきましょう。

Google Chromeの場合

f:id:rick1208:20200710152211p:plain

まず最初は、GoogleChrome上での制限解除の方法をご説明していきます。右上のボタンの「その他のツール」から見ること履歴を消去を選びてください。
f:id:rick1208:20200710152257p:plain
消去する履歴の期間を過去24時間に変更して、全部の項目を選びたらデータを消去を選びてください。これでパソコンに記憶されたGoogleChrome上のCookieやキャッシュが消去されます。この状態だと、Googleアカウント作成画面が表示されるようになります。
f:id:rick1208:20200710152331p:plain
他のツールを選択ところで設定を押すと、設定画面に移動します。設定画面の詳細設定にも「見ること履歴データを消去する」という項目がありますので、ここを選びてもCookieやキャッシュを消去することが可能です。

Windowsの場合

f:id:rick1208:20200710153445p:plain
Windows上でもCookieやキャッシュの消去をすることでGoogleアカウントの作成制限を解除することが可能です。コントロールパネルを起動してその中のネットワークとインターネットを押してください。
f:id:rick1208:20200710153507p:plain
「閲覧履歴とCookieの消去」から「削除」を選びて、全部消去を選択するとCookieやキャッシュを消去することが可能です。これによってGoogleアカウントの作成制限の解除をすることが可能です。

誤ってGoogleアカウントが作成できない場合の対処法

f:id:rick1208:20200710064700p:plain
上で書いた通り、Googleアカウントは使用規約によって13歳以上の方しか使用することができないように定められております。Googleアカウントを作成するときに年齢制限に引っかかってしまった場合、定められた手順で生年月日を修正しないとアカウントが消去されてしまいます。
f:id:rick1208:20200710153545p:plain
ここでは、年齢制限によって制限がかかってしまったGoogleアカウントを解除する方法について説明していきます。

既存のアカウントに年齢制限にひっかかる生年月日を記入

f:id:rick1208:20200710060108p:plain

既存のアカウントで年齢制限に引っかかってしまう生年月日を記入しても、Googleアカウントが無効になってしまいます。修正を行わない場合は29日後に自動でGoogleアカウントが消去されてしまいます。

Googleアカウントのロック解除方法

f:id:rick1208:20200710153605p:plain
Googleアカウントの制限を解除する手順として、下記の3つの方法があります。それぞれの手順について説明していきます。

クレジットカードを使用

f:id:rick1208:20200710153620p:plain
「クレジットカードを使用」を選びた場合は、クレジットカードによる認証が行われます。ただし、認証に0、30米ドルが必要となってしまいます。必要事項を記入して、「今すぐ注文する」を選択するとすぐに制限が解除されます。

フォームをオンラインで送信

f:id:rick1208:20200710153635p:plain
「フォーラムをオンラインで送信」を選びた場合は、公的機関発行の身分証明書が必要になってきます。運転免許証やパスポートなど、生年月日の記載された身分証明書の写真をアップロードすることによって審査してもらいます。

Googleアカウントの制限が解除されるまでには1営業日ほどかかってしまうのでそれまではGoogleアカウントを使用することができません。

郵送かFAXでフォームを送信

f:id:rick1208:20200710153652p:plain
「郵送かFAXでフォームを送信」を選びた場合も公的機関発行の身分証明書のコピーの提出が求められます。郵送やFAXの場合は数日時間を要することになりますのでご注意ください。

Googleアカウントが作成できない年齢制限以外のパターン

f:id:rick1208:20200710052418p:plain
これまで年齢制限によってアカウントを作成できないパターンをご説明してきましたが。年齢制限に引っかかっていなかった場合、Google側に問題がある可能性があります。

Google側で問題が発生

f:id:rick1208:20200710153722p:plain
「アカウントを作成可能でせんでした」と表示された場合、Google側で問題が発生された場合があります。問題の内容が障害であるのか、定期的なメンテナンスであるのかは不明ですが一時的にアクセスが処理できない状態になってしまっております。

サーバー側の問題のため、利用者側では対処することが可能でせん。なので、時間をおいてアクセスすると解決することがあります。焦らずに気長に待ちましょう。

まとめ

f:id:rick1208:20200710044640p:plain

Googleアカウントが作成できないとき、もしかしたら利用者に原因があるかもしれません。記入内容に間違いがないか、もう1回チェックしてから作成するようにしましょう。

また、1回設定してしまったものを設定しなおすためには手間と時間がかかってしまいます。無駄な時間がかからないよう、十分気を付けてください。