漫画の地球儀

Steamトレーディングカードの売買方法!【売る、相場、買う、トレード、pc、マーケット】

スポンサーリンク

Steam

f:id:rick1208:20200715214609p:plain
Steamとは、オンラインでゲームを販売・配信しているゲーミングプラットフォームです。

アメリカ発のデジタル著作権管理プラットフォーム

f:id:rick1208:20200715214836p:plain
Steamは、アメリカのコンピューターゲーム開発・配信会社であるValve社によって運営されています。

Valve社は、オンラインで全部のゲームを販売・配信する、デジタル配信サービスを行っているため、Steamではディスクやパッケージを購入する必要がなく、パソコンとインターネットさえあればいつでもゲームをプレイすることが可能です。

また、ディスクなどを買う必要がないので、安い価格でゲームを買うことが可能なのもSteamの特徴の1つです。

ゲームの配信・販売プラットフォームとしては世界最大級

f:id:rick1208:20200715214912p:plain
Steamはゲーミングプラットフォームとしては世界最大級で、現在は1億人を超えるユーザーが使用しています。対応言語も、25ヶ国語と幅広く対応しており、日本語の表示も問題なく可能なようになっています。

SNSコミュニティとしても有名

f:id:rick1208:20200715214927p:plain
Steamには、グループやクラン結成、ゲーム内チャットなどのソーシャルネットワークサービスも用意されています。

更にSteamコミュニティでは、たくさんのユーザーがゲームに関する意見や質問を投稿したり、ゲーム内で撮ったスクリーンショットや、自作のアートワークなども投稿しています。

なので、Steamは、単なるゲーミングプラットフォームではなく、SNSとしてもとても人気です。

Steamトレーディングカードの入手方法

f:id:rick1208:20200715214948p:plain
ここからは、Steamでトレーディングカードを貰う方法をご解説します。

対応ソフトを一定時間プレイ

f:id:rick1208:20200715213054p:plain
Steamのトレーディングカードを入手するには、トレーディングカード対応ソフトを決まった時間以上プレイする必要があります。要するに、ゲームをある一定の時間起動していれば自然にカードが貰えるということです。

そうやってある程度プレイしていくと、ゲームのキャラクターなどが載っているカードがインベントリに追加されていくようになります。

対応ソフトの見分け方

f:id:rick1208:20200715215502p:plain
対応ソフトの見分け人は、上の画像のようにストアにあるソフトのページでチェックすることが可能です。

ソフトのページに行くと、「このゲームに興味がありますか?」という項目が必ずあるので、更にその中に「Steamトレーディングカード」という項目があれば対応していることになります。

マーケットプレイスなどで購入

f:id:rick1208:20200715221406p:plain
次のトレーディングカード入手方法は、マーケットなどでの購入です。Steamには、コミュニティの中にマーケットがあり、ユーザーはそこでアイテムを取引することが可能なようになっています。

トレーディングカードもマーケットで売買することが可能です。支払いは、Steamウォレットから行われます。(チャージ制)

マーケットプレイスなどでトレード

f:id:rick1208:20200715221412p:plain
トレーディングカードは、マーケットで出品者からトレード購入することも可能です。この場合は、お金の支払いが必要です。トレードで買ったい場合は、アイテムページの下の方にある「買い注文を出す」というボタンから行えます。

ボタンを押すと、次に支払いたい額を設定する画面が出てくるので、そこで価格を設定すれば、その設定した価格のアイテムが出品された時に買うことが可能です。
この方法の他にも、フレンドにトレードを申し込んでカードを入手することも可能です。

Steamトレーディングカードを売る方法

f:id:rick1208:20200715221427p:plain
ここからは、Steamでトレーディングカードを売る方法をご解説します。

ログイン中に自分自身のインベントリを選択

f:id:rick1208:20200715221829p:plain
自分自身自身のトレーディングカードをチェックするには、Steamにログインしてインベントリへ行く必要があります。インベントリへは、上の画像のようにメイン画面に表示されている自分自身自身のSteamの名前の下から行くことが可能です。

売りたいカードを選択

f:id:rick1208:20200715235321p:plain
インベントリから売りたいカードを選びます。

販売ボタンを押す

f:id:rick1208:20200715235327p:plain
カードを選びたら、右下にある「売却」ボタンを押します。

時価なので販売価格を設定

f:id:rick1208:20200715235333p:plain

トレーディングカード時価で価格が変わってくるので、売る時は自分自身自身で価格を設定する必要があります。

相場を調べる方法

f:id:rick1208:20200715235345p:plain
価格設定がよく分からない人は、相場を調べることをおススメします。相場は、売却画面に出てくる「平均販売価格」か、「売却」ボタンの上にある「コミュニティマーケット内で表示」のページで調べることが可能です。(下の画像)

どっちのページでも、時価の平均価格を調べることが可能です。
f:id:rick1208:20200715235405p:plain

チェック

f:id:rick1208:20200715235412p:plain
ある程度時価が分かったら、あとは自分自身自身で受取額を記入するとアイテムを売ることが可能です。

Steamのトレーディングカードを買う方法

f:id:rick1208:20200715235418p:plain
ここからは、Steamのトレーディングカードが買える場所と手数料について説明していきます。

Steamコミュニティマーケット

f:id:rick1208:20200715235427p:plain
上記でも説明しましたが、トレーディングカードはSteamのコミュニティにあるマーケットで買うことが可能です。購入は、マーケットで買いたいカードのページにある「購入する」ボタンから行うこと可能です。

「購入する」ボタンをクリックすると、支払い価格を入れる画面が出てきますが、ここは最初からすでに開始価格が入れられているので、自分自身自身で価格を設定する必要はありません。カードの価格は、1枚につき大体数十円程です。

マーケットでの支払いは手数料が発生します。

Steam Card Exchange

f:id:rick1208:20200716035928p:plain
マーケットのほかにも、Steam Card Exchangeというカードを交換する場所でも売買することが可能です。ここでは、Steamユーザーとのトレードに加えて、ボットとのトレードも行うことが可能です。

手数料は不要

Steam Card Exchangeでは手数料を払う必要はありません。

キラカードは非対応

ここでは、普通のカードのみトレード対応しているので、上の画像のようなキラカードはトレードすることが可能でせん。

まとめ

f:id:rick1208:20200715154625p:plain
トレーディングカードは、プレイすればするほど貯まっていきます。知らない間にあなたのインベントリにもたくさん入っているかもしれません。

眠っているカードをどうにかしたい人は、この機会にトレーディングカードの売買やトレードに挑戦してみましょう。