漫画の地球儀

「Snipping Tool」の使い方!【Windows、画面キャプチャの撮り方、特徴、スクショ、ペイント3D】

スポンサーリンク

Snipping Tool

f:id:rick1208:20200709112805p:plain
Snipping Toolとは、Windowsで使用可能なスクリーンショット撮影アプリです。比較的多くのWindows OSに標準アプリとして搭載されており、範囲を指定したスクリーンショット撮影を行えます。

特徴

f:id:rick1208:20200709104342p:plain
まず最初はSnipping Toolの特徴をご説明していきます。

Windowsに標準添付の画面キャプチャ、スクリーンショットアプリ

Snipping Toolは、Windows7に標準搭載されている画面キャプチャ・スクリーンショットアプリ。Windows7をお持ちの方なら、基本的に誰でも使用可能です。

シンプルな操作性

Windows7Snipping Toolの操作性はとてもシンプル。アプリを起動後、画面キャプチャ・スクリーンショットする範囲を指定して撮影するだけです。

PrintScreenキーより遥かに高機能

Windows OS環境でスクリーンショットと言えば、Print Screenキーを使用した撮影です。しかし、Snipping Toolは、キーボードキーやショートカットキーを使用したスクリーンショットよりも高性能です。

Snipping Toolの起動方法

f:id:rick1208:20200709095010p:plain
Windows7で、Snipping Toolを起動する方法をご説明していきます。

起動のやり方

f:id:rick1208:20200709051758p:plain
Windows7Snipping Toolを起動するやり方

まず最初はWindowsスタートボタンを押します。

タスクバーの検索ボックスで「Snipping Tool」を検索

f:id:rick1208:20200709115351p:plain
上記画像参照。お次にタスクバーの検索ボックスに「Snipping Tool」と記入します。

検索結果一覧からSnipping Toolを選びます。(マウス左クリック)

タスクバーへの収納方法

f:id:rick1208:20200708203622p:plain
Snipping Toolをタスクバーへ収納する方法。Snipping Toolは優秀な画面キャプチャ・スクリーンショットアプリです。頻繁に使用するアプリは、タスクバーにピン留めしておきましょう。

Windows7Snipping Toolをタスクバーへ収納する方法。前述同様、まず最初はスタートボタンをクリック。タスクバーの検索ボックスにSnipping Toolと記入しましょう。

検索結果一覧が表示されました。Snipping Toolを右押します。

Snipping Toolを右クリックすると、新たにメニューが開かれます。

右クリックで表示されたメニューの中から「タスクバーに表示する」を押します。
f:id:rick1208:20200709115432p:plain
Windows10で言うピン留めのように、タスクバーからSnipping Toolを起動可能なようになりました。ピン留めは便利な機能です。覚えておいて損はないと思います。

Snipping Toolの基本的な使用方法

f:id:rick1208:20200708193310p:plain
Windows7Snipping Toolの標準的な使用方法。Snipping Toolを使用して、スクリーンショットの撮り方をご解説します。

全画面のスクリーンショットの撮り方

f:id:rick1208:20200708172858p:plain
Windows7Snipping Toolで全画面の撮り方。まず最初は最も標準的な全画面スクリーンショットの撮り方をご解説します。
f:id:rick1208:20200709115501p:plain
Windows7Snipping Toolを起動。Snipping Toolのメニューから「モード」を押します。
f:id:rick1208:20200709121652p:plain
次に「全画面領域切り取り」を押します。
f:id:rick1208:20200709121709p:plain
Snipping Toolスクリーンショットが撮影されました。メニューから「ファイル」をクリック。
f:id:rick1208:20200709121720p:plain
「名前を付けて保存」を押しましょう。

四角形の領域切り取り

f:id:rick1208:20200708171212p:plain
Windowsスクリーンショットアプリを使用するのであれば、四角形の領域切り取りは覚えておくべきと思います。
f:id:rick1208:20200709121739p:plain
「モード」から「四角形の領域切り取り」をクリック。任意で四角形状に画面キャプチャ・スクリーンショットが行えます。

Snipping Toolの便利な使用方法

f:id:rick1208:20200708122550p:plain

Windows7Snipping Toolの便利な使用方法。最初はSnipping Toolの便利な撮り方のご解説。この機に是非マスターしましょう。

特殊なスクリーンショット

f:id:rick1208:20200708125239p:plain
Snipping Toolの便利な使用方法。まず最初は特殊なスクリーンショットの撮り方を3つご解説します。

ウィンドウのキャプチャ

Windows7Snipping Toolの便利な機能。1つ目の機能は、画面キャプチャするウィンドウの選択です。ポップアップやダイアログボックス・エラーメッセージ等、新たに表示されたウィンドウだけを画面キャプチャすることが可能です。
f:id:rick1208:20200709122918p:plain
操作方法は、Snipping Toolメニューから「モード」をクリック。次に「ウィンドウの領域切り取り」を押します。あとは、画面キャプチャしたいウィンドウを選びましょう。

自由領域

Windows7Snipping Toolの便利な機能。2つ目の機能は、自由領域の切り取りです。
f:id:rick1208:20200709122934p:plain
Snipping Toolメニューから「モード」をクリック。次に「自由形式の領域切り取り」を押します。スクリーンショットと言えば四角形の画像が多いですが、自由領域の切り取りでは自分自身の思うままの形でスクリーンショットを撮影可能です。

キャプチャ開始を遅延

Windows7Snipping Toolの便利な機能。3つ目の機能は、キャプチャ開始の遅延です。
f:id:rick1208:20200709122953p:plain
Snipping Toolメニューから「遅延」をクリック。画面キャプチャまでの待ち時間を設定可能です。カメラのタイマー機能のようなもので、待ち時間に合わせてダイアログボックスを表示。スクリーンショットの撮影が行えます。

キャプチャ結果の活用

f:id:rick1208:20200708120916p:plain
Snipping Toolの便利な機能。スクリーンショットが撮影できたら、次はキャプチャ結果の活用方法をマスターしましょう。

その場でメモを書き込む

f:id:rick1208:20200709123011p:plain
Snipping Toolで画面キャプチャ・スクリーンショットを行った後。メニュー内の「ペン」をクリック。
f:id:rick1208:20200709123341p:plain
キャプチャした画像にメモ書きが可能です。
f:id:rick1208:20200709123349p:plain
画面キャプチャ・スクリーンショット後の画面からメールをクリック。画像を添付可能です。

Windows10でSnipping Toolを使用している場合。Windows10付属のペイント3Dとの連携が可能。画面キャプチャ・スクリーンショットした物を、ペイント3Dで編集することが可能です。
f:id:rick1208:20200709123411p:plain
画面キャプチャ・スクリーンショット後。ペイント3Dをクリック。
f:id:rick1208:20200709123415p:plain
ペイント3DはMicrosoftペイントの一種ですので、Snipping Toolよりも細かな画像編集が行えます。

Snipping Toolのショートカット

f:id:rick1208:20200708105116p:plain

Snipping Toolをより便利に使用する方法。Snipping Toolのショートカットキーを利用してみましょう。マウスでの操作が減り、作業の効率化が図れます。以下ショートカット一覧。

ショートカット 説明
Alt+M メニューからモードを呼び出し。領域切り取りの種類を選択可能
Alt+N 最後に実行した領域切り取りと同じモードを新たに実行する。
Shift+方向キー カーソル移動を行える。切り取り領域は四角形になる。
Alt+D 遅延メニューの呼び出し。タイマーを設定可能。
Ctrl+C キャプチャ結果をクリップボードにコピー可能。
Ctrl+S キャプチャ結果を名前を付けて保存可能。

Snipping ToolWindows 10 RS5で廃止予定

f:id:rick1208:20200708041333p:plain
これまで長い間、Windowsに標準搭載されていたアプリですが、Windows 10 RS5では廃止が予定されています。では、今後Windowsスクリーンショットアプリはどうなってしまうのか? 現在チェック可能な情報をリサーチしてみました。

Snipping Tool廃止の経緯

f:id:rick1208:20200708041710p:plain
Snipping Toolの廃止理由の1つとして考えられるのが、Windows 10 Creators Update以降追加された。「Windows」+「Shift」+「S」という新たなWindowsショートカットキーです。マウス操作無しで任意選びた画面をキャプチャ可能です。

そして、ショートカットキーを改善・機能拡張する形でSnipping Toolの後継アプリが登場しました。

Snipping Toolの後継アプリ「画面スケッチ」

f:id:rick1208:20200707174112p:plain
前述したWindowsショートカットキーには、マウス操作では呼び出せない。フリーハンドでの選択ができない。クリップボードからペイントソフト・アプリにペースト、保存する必要がある。という改善点がありました。
f:id:rick1208:20200709124004p:plain
後継である画面スケッチでは、上記3点が改善。これまでの標準的な機能もほぼ使用可能なことから、Snipping Toolに代わる新たなスクリーンショットアプリと言えると思います。