漫画の地球儀

iPhoneのメモをバックアップする方法!【パソコン、データ、iCloud、iTunes、Evernote、iPad】

スポンサーリンク

iCloud

f:id:rick1208:20200713100501p:plain
ここではiPhoneのアプリ「メモ」で作成したメモをiCloudにバックアップする方法を解説します。

To Doリストや備忘録のためにメモアプリを使用している方も多いのではないと思いますか。しかし、端末が故障した場合にバックアップをとっておかないとすべて消えてしまう可能性があります。

そこで、AppleクラウドストレージサービスであるiCloudにメモをバックアップしておくことで、作成したメモを安全に保管しておくことが可能です。

バックアップとは?

f:id:rick1208:20200713092539p:plain
バックアップとは、使用している端末(iPhoneなど)が壊れたり、端末を紛失した場合に備えて、事前にデータを安全な別の場所に移動・保管しておくことです。

バックアップを行うことで、こういった不測の事態が生じた場合にバックアップを取っておいた時点の状態まで巻き戻すことが可能になります。

ここでは、定期的に自動でiPhoneのバックアップを取るように設定する方法と、手動でバックアップを取る方法を解説します。

iCloudにメモデータをバックアップする手順

f:id:rick1208:20200713091526p:plain
Appleが提供するクラウドストレージサービスであるiCloudiPhoneに保存してあるメモのバックアップを作成する方法を説明します。

こちらの手順では、iPhone本体だけを利用してクラウドストレージに端末内のバックアップを作成するので、手軽に行うことが可能です。

1、iPhoneで「設定」アプリを開きます。

2、自分自身のユーザ名を押します。
f:id:rick1208:20200713101327p:plain
3、iCloudを押します
f:id:rick1208:20200713101415p:plain
4、上段に自分自身がiCloudクラウドストレージ容量をどれだけ利用しているかが表示され、下段にiCloudを使用しているアプリが表示されます。ここで、「メモ」のスイッチをオンにします。
f:id:rick1208:20200713101423p:plain
この2ステップを踏むことでiPhoneの「メモ」アプリで作成した端末内に保存されているメモのバックアップをiCloudに保存することが可能です。

iPhone内のほかのアプリのバックアップを取りたい場合には先ほど「メモ」のスイッチをオンにした操作と同様にバックアップをとりたいアプリのスイッチをオンにすることでクラウドストレージ上にバックアップが作成されます。

この設定を済ませることで、定期的に自動でiPhoneからiCloudへバックアップを作成するようになります。

手動でバックアップを開始する方法

手動でバックアップを開始することで、自分自身の好きなタイミングでiPhoneのバックアップの作成を開始することが可能です。

こまめにバックアップを取る必要がある場合や、急遽バックアップを取る必要がある場合は手動でバックアップを取ると確実です。

1、手動でiPhoneのバックアップを開始するには、先ほどのiCloudの画面で、iCloudバックアップを押します。
f:id:rick1208:20200713101520p:plain
2、iPhoneWIFIに接続し、iCloudバックアップをオンにしたうえで「今すぐバックアップを作成」を押すことで端末内に保管されているデータのバックアップ作成が開始されます。
f:id:rick1208:20200713101527p:plain
iPhoneのバックアップが終了すると、バックアップが作成された日時が表示されます。
f:id:rick1208:20200713101540p:plain
iPhoneを利用して手動でバックアップを作成する方法は以上です。

iTunes

f:id:rick1208:20200713091954p:plain
先ほどはiPhoneを利用してiCloudにバックアップを作成しましたが、ここではパソコンを使い手動でiTunesを経由しパソコン内にiPhoneのバックアップを作成する方法を解説します。

先ほどの方法ではiCloud上に端末内にあるメモのバックアップを作成しましたが、こちらの方法では自分自身のパソコンのストレージ上に、端末内にあるデータのバックアップを作成します。

この方法では、iCloudのストレージ容量を気にすることなく、バックアップを作成することが可能です。

また、すべてのデータのバックアップを作成するので、端末が故障したり紛失した場合にすぐデータの復元を行うことが可能になります。

iTunesにメモデータをバックアップする手順

f:id:rick1208:20200713091505p:plain
iTunesを用いてiPhoneのバックアップを作成する手順を、Windowsのパソコンを用いて解説します。

なお、iTunesにメモデータをバックアップする場合、WindowsでもMACでもバックアップを作成することが可能です。

パソコンにiTunesをダウンロードする

AppleのWebサイトより、iTunesをダウンロードし、ダウンロードします。自分自身のパソコンのOSに会ったものをダウンロードしてください。

パソコンと端末をUSBケーブルで接続する

パソコンとiPhoneをUSBケーブルで接続します。iPhoneからコンピュータを信頼するか聞かれるので、信頼を押してください。
f:id:rick1208:20200713101622p:plain
iTunesを起動したら、iPhoneのマークを押します。
f:id:rick1208:20200713101629p:plain
以上でバックアップの用意は終了です。

バックアップを開始する

左のタブから「概要」が選択されていることをチェックし、「このコンピュータ」にチェックを入れ、「今すぐバックアップ」をクリックすることでiPhoneのバックアップが開始されます。

ここで、iPhoneのバックアップの暗号化をしたい場合は「iPhoneのバックアップを暗号化」にチェックを入れておきましょう。
f:id:rick1208:20200713101748p:plain
iPhoneのバックアップが終了すると、「最新のバックアップ」からバックアップを行った日時をチェックすることが可能です。
f:id:rick1208:20200713101759p:plain
この方法はiPhoneとパソコンを接続し、iTunesを通してパソコンにバックアップを作成する方法なので、iCloudのように定期的に自動でバックアップが作成されるわけではありません。

しかし、パソコンの容量があればバックアップを作成することが可能なため、端末が故障し復旧が必要になった時のために定期的にバックアップを作成することをおススメします。

クラウドストレージ

f:id:rick1208:20200713091441p:plain

iPhoneのメモデータをバックアップする方法として、別のクラウドストレージサービスを使用する手もあります。

iCloudのほかにも、DropboxやBoxといったクラウドストレージサービスがありますが、メモのバックアップを取るという用途ではそれに特化したサービスを使用するとよいと思います。

メモデータをEvernoteにバックアップする手順

f:id:rick1208:20200713085413p:plain
ここではiPhoneのアプリ「Evernote」にバックアップする方法を解説します。そもそもEvernoteとは、メモを一括で管理するサービスです。メモの作成が可能で、文字や画像・動画、位置情報の記録が可能です。

クラウドストレージ上でデータを管理するので、別のデバイスを用いても記入内容がそれぞれのデバイスに同期されるので、別のデバイスを利用している場合でも、同じ内容をチェックしたり、編集することが可能です。

まずiPhoneEvernoteをダウンロードします。

Evernoteのアカウントを作成するか、Googleのアカウントでログインすることが可能です。

1、Evernoteにバックアップしたいメモを開き、共有ボタンを押します。
f:id:rick1208:20200713101849p:plain
2、初めての場合はまず「その他」を押します
f:id:rick1208:20200713101857p:plain
3、Evernoteのスイッチをオンにします。
f:id:rick1208:20200713101915p:plain
4、Evernoteを押します。
f:id:rick1208:20200713102220p:plain
1、タイトルを記入後、「保存」を押すことでバックアップを作成します。
f:id:rick1208:20200713102229p:plain
2、Evernoteを起動するとバックアップをチェックすることが可能です。また、Evernote内で編集することも可能です。
f:id:rick1208:20200713102236p:plain
以上で端末内のメモのEvernoteへの移動とバックアップが終了です。

今後、Evernote上に移動あるいはEvernote上で作成したメモはEvernoteクラウドストレージ上に保存され、それぞれのデバイス上に同期されます。別のデバイスを利用していても、Evernoteを通してメモの見ること、作成、編集が可能になります。

Gmail

f:id:rick1208:20200713102246p:plain
Gmailとメモアプリを同期することで、Gmailにもメモのバックアップを作成することが可能です。しかしここで注意しなければいけないのは、端末内にある既存のメモをバックアップするには後述する方法がありますが、すこし手間がかかる点です。

メモデータをGmailにバックアップする手順

f:id:rick1208:20200713010954p:plain

iPhoneGmailを同期し、Gmailのストレージ上にメモを作成することで、バックアップが可能になります。

1、iPhoneの「設定」アプリを開き、「アカウントとパスワード」を押します。次に「Gmail」を押します。
f:id:rick1208:20200713102310p:plain
2、「Gmail」を押し、Gmailアカウントを追加します。
f:id:rick1208:20200713103410p:plain
以上で、Googleアカウントの連携が終了しました。

Googleアカウントの設定でメモの同期をオンにする

「メモ」のスイッチをオンにすることで、Gmailフォルダ内に作成されたiPhoneのメモをGmailと同期することが可能になります。
f:id:rick1208:20200713103427p:plain
以降、Gmailにバックアップしたいメモは「Gmailフォルダ」内に作成することでバックアップすることが可能です。また、Gmailのストレージ上に作成されたメモは同期されるので、Gmailを通して色々なデバイスでメモの作成や編集を行うことが可能になります。

「メモ」アプリで、Gmailフォルダにメモを「移動」することは可能でせん。ひと手間必要になりますが、移動させたいメモの「コピー」は可能です。
まず移動したいメモを開き、「共有」を押します。
f:id:rick1208:20200713103603p:plain
下のタブから「コピー」を選びます。
f:id:rick1208:20200713103611p:plain
Gmailフォルダ内に新しいメモを作成します。
f:id:rick1208:20200713103618p:plain
何もないところを押し「ペースト」することで移動が可能です。
f:id:rick1208:20200713103626p:plain