漫画の地球儀

iPhoneのユーザー辞書に単語を登録、編集、削除する方法!【iPad、定型文、ビジネス、英単語】

スポンサーリンク

単語登録

f:id:rick1208:20200713085413p:plain
iPhoneにはユーザー辞書という機能がついています。もう知っていて利用しているという人も多いとは思いますが、iPhoneのユーザー辞書によく使う単語や定型文を登録しておくと、記入の手間が大幅にカット可能です。

単語を登録する方法など、iPhoneのユーザー辞書の使用方法を詳しく説明していきます。

単語を登録する方法

f:id:rick1208:20200712163757p:plain
まず最初は、iPhoneのユーザー辞書に単語を登録していきます。簡単に登録可能ですので、順を追って説明していきたいと思います。

ユーザー辞書に単語を登録するには、まずiPhoneのトップ画面の「設定アプリ」を開きます。
f:id:rick1208:20200713085731p:plain
iPhoneの設定アプリを開いたら、「一般」を押します。
f:id:rick1208:20200713085737p:plain
iPhone設定アプリから「一般」を押すとちょっと下の方に「キーボード」があるので、そちらを押して開きます。
f:id:rick1208:20200713085746p:plain
キーボード設定画面を開くと「ユーザー辞書」がでてきますので、こちらを押してください。
f:id:rick1208:20200713085755p:plain
「ユーザー辞書」を押すと、このような画面が出てきます。ここから単語の登録や編集、消去などいろいろな作業が可能です。

おさらいしておきますが、iPhoneの設定アプリ→「一般」→「キーボード」→「ユーザー辞書」という順番です。
f:id:rick1208:20200713085842p:plain
ここからiPhoneに単語とその読みを登録していきます。読みは自由に設定することが可能ですので、自分自身の利用しやすいように登録します。

右上に「+」マークがありますので、そちらを押します。
f:id:rick1208:20200713085852p:plain
「+」マークを押すと単語記入画面が出てきます。「単語」の欄には登録したいものを記入し、下の「読み」にはどのような文字をタイピングした時にこの上の単語が出てくるかというのを記入します。
f:id:rick1208:20200713085859p:plain
ちょっとわかりにくかったかもしれませんので、こちらの画像を見て頂くとわかりやすいかと思います。例えばこのように「iPhone」という単語を登録します。

この時に下の読みの欄には「あい」と登録しておくと、「あい」とタイピングした時に予測変換のところに「iPhone」が出てくるようになります。

単語とその読みを記入したら、右上にある「保存」を押して登録が終了です。

単語の編集、消去

f:id:rick1208:20200713085908p:plain
iPhoneのユーザー辞書に単語を登録してきましたが、次にその単語の編集や消去の方法を説明していきます。

iPhoneの「設定アプリ」から「一般」→「キーボード」→「ユーザー辞書」の順番でユーザー辞書を開きます。

単語を編集する方法

f:id:rick1208:20200713085915p:plain

iPhoneのユーザー辞書に登録した単語を編集していきます。設定アプリからユーザー辞書を開いたら、今までに登録した単語一覧が出てきますので、そこから編集したい単語を押します。
f:id:rick1208:20200713085927p:plain
単語登録画面と同じ画面が出てきますので、こちらで単語や読みを手直しなどして編集します。終わったら右上の「保存」を押し、登録が終了です。

単語を消去する方法

f:id:rick1208:20200713090555p:plain
次にiPhoneのユーザー辞書に登録した単語を消去する方法です。ユーザー辞書の単語一覧の左下に「編集」ボタンがありますので押します。
f:id:rick1208:20200713090604p:plain
「編集」を押すと、各単語の左側に「-」マークが現れますので、この中の消去したい単語を選んで消去していきます。

最後に左下の「終了」を押して終了です。
f:id:rick1208:20200713090615p:plain
iPhoneのユーザー辞書で登録した単語を消去する方法はもう一つあります。消去したい単語を左にスワイプすると右側に「消去」ボタンが出てきます。

こちらを押すことで登録した単語を消去することが可能です。

定型文の登録

f:id:rick1208:20200712105433p:plain
iPhoneのユーザー辞書には単語の他に定型文を登録することも可能です。ここからは定型文の登録方法を説明していきます。

定型文の登録手順

f:id:rick1208:20200713090809p:plain

iPhoneのユーザー辞書に定型文を登録する方法ですが、単語を登録する場合と同様です。iPhoneの設定アプリから一般→キーボード→ユーザー辞書で単語一覧を開いたら、まず右上の「+」マークを押します。
f:id:rick1208:20200713090816p:plain
「+」マークを押すと単語記入画面になります。ここで「単語」の欄に定型文を記入し、「読み」の方には簡単なものを記入しておくと後から利用しやすいと思います。

こちらは「いつもお世話になっております。」という定型文ですが、iPhoneで「いつも」とタイピングすると予測変換にこの定型文が出てくるようになります。

記入が終わったら右上の「保存」を押し登録が終了となります。
f:id:rick1208:20200713090827p:plain
念のためもう一つ例を挙げておきます。単語のところには定型文の「よろしくお願いいたします。」、読みは「よろ」で登録します。

iPhoneで「よろ」とタイピングした時には予測変換で「よろしくお願いいたします。」が出るようになります。登録を終了するには右上の「保存」ボタンを忘れずに押してください。
f:id:rick1208:20200713090835p:plain
iPhoneに単語や定型文を登録してきました。ユーザー辞書の最初の画面には登録した単語の読みのABC順、そして、あいうえお順で一覧が出てきます。こちらはいつでも編集可能です。

iPhoneに新しく単語や定型文を登録したい時には右上の「+」を押し加えることが可能です。

iPhoneに登録した単語や定型文を消去したい時には左下の「編集」を押すか、あるいはその単語や定型文を左にスワイプすることで消去可能です。

iPhoneのユーザー辞書に登録した方が良いおススメの単語・定型文

f:id:rick1208:20200711132003p:plain
ここまででiPhoneのユーザー辞書への単語や定型文の登録方法を説明してきましたが、登録しておいた方が良い単語や定型文をご解説します。

・メールアドレス(よみには「めーる」や「あど」を登録しておくと便利です。)
・普通には出てこない人名漢字
・よく使う顔文字
・ビジネスで使う定型文(「よろしくお願いいたします。」や「いつもお世話になっております。」など)
・英単語(スペルが難しいものなど)


以上、iPhoneのユーザー辞書に登録した方が良いおススメの単語・定型文でした。人によってよく使う単語や定型文は違いますので自分自身の使用方法に合わせて登録してみてください。

iPhoneのユーザー辞書をMacと同期する方法

f:id:rick1208:20200711130046p:plain
iPhoneのユーザー辞書に単語や定型文を登録する時、画面が小さくて作業しにくという人もいるかと思います。実はMaciPadなどとiPhoneでユーザー辞書を同期することも可能です。

iPhoneの小さい画面でいろいろ操作するよりもMacで登録作業をした方が効率が良いかもしれません。MaciPhoneのユーザー辞書を同期する方法を説明していきます。

Macのシステム環境設定での操作手順

f:id:rick1208:20200711113408p:plain
それでは、Macを使用して単語や定型文を登録していきます。Macを使用して単語登録する時は「システム環境設定」をまず開きます。この中に「キーボード」がありますので、そちらを選び「ユーザー辞書」を選びます。

左下に「+」マークがありますので、そちらをクリックすると新しく単語や定型文を記入でいるようになります。「記入」欄に読みを、「変換」欄に登録したい単語もしくは定型文を記入します。

Macで単語や定型文を新しく登録し保存したらiCloudを経由してiPhoneに同期させます。

まとめ

f:id:rick1208:20200711061439p:plain
iPhoneのユーザー辞書の使用方法を詳しく説明してきました。iPhone設定アプリから「一般」→「キーボード」→「ユーザー辞書」で単語や定型文を登録・保存することが可能です。また編集や消去も簡単に可能です。

iPhoneのユーザー辞書を活用すると文字を記入する手間が省け、効率よく文章をタイピング可能なようになります。

ここではiPhoneのユーザー辞書の使用方法について詳しく説明しておりますが、Androidでもユーザー辞書というのはありますので同様に使えると思います。ユーザー辞書機能を利用して、効率よく仕事や作業を進めていきましょう。