漫画の地球儀

Outlookのコマンドが無効になっていて使用できない原因、対処法!【pc、Windows、書式設定】

スポンサーリンク

Outlookのコマンドが無効になる原因

f:id:rick1208:20200710135913p:plain
Outlookとは、メールの送受信の他にも予定表や連絡先、仕事管理票といった総合的な管理を目的に作られたソフトウェアです。ここでは、Outlookでコマンドが無効になる原因やその対処法について触れていきます。

メール形式がテキスト形式になっている

f:id:rick1208:20200710140944p:plain
Outlookでコマンドが無効になる原因としては、メール形式がテキスト形式になっているパターンが挙げられます。

書式設定

f:id:rick1208:20200710135824p:plain
Outlookのコマンドが無効になって使用できない時の対処法としては、まず書式設定をチェックするとよいと思います。

書式設定でメール形式を変更する

f:id:rick1208:20200710081856p:plain
Outlookでは、書式設定でメール形式を変更することが可能です。その手順は以下のとおりです。
f:id:rick1208:20200710151259p:plain
Outlookでメール形式を変更したい場合、まず最初は「書式設定」タブを押してみましょう。ただし、Outlook2007の場合書式設定タブを開いてもメール形式を変更は可能でせんので気を付けてください。
f:id:rick1208:20200710151340p:plain
Outlookでメール形式を変更したい場合の二つ目の手順は、「形式」グループから「HTML」あるいは「リッチテキスト」の選択です。

「形式」グループから「HTML」あるいは「リッチテキスト」の選びたら、コマンド操作が有効になったかチェックしてみましょう。操作に誤りが無ければ、以上の操作からOutlookでメール形式を変更することが可能です。

オプション

f:id:rick1208:20200710064700p:plain
続いてはOutlookのコマンドが無効になって使用できない時の対処法として「オプション」について触れていきたいと思います。

オプションでメール形式を変更する

f:id:rick1208:20200710151423p:plain
Outlookでは、ファイルタブのオプションからメール形式を変更することが可能です。コマンドが使えないのは、このファイルタブのオプションから設定可能なメール形式がテキスト形式になっているからです。

どのような手順で変更可能なのかチェックしていきましょう。
f:id:rick1208:20200710151438p:plain
Outlookでオプションからメール形式を変更したい場合、まず最初は「ファイル」タブの「オプション」を押してみましょう。
f:id:rick1208:20200710151445p:plain
続いてOutlookの「メール」タブの「次の形式でメッセージを作成する」を変更してみましょう。

最後はOutlookでコマンド操作が有効になったかチェックを行います。以上2種類の方法からコマンド操作が可能となっていますので、どっちかの操作を試してみてください。

Outlookのメール形式の特徴

f:id:rick1208:20200710055143p:plain
Outlookにはそれぞれのメール形式に特徴があります。ここではそんなメール形式の特徴の違いについても触れていきましょう。

HTML、テキスト、リッチテキストの違い

f:id:rick1208:20200710060108p:plain
HTML:Outlook規定のメッセージ形式
箇条書きも設定可能でフォントやサイズ、カラーなどの調整が可能

テキスト:文字のみを送信するメッセージ形式

リッチテキスト:文中に表や画像のペーストが可能
フォントやサイズ、カラーの調整も可能


HTMLはOutlookの既定のメッセージ形式です。テキストの場合、HTMLのようにフォントに対する情報を設定することは可能でせん。

まとめ

f:id:rick1208:20200710050044p:plain
ここではOutlookのコマンドが無効になっていて使用できないときの対処法について触れてきました。Outlookのメール形式はオプションあるいはメール形式のタブから簡単に設定することが可能です。参考たとえとしては、ビジネスで用いるならテキストが主流でした。

相手や目的に合わせてメール形式の調整をしてみてください。