漫画の地球儀

OneDriveの自動起動を停止する設定方法 !【Windows10、pc、アンインストール、違い、クラウド】

スポンサーリンク

OneDrive

f:id:rick1208:20200708122550p:plain
OneDriveとはMicrosoftが提供しているクラウドストレージサービスの一種です。アカウントひとつで、保存した写真ファイルや動画ファイルなどを色々な場所や色々な端末で使用することが可能なアプリです。

クラウドストレージ

f:id:rick1208:20200708125239p:plain
クラウドストレージとは、クラウドを使用して提供されるオンラインストレージサービスのことになります。本来なら自分自身でストレージを構築する場合、費用や時間がかかる以外にもバックアップ対策に加え多くなっていくストレージ容量を予測する必要があり ます。

しかし、クラウドストレージを使用することで自分自身でファイルサーバー環境を構築、また、保守することなく低いコストでクラウド上に必要なデータを必要なだけ分だけ保管することが可能なようになります。

また、必要に応じて容量を増減することが可能であり、データファイルの保管や取り出しは、いつでもウェブ上のどこからでも可能です。

クラウドストレージは、ファイルやフォルダデータのバックアップ、ファイルサーバー、ソフトウェアのテスト開発、災害対策、クラウドへのデータ移行、コンプライアンス等々、ビジネスにおいて色々な用途で活用されています。

Windows10でOneDriveの自動起動を停止する方法

f:id:rick1208:20200708120916p:plain
「OneDrive」は、Windows10の機能でデフォルトで起動時に自動的に実行される設定になっています。この「OneDrive」の自動起動を停止することももちろん可能です。設定でOneDriveの自動起動を停止する方法をご案内します。

OneDriveの設定画面での操作

f:id:rick1208:20200708125302p:plain
タスクバーにある「OneDrive」のアイコンを右押して「設定」を選びます。
f:id:rick1208:20200708132317p:plain
「設定」タブにある「WindowsにサインインしたときにOneDriveを自動的に開始する」のチェックを外します。これでOneDriveの自動起動が停止されます。

Windows10でOneDriveをアンインストールする方法

f:id:rick1208:20200708041710p:plain
もしOneDriveを使用することがないのであれば、OneDriveをアンインストールしてしまうのもひとつの方法です。ここではWindows10からOneDriveをアンインストールする方法をご案内します。

コントロールパネルからアンインストールする手順

OneDriveアプリを右押して「アンインストール」を押します。

一覧からOneDriveがなくなっていればアンインストールは終了です。

OneDriveのアンインストールと自動起動の停止の違い

f:id:rick1208:20200708041333p:plain

OneDriveの「アンインストール」と「自動起動の停止」の違いですが、「アンインストール」はOneDriveアプリ自体をデバイス上から消去する行為になります。もし再度OneDriveを使用したい場合は再ダウンロードが必要になります。

自動起動の停止」はOneDriveアプリ自体はデバイスから消去せずに残しておくことになります。もしOneDriveを使用したい時はデバイス上にあるOneDriveからいつでも起動することが可能です。もちろん再ダウンロードも不要です。

OneDrive以外のクラウドストレージサービスを使用していて本当に不要な人はアンインストールしてもよいかと思いますが、もしOneDriveをまた使用する可能性があるのであれば自動起動の停止で様子を見るのが良いかと思います。