漫画の地球儀

OneDriveの同期設定をする方法!【Windows10、pc、同期フォルダを変更、自動同期、手動】

スポンサーリンク

OneDriveを同期する意味

f:id:rick1208:20200708120916p:plain
OneDriveとはMicrosoftが提供しているパソコン内のデータをオンライン上のフォルダに保存可能なオンラインストレージサービスのことです。Windows10等でパソコン内のデータをクラウド上のフォルダへバックアップすることが可能です。

OneDriveとパソコン内のフォルダを同期しておくと自動及びフォルダ単位でクラウド上のフォルダとパソコン内のフォルダを同じ内容に可能です。Aのフォルダ内のデータは常にバックアップしたい場合は同期の設定をしておくと自動でバックアップ可能です。

毎回OneDriveにアクセスしパソコンからデータをクラウド上のフォルダへ移す必要がありません。同期はフォルダ単位で設定することが可能なためOneDriveの同期の設定はとても使い勝手がよく便利な機能のひとつだと思います。

Microsoftクラウドストレージ

f:id:rick1208:20200708105116p:plain
OneDriveについて簡単に説明するとMicroSoftクラウドで提供しているオンラインストレージサービスになります。Windows10では最初から実装されておりパソコン内のデータとクラウドのフォルダを簡単に同期することができバックアップも容易です。

本来ならアプリをダウンロードしてOneDriveを使用しますがWindows10は標準の機能として備わっています。Windows10でなくてもアプリをストアからダウンロードしダウンロードすれば簡単にオンラインストレージを使用することが可能です。

基本的には5GBまでは無料で使用することが可能です。外出先等で写真や動画をパソコンに送りたい場合はOneDriveに保存すればすぐに同期しパソコンへデータを送れます。5GB以上の保存領域を使用したければ月額で課金すれば使用することも可能です。

OneDriveを同期するってどういうこと?

f:id:rick1208:20200708041710p:plain
OneDriveの同期とはどういう機能なのか簡単に解説します。OneDriveはフォルダ単位でパソコンとデータを同期することでクラウド上にあるOneDriveのフォルダとパソコンにあるローカルフォルダを常に同じ状態に保つことが可能です。

「Aフォルダ」を同期する設定にしておけば、クラウド上の「Aフォルダ」内に新たにファイルを作成した場合パソコンの中にある「Aフォルダ」に同じファイルが作成される設定です。写真データや動画データ等をバックアップしたければ同期はとても便利です。

写真データ等のフォルダをOneDriveと同期しておけば、パソコンかクラウド上のどっちかに保存しておけば両方にデータが保存されるように自動で更新されます。同期の機能はフォルダ単位で指定することが可能ですので使いこなせるようになっておきましょう。

サインイン

f:id:rick1208:20200708041333p:plain
Windows10のユーザであれば標準でOneDriveの機能が実装されています。Windows10のユーザは是非OneDriveを使いこなせるようになりましょう。今回の項目ではWindows10でOneDriveにサインインする方法を解説します。

Windows10であれば同期の設定も簡単に可能ですし、同期をしておけば自動でファイルが更新されるのでとても便利です。しかし同期の設定を間違えてしまって余計なファイルが自動でクラウド上に保存されないように設定には注意しましょう。

設定さえ間違えなければファイルの保存が自動で更新されるので同期はとても便利な機能です。それではサインインの手順を画像付きで説明していきたいと思います。

サインインの手順

f:id:rick1208:20200707174112p:plain
それではOneDriveへログインする方法を説明していきます。まず最初はOneDriveのアプリを起動しましょう。OneDriveのアプリを起動したら以下の画像と同じ画面が表示されます。サインインを押してください。
f:id:rick1208:20200708121028p:plain
サインインをクリックするとログインするためのアカウントを求められます。初めてログインする場合は「Microsoftアカウント」を押して選び「続行」を押してください。
f:id:rick1208:20200708121047p:plain
Microsoftアカウント」に登録しているアカウント名(メールアドレス等)を以下の画像赤丸内に記入してください。アカウント名を記入したら「次へ」を押してください。
f:id:rick1208:20200708121054p:plain
アカウント名を記入したら次にパスワードを求められます。「パスワード」を記入し、「サインイン」を押してください。
f:id:rick1208:20200708121100p:plain
以上がWindows10でOneDriveのアプリを使用してサインインする方法になります。1回ログインしてしまえば常にログインした状態を保てます。又1回ログインしても前回ログインしたアカウントは保存されますので簡単に再ログインすることが可能です。

同期フォルダ

f:id:rick1208:20200707173746p:plain
Windows10でOneDriveにサインインする方法は理解できたかと思いますので、今回の項目はWindows10でパソコンとクラウド上のOneDriveを同期する設定方法の解説をしていきたいと思います。Windows10であればとても簡単です。

同期の設定方法マスターすればOneDriveを快適に便利に使いこなせるようになると思います。外出先からのデータ転送や、大事なデータのバックアップが自動でできてかなり手間が省けるようになるのではないと思いますか。

それではOneDriveとパソコンを同期する方法を説明していきたいと思います。

同期フォルダの設定方法

f:id:rick1208:20200707173812p:plain
Windows10でOneDriveをダウンロードすると右下にOneDriveのマークが表示されるようになります。MacfeeやLINE等のアプリが表示されている一覧に一緒に表示されているはずです。普段は上三角を押さないと表示されません。

上三角を押してからOneDriveのマークを押してOneDriveを起動してください。

OneDriveを起動したら設定を変更します。右下の「その他」を押し、一覧から「設定(S)」を押しましょう。「その他」からは同期しているフォルダを一時停止等の設定を行うことも可能です。
f:id:rick1208:20200708121118p:plain
「その他」から「設定」をクリックするとOneDriveのダイアログボックスが表示されます。タブから「アカウント」を選び「フォルダーの選択(C)」を押しましょう。
f:id:rick1208:20200708121309p:plain
「フォルダーの選択」を押したらOneDrive上にあるフォルダやファイルが表示されます。フォルダの左側にチェックボックスが表示されていますフォルダの中から同期したいフォルダを選びチェックボックスにチェックを入れましょう。
f:id:rick1208:20200708121315p:plain
チェックボックスにチェックが入ったフォルダはクラウド上にあるOneDriveのフォルダとパソコンのフォルダが同期されファイルの更新を行うと自動でファイルの内容が更新されたり作成されたりします。以上がOneDriveとパソコンの同期方法です。

同期しておくと自動でフォルダ内のデータが更新されるのでとても便利です。いちいちデータをクラウド上に手動で保存しなくても自動でやってくれるのでとてもはかどります。

同期フォルダを変更する場合

f:id:rick1208:20200707163955p:plain
OneDriveで同期フォルダを変更する場合は、前項で解説した「フォルダーの選択」で不必要なフォルダやファイルのチェックボックスを外しましょう。無料で使用可能な保存領域は5GBしかありませんので容量の節約にもつながります。

無料でOneDriveを使用し続けるなら不必要なフォルダ等は適切に管理し、保存領域を十分に確保可能なように同期の設定も適切に行っておきましょう。
f:id:rick1208:20200708121342p:plain
以上が同期フォルダを変更する場合の設定方法になります。無料で使用可能な保存領域は5GBですので不必要なフォルダやファイルの管理はちゃんと行いましょう。写真や動画を保存するとすぐに容量を圧迫してしまいます。

必要に応じて有料版に切り替えるのもいいと思います。月額249円で容量を10倍に変更可能ですので頻繁にOneDriveを使用する人や、家族とデータを共有する人などは検討してみるのもありかもしれません。

自動同期の設定方法

f:id:rick1208:20200707163938p:plain
OneDriveでパソコンのフォルダとクラウド上のフォルダを自動同期したい場合はOneDriveの「その他」から設定することが可能です。デフォルトでは同期しているフォルダは自動同期されるように設定されているはずです。

もし自動同期が何かの理由で設定されていない場合は以下の方法で同期を再開してください。まず最初はOneDriveを起動しましょう。OneDriveを起動したら「その他」から「同期の再開(E)」を押しましょう。
f:id:rick1208:20200708121351p:plain
「同期の再開(E)」をクリックすれば自動同期が開始され、同期の設定しているフォルダがパソコン上とクラウド上で同期されるようになります。自動同期を停止したい場合は「同期の再開」と同じ手順で停止することが可能です。

同期中は以下の画像のように「同期の一時停止(P)」と表示が変わっているので「同期の一時停止(P)」を押して同期を停止してください。
f:id:rick1208:20200708121359p:plain
同期を一時的に停止させたい場合や、停止させた同期を再開させたい場合は今回解説した方法で行うといいと思います。アカウントを共有している場合等に一時的に停止させたい場合もあると思います。

不必要な同期を一時的に抑えたりする場合は今回の方法を実演するといいと思います。

複数のOneDriveアカウントを所持している場合は?

f:id:rick1208:20200707162751p:plain
OneDriveを利用している方の中には複数のアカウントを使用している方もいらっしゃると思います。プライベート用であったり仕事用で利用してるアカウントで使い分けている人もいると思われます。プライベートの中でも個人と家族用と使い分ける場合もあると思います。

Windows10のアプリでは複数のアカウントを同時にログインさせることが可能です。複数のアカウントをログインさせておくとアカウントの切り替えもやデータの移動もとてもスムーズに行えて便利です。

複数のアカウントを所持している場合はアカウントを追加することが可能です。アプリの左側に人が二人並んでいるようなマークがあるのでそれを押しましょう。
f:id:rick1208:20200708121415p:plain
左から人が二人いるようなマークを押したらアカウント追加のダイアログボックスが開きますのでからアカウントを追加を押しましょう。
f:id:rick1208:20200708121423p:plain
「アカウントを追加」を押したら「Microsoftアカウント」を選び続行しましょう。ログインしたいアカウントが職場や学校のアカウントの場合は「職場あるいは学校アカウント」を選びましょう。ここでは「Microsoftアカウント」を選びます。

選びたら下部にある続行を押しアカウントを登録してください。
f:id:rick1208:20200708121946p:plain
この後は前項で解説したようにログインすれば同時にログインすることが可能です。

アカウントを追加しておくとアカウントの切り替えがとてもシンプルで簡単に行うことが可能なようになりとても便利な機能です。スマホGmailのアプリでアカウントを切り替える感じで1クリックですぐ切り替え可能です。

データ同期はどうなる?

f:id:rick1208:20200707144427p:plain
データの同期はフォルダ毎、且つアカウント毎に可能です。両方のOneDriveアカウントを登録すると、エクスプローラーからどっちのデータにもアクセス可能なようになる。もちろん、同期設定も個別に設定可能が可能です。

アプリ上でアカウントを切り替えたい場合は以下の画像のように「人型のマーク」を押してから切り替えたいアカウントの「すべてのフォルダ」を押しましょう。
f:id:rick1208:20200708122004p:plain
一つのフォルダを複数のアカウントに同期させることも可能です。同期の設定を適切に行っておけばファイルのデータ移行やバックアップも簡単に行うことが可能です。アプリを使うことでそれも簡単に行うことが可能です。

OneDriveで同期しない、できない時の対処法

f:id:rick1208:20200707135154p:plain
OneDriveはとても便利で利用しやすいオンライストレージです。5GBまでであれば無料で使用可能なので気軽に誰でも使用可能です。そんなOneDriveを使用していて同期できない場合があります。パソコン上で保存してもクラウド上に保存されな場合です。

急に保存できなくなったらとても困りますよね。誰かとデータを共有したい場合やデータをバックアップしたつもりができていなかったりするととても焦ると思います。

ここではOneDriveとパソコンが同期できなくなった時の対処法を説明していきたいと思います。

パソコンのネットワーク環境をチェックする

f:id:rick1208:20200707135027p:plain
OneDriveとパソコンが同期できない場合にネットワーク環境が悪いパターンが多いのではないと思いますか。OneDriveで同期できない時まず最初はご自分自身が利用しているネットワーク環境をチェックしてみましょう。

まず最初はLANケーブルをチェックしてください。LANケーブルが抜けている、又は半差しになっていることは企業で仕事をしていても多々おこります。まず最初はLANケーブルがちゃんとささっているかをチェックします。

次にモデムです。モデムのランプ状況は正常と思いますか。赤やオレンジで点滅している場合はモデムの電源を抜いて再起動してみると大半は回復します。まず最初はこの二つをチェックしてみると解消するかもしれません。

OneDriveの再ダウンロード

f:id:rick1208:20200707135010p:plain
OneDriveが同期できなくなったら1回アプリ自体を再ダウンロードするのも有効な手段です。何回やってもパソコンとOneDriveが同期されなくなった場合は1回アプリをアンダウンロードしましょう。

アンダウンロードが終了したら再度ストアからOneDriveのアプリを検索して再ダウンロードしてみてください。アプリの再ダウンロードで不具合が解消するパターンも多々あります。

パソコンも困ったときは再起動で不具合が解消されることもありますのでOneDriveもどうしても同期できない時は1回OneDrive再ダウンロードを試してみてください。

手動で同期させる方法

f:id:rick1208:20200707125044p:plain
OneDriveは手動で同期させることも可能です。自動で同期が実施されない場合は1回手動での同期を実行してみましょう。以下の画像のようにアプリを起動したら何もない場所で右クリックをしましょう。

右クリックをしたら一覧から「更新」を実行しましょう。
f:id:rick1208:20200708122036p:plain
「更新」をクリックするとクラウド上のフォルダと同期をしてくれるように動作します。自動でうまくいかない場合は更新を1回実行してみましょう。