漫画の地球儀

ローカルグループポリシーエディターの起動方法【Windows10、gpedit.msc、pc、Enterprise】

スポンサーリンク

ローカルグループポリシーエディター

f:id:rick1208:20200707163938p:plain
初めに、ローカルグループポリシーエディターとはどのようなツールなのかについて説明させていただきます。
W

Windowsの設定や制限などを行うツール

f:id:rick1208:20200707163955p:plain
ローカルグループポリシーエディターとは、コンピューターに関する構成と、ユーザーに関する構成の両方を管理する、Microsoft管理コンソール(MMC、exe)ベースのツールのことです。

ユーザーのスタートアップスクリプトやパスワードの長さ制限など、色々な設定や制限を利用しているWindowsに適用することが可能です。

ローカルグループポリシーエディターがない

f:id:rick1208:20200707162751p:plain
ローカルグループポリシーエディターとは、Windowsの設定や制限などを行うことの可能な便利なツールですが、Windows10のエディションによっては、ローカルグループポリシーエディターが標準搭載されていない場合があります。

次章で、ローカルグループポリシーエディターが標準搭載されているWindows10のエディションと、標準搭載されていないWindows10のエディションについて詳しく説明させていただきます。

Windows10 Home版 には標準搭載されていない

f:id:rick1208:20200707154346p:plain

ローカルグループポリシーエディターが標準搭載されているWindows10のエディションは以下の3つです。

Windows 10 Pro
Windows 10 Enterprise
Windows 10 Education


その他のWindows10 Homeなどのエディションでは、ローカルグループポリシーエディターは標準搭載されていません。しかし、Windows10 Homeでも、ローカルグループポリシーエディターをダウンロードすれば、使用することが可能です。


利用しているWindows10のエディションをチェックする方法を説明させていただきます。ローカルグループポリシーエディターが標準搭載されているエディションなのか分からないという人は、ご参考いただければ幸いです。

1、Windows10のスタートボタンを右押します。


2、「システム」を押します。
f:id:rick1208:20200707170152p:plain
3、バージョン情報が表示されます。下にスクロールし、「Windowsの仕様」の項目の「エディション」をチェックします。
f:id:rick1208:20200707170752p:plain
利用しているWindows10のエディションをチェックする方法の説明は以上です。

ローカルグループポリシーエディターをダウンロードする方法

f:id:rick1208:20200707144427p:plain
ローカルグループポリシーエディターが標準搭載されていないWindows10 Homeなどの場合、ローカルグループポリシーエディターを使用するには、ローカルグループポリシーエディターをダウンロードする必要があります。

本章では、ローカルグループポリシーエディターをWindows10にダウンロードする方法を説明させていただきます。初めに、Windows10のシステムの種類をチェックする必要があります。

システムには32ビットと64ビットの2種類があり、基本的なダウンロード方法は同じですが、64ビットの場合は追加の設定が必要となります。なので、初めに、Windows10のシステムの種類をチェックする方法を説明させていただきます。

1、Windows10のスタートボタンを右押します。
f:id:rick1208:20200707170817p:plain
2、「システム」を押します。
f:id:rick1208:20200707170825p:plain
3、バージョン情報が表示されます。「デバイスの仕様」の項目の「システムの種類」をチェックします。

Windows10のシステムの種類をチェックする方法の説明は以上です。

ダウンロード手順

ローカルグループポリシーエディターをWindows10にダウンロードするには、初めに、gpedit、mscのダウンロードファイルをダウンロードする必要があります。gpedit、mscのダウンロードファイルをダウンロードする手順は以下の通りです。

1、gpedit、mscのダウンロードファイルダウンロードページにアクセスします。下記のURLを押してください。
f:id:rick1208:20200707170850p:plain
2、画面右側に表示されている「Download」を押します。gpedit、mscのダウンロードファイルをダウンロードする方法の説明は以上です。

ダウンロード手順

gpedit、mscのダウンロードファイルのダウンロードが終了したら、続いて、ローカルグループポリシーエディターをダウンロードする方法を説明させていただきます。

1、gpedit、mscのダウンロードファイルをダウンロードすると、画面左下に「add_gpedit_msc_by_jwils876-d3kh6vm」ファイルが表示されるので、押します。
f:id:rick1208:20200707170915p:plain
2、「setup」をダブル押します。このとき、ユーザーアカウント制御の画面が表示されることがありますが、そのときは「はい」を選びてください。
f:id:rick1208:20200707170925p:plain
3、ダウンロードスタート画面が表示されるので、「Next」を押します。
f:id:rick1208:20200707170933p:plain
4、「Install」を押します。
f:id:rick1208:20200707170940p:plain
5、「Finish」を押します。このとき、、NET Framework3、5(、NET2、0)のダウンロードを求めるメッセージが表示される場合がありますが、そのときは、指示に従いダウンロードを行ってください。
f:id:rick1208:20200707170951p:plain
システムが32ビットの場合は、以上でローカルグループポリシーエディターのダウンロード終了となります。64ビットの場合は、追加の設定を行います。

6、エクスプローラーを起動します。

7、「○○(C:)」のフォルダを押します。
f:id:rick1208:20200707171005p:plain
8、「Windows」を押します。
f:id:rick1208:20200707171012p:plain
9、「SysWOW64」を押します。
f:id:rick1208:20200707171020p:plain
10、「GroupPolicy」「GroupPolicyUsers」「gpedit」3つのフォルダの左側を押してチェックを入れます。
f:id:rick1208:20200707171028p:plain
11、「コピー先」を押します。
f:id:rick1208:20200707171035p:plain
12、「場所の選択」を押します。
f:id:rick1208:20200707171043p:plain
13、「○○(C:)」を押します。
f:id:rick1208:20200707171049p:plain
14、「Windows」を押します。
f:id:rick1208:20200707171057p:plain
15、「System32」を押します。
f:id:rick1208:20200707171105p:plain
16、「コピー」を押します。
f:id:rick1208:20200707171113p:plain
17、「Windowsキー+ R」を押します。

18、テキストボックスに「gpedit、msc」と記入し、OKを押します。
f:id:rick1208:20200707171123p:plain
下の画像のような画面が表示されれば、ダウンロード終了です。
f:id:rick1208:20200707171132p:plain
しかし、場合によっては、「スナップインを作成可能でせんでした」のようなエラーメッセージが表示されることがあります。その場合は、さらに追加の設定を行います。

19、エクスプローラーに戻り、「○○(C:)」を押します。
f:id:rick1208:20200707171138p:plain
20、「Windows」を押します。
f:id:rick1208:20200707171145p:plain
21、「Temp」を押します。
f:id:rick1208:20200707171152p:plain
22、「gpedit」を押します。
f:id:rick1208:20200707171205p:plain
23、「x64」の左側を押し、チェックを入れます。
f:id:rick1208:20200707171212p:plain
24、「x64」ファイル上で右押します。
f:id:rick1208:20200707171219p:plain
25、「編集」を押します。
f:id:rick1208:20200707171230p:plain
26、赤枠で囲った6ヶ所の「%username%」を、全部「%○○(現在のパソコンのユーザー名)%」に書き換えます。
f:id:rick1208:20200707171237p:plain
現在のパソコンのユーザー名が分からない場合は、「Windowsキー+R」を押します。テキストボックスに「cmd」と記入し、OKを押します。
f:id:rick1208:20200707171245p:plain
C:¥Users¥の後に表示されている名前が、現在のパソコンのユーザー名です。
f:id:rick1208:20200707171252p:plain
27、6ヶ所書き換えたら、「ファイル」を押します。
f:id:rick1208:20200707171300p:plain
28、「上書き保存」を押します。
f:id:rick1208:20200707171307p:plain
29、上書き保存が終了したら「×」を押して、メモ帳を終了します。
f:id:rick1208:20200707171314p:plain
30、エクスプローラーに戻り、再度「x64」ファイル上で右押します。
f:id:rick1208:20200707171322p:plain
31、「管理者として実行」を押します。
f:id:rick1208:20200707171330p:plain
下の画像のような画面が表示され、一瞬で終了します。
f:id:rick1208:20200707171340p:plain
32、再びエクスプローラーに戻り、同じgpeditフォルダーに入っている「Installer」の左側を押し、チェックを入れます。このとき、x64のチェックは外してください。
f:id:rick1208:20200707171348p:plain
33、「Installer」ファイル上で右押します。
f:id:rick1208:20200707171356p:plain
34、「管理者として実行」を押します。
f:id:rick1208:20200707171404p:plain
下の画像のような画面が表示され、一瞬で終了します。
f:id:rick1208:20200707171412p:plain
ローカルグループポリシーエディターをダウンロードする方法の説明は以上です。

ローカルグループポリシーエディターの起動方法

f:id:rick1208:20200707135027p:plain

ダウンロードが終了しましたら、続いて、ローカルグループポリシーエディターの起動方法を説明させていただきます。

Windows 10 Pro、Windows 10 Enterprise、Windows 10 Educationのいずれかを利用している人は、ローカルグループポリシーエディターは標準搭載されているため、ダウンロードをする必要はありません。

ローカルグループポリシーエディター実行ファイルの場所

f:id:rick1208:20200707135010p:plain
初めに、Windows10において、ローカルグループポリシーエディター実行ファイルがどこに保存されているのかについて説明させていただきます。

ローカルグループポリシーエディター実行ファイルの保存場所は「C:\WINDOWS\System32\gpedit、msc」です。ローカルグループポリシーエディター実行ファイルの保存場所を開く手順は以下の通りです。

1、Windows10のエクスプローラーを起動します。

2、「○○(C:)」を押します。
f:id:rick1208:20200707171446p:plain
3、「Windows」を押します。
f:id:rick1208:20200707171452p:plain
4、「System32」を押します。
f:id:rick1208:20200707171459p:plain
「gpedit」に保存されています。
f:id:rick1208:20200707171506p:plain
ローカルグループポリシーエディター実行ファイルの保存場所を開く手順の説明は以上です。

”ファイルの検索”から起動する方法

f:id:rick1208:20200707125044p:plain
続いて、ローカルグループポリシーエディターを起動する方法を説明させていただきます。ローカルグループポリシーエディターを起動する方法は、ファイルの検索から起動する方法と、ファイル名を指定して実行から起動する方法の2つがあります。

初めに、ローカルグループポリシーエディターをファイルの検索から起動する方法を説明させていただきます。
f:id:rick1208:20200707171529p:plain
Windows10のタスクバーに表示されている「ここに記入して検索」を押します。

検索ウィンドウに、「gpedit、msc」と記入します。
f:id:rick1208:20200707171552p:plain
「gpedit、msc」を押します。
f:id:rick1208:20200707171602p:plain
ローカルグループポリシーエディターが起動します。
f:id:rick1208:20200707171626p:plain
ローカルグループポリシーエディターをWindows10のファイルの検索から起動する方法の説明は以上です。

”ファイル名を指定して実行”から起動する方法

f:id:rick1208:20200707123556p:plain
続いて、ローカルグループポリシーエディターをファイル名を指定して実行から起動する方法を説明させていただきます。
f:id:rick1208:20200707171645p:plain
キーボードのWindowsキー+Rキーを押します。すると、「ファイル名を指定して実行」という画面が表示されます。
f:id:rick1208:20200707171654p:plain
ファイル名を指定して実行の名前の欄に「gpedit、msc」と記入します。

「OK」を押します。
f:id:rick1208:20200707171702p:plain
ローカルグループポリシーエディターが起動します。
f:id:rick1208:20200707171723p:plain
ローカルグループポリシーエディターをファイル名を指定して実行から起動する方法の説明は以上です。

ローカルグループポリシーエディターの設定項目

f:id:rick1208:20200707085016p:plain
ローカルグループポリシーエディターが起動可能でしたら、続いて、Windows10のローカルグループポリシーエディターで設定可能な項目について説明させていただきます。

Windows10のローカルグループポリシーエディターで設定可能な項目は、大きく分けると、コンピューターの構成とユーザーの構成の2つになります。

コンピューターの構成

f:id:rick1208:20200707085024p:plain
初めに、Windows10のローカルグループポリシーエディターの設定項目1つ目、コンピューターの構成について説明させていただきます。

コンピューターの構成では、「ソフトウェアの設定」「Windowsの設定」「管理用テンプレート」という3つの設定項目があります。
f:id:rick1208:20200707171800p:plain
「ソフトウェアの設定」の設定項目では、Windows10のソフトウェアに関する設定を行うことが可能です。
f:id:rick1208:20200707171808p:plain
Windowsの設定」の設定項目では、「名前解決ポリシー」「スクリプト(スタートアップ、シャットダウン)」「セキュリティの設定」「ポリシーベースのQoS」の設定を行うことが可能です。
f:id:rick1208:20200707171820p:plain
「管理用テンプレート」の設定項目では、「Windowsコンポーネント」「システム」「ネットワーク」「プリンター」の設定を行うことが可能です。
f:id:rick1208:20200707171831p:plain
Windows10のローカルグループポリシーエディターの設定項目1つ目、コンピューターの構成についての説明は以上です。

ユーザーの構成

f:id:rick1208:20200707083017p:plain

続いて、Windows10のローカルグループポリシーエディターの設定項目2つ目、ユーザーの構成について説明させていただきます。

ユーザーの構成もコンピューターの構成と同じく、「ソフトウェアの設定」「Windowsの設定」「管理用テンプレート」という3つの設定項目があります。
f:id:rick1208:20200707171848p:plain
「ソフトウェアの設定」の設定項目では、ソフトウェアに関する設定を行うことが可能です。
f:id:rick1208:20200707171856p:plain
Windowsの設定」の設定項目では、「スクリプト(ログオン、ログオフ)」「セキュリティの設定」「ポリシーベースのQoS」の設定を行うことが可能です。
f:id:rick1208:20200707171905p:plain
「管理用テンプレート」の設定項目では、「Windowsコンポーネント」「スタートメニューとタスクバー」「デスクトップ」「コントロールパネル」「共有フォルダ」「ネットワーク」「システム」の設定を行うことが可能です。
f:id:rick1208:20200707171916p:plain
Windows10のローカルグループポリシーエディターの設定項目2つ目、ユーザーの構成についての説明は以上です。

ここまで、ローカルグループポリシーエディターとは何か、ローカルグループポリシーエディターの起動方法とはどのように行うのかについて説明させていただきましたが、いかがでしょうか?

Windows10 Homeを利用している方も、ダウンロードをすればローカルグループポリシーエディターを使うことが可能ですので、参考にしていただければ幸いです。