漫画の地球儀

Windows10が起動しないときに『スタートアップ修復』をする方法!【pc、アプリ、イメージファイル】

スポンサーリンク

Windows10のスタートアップ

f:id:rick1208:20200707154346p:plain
Windowsユーザーの皆さんは、Windows10へのアップデートはされましたか?Windows10にアップデート終えてから、「なぜかWindows10が起動しない・・・」といったトラブルが報告されています。

Windows10にしてからパソコンが起動しないときは、「スタートアップ修復」という機能を使用することで改善されることがあります。今回の記事では、手動でスタートアップ修復をおこなう方法を解説。

Windows10が起動しない!というトラブルにお困りの人は、この記事を見てスタートアップ修復の方法をチェックしてください。まず最初は、スタートアップ修復とはどのような機能なのかを下記の項目でチェックしていきましょう。ぜひご覧ください。

パソコン起動と同時に登録アプリを起動させる機能

f:id:rick1208:20200707144427p:plain
Windows10のスタートアップとは、起動と同時にアプリを起動させることが可能な機能です。スタートアップをさせて起動と同時に修復機能を使用するのが「スタートアップ修復」になります。

Windows Vista以降のWindows パソコンに備わっている機能です。似た様な機能で「セーフモード」という機能もありますが、スタートアップ修復はセーフモード機能で解決できなかった問題も解決することが可能な可能性があります。

Windows10が正常に起動しないとき、セーフモードで問題が解決しなければスタートアップ修復をおこなうのが良いと思います。スタートアップ修復には修復ディスクの用意等がありますので、それらの方法をこの記事でチェックしてください。

Windows10が起動しない時のスタートアップ修復の気を付ける点

f:id:rick1208:20200707135154p:plain
Windows10が正常に起動しないときに手動で可能な改善策としてあげられるスタートアップ修復ですが、スタートアップ修復には注意したい点があります。スタートアップ修復に関する気を付ける点を、実行する前にチェックしておきましょう。

必ず問題が解決するわけではない

f:id:rick1208:20200707135027p:plain
Windows10が起動しないときに使用可能なスタートアップ修復ですが、必ずしも問題が解決するという訳ではありません。スタートアップ修復では解決できない問題により起動しない状況にある場合は、また別の改善策をおこなう必要があると思います。

また、スタートアップ修復で解決可能な問題は限られています。スタートアップで解決可能な問題は起動に関する一部分だけ。なので、Windows10が起動しない以外で困ったトラブルがあったときはこの機能は使用しても意味がないと思います。

修復と呼ばれているだけあり、パソコンのトラブル修復全般に使えそうなイメージがありますが決してそういう訳ではないことを覚えておきましょう。

Windows10が起動しない時にスタートアップ修復するのでの用意

f:id:rick1208:20200707130816p:plain
Windows10が起動しないときにスタートアップ修復を試したい!という人は、事前に用意しなければならないことがあります。修復ディスクの作成です。

修復ディスクを作成した上でスタートアップ修復をおこないましょう。この項目では、修復ディスクの作成方法を説明していきます。

ディスク作成も手動でおこなっていきます。修復ディスクはどのような手順で用意することが可能なのと思いますか?チェックしていきましょう。

システム修復ディスクの作成手順

f:id:rick1208:20200707125044p:plain
システム修復ディスクの作成手順は「システムとセキュリティ」からおこなう事が可能です。システムとセキュリティの中に、「バックアップと復元」という項目があるのでそちらを押します。

この時、ディスク媒体をパソコンにセットしておくようにしましょう。セットした状態で、「システム修復ディスクの作成」をクリック。

その後、ディスクの作成をクリックすればOKです。ディスクを挿入しないまま作ってもエラーが表示されてしまいますので注意しましょう。

イメージファイルの作成

f:id:rick1208:20200707155314p:plain
修復ディスクでなく、「イメージファイル」を作ってそこからスタートアップ修復をおこなうという方法もあります。イメージファイルは、8GB以上のUSBさえ用意できれば作成することが可能です。

イメージファイルから修復を試みたいという人は、USBをセットしてまず公式サイトから「Windows10」のダウンロードをおこないましょう。下記リンクからダウンロードすることが可能です。
Windows 10 のダウンロード

f:id:rick1208:20200707155327p:plain
ダウンロードしたものを実行すると、まずライセンス条項の同意画面が表示されます。「同意する」を押して次に進みましょう。
f:id:rick1208:20200707155350p:plain
次に、「他のパソコン用にダウンロードメディアを作る」の箇所を選びた状態で「次へ」を押します。
f:id:rick1208:20200707160601p:plain
次に、言語・アーキテクチャ・エディションの選択画面です。設定して「次へ」を押してください。
f:id:rick1208:20200707160920p:plain
このとき、アーキテクチャの選択に迷った人は「両方」を選びておきましょう。
f:id:rick1208:20200707160928p:plain
上記画像のような警告画面が表示された場合は「OK」を選びましょう。
f:id:rick1208:20200707161500p:plain
使用するメディアの選択画面です。「USBフラッシュドライブ」を選びて、「次へ」を押します。
f:id:rick1208:20200707161509p:plain
USBメモリーにISOイメージファイルのダウンロードが始まります。このイメージファイルを使用してスタートアップ修復をおこなうこともできれば、Windows10へのダウンロードが可能になります。

回復ドライブを作成する手順

f:id:rick1208:20200707161516p:plain
次は、回復ドライブの作成をおこなう手順をチェックしましょう。こちらもUSBメモリを使用して作っていきます。キーボード上の「Windowsマーク」と「R」を同時に押すと、ファイル名を指定して実行という上記画像のような画面が表示されます。

このとき、名前の箇所に「wscui、cpl」を記入して「OK」を押します。
f:id:rick1208:20200707161528p:plain
次に、セキュリティとメンテナンスという画面が表示されます。「回復」という項目が表示されていると思います、回復をクリックで選びてください。
f:id:rick1208:20200707161537p:plain
回復を選びたら、その中にある「回復ドライブの作成」をさらにクリックで選びます。
f:id:rick1208:20200707161545p:plain
「システムファイルを・・・」の箇所にチェックを入れた状態で「次へ」進んでいきます。
f:id:rick1208:20200707161553p:plain
USBフラッシュドライブの選択画面です。USBをセットしていれば、使用可能なドライブの箇所に表示されますのでそちらを選びて次に進みます。
f:id:rick1208:20200707161601p:plain
USBを選びたら、「作成」の箇所をクリックで選びて回復ドライブを作成しましょう。

手動

f:id:rick1208:20200707085024p:plain
上記項目では修復ディスクの用意方法についてを解説しました。無事に必要となる修復ディスクやイメージファイルは用意可能でしたか?用意ができたら、それらを使用して手動でスタートアップ修復をおこなっていきます。

この項目では、手動でスタートアップ修復をおこなう方法、手順を解説します。先ほど用意した修復ディスクはどのようにして使うのと思います。下記項目でチェックしましょう。

修復ディスクの起動手順

f:id:rick1208:20200707085016p:plain
用意した修復ディスクから起動したら、キーボードレイアウト選択→Microsoft IMEの手順で修復をおこなうことが可能です。

キーボードレイアウト選択画面とMicrosoft IMEの選択画面を以下の手順で手動でおこなっていきます。チェックしていきましょう。

パソコン起動後にキーボードレイアウトを選択

用意したシステム修復ディスクをセットした状態でパソコンを起動させます。とは言っても、普通に起動させてもキーボードレイアウトの画面は表示されず、Microsoft IMEの選択は可能でせん。

キーボードレイアウトからMicrosoft IMEを選択するのでに、Windows10起動時に「F8」を連打する必要があります。すると、詳細オプションの画面からコンピューターの修復を選択可能なようになります。

あとはシステム修復ディスクを選びて起動させ、キーボードレイアウトの選択画面まで進めていく形になります。キーボードレイアウトの選択画面の中に、Microsoft IMEの項目があるはずです。

Microsoft IMEを選択

キーボードレイアウト選択画面では、いくつかの項目が表示されます。Microsoft IMEは、キーボードレイアウト画面の一番左上に表示されています、

キーボードレイアウト画面からMicrosoft IMEをクリックで選びましょう。まず最初は手動でここまで進めてみましょう。

インストールメディアの起動手順

f:id:rick1208:20200707083017p:plain
上記ではシステム修復ディスクから起動した場合の手順を解説しました。キーボードレイアウトからMicrosoft IMEを選択する流れでしたが、イメージファイルの場合はまた変わります。

次は、イメージファイル(イメージメディア)から起動させる場合の方法・手順をチェックしていきましょう。イメージファイルから修復をおこなう場合は、コンピューターを修復するという画面からスタートアップ修復をおこなうようになります。
f:id:rick1208:20200707161829p:plain
イメージメディアからパソコンを起動させると、このような画面が表示されます。これはWindows10にアップデートする時と同じ画面です。

言語やキーボード(Microsoft IME)を設定した状態で「次へ」を押して進めていきましょう。進めていくと、コンピューターを修復するという項目が選択可能な画面が表示されます。
f:id:rick1208:20200707161840p:plain
ここまではWindows10のダウンロード・アップデートと同じ流れです。しかし、ここではダウンロードでなく修復をおこなっていきます。

画面の下の方に、「コンピューターを修復する」という項目が表示されているかと思います。コンピューターを修復するをクリックで選びてください。

コンピューターを修復するを選ぶことで、スタートアップ修復を進めていくことが可能です。Microsoft IME選択後、またコンピューターを修復するを選びた後の手順は以下のとおりです。チェックしてください。

Windows回復環境の起動後の手順

f:id:rick1208:20200707074218p:plain
それぞれの方法で、Windows パソコンの起動ができたら次はいよいよスタートアップ修復をおこなっていきましょう。スタートアップ修復は、トラブルシューティングからおこなう形になります。

下記の手順で、起動しない状態になったWindows10のスタートアップ修復をおこなってください。
f:id:rick1208:20200707162308p:plain
キーボードレイアウトからのMicrosoft IME選択や、イメージメディアからの起動によるコンピューターを修復するの選択でパソコンが起動された後このような画面が表示されます。

真ん中に「トラブルシューティング」という項目があります。トラブルシューティングをクリックで選びましょう。
f:id:rick1208:20200707162323p:plain
トラブルシューティングをクリックすると、詳細オプションが表示されます。この中にある、「スタートアップ修復」を押して選びます。
f:id:rick1208:20200707162330p:plain
スタートアップ修復を選択すると、OSの選択画面が表示されます。「Windows10」と表示されているかと思いますので、Windows10をクリックで選びてください。

その後は、Windows10のユーザーアカウントのチェック作業が入ります。パスワード記入などをおこなって、スタートアップ修復を進めていきましょう。

スタートアップ修復が進行

Windows10のユーザーアカウントのチェック等が終われば、スタートアップ修復が実行されます。あとはスタートアップ修復が終了されるのを待ちましょう。

うまくいかない場合何回か繰り替えす

f:id:rick1208:20200707162358p:plain
スタートアップ修復は、上手くいかないこともあります。うまくできなかった場合は、スタートアップ修復を何回か繰り返してみましょう。

スタートアップ修復でパソコンを修復可能でせんでしたという表示が出たら、「詳細オプション」をクリックで選びてください。
f:id:rick1208:20200707162407p:plain
再びオプションの選択画面が表示されます。また「トラブルシューティング」を押して、スタートアップ修復を試みてみましょう。

何回かやってみたら成功したという報告もあります。何回かスタートアップ修復を試みて、ダメだった場合は修理に出すなどの選択を検討する必要があるかもしれません。

起動した状態からスタートアップ修復

f:id:rick1208:20200707162412p:plain
Windows10のスタートアップ修復は、起動した状態からでも可能です。起動しない状態ではないものの、異様に起動時間が遅いなど不安ごとがあれば起動時からスタートアップ修復を試みてもいいと思います。

起動した状態でスタートアップ修復をおこなうのであれば、Windowsの設定画面を開きます。設定画面の中から「更新とセキュリティ」を押して開いてください。
f:id:rick1208:20200707162421p:plain
左サイドにある「回復」項目を選び、「パソコンの起動をカスタマイズする」という箇所から今すぐ再起動するを選びてください。
f:id:rick1208:20200707162429p:plain
上記の手順で再起動をおこなうと、トラブルシューティングを選択可能な画面が表示されます。先ほど同様、トラブルシューティングを選びます。
f:id:rick1208:20200707162436p:plain
トラブルシューティングの詳細オプションを選び、スタートアップ修復を選択すればOKです。起動可能な状態からのスタートアップ修復方法も覚えておきましょう。

Windows10のスタートアップ修復で失敗する原因

f:id:rick1208:20200707072922p:plain
上記ではスタートアップ修復をおこなう方法をそれぞれ解説しました。システム修復ディスクからの起動、またイメージメディアのコンピューターを修復する選択からの起動方法をそれぞれ覚えておきましょう。

手動でトラブルシューティングからスタートアップ修復が可能ですが、Windows10のスタートアップ修復ができない・失敗することも多々あります。スタートアップ修復ができないのは一体なぜなのと思いますか?理由をチェックしてみましょう。

プログラムが破損

f:id:rick1208:20200707072510p:plain
Windows10のスタートアップ修復ができない理由は、プログラムが破損しているからかもしれません。まず、Windows10のスタートアップ修復は先ほども述べた通り、解決できない問題の方が多いのです。

修復可能なものが限られているため、失敗する原因はスタートアップ修復では解決できない項目がトラブルの中にあると考えた方が妥当と思います。

Windows10のスタートアップ修復で問題が解決されない場合は、別の修復方法や修理等を検討する必要があると思います。

アップデートやインストールが停止

f:id:rick1208:20200706205605p:plain

また、Windows10パソコンでアップデートやインストールが途中のものがあれば、それが原因かもしれません。中途半端でそれらが終わってしまっていると、上手くスタートアップ修復がおこなわれないようです。

Windows10がまだ起動される状態にある人は、そのような中途半端なアップデートやインストール状況が残っていないかチェックしておくといいと思います。

今回の記事では、Windows10が起動しない時の対処法、スタートアップ修復を手動でおこなう方法を解説しました。手動による修復ディスクからの起動や、コンピューターを修復するの選択からトラブルシューティング開くことが前提となります。

また、コンピューターを修復するときはWindows10 パソコンのバックアップも取っておくと安心と思います。突然Windows10が起動しない状態になった時のために、修復ディスクなどの用意をおこなっておきましょう。

Windows10が起動しないなどのトラブルを抱えた皆さんは、ぜひ今回の記事で解説したスタートアップ修復を試してみてください。