漫画の地球儀

Amazonの配送業者の確認方法!【Amazon業者とは?、日本郵便、ヤマト運輸pc、スマホ】

スポンサーリンク

f:id:rick1208:20200713173358p:plain


Amazonは、自社で配送まで完結させる物流をまだ所持していません。Amazonから配送される商品だったとしても色々な配送業者が使用されています。

もし、どの配送業者から配達されてくるのかチェックしたいのであれば、注文履歴からチェックしてください。

チェックするには、Amazonにログインした状態で以下URLにアクセスします。
Amazonサインイン


もしくはAmazon画面右上の「注文履歴」を押しましょう。
f:id:rick1208:20200713173459p:plain
これまで注文したものが一覧表示されますが、現在配達中の商品には「配送状況をチェック」のボタンが表示されています。
f:id:rick1208:20200713173510p:plain
このボタンを押してください。

ここで配送業者や問い合わせ番号・追跡番号をチェックすることが可能です。
f:id:rick1208:20200713173518p:plain
配送を担当する運転手の連絡先や今どこまで商品が配送されてきているのかチェックしたい場合は、問い合わせ番号などを各種サービス(日本郵便なら郵便追跡サービスなど)を使用して調べましょう。

Amazonが配送」になっている場合はトラッキングIDをクリックすることで配送状況の追跡を行えます(連絡先はチェックできません)。
f:id:rick1208:20200713173530p:plain
また、チェック可能なのは配送が終了するまでの間だけであり、配送終了後は「配送状況をチェック」のボタンが非表示になって見れなくなるので気を付けてください。

配送業者がAmazonになっている意味

f:id:rick1208:20200713173549p:plain
配送業者がAmazonになっていることがありますが、冒頭でも触れたようにAmazonが自社で物流・配送可能な環境を所持しているわけではありません。

Amazonと契約している中小の配送会社からの配送を一括して「Amazonが配送」という形になり、具体的な会社がわからないようになっています。

昔は配送会社名がAmazonになることはなく、ヤマト運輸日本郵便などの追跡番号(問い合わせ番号)が発行される配送会社以外はまとめて「デリバリープロバイダ」として表示されていました。

デリバリープロバイダは色々な中小配送業者が担当していますが、日本郵便ヤマト運輸などの方と比べると評判が悪く、「荷物が届かない・壊れている・届くのが遅い、早すぎる」といった悪評が目立っていたのです。

そこで、Amazonが自社ブランド名を使用することで配送業者がデリバリープロバイダかどうかわからなくして、クレームを減らそうとしている取り組みです。

簡単にまとめると、高い評判を持つわけでもない中小配送業者名を隠して悪評を減らそうとしているということになります。