漫画の地球儀

Outlookのハイパーリンクの編集、削除方法!【Windows、pc、エクセル、Webのリンク先】

スポンサーリンク

ハイパーリンク

f:id:rick1208:20200713150311p:plain
Outlookを含め、マイクロソフトが提供するソフトウェアではハイパーリンクを挿入することが可能です。Outlookではリンクをペーストてリンク先へ誘導したいこともあると思いますので、使用する人も少なくないのではないと思いますか。

エクセル、Webのリンク先、ファイルのショートカットをペーストする機能

f:id:rick1208:20200710191648p:plain
ハイパーリンクというのは、エクセルやWebのリンク先、ファイルのショートカットをペーストすることが可能な機能を言います。Outlookではリンク先のURLをペーストる場合などに特に重宝しているのではないと思いますか。

ハイパーリンクになりうるメールアドレスやWebサイトのリンク先URLなどは自動的にハイパーリンクとなることもあります。その文字列の編集や、リンク先の変更、リンクそのものを解除、消去したい場合あると思います。

ここではそのハイパーリンクの編集方法や消去、解除方法について説明していきます。

ハイパーリンクの編集方法

f:id:rick1208:20200710173939p:plain
Outlookハイパーリンクを編集する場合の操作手順には、リボンコマンドを使用する方法とショートカットメニューを使用して操作する方法があります。

リボンコマンドで操作する手順

Outlookハイパーリンクを編集する場合の操作手順には、リボンコマンドを使用する方法とショートカットメニューを使用して操作する方法があります。
f:id:rick1208:20200713153517p:plain
Outlookのリボンコマンドというのは上部に表示されているメニュー項目のことです。上記画像の赤枠で囲った部分がそれにあたります。
f:id:rick1208:20200713153438p:plain
Outlookのリボンコマンドでのハイパーリンクの編集、消去(解除)方法ですが、編集、消去(解除)したいハイパーリンクをクリックで選びてください。
f:id:rick1208:20200713153526p:plain
次に、「挿入」タブを押してください。
f:id:rick1208:20200713153534p:plain
「挿入」タブをクリックすると、そのリボンコマンドの中に「ハイパーリンク」があります。ハイパーリンクを編集するので、そこを押してください。ハイパーリンクを編集するのでのダイアログが表示されますので、ここを使用して編集を行います。

ショートカットメニューより操作する手順

f:id:rick1208:20200713154017p:plain
Outlookのショートカットメニューからもハイパーリンクの編集や消去(解除)が可能です。編集したいハイパーリンクの上で右押してください。
f:id:rick1208:20200713154026p:plain
ショートカットメニューの中の「ハイパーリンクの編集」を押してください。

ダイアログで記入するかWebの参照で直接指定

Outlookのリボンコマンドを使用した場合も、ショートカットメニューを使用する場合も表示される画面は同じものになります。

Outlookで指定するハイパーリンクの指定方法は、このダイアログに直接記入するものと、Webの参照を使用して指定するものとがあります。
f:id:rick1208:20200713154051p:plain
ダイアログでハイパーリンクの表示文字列を変更したい場合は「表示文字列」の項目を編集します。
f:id:rick1208:20200713154059p:plain
ダイアログを使用してハイパーリンクに割り振られているリンク先のURLやメールアドレスなどの編集は「アドレス」から行います。
f:id:rick1208:20200713155452p:plain
ペーストたいリンク先のURLが分からない場合は、「Webの参照」からインターネットでURLをコピーしてペーストることになります。Webの参照は、検索先の横にある地球に虫眼鏡マークのボタンを押してください。

Webの参照で開いたブラウザで該当サイトを検索し、そのURLをコピーして、ダイアログの「アドレス」にペーストましょう。

具体的なハイパーリンクの作成方法

f:id:rick1208:20200710173817p:plain
これまではURLを前提にOutlookハイパーリンクを指定する方法の説明をしてきましたが、それ以外にもOutlookで指定可能なハイパーリンクがありますので、それぞれの指定方法の説明をしていきましょう。

Webページの場合

Webページの場合は上述したとおり、「ファイル、Webページ」の項目で、「アドレス」欄にWebの参照などを使用してURLをペーストることで行います。Webの参照などで取得したリンク先のURL記入後は「OK」を押して確定させましょう。

既存のファイルの場合

f:id:rick1208:20200713160032p:plain
Outlookで既存のファイルのハイパーリンクを場合は、「ファイル、Webページ」の項目で、「現在のフォルダー」からファイルを選びます。
f:id:rick1208:20200713160046p:plain
それ以外のフォルダーを選びたい場合は「検索先」を変更しましょう。ハイパーリンクで表示するファイルの選択が終了したら「OK」を押して確定します。

新規メールの場合

f:id:rick1208:20200713160623p:plain
Outlookでは、ハイパーリンクをクリックすると新規メールの作成画面が表示されるようにすることも可能です。「電子メールアドレス」を選びてください。
f:id:rick1208:20200713160633p:plain
「電子メールアドレス」には、新規メールを立ち上げたとき「To」に記入されるメールアドレスを記入しましょう。「mailto:」の部分はメールアドレスを記入すると自動的に挿入されます。
f:id:rick1208:20200713160650p:plain
「件名」はその新規メールの件名に自動的に記入されますので、その内容のものを記入してください。

ヒントを作成する場合

f:id:rick1208:20200713160709p:plain
ヒントというのは、そのリンクにマウスカーソルを合わせた時に表示されるものです。Outlookではここに表示される内容を指定することも可能です。その場合は「ヒント設定」を押してください。
f:id:rick1208:20200713160748p:plain
ヒントで表示したいテキストを「ヒントのテキスト」の部分に記入してください。その後「OK」を押しましょう。

ハイパーリンクの消去、解除方法

f:id:rick1208:20200710081856p:plain

OutlookでURLやメールアドレスを記入すると、自動的にハイパーリンクが設定されます。しかし、ハイパーリンクを設定したくない場合ももちろんあると思います。そんなときにはハイパーリンクを消去、解除することが可能です。

ハイパーリンクの消去手順

f:id:rick1208:20200710072819p:plain
Outlookでのハイパーリンクの作業手順も、メニュー(リボンコマンドもしくはショートカット)から行う方法と、ショートカットキーで行う方法とがあります。

メニュー

f:id:rick1208:20200713160833p:plain
Outlookのメニュー(リボンコマンド)からハイパーリンクの消去、解除を行う方法では、まず「ハイパーリンク」の編集ダイアログを開きます。

そのうち、「ハイパーリンクの解除」というボタンがありますので、そこからハイパーリンクの消去、解除を行ってください。
f:id:rick1208:20200713161003p:plain
ハイパーリンクを右クリックで開くショートカットメニューからは、「ハイパーリンクの消去」をクリックすれば消去、解除が可能です。
f:id:rick1208:20200713161013p:plain
Outlookにはショートカットキーがありますが、それを使用すると簡単にハイパーリンクの消去、解除が可能です。Outlookハイパーリンクを解除するのでのショートカットキーは「Ctrl」+「Shift」+「F9」です。

なお、すべてのハイパーリンクを消去したい場合は、「Ctrl」+「A」ですべて選びた後、上記のショートカットを使用してください。

応用

f:id:rick1208:20200710060108p:plain
Outlookハイパーリンクの編集、消去をする方法の中で、さらに応用で使用するやり方もお教えしましょう。

Ctrl キー無しでリンクをクリック可能にする手順

f:id:rick1208:20200713161031p:plain
Outlookでは、メール作成中に間違ってサイトへ飛ぶことを防ぐために、通常、ハイパーリンクを設定した文字列はCtrlキーと一緒にクリックすることで開くよう設定されています。それを、CtrlキーなしでリンクのClickを可能にすることも可能です。

その方法ですが、まず「ファイル」を押してください。
f:id:rick1208:20200713161039p:plain
次に、ファイルメニューの中から「オプション」を開いてください。
f:id:rick1208:20200713161048p:plain
Outlookのオプションメニューの中の「メール」を押してください。
f:id:rick1208:20200713161055p:plain
「編集オプション」というボタンがありますので、そこを押します。
f:id:rick1208:20200713161103p:plain
編集オプションが開きますので、「詳細設定」を押してください。
f:id:rick1208:20200713161110p:plain
「Ctrl キー +クリックでハイパーリンクを表示する」に入っているチェックを外しましょう。あとは「OK」を選んでいけば設定が終了します。

なお、この機能を解除すると、リンクの途中にカーソルを入れて編集することは可能でせんので、その点の注意が必要です。

自動設定を無効にする手順

f:id:rick1208:20200713161116p:plain
Outlook使用時、そもそもURLやメールアドレスを自動的にハイパーリンクにする設定を解除したい、という場合は自動設定を無効にしましょう。設定方法ですが、先ほどの編集オプションで「文章校正」の「オートコレクトのオプション」を押してください。
f:id:rick1208:20200713161124p:plain
「記入オートフォーマット」タブを押します。
f:id:rick1208:20200713161132p:plain
「インターネットとネットワークのアドレスをハイパーリンクに変更する」の部分に入っているチェックを外しましょう。それで自動的にハイパーリンクが設定されなくなります。

表示テキスト、イメージを残して消去する手順

f:id:rick1208:20200710044640p:plain

ハイパーリンクの文字そのものを消してハイパーリンクを解除する、という方法も取れますが、表示テキストやイメージ(画像)を残して消去も可能です。

と言っても、この方法は前述したハイパーリンクの消去、解除方法と内容は全く同じです。そちらの内容を参照して使用してください。

Outlookハイパーリンクを設定すると、URLをブラウザへペーストなくてもそこへ移動することができたり、そのメールアドレス宛のメールを開くことが可能となります。

内容の編集や、必要のないハイパーリンクを消去する方法は意外と重宝するものです。この記事を参考にして、受信した人が見やすい・使用しやすいメールの作成をOutlookで行ってみてください。