漫画の地球儀

Windows Hello『生体顔認証』の設定方法!【Windows10、pc、対応デバイス、指紋認証、指紋リーダー】

スポンサーリンク

Windows Hello

f:id:rick1208:20200709160621p:plain
普段Windows10のパソコンを使用している皆さんは「Windows Hello」という顔認証機能をご存知ですか?この「Windows Hello」は、最新鋭のテクノロジーを駆使したWindowsの生体顔認証です。「Windows Hello」を使用することで、これまでのようにWindowsバイスにパスワードを入寮してログインするよりもずっと早くログインが可能です。

生体顔認証のためにパソコン備え付けのカメラを使用するか、指紋リーダーを使用してオーナーの指紋を読み取るという認証方法があります。どっちの認証方法を選びても「Windows Hello」でログインが可能です。

複雑に設定してあるパスワードでも、どこからか情報が漏れたことでウイルスに感染する場合も考えられます。その点を考慮すると、顔認証機能や指紋認証機能の方が、セキュリティー能力は高いといえます。

ここでは、Windows10のWindows hello(生体顔認証)の設定方法と、対応しているデバイスをご説明していきます。まず最初はじめに、Windows Helloの認証方法をご説明していきます。

Windows Helloの認証方法

f:id:rick1208:20200709125129p:plain
Windows Helloの認証方法をご説明していきます。Windows Helloの認証方法には2種類あり、「生体顔認証」と「指紋認証」があります。

生体顔認証


「生体顔認証」は、Windows Helloにユーザーの顔を登録して素早くログインするシステムです。Windows Helloを有効にし、生体顔認証を登録することで、これまでのログイン方法よりもずっと素早くサインインが可能なようになります。

普段使用しているWindowsノートパソコン、タブレット、デバイス、アプリ、おまけによく使うWebサイトにまで迅速、安全にログインが可能です。また、アプリ内でのサービスを購入するときにも活用可能です。

指紋認証

指紋認証」は、Windows Helloにユーザーの諮問を登録して素早くログインするシステムです。Windows Helloを有効にし、ユーザーの指紋を登録することで、これまでのログイン方法よりもずっと素早くサインインが可能なようになります。

普段使用しているWindowsノートパソコン、タブレット、デバイス、アプリ、おまけによく使うWebサイトにまで迅速、安全にログインが可能です。また、アプリ内でのサービスを購入するときにも活用可能です。

Windows Helloの設定方法

f:id:rick1208:20200709112805p:plain
ここからは、Windows Helloの設定方法をご説明していきます。生体顔認証の登録、指紋認証の登録に分けて、それぞれの設定方法をご説明していきます。

生体顔認証の登録

f:id:rick1208:20200709104342p:plain
まず最初はじめに、生体顔認証の登録方法をご説明していきます。Windowsのパソコンを起動し、スタートメニューの「歯車アイコン(設定)」を押しましょう。Windowsの設定メニューが色々表示されるので、「アカウント」を押します。
f:id:rick1208:20200709161624p:plain
次にアカウントの設定メニューが表示されるので、左側に表示されているメニューの「サインインオプション」を押します。画面中央に「顔認識」という表示が出てくるので、顔認証の下の「セットアップ」を選びましょう。
f:id:rick1208:20200709162042p:plain
Windows Hello へようこそ」というウィンドウが表示されます。このウィンドウで、使用しているデバイスを自分自身自身専用に設定が可能です。ここで生体顔認証の登録を済ませることで、以降はパスワードを記入しなくても、生体顔認証でパソコンのロックを解除したり、本人チェックが必要な場合の認証を行ったり、買い物が可能なようになります。

画面下部の「開始する」を押します。PIN(あるいはパスワード)の記入を求められるので、記入し、ユーザー認証をしましょう。

ユーザー認証が終了すると、パソコンのカメラが起動し、顔登録が開始されます。パソコンのカメラをまっすぐ見て、顔の認証を続けましょう。
f:id:rick1208:20200709162051p:plain
これで生体顔認証登録がすべて終了しました。次回からパソコンにログインするときには、生顔認証を使えるようになります。最後にウィンドウの「閉じる」を押し、登録を終了させましょう。

指紋認証の登録

f:id:rick1208:20200709051758p:plain

次に、指紋認証の登録方法をご説明していきます。Windowsのパソコンを起動し、スタートメニューの「歯車アイコン(設定)」を押しましょう。Windowsの設定メニューが色々表示されるので、「アカウント」を押します。
f:id:rick1208:20200709162358p:plain
次にアカウントの設定メニューが表示されるので、左側に表示されているメニューの「サインインオプション」を押します。画面中央に「顔認識」という表示が出てくるので、顔認証の下の「セットアップ」を選びましょう。

Windows Hello へようこそ」というウィンドウが表示されます。このウィンドウで、使用しているデバイスを自分自身自身専用に設定が可能です。ここで指紋認証の登録を済ませることで、以降はパスワードを記入しなくても、指紋認証でパソコンのロックを解除したり、本人チェックが必要な場合の認証を行ったり、買い物が可能なようになります。

画面下部の「開始する」を押します。PIN(あるいはパスワード)の記入を求められるので、記入し、ユーザー認証をしましょう。
f:id:rick1208:20200709162408p:plain
次に、指紋センサーが起動します。指紋を登録したい指をセンサーに当て、画面に表示される指示に従って指紋の登録を進めます。セットアップが終了するまで、指紋を登録している指をセンサーに当て、当てては離すを繰り返し行いましょう。

また、別の角度で指紋を登録する必要があるので、表示されるやり方に従って角度を変えながらセンサーに指を当て、当てては離すを繰り返し行いましょう。
f:id:rick1208:20200709162415p:plain
Windows Helloに指紋の登録が終了したら、画面下部の「閉じる」を選び、指紋登録作業を終了します。別の指の指紋も登録したい場合は「別の指を追加」を選びます。

Windows Helloの消去方法

f:id:rick1208:20200709045130p:plain
次にWindows Helloの消去方法をご説明していきます。登録方法と同様に、生体顔認証の消去、指紋認証の消去に分けて、それぞれの設定方法をご説明していきます。

生体顔認証の消去

f:id:rick1208:20200709162430p:plain
まず最初はじめに、生体顔認証の消去方法をご説明していきます。Windowsのパソコンを起動し、スタートメニューの「歯車アイコン(設定)」を押します。Windowsの設定メニューが色々表示されるので、「アカウント」を押します。

次にアカウントの設定メニューが表示されるので、左側に表示されているメニューの「サインインオプション」を押します。画面中央に「顔認識」という表示が出てくるので、顔認証の下の「消去」を選びましょう。
f:id:rick1208:20200709162438p:plain
生体顔認証の消去の場合は、「消去」をクリックするだけで登録してある生体顔認証データを消去可能です。生体顔認証データを消去したため、次回のログインからはパスワード記入となります。

再度生体顔認証データを登録したい場合は、先にご解説した登録方法と同じやり方でデータを登録しましょう。

指紋認証の消去

f:id:rick1208:20200708203622p:plain
次に、指紋認証の消去方法をご説明していきます。Windowsのパソコンを起動し、スタートメニューの「歯車アイコン(設定)」を押します。Windowsの設定メニューが色々表示されるので、「アカウント」を押します。

次にアカウントの設定メニューが表示されるので、左側に表示されているメニューの「サインインオプション」を押します。画面中央に「指紋認証」という表示が出てくるので、指紋認証の下の「消去」を選びましょう。
f:id:rick1208:20200709162531p:plain
指紋認証の消去の場合は、「消去」をクリックするだけで登録してある指紋認証データを消去可能です。指紋認証データを消去したため、次回のログインからはパスワード記入となります。

再度指紋認証データを登録したい場合は、先にご解説した登録方法と同じやり方でデータを登録しましょう。

登録していた指紋のデータが消去されると、指紋認証未設定の状態になり、「Windows Hello」の指紋認証でひょうじされる選択肢が「他の指紋を追加」と「消去」の2種類から「セットアップ」のみの表示に変更されます。

Windows Helloの対応デバイス

f:id:rick1208:20200708193310p:plain
次にWindows Helloに対応しているデバイスをご説明していきます。

Windows Hello対応の3Dカメラを搭載したデバイス

f:id:rick1208:20200709162554p:plain
まず最初はWindows Hello対応の3Dカメラを搭載したデバイスをご説明していきます。Windows Helloに対応している3Dカメラを搭載したデバイスは、以下の2点です。

マウスコンピューター CM01
上海問屋 DN-914238

マウスコンピューター CM01

マウスコンピューター CM01」は、マウスコンピューターが2016年に発売した外付けWindows Hello対応のウェブカメラです。たった1秒で顔認証が終了するのがこのカメラの魅力です。

実ときにこの「マウスコンピューター CM01」を使用して顔認証をしたユーザーのレビューでは、Windowsのログイン画面がパソコン上に表示されると同時に、あっという間にログインが終了したという評価がされています。商品のレビューを参考にする限り、認証速度はとても優秀なようです。

マウスコンピューター CM01の本体価格は7836円(税込み)となっています。この外付けカメラは「Windows Hello」で使用する顔認証機能に特化したモデルであるため、残念ながら画質は92万画素しかなく、その他の仕様にはあまり向いていません。Skypeといったビデオチャットとしてのウェブカメラにはあまりおススメ可能でせん。

f:id:rick1208:20200709162610p:plain
次に解説するのは上海問屋が販売しているWindows Hello対応カメラです。価格は24,999円(税込み)と、先にご解説した「マウスコンピューター CM01」と比較して高めの設定です。

マウスコンピューター CM01」が対応しきれていないHD画質に対応しているため、Windows Helloの生体顔認証のみならず、通常のウェブカメラとしても使用が可能なのでおススメです。

指紋リーダーを搭載したデバイス

f:id:rick1208:20200708133936p:plain
次にWindows Hello対応の指紋リーダーを搭載したデバイスをご説明していきます。Windows Helloに対応している指紋リーダーを搭載したデバイスは、指紋リーダーを搭載しているパソコンであれば、大半の場合そ、外付けのデバイスを用意することなくそのまま使用が可能です。

また、今使用しているパソコンに指紋リーダーが無い場合でも、Windows Helloに対応したUSB接続式の「指紋リーダー」をUSBの挿し口に取り付けることで、指紋認証データを登録可能なようになります。
 
パソコン搭載の指紋リーダーでも、USB接続式の指紋リーダーでもデータの登録方法は先にご解説した方法と変わりません。設定は先にご解説したようにとても簡単なので、気軽に登録してみましょう。

Windows Helloが設定できないデバイスの対処法

f:id:rick1208:20200708120916p:plain
最後に、Windows Helloが設定できないデバイスの対処法をご説明していきます。現在使用しているパソコンが「Windows Hello」に対応していない場合でもあきらめることはありません。

外付けの認証システムで対応可能

f:id:rick1208:20200708105116p:plain

現在使用しているパソコンが「Windows Hello」に対応していない場合で生体顔認証、指紋認証データが設定ができないという場合でも、別途に外付けの認証システムを購入することでWindows Hello を使用することが可能なようになります。

外付けのカメラデバイスでおススメなのは、先にもご解説した「マウスコンピューター CM01」です。画質に関しては、決して優秀であるとは言い難い商品ですが、「Windows Hello」で使用する顔認証機能に特化したモデルであるため、顔認証機能は大変優れています。Skypeといったビデオチャットとしてのウェブカメラにはあまりおススメ可能でせん。

この「マウスコンピューター CM01」は、カメラに顔を向ける方法でユーザーを感知し、Windows10を搭載しているパソコンといったデバイスに瞬時にログインが可能です。

また、このカメラはマルチユーザー対応となっているため、複数人の家族やグループなどが共有で使用するパソコンでも、それぞれの顔でユーザーを識別が可能になっています。

まとめ

f:id:rick1208:20200707174112p:plain
ここでは、Windows10のWindows Hello(生体顔認証)の生体顔認証、指紋認証設定方法と、対応しているデバイスをご説明していきました。パスワードだけでは守り切れるとは言い難い大事なパソコンを、Windows Helloを設定し、より高度なセキュリティーで大事なパソコンを守りましょう。