漫画の地球儀

Windowsセキュリティの『ウイルスと脅威の防止』設定方法!【Windows10、pc、性能比較】

スポンサーリンク

Windows セキュリティ

f:id:rick1208:20200707125044p:plain
Windowsセキュリティとは、どんな働きをしてくれるのでしょうか?ちゃんと私たちのパソコンを怖いウイルスから守ってもらうには、どのような設定が必要なのでしょうか?

Windows10搭載の標準セキュリティソフト

f:id:rick1208:20200707123518p:plain
Windows セキュリティとは、Windows10に標準搭載されているセキュリティ対策ソフトの事です。もともとは、「Windows Defender」や「Windows Defender セキュリティーセンター」と呼ばれていました。

マルウェアを検出して消去してくれる機能を所持しています。

Windows セキュリティのウイルス検出性能

f:id:rick1208:20200707123556p:plain
Windows10セキュリティのウイルス検出性能を調べてみました。

他製品との性能比較

f:id:rick1208:20200707085024p:plain
セキュリティソフトの性能やパフォーマンスを評価している第三者機関である、組織がセキュリティソフトを世界規模で正規的に調べた結果から他製品との性能の比較をしてみました。

Windowsセキュリティの性能

Windows10セキュリティは、防げなかった攻撃は有りませんでした。他社と比較をしても、ウイルスの検出性能は優秀です。ただ、ユーザーの設定次第では、他のセキュリティソフトよりも性能が劣って評価されてしまうようです。

Windows10セキュリティはウイルス検出性能は優秀ですが、ユーザー任せという一面が有る様です。更には、比較的誤検知が多いことが分かりました。

Windows セキュリティの強み

f:id:rick1208:20200707084147p:plain

正常なソフトウェアがWindows セキュリティによってマルウェアとして誤検知されてしまうと、ダウンロードした直後にファイルが自動的に消去されてしまいます。パソコンに保存することができないのです。

しかし、正常なファイルのはずなのに、マルウェアと誤検知されてしまった場合、対象となるファイルをマイクロソフト社の分析に依頼することが可能です。

マイクロソフト社によりファイルを分析してもらう事で、ファイルが本当にマルウェアかどうかを調べることが可能です。ちゃんとマイクロソフト社がフォローしてくれるというわけです。

マルウェア、悪意のあるソフトウェア

f:id:rick1208:20200707084220p:plain
マルウェアMalware)はmalicious softwareを短くしたものです。

マルウェアとは不正かつ有害な動作を行う意図で作成された悪意のあるソフトウェアや悪質なコードの総称の事を言います。トロイの木馬など、コンピューター上のウイルスは悪意のあるものが多く、マルウェアの分類に含まれます。

Windows セキュリティの「ウイルスと脅威の防止」起動方法

f:id:rick1208:20200707083017p:plain
Windows セキュリティの ウイルスと脅威の防止では、デバイスに存在する脅威や、さまざまな種類のスキャンを実行することが可能です。それでは、Windows10セキュリティのウイルスと脅威の防止の起動方法をご解説します。

手順

f:id:rick1208:20200707072922p:plain
Windows10セキュリティのウイルスと脅威の防止を起動しましょう。ウイルスと脅威の防止はスタートメニューから起動します。

画面左下にある、スタートボタンを押します。スタートメニューのアプリ一覧を表示します。
f:id:rick1208:20200707125606p:plain
スタートメニューにある、全部のアプリ一覧から、Windows セキュリティを押します。
f:id:rick1208:20200707125712p:plain
セキュリティの概要の一覧からウイルスと脅威の防止を押してください。これでウイルスと脅威の防止を起動することが可能でした。
f:id:rick1208:20200707125720p:plain
次にウイルスと脅威の防止設定の下にある設定の管理を押します。

Windows セキュリティの「ウイルスと脅威の防止」設定方法

f:id:rick1208:20200706210209p:plain
続いては、Windows10セキュリティの「ウイルスと脅威の防止」の設定方法です。

ウイルスと脅威の防止の設定

f:id:rick1208:20200706205605p:plain
Windows10セキュリティ設定の管理まで入ることが出来ました。これから、設定方法をご解説します。
f:id:rick1208:20200707125744p:plain
Windows10セキュリティの「ウイルスと脅威の防止の設定」の、「設定の管理」の画面です。ウイルス対策の「ウイルスと脅威の防止の設定」を表示し、更新します。
f:id:rick1208:20200707125752p:plain
まず最初は、リアルタイム保護です。リアルタイム保護は、マルウェアを特定し、デバイスでダウンロードあるいは実行されないようします。リアルタイム保護は、自動的にオンに戻る前に、この設定をしばらくの間オフに可能です。
f:id:rick1208:20200707125803p:plain
クラウド提供の保護です。クラウド提供の保護は、クラウドの最新保護データにアクセスして、より強固で迅速な保護を実現します。クラウド提供の保護は、自動的にサンプル送信をオンにしている場合、特に効果的です。
f:id:rick1208:20200707130538p:plain
サンプルの自動送信です。サンプルの自動送信は、潜在的な脅威から自分自身と他のユーザーを保護するのでに、Microsoft にサンプルファイルを送信します。

サンプルの自動送信は、必要なファイルに個人情報が含まれている可能性がある場合は、メッセージが表示されます。

皆さんWindowsセキュリティのウイルスと脅威の防止の設定をしてウイルスからWindowsを守って快適にインターネットを楽しみましょう。最後までお読みいただき有難うございました。