漫画の地球儀

iPhoneのライトの色の変え方!【スマホ、カメラ、フラッシュ、懐中電灯、着信、アプリ】

スポンサーリンク

iPhoneのライト

f:id:rick1208:20200712223439p:plain
スマホの本体についているライトは、写真をとるときに使うだけでは、もったいないくらいの使い道があります。

キャンプの暗い中で使ったり、暗闇の中での探し物など、懐中電灯の代わりとしても使うことが可能です。

カメラのフラッシュや懐中電灯として使用可能

f:id:rick1208:20200712223456p:plain
最近では災害時に、iPhoneなどスマホのライトが大活躍したという方も多いのではないでしょうか。でも、ただ懐中電灯の代わりだけだともったいないです。

ツイッターで話題になった、iPhone X、7、6、6s、5sでのライトの色の変え方を見ていきましょう。

iPhoneのライトの色を変える方法

f:id:rick1208:20200712223510p:plain
iPhoneのライトの色の変え人は、とても簡単です。

そして、その方法がとてもユニークです。

楽しいライトの色の変え方をご説明していきましょう。

油性ペンとセロハンテープを使用する方法

f:id:rick1208:20200712163757p:plain
iPhoneのライトの色を変えるのに必要なものは、油性ペンとセロハンテープです。
これだけあれば、ライトの色を変えることが可能です。

使う材料

・お好みの色の油性ペン
・セロハンテープ

手順

ステップ1
お好みの色の油性ペンとセロハンテープを用意します。

ステップ2
iPhoneのライト部分にセロハンテープを貼ります。

ステップ3
セロハンテープの上から油性ペンで色を塗ります。

ステップ4
その上から、更にセロハンテープを貼ります。

ステップ5
そのセロハンテープの上から色を塗ります。

ステップ6
iPhoneのコントロールセンターの画面で、ライトを点灯させます。


iPhoneのライトの色が変わりました。

iPhoneのライトの色を変えるアプリ

f:id:rick1208:20200712105433p:plain
暗いお部屋での探し物など、ちょっとしたライトが欲しいときがあります。

iPhoneは、いつも近くにあることが多いです。

そのiPhoneがライトになったら、とても便利です。

そのようなときは、BrighterFreeのアプリで明るくしてみましょう。

BrighterFree

f:id:rick1208:20200712230034p:plain
アプリを使用して、iPhoneのライトの色を変えることが可能です。
こちらのアプリは、iPhoneの画面を光らせ、ライトをカラフルな色に変える方法です。

主な機能

BrighterFreeは、カラフルな光の懐中電灯アプリです。
明かりは、画面のバックライトを使用します。

BrighterFreeの主な機能

・バックライトで暗いところを照らす
・画面の色を変更
・画面の輝度を変更
・バックライトの点滅


以上の機能を使えば、暗闇での探し物、明かりのトーンを落とした場所やパーティーなどでのライトの色の雰囲気作り、写真や動画の撮影時の明るいライトの照明、色々な色でのライトの撮影などに使えます。


※現在、BrighterFreeのアプリはダウンロードができないようです。

スーパーライト

f:id:rick1208:20200712101800p:plain
iPhoneをライトにするアプリは、他にもあります。
こちらのスーパーライト君は、画面の色を8色に変えて光らせることが可能です。
便利な使用方法をご解説します。

主な機能

スーパーライト君は、ライブやコンサートの、サイリウム、ケミカルライトの代わりに使えるアプリです。

iPhoneの画面を光らせ、ライトとして使います。
青、赤、黄色、白、オレンジ、ピンク、緑、紫の8色です。

設定手順

App Storeを開きます。
スーパーライト君」を検索します。
f:id:rick1208:20200712230159p:plain
スーパーライト君を入手します。
スーパーライト君は、無料で使えます。

f:id:rick1208:20200712230211p:plain
f:id:rick1208:20200712230219p:plain
iPhoneだけではなく、iPadにも使えます。
スーパーライト君をダウンロードすると、こちらの画面が出てきます。
それぞれの色を押すと、画面の色が変わります。
f:id:rick1208:20200712230228p:plain
青い色を出してみましょう。
青い色の部分を押します。
f:id:rick1208:20200712230359p:plain
iPhoneの画面いっぱいに、青色が表示されます。
異なる色を選びたいときは、画面をもう1回押します。
タップをするだけで、素早くライトの色を変えることが可能なので、とても便利です。

iPhoneのライトを着信時に点滅させる方法

f:id:rick1208:20200712073848p:plain
iPhoneに着信や通知があったとき音でお知らせしてくれます。着信や通知があったときにライトを光らせてお知らせをしてくれるとわかりやすく、すぐに気が付きますので便利です。ここでは、ライトを点滅させて着信をお知らせする便利な方法をご解説します。

着信、受信時にフラッシュ通知を点滅させる手順

f:id:rick1208:20200712031608p:plain
着信したときや、メッセージを受信したときに、iPhoneをフラッシュ通知を点滅してお知らせすることが可能です。

その他、LINE通知、アラームでも点滅させることが可能です。
ここでは、iPhoneのフラッシュ通知の方法をご解説します。
※着信ランプでお知らせを可能なのは、iPhoneがスリープ時(ロック状態時)のみです。

設定手順

iPhoneアクセシビリティ設定画面を表示します。
iPhoneのホーム画面の「設定」を押します。
ホーム画面の設定を押します。

「一般」を押します。
f:id:rick1208:20200712230740p:plain
アクセシビリティを押します。
f:id:rick1208:20200712230752p:plain
LEDフラッシュ通知を押します。
f:id:rick1208:20200712231107p:plain
LEDフラッシュ通知を「オン」にします。
f:id:rick1208:20200712231120p:plain
これで、iPhoneがスリープ状態での、電話の着信、メールの受信のときに、iPhone背面のLEDライトが点滅して通知をすることが可能です。

消音モードの時にLEDフラッシュ通知をする方法

f:id:rick1208:20200712024905p:plain
上記の方法は、iPhoneがマナーモードのときには、点滅して通知をしてくれません。

ですが、iPhoneが消音モード(マナーモード)の時にLEDフラッシュ通知をする方法があるので、ご解説します。

設定手順

LEDフラッシュ通知をオンにするところまでは同じです。
こちらをオンにすると、「消音時に点滅」が出てきます。
ここをオンにします。
f:id:rick1208:20200712231210p:plain
こちらを押すと、下の図のような状態になります。
f:id:rick1208:20200712231219p:plain
これで、iPhoneがマナーモードの時にも、LEDライトの点滅で通知してくれます。

LEDフラッシュ通知を繰り返してメッセージ受信の通知をする方法

f:id:rick1208:20200712015304p:plain

iPhoneがメッセージを受信したときにLEDフラッシュで通知があっても、すぐその時に気が付かないときがあります。

そのようなときのために、メッセージ受信後に繰り返してLEDフラッシュ通知をする方法をご解説します。

設定手順

iPhoneのホーム画面で、「設定」を押します。

「通知」を押します。
f:id:rick1208:20200712231250p:plain
通知を押すと、iPhoneにダウンロードしているアプリが、ずらりと出てきます。
その中の、「メッセージ」を押します。
f:id:rick1208:20200712231304p:plain
メッセージを押すと、下の画面が出てきます。
「通知を繰り返す」を押します。
f:id:rick1208:20200712231348p:plain
必要な回数のところを押します。
f:id:rick1208:20200712231359p:plain

iPhoneのライトは、色を変えるだけではなく、いろいろな使用方法があり、とても便利です。ぜひ、参考にしてみてください。