漫画の地球儀

ベッドタイムの睡眠分析の特徴、仕組み!【iPhone、iPad、睡眠時間、就寝リマインド、グラフ化】

スポンサーリンク

iPhoneの睡眠解析機能(ベットタイム機能)が便利

f:id:rick1208:20200712163757p:plain
iPhoneの睡眠分析機能をご存知ですか?ベットタイム機能とも呼ばれ、毎晩みなさんがが確保したい睡眠時間を設定しておくことで、時計アプリが就寝時刻になると知らせくれて、起床時刻になるとアラームを鳴らしてくれるというもの。

そんな便利なiPhoneの睡眠解析機能について、下記で簡単に説明していきます。

睡眠解析機能(ベットタイム機能)

f:id:rick1208:20200712105433p:plain
まず最初はiPhoneの睡眠分析機能(ベットタイム機能)が、どういうものなのか簡単に解説します。上記でも触れましたが、下記でみていきましょう。ヘルスケアアプリと連携することについてもお話しします。

結論から言うとiPhoneの睡眠分析機能とは、みなさんの睡眠状態を計測してくれるというものです。それもヘルスケアアプリと連携し、ベッドタイム機能を設定しなければなりません。

たとえば、起床する時刻やアラームをオフにする曜日を選びたり、睡眠時間や就寝時刻のリマインドをいつ受け取るか設定したり可能です。睡眠分析のグラフ化もしてくれるのです。

そこでここでは、iPhoneにおけるベッドタイムの睡眠分析の仕組みとは何か、また使用方法とはどういう方法か詳しくお伝えしていこうと思います。それではまず、以下でiPhoneの睡眠解析機能の特徴を5つ説明していきましょう。

iPhoneの睡眠解析機能の特徴

f:id:rick1208:20200711202646p:plain
iPhoneの睡眠分析機能における使用方法を解説する前に、まず最初はiPhoneの睡眠分析機能の特徴とは何か説明していきます。睡眠時間の計測やアラーム機能、睡眠分析のグラフ化、就寝リマインド機能、ヘルスケアアプリと連携などに分けてみていきましょう。

睡眠時間の計測

f:id:rick1208:20200711175638p:plain

iPhoneの睡眠分析機能における特徴のひとつに、睡眠時間の計測機能があるのをご存知ですか?以下で、iPhoneの睡眠分析機能の使用方法を解説しますが、そこで詳しく解説します。またヘルスケアアプリと連携についてもお伝えします。

アラーム機能

f:id:rick1208:20200711170910p:plain
もちろんアラーム機能も搭載しています。iPhoneの睡眠分析機能の使用方法という見出しで説明してるのでチェックしてみてください。起床時間を設定するときに、アラーム機能は間違いなく必要になります。

通知での就寝リマインド機能

f:id:rick1208:20200711132003p:plain
就寝時刻を知らせてくれるリマインド機能はありがたいですよね。就寝時刻の15分前、30分前、45分前、1時間前を選択可能です。つい寝る時間が遅くなるということを、防いでくれる万能な機能なのでぜひ利用してみてはいかがと思いますか。

睡眠時間のデータを「ヘルスケア」アプリ連携

f:id:rick1208:20200712170219p:plain
iPhoneの睡眠分析機能に内蔵されている睡眠分析データとは、ヘルスケアアプリに連携されるもの。時計アプリのベッドタイム機能と連携してその他の履歴を押すか、ヘルスケアアプリからヘルスケアデータ、睡眠、睡眠分析の順番でデータの連携が可能。

またヘルスケアアプリとの連携とは、自動ではなく手動で就寝時刻や睡眠時間を記入したり、分析のデーターソースとなるアプリを設定したり可能なのでぜひ試してみてください。睡眠分析のグラフ化もしてくれます。

データをグラフ化して可視化可能

上記のとおり睡眠分析データとは、ヘルスケアアプリとして連携データをグラフ化し、グラフ化可能なものです。また睡眠分析のグラフ化以外にも、睡眠分析データの消去について解説しましょう。
f:id:rick1208:20200712170527p:plain
まず睡眠分析された画面から、すべてのデータを表示で個別のデータを左スワイプすると消去可能です。加えて編集から、すべてを消去を押すことで、過去の睡眠時間データをまとめて消去することも可能です。

睡眠状況を知りたい場合には別途アプリが必要

f:id:rick1208:20200712170532p:plain
睡眠状況を知りたい場合はどうすればいいのか。そんな時に役立つのが、AutoSleepというアプリ。Apple Watchを利用して自動でみなさんの睡眠を追跡します。睡眠を追跡させるときは、ボタンを押すこともApple Watchにアプリを入れる必要もありません。

睡眠状況をトラッキング(追跡)可能なアプリ

f:id:rick1208:20200712170600p:plain
AutoSleepは、睡眠状況をトラッキング(追跡)可能なアプリ。進化したヒューリスティックを使い、AutoSleepはみなさんがどのくらいの睡眠を取ったかを測定してくれます。何もする必要がありません。

もしAppleWatchを付けたまま眠れば何もする必要はありませんし、AutoSleepはみなさんの睡眠を追跡し品質を分析した上で、朝目覚めた時にiPhoneに通知してくれるのです。

AppleWatchを付けずに寝てもAutoSleepは寝ていた時間を追跡可能なのでとてもシンプルで便利になっています。

iPhoneの睡眠解析機能の仕組み

f:id:rick1208:20200711061505p:plain
上記ではiPhoneの睡眠分析機能の特徴を、スクリーンショットを使いながら説明してきました。さて、iPhoneの睡眠解析機能の仕組みは一体どうなっているのと思います。

仕組みを体を動かしたときの振動の大きさと、寝息やいびきの大きさの2つに分けて説明していきましょう。

加速度センサーで睡眠を感知

f:id:rick1208:20200711061439p:plain
iPhoneの睡眠解析機能の仕組みは、睡眠を加速度センサーで感知するというもの。要するに、ご自身が体を動かしたときの振動の大きさと、寝息やいびきの大きさという仕組みによって、睡眠時間や睡眠分析の計測するということです。

体を動かしたときの振動の大きさ

iPhoneの加速度センサーによって、体を動かしたとき(寝返りなど)の振動の大きさを計ることが可能です。iPhoneの睡眠解析機能の仕組みは、iPhoneに内蔵されている万能機能によるものでした。

寝息やいびきの大きさ

一方iPhoneの内蔵マイクの仕組みによって、寝息やいびきの大きさを計ることも可能です。生活リズムが不規則な人は、寝息やいびきが出やすいと呼ばれているので、iPhoneの睡眠解析機能を使うとショックを受けるかもしれません。

iPhoneの睡眠解析機能の使用方法

f:id:rick1208:20200711060847p:plain
さてiPhoneの睡眠解析機能の使用方法ですが、ベッドタイム機能は時計アプリから使用するのをご存知と思いますか。またiOS10からiPhoneiPadで使用可能ですのでバージョンアップされていない人はしてくださいね。

それではiPhoneの睡眠解析機能の使用方法をみていきましょう。

睡眠解析機能(ベットタイム機能)の設定方法

f:id:rick1208:20200711055824p:plain
iPhoneの睡眠解析機能(ベットタイム機能)の設定方法を、スクリーンショットを使いながら説明していきます。以下で5つのステップに分けてみていきましょう。

まず最初はホーム画面から時計アプリを探して立ち上げてください。下部にベッドタイムタブがあると思いますので、押しましょう。
f:id:rick1208:20200712170901p:plain
上記のとおりベッドタイムタブを押したら、開始を押します。上の画像をみてもらうと分かりやすいと思います。

起床時刻、アラーム起動の曜日、睡眠時間、リマインダー時刻を設定

ここでは起床時刻、アラーム起動の曜日、睡眠時間、リマインダー時刻を設定について深掘りしていきます。まず最初は起床時刻の設定です。
f:id:rick1208:20200712171458p:plain
ベッドタイムを開いたら起床時間、要するにアラームを鳴らしたい時間を設定して次へを押してください。
f:id:rick1208:20200712171525p:plain
上記のように起床時間を設定したら、アラームを鳴らさない曜日を設定しましょう。たとえば土日をオフにしておくことで、月曜から金曜の平日のみアラームが鳴るということ。ご自身にあった曜日を選んでくださいね。
f:id:rick1208:20200712171533p:plain
またアラーム音が鳴らない設定も可能です。通常iPhoneのアラームは、マナーモードにしていても、アラーム音が鳴ってしまいますよね。バイブレーションだけで起床する設定では、手間をかけて設定しなければなりません。ただ、ベッドタイム機能は違います。
f:id:rick1208:20200712171541p:plain
ベッドタイム機能のアラーム音である目覚ましサウンドには、9つの専用サウンドが搭載されています。下部に表示されている「なし」も選びバイブレーションだけを選びておけばバイブレーションのみで音が鳴らないアラームを設定可能なのです。
f:id:rick1208:20200712171548p:plain
みなさん一人一人が希望する睡眠時間を設定します。もちろん理想的な睡眠時間は個々人によって異なると思います。そして次へを押してください。
f:id:rick1208:20200712171555p:plain
みなさんの就寝時刻を知らせる機能である、リマインダーを表示するタイミングを設定しましょう。

設定を保存

f:id:rick1208:20200712171607p:plain
上記のとおり起床時刻からアラーム起動の曜日、睡眠時間、リマインダー時刻の設定を終えたら、画面右上の保存を押してください。
f:id:rick1208:20200712171659p:plain
これでベッドタイムの設定は終了で、iPhoneの睡眠解析機能の使用方法の解説も終わりです。上の画像のようにベッドタイム画面では、設定した就寝時刻と起床時刻が数字あるいは丸いバーで表現されているのが分かります。

ベッドタイムのオン、オフを切り替える方法

f:id:rick1208:20200711055653p:plain

上記ではiPhoneの睡眠解析機能の使用方法をみてきました。続いて解説するのは、ベッドタイムのオンとオフを切り替える方法です。ここでもまた、スクリーンショットを使いながらみていきましょう。
f:id:rick1208:20200712171714p:plain
ベッドタイム機能をオフにする方法ですが、ベッドタイム画面にはベッドタイム機能の動作をオンとオフ可能なスイッチがあるのをご存知と思いますか。ベッドタイムのタブを押すという方法です。ぜひ利用してみてください。

上で解説した画像のように、ベッドタイムを一時的に無効にしたいときはオフにしておくことをおススメします。就寝前のリマインダーや、起床時間のアラームが無効になるからです。

iPhoneの睡眠解析機能の使用方法で、設定した設定が消去されることはありません。オンにすることですぐにベッドタイムが使用可能な状態になるので安心してくださいね。

iPhoneの睡眠解析機能を使用するメリット

f:id:rick1208:20200710221417p:plain
上記のようにiPhoneの睡眠解析機能の使用方法を説明してきました。次に解説するのは、iPhoneの睡眠解析機能を使用するメリットです。睡眠解析機能にはメリットしかありません。

眠りを分析してくれる

f:id:rick1208:20200710221530p:plain
みなさんにとって睡眠は生きていく上で必要不可欠の生理行動ですよね。睡眠をとるとは、脳や体の機能を回復させること。

そこでメリットとしてiPhoneの睡眠解析機能を使うことで、眠りを分析してより質の高い眠りを促すための活躍をしてくれます。睡眠は最低でも7時間とったほうがいいと呼ばれていますが、もちろん質が伴っていることが前提です。

睡眠に対する意識が変わる

f:id:rick1208:20200710221513p:plain
またiPhoneの睡眠解析機能のメリットとは、眠りを睡眠分析することによってみなさんの睡眠に対する意識が変わることと思います。睡眠分析でご自身の睡眠時間を知ることが可能なと、あまり寝れてない日や寝すぎてる日がデータとしてグラフ化可能です。

寝溜めができないので一定の睡眠時間を確保しなければなりません。上記のメリットのように、ご自身の目で睡眠時間をチェックすれば睡眠に対する意識が変わるのではないと思いますか。

生活リズムが規則的になりやすくなる

f:id:rick1208:20200710221637p:plain
次のメリットはiPhoneの睡眠解析機能を使うことで、就寝時刻と起床時刻がルーティーン化されること。要するに生活リズムが規則的になりやすくなる傾向があります。アラーム機能とリマインダー機能が搭載されているので、強制的に習慣化されると思います。

また悪い睡眠によって、身体や脳に悪い影響を引き起こす可能性があるかもしれません。一方でメリットとして、質の良い睡眠をとることで、身体の免疫力や脳の働きが向上するのは歴然です。

iPhoneの睡眠解析機能(ベットタイム機能)で寝て、起きることを習慣化させれば、質の良い睡眠を行っているか認識させてくれるというメリットがあります。

睡眠分析は就寝時間や起床時間、睡眠中の行動を分析し、グラフ化してくれるのでぜひこれらのメリットを試してみてください。

おススメ睡眠トラッキングアプリ

f:id:rick1208:20200712171807p:plain
上記ではメリットを解説しました。話は変わりますが、iPhoneにもともと内蔵されている睡眠解析機能(ベットタイム機能)と連携して、Sleep Cycleという睡眠トラッキングアプリを使うことをおススメします。

なぜならSleep Cycleとは、みなさんの睡眠パターンをトラックし、眠りが浅くなるタイミングで起こしてくれるスマートアラームだからです。

「Sleep Cycle alarm clock」

f:id:rick1208:20200712171814p:plain
ヘルスケアアプリと連携させずに、Sleep Cycleでは細かく睡眠分析してくれます。眠っている間にはどの眠りのステージにあるかにより、その人の呼吸やいびき、体の動きが変化するそうです。

また上の画像のように独自技術によって、いびきなどの音や寝返りによる振動をもとにベッド内でのあなたの動きを追跡してどの眠りのステージにいるかを分析し、睡眠パターンを記録してグラフ化してくれます。

眠りの浅いレム睡眠を狙ってアラームを起動してくれる

f:id:rick1208:20200712171825p:plain
グラフ化されたデータから、眠りの浅いレム睡眠を狙いアラームを起動してくれる機能が搭載されています。また上の画像のように、睡眠以外の分析もしてくれる機能もあるのです。