漫画の地球儀

iPhone、iPadでOfficeアプリの使い方!【設定方法、アプリ、Word、PowerPoint、OneNote、Skype】

スポンサーリンク

Office

f:id:rick1208:20200712081939p:plain

iPhoneiPadで使用可能なOfficeとはMicrosoft社のビジネスアプリで、iOSバイスに最適化されたアプリのことを指します。

iOSバイスに最適化されたMicrosoft社のビジネスアプリ

f:id:rick1208:20200712012320p:plain
iPhoneiPadでは、Microsoft社がiOSバイスに最適化させたOfficeアプリを使用することが可能です。

iPhoneiPadで使用可能なOfficeアプリはWordやExcelPowerPointOutlookといった有名なアプリ以外にも、OneNoteやOneDrive、SkypeSkype for Business、Office Lens、Yammer、Delve、Microsoft Teamsなど、色々なアプリが存在します。

ここではそんなMicrosoft社が用意しているiPhoneiPadのOfficeアプリの使用方法やiPhoneiPadで使用可能なOfficeアプリの設定方法を説明していきます。

Officeの特徴

f:id:rick1208:20200711203555p:plain

iPhoneiPadで使用可能なOfficeアプリには以下12種のアプリが存在します。

・Word
Excel
PowerPoint
Outlook
OneNote
・OneDrive
Skype
Skype for Business
・Office Lens
・Yammer
・Delve
Microsoft Teams


そんなiPhoneiPadで使用可能なそれぞれのOfficeアプリの特長について触れていきましょう。

iOS用Officeアプリの種類

f:id:rick1208:20200711202646p:plain
まず最初はiPhoneiPadで使用可能なOfficeアプリであるWordの特長を見ていきましょう。

Word

f:id:rick1208:20200712082031p:plain
WordはiPhoneiPadで使用可能なOfficeアプリです。言語は日本語以外にも英語やロシア語、ドイツ語、簡体字中国語など、30カ国語以上の言語に対応しています。

ファイルの作成や編集、表示以外にも、他ユーザーとのファイル共有も簡単に行うことが可能です。

Excel

f:id:rick1208:20200712082209p:plain
Excelスプレッドシートアプリによりファイルを作成したり表示や編集、共有を行うことが可能な、PhoneやiPadで使用可能なOfficeアプリです。

iPhoneiPadで使用可能なOfficeアプリExcelの使用目的としては会計や監査、データ分析などの分野に用いられることが多く、複雑な数式や機能を備えたチャートグラフの使用も可能となっています。

PowerPoint

f:id:rick1208:20200712082226p:plain
PowerPointはスライドショー作成ツールへのアクセスも可能なiPhoneiPadで使用可能なOfficeアプリです。OfficeアプリPowerPointならスライドショーを用いたプレゼンテーションの作成や編集、表示、発表、共有などの操作を簡単に行うことが可能です。

OfficeアプリPowerPointiPhoneiPadの「評価とレビュー」のコツも高く、色々な人達が使用しているOfficeアプリとなっています。

Outlook

f:id:rick1208:20200712082236p:plain
Outlookは全部の電子メールのアカウントやカレンダーをまとめることが可能なiPhoneiPadで使用可能なOfficeアプリです。

また、WordやExcelなど、他のOfficeアプリの添付ファイルを開いて編集することも可能です。さらにOfficeアプリのデータを添付しなおすことも可能です。

また、iOSOutlook(iPhoneiPadで使用可能)は以下システムとの連携が可能となっています。

Microsoft Exchange
Office 365
Outlook、com(HotmailおよびMSNを含む)
Gmail
Yahoo Mail
iCloud

OneNote

f:id:rick1208:20200712082417p:plain
OneNoteはノートにアイディアやメモを記録可能なiPhoneiPadで使用可能なOfficeアプリです。考え事をシンプルなノートにメモしたり、スケッチブックを作成したり可能です。

OfficeアプリOneDriveと同期すれば、いつでもどこでもOneNoteにアクセスが可能です。価格は無料でアプリの「評価とレビュー」のコツも高いです。

OneDrive

f:id:rick1208:20200712082425p:plain
OneDriveはクラウドストレージアプリです。ファイルや写真に特化されたiPhoneiPadで使用可能なOfficeのストレージアプリとなっています。

OfficeアプリOneDriveのファイルは他のOfficeアプリであるWordやExcelPowerPointOneNoteで使用することも科のプです。自動タグ機能があれば写真検索も簡単です。

共有ドキュメントが編集された場合、通知を受け取れるよう設定することも可能です。重要なファイルはオフラインでアクセスも可能となっています。iPhoneiPadで使用するOfficeアプリとしてはとても重宝されるアプリです。

Skype

f:id:rick1208:20200712082448p:plain
Skypeはインスタントメッセージや音声通話、ビデオ通話が可能なiPhoneiPadで使用可能なOfficeアプリです。基本無料で使用可能なので、世界中で色々な人達が使用しています。

グループチャットや写真やファイルを添付することも可能なので、仕事でも使用することが可能です。

Skype for Business

f:id:rick1208:20200712083457p:plain
Skype for Businessはインスタントメッセージや音声通話、ビデオ通話が可能なiPhoneiPadで使用可能なOfficeアプリです。

基本的な機能はOfficeアプリSkypeと同じですが、Skypeとの違いとしては、Skype for Businessは法人向けの有料サービスであることが挙げられます。

同時会議は250ユーザーまで可能となっていて、その他にも通信の暗号化や管理者側からの通信制限、多要素認証によるアカウント乗っ取り防止機能など、OfficeアプリSkypeよりもセキュリティに特化した機能が追加されているのが特長です。

Office Lens

f:id:rick1208:20200712083515p:plain
Office Lensは書類などを撮影した画像をとリビングして読み取り可能なデータに置き換えることが可能なiPhoneiPadで使用可能なOfficeアプリです。画像はOfficeアプリのWordやPowrerPointへの変換も可能です。

Yammer

f:id:rick1208:20200712083531p:plain
YammerはiPhoneiPadで使用可能なソーシャルネットワークアプリです。組織内での連絡を容易にしてくれるので、組織内の情報共有や検索など、作業効率を高めることが可能なOfficeアプリとなっています。

Delve

f:id:rick1208:20200712083544p:plain
Delveは色々な人の文書を見れるiPhoneiPadで使用可能なOfficeアプリです。OfficeアプリDelveは自分自身と共有設定されているコンテンツのみが表示される仕組みとなっているので、仕事仲間が自分自身の個人的なファイルを見ることはありません。

逆も同じで共有設定されてないファイルについては、仕事仲間のファイルであっても見ることは可能でせん。ファイルの共有設定は自由に選択可能なので、ファイル管理を徹底していきたい方にとって重宝するOfficeアプリと云えると思います。

Microsoft Teams

f:id:rick1208:20200712083602p:plain
Microsoft Teamsはチャットやコンテンツ、課題などを一つの場所にまとめるiPhoneiPadで使用可能なOfficeアプリです。

活用方法としては、共同のクラスルームを作成することも可能です。Officeアプリを使用してコンテンツを管理することも可能です。

これらOfficeアプリは全部iPhoneiPadで無料で使用可能な機能です。ExcelやPowrerPoint以外にもこのように便利なOfficeアプリが公開されていますので、気になった人はぜひ使用してみてください。

ダウンロード、起動

f:id:rick1208:20200711185357p:plain
前述した色々なOfficeアプリをiPhoneiPadで使いたい場合、まず最初はダウンロード・起動を行います。

App Storeからアプリをダウンロード

f:id:rick1208:20200711170910p:plain
App Storeからアプリをダウンロードして起動するだけなので、OfficeアプリはiPhoneiPadでとても簡単に始めることが可能です。

設定方法

f:id:rick1208:20200711160753p:plain
iPhoneiPadでOfficeアプリを使う場合の設定方法としては、まずOfficeアプリを起動する必要があります。

アプリを起動しMicrosoftアカウントでサインイン

f:id:rick1208:20200712083644p:plain

iPhoneiPadでOfficeアプリを起動したら、Microsoftアカウントでサインインします。Microsoftのアカウントは以下リンクから作成も可能です。

作成、編集

f:id:rick1208:20200711135526p:plain
iPhoneiPadでOfficeアプリを使いたい場合、まず最初はファイルを作成します。まず最初はファイルの作成方法をチェックしていきましょう。

ファイルの作成方法

f:id:rick1208:20200712083702p:plain
iPhoneiPadでOfficeアプリを使いたい場合、ファイルの作成は「文書の作成と編集」ボタンを選択することで行うことが可能です。

iPhoneiPadで「文書の作成と編集」ボタンを選びてファイルを作成できたら、その後は自由にファイルを編集可能なようになります。

印刷

f:id:rick1208:20200711132003p:plain
iPhoneiPadでOfficeアプリを使う一例として、印刷があります。Officeアプリで印刷したい場合、ファイルタブから印刷を行います。

「ファイル」タブの「プリント」項目を使用して印刷

f:id:rick1208:20200712083719p:plain
iPhoneiPadからOfficeアプリのデータを印刷したい場合、「ファイル」タブの「プリント」項目を使用することで印刷可能なようになります。

Officeを使用するときの気を付ける点

f:id:rick1208:20200711130046p:plain
iPhoneiPadでOfficeアプリを使用するときの気を付ける点は2点あります。一つはMicrosoftアカウントについて、もう一つは有料登録についてです。それぞれOfficeアプリの気を付ける点としてチェックしていきましょう。

Microsoftアカウントが必要

f:id:rick1208:20200711113408p:plain
iPhoneiPadでOfficeアプリを使用するときの一つ目の気を付ける点は、Microsoftアカウントが必要という点です。Officeアプリは最初にiPhoneiPadからMicrosoftアカウントにサインインしておく必要があります。

もしMicrosoftアカウントが無い場合は作ってからiPhoneiPadでOfficeアプリを起動してみてください。

プレミアム機能を使うには有料登録が必要

f:id:rick1208:20200711061439p:plain
iPhoneiPadでOfficeアプリを使用するときの二つ目の気を付ける点は、プレミアム機能を使うには有料登録が必要という点です。

iPhoneiPadで使用可能なOfficeアプリには色々な機能が用意されており、その内の一部はプレミアム機能として設定されています。

目的次第でこのプレミアム機能が必要なパターンもありますので、有料登録するとどのような機能が使えるようになるのか、把握しておくと良いと思います。

まとめ

f:id:rick1208:20200711060847p:plain
ここではiPhoneiPadでOfficeアプリを使う場合の使用方法やPowerPointなどのOfficeアプリの設定方法について説明してきました。

iPhoneiPadでOfficeアプリは12種類存在します。Officeアプリはそれぞれ使用目的に合わせた特長があります。ファイル作成や編集も、各Officeアプリで簡単に行うことが可能です。

共通している操作には印刷のような操作もあり、印刷自体も簡単に設定可能です。印刷は色々な場面で使用する操作ですので、ぜひ参考にしてみてください。