漫画の地球儀

iPadでExcel『エクセル』を使う方法!【パソコン、Windows、Officeアカウント、アプリ、有料、無料】

スポンサーリンク

iPadExcel(エクセル)を使う用意

f:id:rick1208:20200712031608p:plain
Windowsのオフィス系ソフトでおなじみのExcel(エクセル)アプリがiPadで使用することが可能です。あらかじめオフィスがダウンロードされているパソコンであれば、特に用意の必要性はありませんが、iPadでは事前にいくつか用意をすべきものがあります。

ここではiPadExcel(エクセル)アプリを使用するのでの事前用意としてOfficeアカウントの取得と編集方法などの一般的な使用方法や使用例について解説をしていきたいと思います。

Officeアカウントの取得

f:id:rick1208:20200712031621p:plain
iPadExcel(エクセル)アプリを使用するのでには事前用意としてOfficeのアカウントを取得する必要があります。まず最初はMicrosoftのOfficeアカウント作成のWEBページを開きましょう。
f:id:rick1208:20200712031641p:plain
画面右上のマイページのアイコンを選び「作成」を選択をします。
f:id:rick1208:20200712071522p:plain
画面が切り替わりましたらOfficeアカウントとして設定をしたいメールアドレスを記入し「次へ」を選択をします。
f:id:rick1208:20200712071546p:plain
「次へ」を選択すると、次の画面では任意の「パスワード」を記入し設定をします。
f:id:rick1208:20200712071553p:plain
パスワードの設定が終了すると、次の画面では「名前の記入」をします。
f:id:rick1208:20200712071604p:plain
「名前」の設定が終了したら、「生年月日」を記入をします。
f:id:rick1208:20200712071648p:plain
最後は「チェックコード」の記入画面となります。あらかじめ登録していたメールアドレス(Officeアカウント)あてに「チェックコード」が記載されたメールが届きます。そのメールに記載されている「チェックコード」を記入します。
f:id:rick1208:20200712071719p:plain
「チェックコード」の記入が終了すると最後に、画面に表示されている「文字列」を記入します。この文字列を記入し、正常に認証が終了することでOfficeアカウントの設定と取得は終了です。

アプリのダウンロード

f:id:rick1208:20200712071727p:plain
iPadExcel(エクセル)アプリをダウンロードするのでにはAppStoreからMicrosoftExcel(エクセル)アプリをダウンロードしてダウンロードをする必要があります。

iPadExcel(エクセル)アプリのダウンロードとダウンロードが終了後、先ほど取得をしたOfficeアカウントを使用しログインをすることでiPadExcel(エクセル)アプリを使用するのでの事前用意は終了です。

iPadExcel(エクセル)を使う時の気を付ける点

f:id:rick1208:20200712015319p:plain
ダウンロードとダウンロードなどの事前用意が終わったら、ここからはiPadExcel(エクセル)アプリの使用方法や使用例の解説をする前に、iPadExcel(エクセル)アプリの使用例や気を付ける点を説明していきます。

画面サイズによって有料か無料か異なる

f:id:rick1208:20200712015304p:plain
まず一つ目の気を付ける点ですが、iPadExcel(エクセル)アプリは使用するiPadの画面サイズによって、無料で使用可能なのか有料となるのかが異なります。

いわゆる有料版とはOffice365のことをさしていますが、iPadの画面サイズによってOffice365の対応可否が異なります。


iPadExcel(エクセル)アプリをダウンロード、ダウンロードをし、仮にOffice365に登録をしていなくてもエクセルファイルの見ること自体は可能です。

なので、基本的にiPadExcel(エクセル)アプリではExcel(エクセル)ファイルの見ることしない場合は、無料の範疇で使用することが可能です。

しかし、見ること以外のファイル編集などの用途を検討している場合は、iPadの画面サイズによって無料での使用可否が異なりますので注意が必要です。

無料版と有料版の違い

f:id:rick1208:20200712012320p:plain
では、ここからはiPadの無料版と有料版の違いとは何かについて解説をしていきます。まず無料版ですが、前述もしましたが基本的な使用方法や使用例として見ることと表計算が使用可能なようになっております。

有料版については、主にファイル編集(ピボットテーブル、グラフの作成等)が使用可能なようになります。簡単な機能については無料版で使用が可能ですが、それ以上の機能を求める場合は有料版にアップグレードする必要があります。

Excel(エクセル)サポートサイトでアプリのサポートが受けられる

f:id:rick1208:20200712011634p:plain
iPadExcel(エクセル)アプリをダウンロード、ダウンロードしてExcel(エクセル)を使用していると、パソコン版のExcel(エクセル)との操作感の違いで戸惑うこともあるかもしれません。

そんな時はExcel(エクセル)サポートサイトを利用してみてください。Excel(エクセル)のサポートサイトではパソコン版のExcel(エクセル)は当然ですが、Excel(エクセル)アプリのサポートもしてくれます。

ブラウザで検索をして答えを探すよりも、Excel(エクセル)サポートサイトを使用した方が効率的でかつ、確実な回答を見つけることが可能なので、Excel(エクセル)アプリを使用するときは大活躍するはずです。

電話サポートを受けたい時は有償になる

Excel(エクセル)アプリのサポートサイトをチェックしてもどうしても解決しないときは、電話サポートでの対応もMicrosoftでは用意があります。

しかし用意があるとはいえ、電話サポートの場合、有償でのサポートとなるので注意が必要です。基本的にはExcel(エクセル)アプリのサポートサイトで解決は可能なはずなので、お金をかけずにまず最初はサポートサイトでの解決をすることを心がけるといいです。

iPadExcel(エクセル)を使う方法

f:id:rick1208:20200712005846p:plain
ここからは本題のiPadでのExcel(エクセル)アプリの使用方法を解説をしていきます。基本的にはパソコンと同じ操作感で使用することが可能です。

他にダウンロードやダウンロードなどの用意をするものはありません。一部iPadならではの機能などもあります。画像付きで解決をしていきます。

ファイルを開く

f:id:rick1208:20200712005751p:plain
iPadExcel(エクセル)アプリを使う場合はあらかじめ、Officeアカウントを利用してサインインをしておく必要があります。Officeアカウントでのサインインが終わったら実ときにファイルを起動して、エクセルの編集をしていきましょう。

既存のファイルの編集

iPadExcel(エクセル)アプリで、過去に編集した既存のブックを編集方法は、Excel(エクセル)アプリの起動後画面左下にある「開く」を選び、次に「その他」を選びます。

するとクラウドに同期されているブックの一覧が表示されますので、編集をしたいブックを選択することで既存のファイルの編集をすることが可能です。

新規作成

次はiPadExcel(エクセル)アプリでExcel(エクセル)の新規作成をする方法ですが操作はとても簡単です。Excel(エクセル)アプリを起動後、画面左上の「新規作成」を選択することで新しいブックが表示されます。

セルの操作

f:id:rick1208:20200712002003p:plain
続いてExcel(エクセル)の基本中の基本、セルの操作方法を説明をしていきます。iPadの場合、パソコンのExcel(エクセル)と若干操作感が異なります。

セルの選択

iPadExcel(エクセル)アプリでセルの選択をするのでには、選びたいセルを押すだけで、セルの選択をすることが可能です。

セルの結合

f:id:rick1208:20200712072818p:plain
iPadExcel(エクセル)でセルの結合をする時は、パソコン版のExcel(エクセル)と全く同じアイコンを使用します。結合アイコンを選択することで、iPadExcel(エクセル)アプリでも容易にセルの結合が可能なようになっています。

フォント

f:id:rick1208:20200712001718p:plain
Excel(エクセル)を使う上で、見やすいレイアウトにするのでにはフォントの操作も必要となります。ここからはフォントサイズや色の変更方法の解説をしていきます。

フォントの大きさ

f:id:rick1208:20200712072845p:plain
まず最初はフォントサイズの変更方法です。iPadExcel(エクセル)アプリでのフォントサイズの変更もパソコンのExcel(エクセル)と操作感はほぼ同じです。フォントのメニューを押すことでサイズの変更をすることが可能です。

フォントの色

f:id:rick1208:20200712072854p:plain
iPadExcel(エクセル)アプリでフォントの色を変える方法も、パソコン版と同じです。フォントの色を変更するアイコンを選びて色を指定するだけで色を変更することが可能です。

文字の配置

f:id:rick1208:20200711231402p:plain
iPadExcel(エクセル)でも文字の配置を変更することが可能です。横三本線のアイコンを選択することで配置のポップアップが表示されますので、好みの配置を選びて設定をしてみましょう。

描画機能で手書きする

f:id:rick1208:20200712073139p:plain
iPadExcel(エクセル)ならではの機能で手書き機能があります。画面上部のメニューバーをから鉛筆やマーカーを選び画面を指でなぞるだけで書き込むことが可能なようになっております。

これらの操作もプラグインのようなものをダウンロードやダウンロードをしなくても使用可能なようになっております。

印刷

f:id:rick1208:20200711231339p:plain
iPadExcel(エクセル)アプリは直感的な操作感で印刷をすることが可能です。画面右上のメニューアイコンを選択するとすぐに「印刷」という項目が表示されます。そちらを選択する子でExcel(エクセル)の印刷が可能です。

ファイルの保存

f:id:rick1208:20200712073151p:plain
iPadExcel(エクセル)アプリを使用していると特にメリットを感じやすいのが保存の機能です。画面の左上にある紙のアイコンを選択をします。
f:id:rick1208:20200712073201p:plain
続いて自動保存をONにします。
f:id:rick1208:20200712073213p:plain
iPadExcel(エクセル)の保存の操作や設定は以上です。iPadExcel(エクセル)アプリの場合、編集内容は全部自動的に保存される仕組みとなっており、自分自身で操作をする必要がありません。とても便利な機能です。

iPadExcel(エクセル)とクラウドサービスを連携した使用方法

f:id:rick1208:20200711231311p:plain
iPadExcel(エクセル)アプリはクラウドサービスとの連携をすることが可能です。その使用方法や使用例を解説をしていきます。

クラウドサービスの連携方法

f:id:rick1208:20200712073232p:plain

iPadExcel(エクセル)はOfficeアカウントでもログインが前提ですが、ログインをすることでクラウドとの連携も可能なようになります。操作方法はExcel(エクセル)を起動後、開く→場所の追加と進むだけで連携可能なサービスの一覧が表示されます。

クラウドサービスの使用例

f:id:rick1208:20200711231245p:plain
iPadExcel(エクセル)でクラウドとの連携をするときの使用例ですが、iPadとパソコンとで同一のOfficeアカウントでログインをしていれば、iPadExcel(エクセル)の作業を中断して、途中からパソコンで作業を再開可能なようにもなります。

iPadExcel(エクセル)で外付けキーボードを使う方法

f:id:rick1208:20200711231214p:plain

iPadExcel(エクセル)を使用するとき、パソコン版との操作感の違いに悩むこともあるかもしれません。そんな時には外付けキーボードを用意して利用してみましょう。

外付けキーボードを使用するメリット

f:id:rick1208:20200711230900p:plain

iPadExcel(エクセル)を操作する上で、外付けキーボードを使用するメリットはパソコンにより操作感を近づけることが可能なことです。キーボードがあるだけでタイピングが楽になりますので、記入がとても捗ります。

外付けキーボードと接続する方法

f:id:rick1208:20200711230833p:plain
外付けキーボードと接続の使用例はいくつか方法があります。一つ目はBluetoothでペアリングする方法と、二つ目にコネクタにキーボードを接続する方法です。特にドライバなどをダウンロードやダウンロードすることなく使用可能ですので、設定も簡単です。

iPad版のExcel(エクセル)とデスクトップ版Excel(エクセル)の違い

f:id:rick1208:20200711225914p:plain
iPadとパソコンのExcel(エクセル)で大きな違いが一点だけあります。Excel(エクセル)をビジネスで使用している方にとって致命的な機能かもしれません。

iPad版で使用できない機能

f:id:rick1208:20200711221442p:plain
iPadExcel(エクセル)で唯一使えない機能はマクロの機能です。iPadExcel(エクセル)が使えるからといって全部使えるわけではないことはわかっていても、マクロが使えないの大きいです。


マクロはいわゆるプログラミングの一つなので、表計算だけで使用する分にはなくても問題がないかもしれませんが、iPadでプログラミングをすることを想定している場合は、使用例や使用方法を改めて考え直すことが必要になりそうです。