漫画の地球儀

マカフィーリブセーフのアンインストール、削除方法【Windows10、pc、ライセンス、ウイルス対策】

スポンサーリンク

マカフィーリブセーフ

f:id:rick1208:20200707085016p:plain
ここでは、Windows10のパソコンにおけるマカフィーリブセーフのアンインストール関連について説明していきます。マカフィーリブセーフをアンインストールしても大丈夫なのか?といった疑問から、詳しいアンインストール方法までご説明していきます。

また契約期間が切れて使えなくなったマカフィーリブセーフに対する対処法についても軽くご説明していきます。

マカフィー社のウイルス対策ソフト

f:id:rick1208:20200707085024p:plain
マカフィーリブセーフとはマカフィー(McAfee)社の有償のウイルス対策ソフトとなっています。このソフトはある種のWindows10のパソコンに標準搭載されている場合があり、無料お試し期間中の間セキュリティ対策が行える様になっています。

こういった無料お試し期間や有料契約期間が終了したからアンインストールしたいなどといったアンインストールしたい方のために、マカフィーリブセーフのアンインストール方法をこれからご説明していきます。
パソコン(パソコン)・スマホタブレットのセキュリティソフト!マルチデバイスウイルス対策 - マカフィー リブセーフ

マカフィーリブセーフは消去しても大丈夫なの?

f:id:rick1208:20200707084147p:plain
実ときに標準搭載されたマカフィーリブセーフをWindows10のパソコンからアンインストールしても大丈夫なのかと気になる方も多いと思います。ここではそのようなマカフィーリブセーフをアンインストールしても大丈夫なのかといった疑問にお答えしていきます。

Windows10には標準のセキュリティソフトがある

f:id:rick1208:20200707084220p:plain
なんとWindows10のパソコンからWindows Defenderというウイルス対策などが行える標準のセキュリティソフトが搭載される様になりました。

このWindows Defenderではウイルスのスキャン以外にも、ファイアウォールの設定、パソコンのパフォーマンス向上、アプリとブラウザのSmartScreen設定や保護者が子供のパソコンの使用を制限する機能などを無料で使用することができてしまいます。

またWindows Defenderは詳細な設定項目が少ない分、他の有償、無償セキュリティソフトに比べ、動作が軽く簡単にセキュリティ対策を行うことが可能です。基本的に設定変更を行わなくてもいいといったメリットもあります。

消去してもOK

f:id:rick1208:20200707083017p:plain

要するに前述したWindows10純正のWindows Defenderの機能より、基本的なウイルス対策に関しては有償のマカフィーリブセーフをアンインストールしてもそこまで問題がない、大丈夫であると言えると思います。

最低限のウイルス対策Windows Defender行えるので、無理して有料のマカフィーリブセーフを使用する必要はありません。しかし完全なセキュリティ対策や設定をするのであれば、マカフィーリブセーフをアンインストールしない方がいいと思います。

マカフィーリブセーフのアンインストール(消去)方法

f:id:rick1208:20200707074542p:plain
以上のことから、Windows10のパソコンにダウンロードされたマカフィーリブセーフをアンダウンロードしても大丈夫だということが理解できたと思いますか?

それでは早速マカフィーリブセーフをWindows10のコントロールパネルからアンインストール(消去)する方法について説明していきます。コントロールパネルのプログラムの消去からマカフィーリブセーフのみをアンインストールしていきます。

コントロールパネルを開く

f:id:rick1208:20200707085219p:plain
まず最初はWindows10でのコントロールパネルの開き方について説明していきます。上の画像のようにタスクバーからCortana"ここに記入して検索"を選びてください。
f:id:rick1208:20200707085226p:plain
"ここに記入して検索"といった記入欄に"コントロールパネル"と打ち込むと、Cortanaの検索結果に"コントロールパネル"の項目が表示されます。

"コントロールパネル"の項目を左押し、起動してください。この時コントロールパネルをタスクバーに追加しておくことをおススメしておきます。また、他のコントロールパネルの開き方として"ファイル名を指定して実行"を使ったやり方でも大丈夫です。

プログラムのアンインストールをクリック

f:id:rick1208:20200707092456p:plain
コントロールパネルが起動したら、"プログラム"の項目にある"プログラムのアンインストール"を左押してください。

マカフィー”と書かれた項目をダブルクリック

f:id:rick1208:20200707092505p:plain
Windows10にダウンロードされたプログラムの一覧が表示されます。そのプログラムの中から"マカフィー"、"McAfee"と書かれたマカフィーリブセーフを含むアンインストールしたいマカフィー製品を探して、項目をダブルクリックを行ってください。

例えば"マカフィーリブセーフ"をダブルクリックすると、"アプリケーションのアンインストールあるいは変更"が表示されるので、"はい"を左押してください。

ちなみに私のWindows10パソコンにはマカフィーリブセーフの他にマカフィウェブアドバイザー"McAfee Web Advisor"がダウンロードされていました。

手順に従う

f:id:rick1208:20200706134202p:plain
ウイルス対策ソフトのマカフィーリブセーフなどといったマカフィー製品のアンインストーラが起動します。もしここで原因不明の起動できない状態に陥った場合、後述する"マカフィーリブセーフを消去できない時の原因と対処法"を参照してください。
f:id:rick1208:20200707092526p:plain
上の画像のように全部のチェックボックスにチェックを入れ、"消去"を左押してください。この後も指定された手順に従うことでマカフィーリブセーフをアンインストールすることが可能です。

マカフィーリブセーフをアンインストールした後にパソコンの再起動が行われるので、アンインストールする前に作業途中のプログラムを保存することをお勧めします。

マカフィーリブセーフを消去できない時の原因と対処法

f:id:rick1208:20200706134011p:plain

ここでは前述した"マカフィーリブセーフのアンダウンロード(消去)方法"で解説したように、Windows10のコントロールパネルのプログラムの消去でマカフィーリブセーフのアンインストール消去)できない場合の原因とその対処法を説明します。

消去前にプロセスを停止する

f:id:rick1208:20200706132750p:plain
マカフィーリブセーフをアンダウンロードできない原因として、マカフィーリブセーフは常駐ウイルス対策ソフト(Windows10上で常時マカフィーリブセーフのプログラムがバックグラウンドで起動している状態)のせいで消去できないといった原因があります。

この原因を解決し、マカフィーリブセーフをコントロールパネルでアンダウンロードするのでには、タスクマネージャーをコントロールパネルで開き、バックグラウンドで起動しているマカフィーリブセーフの終わらないプロセスを停止する必要があります。
f:id:rick1208:20200707092556p:plain
前述した"マカフィーリブセーフのアンダウンロード(消去)方法"にあるようにWindows10のコントロールパネルを起動したら、まず最初は右上にある検索欄を左押し、"タスクマネージャー"と記入・検索してください。
f:id:rick1208:20200707092840p:plain
すると上の画像のようにコントロールパネル内から"タスクマネージャー"に関する事項が検索結果に表示されます。"システム"の"タスクマネージャー"を左押してください。
f:id:rick1208:20200707092902p:plain
Windows10のタスクマネージャーの"プロセス"が表示されます。タスクマネージャー内にウイルス対策ソフトであるマカフィーリブセーフ"McAfee"のプログラムが常駐していることが見て分かると思います。これがアンインストールできない原因です。
f:id:rick1208:20200707092910p:plain
全部の"McAfee"が付いた終わらないプログラムを右押し、"タスクの終了"を左押してください。それでもマカフィーリブセーフのプログラムが終わらない場合、後述するマカフィーリブセーフの専用消去ツールを使用してください。

マカフィーリブセーフのプログラムをコントロールパネルのタスクマネージャーで全部終了することができたら、前述した"マカフィーリブセーフのアンインストール(消去)方法"のようにコントロールパネルからプログラムのアンインストールを行ってください。

専用消去ツールを使用する

f:id:rick1208:20200706130120p:plain
どうしてもマカフィーリブセーフをアンインストールできない場合は、原因究明せずとも一括でマカフィーリブセーフも含めた全部のマカフィー製品をアンインストール可能なマカフィー専用消去ツールをダウンロードし、アンインストールする方法を行います。

このマカフィー専用消去ツール(MCPR、exe)はWindows10にも対応しており、無料でウイルス対策ソフトのマカフィーリブセーフをアンダウンロードすることが可能です。
f:id:rick1208:20200707093112p:plain
マカフィー専用消去ツールは以下の外部リンクからダウンロードすることが可能です。該当ページにアクセスしたら、"http:、、mcaf、ee、mcpr"を左押してください。マカフィー専用消去ツールのダウンロードが開始します。

f:id:rick1208:20200707093121p:plain
マカフィーリブセーフをアンインストールするのでにダウンロードしたマカフィー消去ツールを左押し、起動してください。まず最初は、"次へ"を左押します。
f:id:rick1208:20200707093137p:plain
マカフィー製品のアンインストールにはエンドユーザー許諾条件に同意する必要があります。上の画像のように"同意する"を選び、"次へ"を左押してください。
f:id:rick1208:20200707093257p:plain
人間かどうかのセキュリティ認証を行います。画像に表示されているアルファベットを記入欄に記入し、"次へ"を左押してください。この後Windows10にダウンロードされたマカフィー製品のアンインストール作業が開始します。

また全部のマカフィー製品をアンインストールした後にパソコンの再起動が行われるので、アンインストールする前に作業途中のプログラムを保存することをお勧めします。

それでもマカフィーリブセーフを消去できない時は?

f:id:rick1208:20200706121341p:plain
マカフィーリブセーフのアンインストールが終わらないといった前述したそれぞれの原因以外の不具合のせいで、どの対処法をつかってもマカフィーリブセーフをアンインストールできない場合の最終的な対処法についてここで説明していきます。

サポートに連絡する

f:id:rick1208:20200706125122p:plain
マカフィーリブセーフのアンダウンロードがどうしてもできない場合、以下の外部リンクからマカフィーのサポートに直接電話で連絡し、原因究明に取り組む必要があります。該当ページは英語表記ではないので大丈夫です、安心してください。
f:id:rick1208:20200707093329p:plain
マカフィーのサポートページでは言語選択が可能なので、"日本"を選び、"技術的なサポート"を左押してください。そのあと"パソコン"を左押し、表示された電話番号に電話してください。

電話費用の負担はお客様がすることになっており、金銭周りは大丈夫でないので気を付けてください。

マカフィーリブセーフの期限切れメッセージが出るときの対処法

f:id:rick1208:20200706120354p:plain

マカフィーリブセーフを利用していると、最終的に期限切れメッセージが表示される場合があります。ここでは、マカフィーリブセーフの契約期間が終わらない様にする方法やメッセージが表示される対処法について説明していきます。


製品をアンインストールする

f:id:rick1208:20200706112942p:plain
Windows10のWindows Defenderを使うので大丈夫だったり、マカフィーリブセーフの契約期間が終わらない様にしたくない場合、マカフィーリブセーフを素直にアンインストールすることをオススメします。

契約が終わらないマカフィーリブセーフでない限りただ単に容量を圧迫するだけなので、速やかにアンダウンロードしてしまいましょう。前述したマカフィーリブセーフのアンインストール方法を参考にマカフィーリブセーフをアンインストールしてください。

新規ライセンスを購入する

f:id:rick1208:20200706112927p:plain
マカフィーリブセーフをアンインストールせず、契約期間を終わらない様にしたい場合は、マカフィーリブセーフの新規ライセンスを購入する必要があります。

マカフィーリブセーフのライセンスには1年契約や3年契約のライセンスが存在しており、それらを新たに購入・アクティベートを行うことで、続けてマカフィーリブセーフの契約を終わらない様にすることができてしまいます。

またマカフィーリブセーフの契約期間が終わらない様に、自動的に新規ライセンスが購入される様なことは一切ありません。金銭周りに関しては大丈夫なので安心してください。