漫画の地球儀

Outlookの予定表を共有できない原因、対処法!【Windows、pc、Mac、メリット、エラー】

スポンサーリンク

Outlookの予定表は共有可能?

f:id:rick1208:20200710135913p:plain
Outlookの予定表は共有可能なのと思いますか。ここでは、Outlookの予定表を共有できないときの対処法を中心に解説しますが、まず最初は共有可能なのか、もしくは共有できないのかを明らかにしていきます。

もちろん、共有できない時の原因も解説します。共有できない場合は、ご自身がどのような対処法を実行すればいいのか、という点においても説明しています。

共有可能

f:id:rick1208:20200710135008p:plain
結論から言うと、Outlookの予定表は共有可能です。Exchangeをはじめ、Office 365あるいはOutlook、com アカウントがある場合には、独自の予定表の一覧において、予定表を表示可能なようにその他のユーザーに共有の招待状を送信可能なのです。

共有するメリットは?

f:id:rick1208:20200710135824p:plain
Outlookの予定表を共有するメリットは以下の3つです。

・すべての予定とメールが1つのアプリで管理可能な
・スケジュールを手軽に決められる
・仕事仲間との会議の計画もしくは友だちとの予定がすぐにチェック可能な

Outlookの予定表を共有する方法

f:id:rick1208:20200710140944p:plain
続いて、Outlookの予定表を共有する方法をWindowsMacに分けてそれぞれ解説します。

予定表を共有する方法

f:id:rick1208:20200710064700p:plain

予定表を共有する方法を具体的にみていきましょう。

Windowsの場合

まずOutlookを開いて画面下部にあるカレンダーアイコンを選びてから、「予定表」ページに移動してください。

続いて「予定表」におけるページの上部にあるツールバーの「共有」を選び、共有する予定表を選びましょう。それから、予定表を共有するユーザーの名前もしくはメール アドレスを記入します。

そして、このユーザーが予定表(スケジュール)を使用する方法を選び、「共有」を選びてください。 予定表をすぐに共有しない場合には、ゴミ箱アイコンを選びます。

Macの場合

Macの場合にも、はじめにOutlookを開いて画面下部にあるカレンダーアイコンを選びてから、「予定表」ページに移動してください。

次に、「予定表」におけるページの上部にあるツールバーの「共有」を選び、共有する予定表を選びましょう。それから、予定表を共有するユーザーの名前もしくはメール アドレスを記入します。

続いて、このユーザーが予定表を使用する方法を選び、「共有」を選びてください。 予定表をすぐに共有しない場合には、ゴミ箱アイコンを選びます。

アクセス権限とは

f:id:rick1208:20200710055143p:plain

アクセス権限の設定を行えるユーザーとは、共有した予定表に対する役割です。たとえば、「作成者」という役割を設定すると、新しい予定の作成をはじめ、作成したアイテムの編集あるいは消去などのアクセス権が与えられます。

Outlookのスケジュールが共有できない原因

f:id:rick1208:20200710060108p:plain
次は、Outlookのスケジュールが共有できない原因を解説します。アクセスできない原因では、以下の2つをお伝えします。

・エラー表示の内容
・開けないエラー(グレーアウト)

アクセスできない原因

f:id:rick1208:20200710052418p:plain
それでは下記で、アクセスできない原因を2つ説明していきましょう。

エラー表示の内容は、「フォルダーを表示可能でせん。 指定されたフォルダーの場所にアクセス可能でせん。 処理が失敗しました。オブジェクトが見つかりません。」という表示です。

開けないエラーとして、グループスケジュールで他ユーザーの予定が表示されません。グレーアウトと呼ばれ、塗りつぶした色で表示されるのです。

Outlookの予定表が共有できない場合の対処法

f:id:rick1208:20200710045943p:plain

続いて、Outlookの予定表(スケジュール)が共有できない場合の対処法をみていきましょう。エラーの内容をチェック後の展開のやり方を2つに分けて説明します。

エラーの内容をチェック後の展開のやり方

f:id:rick1208:20200710044640p:plain
エラーの内容をチェック後の展開の仕人は以下の2つです。

・起きてるエラーの解決方法
・エラーを起こさないための回避方法
起きてるエラーの解決方法

1つ目のエラー内容をチェックした後に展開する方法は、以下の手順になります。

・メールボックス何の「データファイルのプロパティ」をクリック
・アクセス権タブをクリック
・「追加」をクリック
・見ることを許可するユーザーを選びて「OK」をクリック
・予定表を右押して「プロパティ」をクリック
・任意のアクセス権を選びて「OK」をクリック
Outlookを再起動

2つ目のエラー内容をチェックした後に展開する方法は、以下のとおりです。

・予定表を右押して「プロパティ」をクリック
・所有者の予定表を右押して「プロパティ」をクリック
・「アクセス権」タブで「参照者」権限以上を公開ユーザーに与える

Outlookの予定表を見ること可能なかチェックする方法

最後に、Outlookの予定表(スケジュール)を見ること可能なかチェックする方法を1つ解説します。

アクセス権があるのかチェックする方法

f:id:rick1208:20200709173033p:plain
アクセス権があるのかチェックするには、グループスケジュールの左下の「オプション▼」を押し、「予定表の詳細を表示」にチェックを入れてください。

まとめ

f:id:rick1208:20200709160621p:plain
スケジュールが共有できない原因では、開けないエラーについて説明しています。開けないエラーとは、グレーアウトのことです。

最後には、Outlookの予定表を見ること可能なかチェックする方法を説明しているので、ぜひ参考にしてみてください。