漫画の地球儀

iPadをUSB-C電源アダプタで高速充電する方法!【iPad Pro、ケーブル、仕組み、ワイヤレス充電】

スポンサーリンク

高速充電

f:id:rick1208:20200712011634p:plain
みなさんはiPadでUSB-C電源アダプタで高速充電する方法を知っていますか。iPadを日頃から使用しているとすぐに電池がなくなってしまいます。

なのでここではiPadで高速充電する方法について説明していきますので、もし最近iPadの充電が遅くて困っている人がいれば、是非参考にしてみてください。

通常より短い充電時間で充電可能な機能

f:id:rick1208:20200712005846p:plain
それではまずiPadで高速受電させる方法として、通常より短い充電時間で充電可能な機能について説明していきます。

通常より短い充電時間で充電可能な機能としては、USB Power Deliveryによる急速充電への対応が注目を浴びています。

ここではiPadを短い充電時間で充電可能な機能として、USB Power Deliveryによる急速充電について説明していきます。

iPadの対応機種は?

f:id:rick1208:20200712011737p:plain
まず最初は短い充電時間で充電可能な機能であるUSB Power Deliveryですが、どんなiPadでもUSB Power Deliveryを使用することが可能なのと思いますか。

ここではまずUSB Power Deliveryに対応している、iPadの対応機種について説明していきます。

iPad Pro 10、5、11、12、9が対応

f:id:rick1208:20200712011746p:plain
USB Power Deliveryに対応しているiPadの機種としては、iPad Pro10、5、11、12、9が対応しています。なので比較的新しい機種は対応していることになります。iPad Pro10、5より古い機種では対応できていません。

なのでiPad Pro10、5以前の機種の場合は、iPad Pro10、5対応の高速方法を探す必要があります。しかしiPad Pro10、5は既に販売終了しているため、なかなかiPad Pro10、5対応の方法を見つけるのは難しいと思います。

しかし短い充電時間で充電可能な機能であるUSB Power Deliveryは、不具合も発生しやすいのではじめ使用するときは気をつけた方がいいと思います。

高速充電の仕組み

f:id:rick1208:20200712005751p:plain
iPadで高速充電する方法や機能についてはわかっていただけましたと思いますか。それではここからはiPadを高速充電する仕組みについて説明していきます。

充電性能の見分け方

f:id:rick1208:20200712002003p:plain
まず最初はiPadを高速充電するのでの充電性能の見分け方について説明していきます。iPadを高速充電するのでには充電性能を知っておく必要があります。

充電性能の基礎知識

f:id:rick1208:20200712001718p:plain
なのでここではまずiPadで高速充電するのでの充電性能の基礎知識について説明していきます。この充電性能の基礎知識を知っておくと色々と活用可能なことが多くあります。

なのでまず最初はiPadを高速充電するのでにもこの充電性能の基礎知識を理解するようにしましょう。

ワット数が上がると充電スピードも上がる

f:id:rick1208:20200711230900p:plain
まず最初はiPadを高速充電するのでには、ワット数を機にする必要があります。ワット数が上がると充電スピードも上がります。

12Wより30Wの方が充電が早くなるのは当たり前ですよね。なので高いワット数で充電するようにしましょう。

機器の大きさと充電速度は関係ない

f:id:rick1208:20200711231245p:plain
またiPadを高速充電するのでには、機器の大きさと充電速度は関係ないことを知っておきましょう。機器の大きさによって充電速度は変わりません。あくまでも高速充電するには、充電の性能です。

ワイヤレス充電よりケーブルの充電のほうが高速である

f:id:rick1208:20200711231214p:plain
またiPadを高速充電するのでには、ワイヤレス充電よりケーブルの充電のほうが高速であることを知っておきましょう。USB-C-Lightningケーブルを使用した方が充電が早くなります。

なのでオシャレであってもワイヤレスよりはUSB-C-Lightningケーブルを使用することをおススメします。

充電器は混ぜて使わない

f:id:rick1208:20200711225914p:plain
またiPadを高速充電するのでには、色んなメーカーの充電器は混ぜて使わないことをおススメします。なぜなら充電器は混ぜてしまう性能に違いがあり、より高速に充電することができなくなってしまいます。

PDもQCもOnePlusの規格は統一する

f:id:rick1208:20200711230833p:plain
そしてPDもQCもOnePlusの規格は統一することもiPadを高速充電するのでには、必要なことです。色んなメーカーのPDもQCもOnePlusを使用すると規格がバラバラになります。

そして規格がバラバラになるとどうしても充電スピードが遅くなってしまうので、気を付けてください。

充電中は電源を切る

f:id:rick1208:20200711231311p:plain
また一番簡単なiPadを高速充電するのでには、充電中は電源を切ることをおススメします。USB-C-Lightningケーブルで充電するときは、一時的電源を落としてから充電するようにしましょう。

すると充電中は、電池が使用されないのでUSB-C-Lightningケーブルからの充電だけに電池が使用されて高速充電することが可能になります。

USB-C電源アダプタで高速充電する方法

f:id:rick1208:20200711231339p:plain
それでは次にここからはiPadでUSB-C電源アダプタで高速充電する方法について説明していきます。一般的にはUSB-C-Lightningケーブルを使用して充電する必要が大半かと思います。

そんなUSB-C-Lightningケーブルをどのように使用すれば高速に充電することが可能なのと思いますか。

iPadを高速充電するのでに必要なもの

f:id:rick1208:20200711221442p:plain
まず最初はiPadを高速充電するのでには、どんなものが必要なのと思いますか。一般的にiPadを買った時にの付属品を使用すると一番効率がよい充電をすることが可能です。

USB-C-Lightningケーブル、USB-C電源アダプタを使用した30Wの高速充電方法

f:id:rick1208:20200711220429p:plain
まず最初はiPadを高速充電するのでには、USB-C-Lightningケーブル、USB-C電源アダプタを使用した30Wの高速充電方法があります。

USB-C-Lightningケーブル、USB-C電源アダプタを使用した30Wの高速充電方法は、家庭で誰でも可能な充電方法です。

USB-C-Lightningケーブル

f:id:rick1208:20200711213111p:plain
まず最初はApple公式のUSB-C-Lightningケーブルを用意しましょう。最近であ100円均一でもUSB-C-Lightningケを購入することが可能です。

しかし安すぎるUSB-C-Lightningケーブルでは性能が悪く、高速充電するには向いていません。

USB-C電源アダプタ、USB-PD対応のUSB-C電源アダプタ

f:id:rick1208:20200711204424p:plain
またiPadで高速充電するのでには、USB-C電源アダプタ、USB-PD対応のUSB-C電源アダプタを使用する必要があります。

いくらUSB-C-Lightningケーブル性能が良くてもUSB-C電源アダプタ、USB-PD対応のUSB-C電源アダプタを使用していないと性能が悪くなってしまいます。

その他の充電方法との比較

f:id:rick1208:20200711204218p:plain
またここからはiPadを受電する方法は異なる視点から比較してみましょう。ここでは色んな方法で充電した場合どのような差が出てしまうのか見ていきましょう。

通常のLightningケーブルと12Wアダプタを使った場合

まず最初はiPadを通常のLightningケーブルと異なる電圧のアダプタを使った場合です。ここでは12Wと5Wでの通常のLightningケーブルを使用した場合の違いを見ていきましょう。

まず最初は12Wアダプタを使った場合は、比較的充電スピードは速く感じると思います。12WアダプタはAppleから公式に提供されているアダプタです。

なので12Wアダプタを使用していれば、通常と同じくらいの充電スピードになります。なのでまず最初は12Wアダプタを使用してどんな感じか試してみましょう。

通常のLightningケーブルと5Wアダプタを使った場合

まず最初は通通常のLightningケーブルと5Wアダプタを使った場合です。ここでは5Wなので通常よりはちょっと電圧が低い5Wアダプタを使用しているのでいつもよりはちょっと充電スピードが遅いと思います。

しかしよくネットショッピングで購入する場合はこの5Wアダプタが安く売られています。なので知らない間に5Wアダプタを使用していることもあるので気を付けてください。

モバイルバッテリーを使用した高速充電

ワット数が異なると充電スピードが異なります。最近では30Wのアダプタもあるので、是非30Wアダプタを探してみてください

また充電スピードでいうとモバイルバッテリーを使用した高速充電もあります。これはモバイルバッテリーの性能で充電スピードが明らかに変わってきます。

いくら30W対応のケーブルを使用しても、モバイルバッテリーの性能が悪いとなかなか高速充電するのは難しいと思います。

電源アダプタとケーブルの違いで結果はどうなった?

f:id:rick1208:20200711203951p:plain
このようにiPadを高速充電するには、電源アダプタとケーブルの違いによって結構スピードが異なってきます。なので自分自身自身が使用している電源アダプタとケーブルをまずチェックすることから始めましょう。

そしてもしiPadの充電が遅いと感じるのなら30Wのように高電圧対応のアダプタやケーブルを使用することをおススメします。

USB-C電源アダプタで高速充電するのでのおススメ機器

f:id:rick1208:20200711203915p:plain
それでは最後にiPadをUSB-C電源アダプタで高速充電するのでの、おススメ機器について説明していきます。このおススメ機器は、インターネットで購入することが可能なので是非チェックしておきましょう。

充電器選びのコツ

f:id:rick1208:20200711203555p:plain
まずiPadを高速充電すために必要な充電器選びのコツについて説明していきます。充電器選びのコツを理解しておくとどの機器を購入すればいいかが自然とわかってきます。

iPadの受電許容量は?

まずiPadの機器を選ぶうえでも覚えておきたいのが、iPadの充電許容量です。いくら大きい電圧のアダプタでも充電許容範囲を超えると性能がでません。

iPadを高速充電するのでには30Wぐらいが一番目安であると呼ばれているので、参考にしてみてください。

高速充電におススメの電源アダプタ

f:id:rick1208:20200711202646p:plain
それでは次にもっと具体的にiPadを高速充電するのでにおススメな電源アダプタについて説明していきます。電源アダプタとケーブルはセットで購入することをおススメします。

Anker

まず最初はiPadを高速充電するのでにAnkerというアダプタを使用してみてください。Ankerは、PSE認証済、急速充電、折たたみ式プラグ搭載している高性能なアダプターです。

cheero

そしてAnkerと同様にcheeroというiPadを高速充電するアダプターもあります。よくAmazonでも特別セールをやっているので、たまにチェックしてみるといいかもしれません。

高速充電におススメのケーブル

f:id:rick1208:20200711185357p:plain
それでは次にiPadを高速充電するのでに必要なおススメのケーブルについてです。一番おススメ可能なのはもちろん、Apple公式のケーブルを使用することをおススメします。

Anker

iPadを高速充電するのでにはアダプター同様にケーブルもAnkerを使用しましょう。なのでアダプターもAnkerを使用して、ケーブルもAnkerを使用すると最大の高速充電をすることが可能になります。

しかしiPad Pro10、5以前のバージョンではサポートしていない可能性もあるので気を付けてください。

まとめ

f:id:rick1208:20200712012320p:plain
iPadを高速充電するのでには必要な機器を用意する必要があります。しかしまず最初はApple公式の付属品で充電することを一番おススメします。

そのうえでもっと早くiPadを高速充電するのでに、他の機器を用意して比較してみてください。十分Apple公式のもので高速充電することも可能なので知っておきましょう。