漫画の地球儀

iPadのキーボードの位置を固定する方法、解除方法!【分割、移動、メリット、上下、元に戻す】

スポンサーリンク

キーボードの位置は変更可能?

f:id:rick1208:20200712005751p:plain
iPadでキーボード記入をしようとしたら画面中央にキーボードが出てきた、そんな経験はありませんか?実はこれ、不具合ではなくiPadの機能の1つなのです。実はiPadは自分自身の利用しやすい位置にキーボードを設定可能なのです。

ここでは、そんなキーボードの位置の設定方法やうまくいかない時の対処法について説明していきます。iPadのキーボード記入がどうも馴染めないという方も使いやすくなるヒントがあるのでぜひ読んでみていただけると嬉しいです。

上下の好きな位置に設定が可能

f:id:rick1208:20200712005800p:plain
実ときにどのように動かせるのかというと、通常は画面下部に固定されているキーボードを上下の好きな位置に移動可能です。画面下部にキーボードがあると邪魔・・・という場面で便利ですね。

キーボードの位置を固定、解除する方法

f:id:rick1208:20200712002003p:plain
キーボードの位置を移動するのでには、画面下部に固定されているキーボードの固定を解除する必要があります。また、なぜか突然キーボードが画面中央に現れたという人は、すでにキーボードの固定が解除されてしまっているはずです。

1回設定すれば他のアプリにも反映される

f:id:rick1208:20200712005820p:plain

iPadのキーボードの位置を変更すると、現在開いているアプリ内のみではなくその他のアプリを開いた時にも移動後の位置が反映されるようになっています。例えば、上の画像ではSafari内でキーボードの位置を上の方に設定しました。
f:id:rick1208:20200712005829p:plain
その後、試しにメモアプリを開いてみるとキーボードはSafariと同じ位置に出現しました。

キーボードの固定やり方

f:id:rick1208:20200712005846p:plain
キーボードが突然iPadの画面中央の位置に出現してしまった!そんな人は、キーボードを固定して画面下部に戻しましょう。

アイコンを長押しして「固定」を選択

f:id:rick1208:20200712005856p:plain
キーボードの固定やり方は、まず右下のキーボードアイコンを長押しします。
f:id:rick1208:20200712010042p:plain
キーボードアイコンを長押しすると「固定」「分割」という2つのボタンが出てくるので「固定」を選びます。すると、キーボードは通常と同じ画面下部の位置に固定されるはずです。

キーボードの固定解除やり方

f:id:rick1208:20200712001759p:plain
続いてキーボードがiPadの画面下部の位置にある状態から、上下の好きな位置に移動させる為に必要な固定解除のやり方を解説します。
f:id:rick1208:20200712010202p:plain
固定の時のやり方と同様に、右下のキーボードアイコンを長押しします。
f:id:rick1208:20200712010211p:plain
今度は、「固定解除」「分割」という2つのボタンが出てくるので「固定解除」を選びます。これで、iPadのキーボードを上下の好きな位置に移動可能なようになりました。

キーボードを分割、移動する方法

f:id:rick1208:20200711231402p:plain
ここまで、iPadの画面上のキーボードを移動させるための「固定」「固定解除」のやり方について説明してきました。その中で出てきた「分割」というボタン。「分割」を選ぶとどうなるのと思いますか?

キーボードの分割やり方

f:id:rick1208:20200712010226p:plain
先ほどと同じく、キーボードアイコンを長押ししたら「分割」を選びます。
f:id:rick1208:20200712010237p:plain
すると、キーボードが左右に分割されました。iPadは両手で持つことが多いと思いますので、分割された後の位置で左右の指でそれぞれ記入可能なということですね。

分割キーボードの結合やり方

f:id:rick1208:20200712010400p:plain
分割したキーボードを元に戻したい時は、これまでと同様にキーボードアイコンを長押しし「結合」を選びます。

分割するメリットは?

f:id:rick1208:20200712010409p:plain
iPadのキーボードを分割する最大のメリットは日本語かな記入時にフリック記入が可能なことです。また、左手の位置には言語の切り替えボタンがあるのでiPadの作業効率が格段に上がるかもしれません。

設定するときのコツは?

分割したキーボードをiPad画面の1番下の位置に設置しようとしても、下の方に来ると自動的に結合されてしまいうまくできない場合があります。そこで、ちょっとしたコツが必要なので解説します。
f:id:rick1208:20200712010941p:plain
まず、iPadのキーボードは結合した状態で下の方ギリギリまで下げます。
f:id:rick1208:20200712011224p:plain
次にキーボードアイコンを長押しして「分割」を選びます。
f:id:rick1208:20200712011232p:plain
そうすると、iPadの画面下の位置でキーボードが分割されます。分割して使用する場合は、どうしても下にちょっとの隙間が空いてしまうようです。

キーボードの移動やり方

f:id:rick1208:20200712011238p:plain
iPadのキーボードを好きな位置に移動させるには、キーボードアイコンを押しながら上下に動かします。長く押しすぎると「固定」「固定解除」などボタンが出てきてしまうので注意が必要です。分割されているキーボードも同様に移動させます。

位置を元に戻すやり方

f:id:rick1208:20200712011300p:plain
上下の好きな位置に移動させたキーボードを元の位置(iPad画面下部)に戻すやり方です。キーボードアイコンを長押しして出てくる「固定」を押すとiPad画面下部の元の位置に戻ります。キーボードが分割されている場合は「固定して分割解除」を選びます。

キーボードを分割、移動できないときの対処法

f:id:rick1208:20200711231245p:plain
ここまで解説したやり方でキーボードの分割や移動ができない時の対処法です。基本的には、分割や移動ができないときは、キーボードの設定が正しくないためだと思われます。

設定の変更やり方

f:id:rick1208:20200712011316p:plain

iPadの設定の画面へ行き、「一般」を選択後「キーボードを分割」という項目がONになっているかチェックします。ここでONになっていれば問題はありません。
f:id:rick1208:20200712011324p:plain
合わせて、フリック記入をしたい人はキーボードに表示される言語に「日本語-かな」が入っているかもチェックしてみてください。iPadの設定から一般→キーボードと選びチェックすることが可能です。

以上、ここではiPadのキーボードの位置を変更し固定する方法や解除方法、それらがうまくいかない時の対処法について説明してきました。iPadのキーボードは使いづらいという方も多くいますが、フリック記入が可能なようになればまた変わりそうですね。

それでもiPadのキーボードが使いづらいという人は、外付けのキーボードも検討してみても良いかもしれません。