漫画の地球儀

Google Playの自動更新『アップデート』をしない設定方法【Android、メリット、デメリット、アプリ】

スポンサーリンク

Google Playの自動更新(アップデート)を使うメリット

f:id:rick1208:20200711055653p:plain
Androidに入っているGoogle Playの設定には、自動更新(アップデート)をすることが可能です。自動更新(アップデート)をすることにより、Google Playでダウンロードしたアプリが自動的にアップデートします。手動で更新を行う必要がなくなるのです。

Google Playの自動更新(アップデート)を設定で指定していると、勝手にアプリが自動更新(アップデート)してしまうため、スマートフォンを放置しているときやネットを見ているときなどにバックグラウンドで更新処理をすることになります。

Google Playの自動更新(アップデート)の設定を指定していると、実はメリットがたくさんあります。自動更新(アップデート)をしない理由はありませんので、そのメリットは説明していきます。

アプリが常に最新の状態

f:id:rick1208:20200710224515p:plain
Google Playにダウンロードしたアプリが自動更新(アップデート)により常に最新のバージョンを保つようになります。Google Playに大量にアプリを入れているひとは、いちいち更新(アップデート)を操作しなければなりませんので、自動更新はとても便利です。

自動更新(アップデート)をしないとたとえば、Google Playでダウンロードしたゲームを起動しようとしたら「アプリのアップデートをしてください」という画面が表示されます。このように、更新する手順を踏んでゲームを再開することになります。

Google Playの自動更新(アップデート)をしておけば、アプリを起動してこういう面倒な表示をしなくてよくなります。自動更新(アップデート)を設定して、Google Playにあるアプリを常に最新の状態にしておきましょう。

アップデートのかけ忘れ防止

f:id:rick1208:20200710224536p:plain
もしかしたらご自身の、Google Playにダウンロードしたアプリでアップデートをしていないものがあるかもしれませんよ?自動更新(アップデート)を起動してに設定していないと、こういったアップデート(更新)のかけ忘れに気づきづらいです。

普段使わないアプリなんかは、Google Playの奥底に眠っているかもしれません。このようなアプリはアップデート(更新)をしていない可能性がとても高くなります。いざそのアプリを起動しようとしても起動できない原因になります。

ですので、Google Playの自動更新(アップデート)の設定をしておくことをおススメします。

Google Playの自動更新(アップデート)のデメリット

f:id:rick1208:20200710221947p:plain
Google Playの自動更新(アップデート)をオンに指定しておけば、常に最新のバージョンになり、アプリが起動できない問題も無くなり安心して使うことが可能です。しかしもちろんGoogle Playの自動更新(アップデート)はデメリットもあります。

勝手に自動更新(アップデート)するのだから、時には不便なこともありそうですね。では、Google Playの自動更新(アップデート)のデメリットを説明していきますので、見ていきましょう。

充電の減りが早くなる

f:id:rick1208:20200710221903p:plain
Google Playの自動更新(アップデート)を設定していると、スマートフォンの充電の減りが普段より早くなります。バックグラウンドでいつもアプリの更新がないか処理をし続けていますので、当然スマートフォンの電池の減りが早くなるのです。

スマートフォンの電池があまりにも消費するのが早い場合は、Google Playの自動更新(アップデート)をしないに設定してみるなど対策をしていきましょう。Google Playの自動更新(アップデート)をしない方法は後程解説させていただきます。

データ通信量が勝手に増える

f:id:rick1208:20200711055744p:plain
Google Playの自動更新(アップデート)を設定していると、自動更新機能がいつもバックグラウンドで働いているため、データ通信量が勝手に多くなってしまいます。勝手に自動更新(アップデート)をしてしまいますので、データ通信量も必然的に多くなってしまいます。

データ通信量を気にするひとは、Google Playの自動更新(アップデート)をWi-Fi接続時のみ設定をしておけば、データ通信量がかかることなく自動更新(アップデート)をしてくれます。Wi-Fi接続時のみの設定方法も後程説明していきたいと思います。

Google Playの自動更新(アップデート)をオフ、しないようにする

f:id:rick1208:20200710221735p:plain

場合によっては、Google Playの自動更新(アップデート)が邪魔になったりしてしまうことがあります。勝手になってしまうと、困ることがあるはずです。

そのGoogle Playの自動更新(アップデート)をオフに指定してみるといいと思います。そのオフに指定する方法を説明していきます。

Playストアアプリの設定を開く

f:id:rick1208:20200711055824p:plain
実ときに、Google Playの自動更新(アップデート)をオフ、しないようにする操作を行ってみましょう。まず最初はandroidのホーム画面から「Playストアアプリ」を押していきます。
f:id:rick1208:20200711055807p:plain
Google Playに入りましたら、左上の「三本線」を押してください。三本線とは、Google Playのメニューボタンのことです。
f:id:rick1208:20200711060035p:plain
Google Playのメニューから「設定」を押して進んでいきます。

設定画面での操作手順

f:id:rick1208:20200711060046p:plain
Google Playの設定から「アプリの自動更新」を押していきます。
f:id:rick1208:20200711060052p:plain
アプリの自動更新から「アプリの自動更新をしない」をタッチすれば、Google Playの自動更新(アップデート)をオフに指定可能です。これで勝手にアップデートされる心配は無くなりました。

Google Playの自動更新(アップデート)をWi-Fi接続時のみにする

f:id:rick1208:20200710221703p:plain

Wi-Fiに接続したときに限り、Google Playの自動更新(アップデート)をすると、データ通信量を節約することが可能です。またWi-Fiに接続時のみなので、自動更新(アップデート)といってもアップデートする時間範囲が分かります。

それでは、自動更新(アップデート)をWi-Fi接続時のみにする方法を説明していきます。

Playストアアプリの設定を開く

f:id:rick1208:20200711060847p:plain
実ときに、Google Playの自動更新(アップデート)をWi-Fi接続時のみにする操作を行ってみましょう。androidのホーム画面から「設定」を押してください。

設定画面での操作手順

f:id:rick1208:20200711060857p:plain
Google Playのアプリの自動更新の画面で、Wi-Fi接続時のみに指定が可能です。アプリの自動更新画面を開く手順は、Google Playの自動更新(アップデート)をオフ、しないようにするの方に画像付きで一つ一つ説明してますので、見てください。

アプリの自動更新を開いたら「Wi-Fi経由のみ」を押してください。これでWi-Fi接続時のみに可能です。

指定のアプリだけ自動アップデートを有効にできない?

f:id:rick1208:20200710221608p:plain
Google Playのアプリの自動更新をすると、すべてのアプリがアップデートしてしまいますのでとても時間がかかってしまいます。

特定のアプリだけ自動アップデートを有効にできないの?と思ったことはありませんか?できないのか?という疑問に、ついて説明していきます。

アプリごとに更新設定を変更することは可能

f:id:rick1208:20200711060934p:plain
Google Playでダウンロードした各アプリごとに、更新設定を変更することは可能です。できないことは無いのですが、少々設定が必要になります。

一旦全部のアプリの更新を無効にする

f:id:rick1208:20200710221542p:plain
各アプリの更新設定をそのまま変更しても、更新設定を変更することはできないようになっています。Google Playの設定から1回、全部のアプリの更新を無効にする必要があります。

一旦Google Playの自動更新(アップデート)をオフにするで解説した手順を行って下さい。

アプリ個別で更新の設定をする

f:id:rick1208:20200711060949p:plain
それでは、アプリ個別で更新の設定をしていきます。Google Playから「マイアプリ&ゲーム」を押します。
f:id:rick1208:20200711060958p:plain
ダウンロード済みのアプリから、自動アップデートを有効にしたいアプリを押してください。

アプリの詳細画面になります。ここで右上の「三本線」を押していきます。

そこから「自動更新の有効化」をタッチすると、アプリごとに更新設定を変更することができました。