漫画の地球儀

iCloudストレージのダウングレード方法!【iPhone、iPad、Windows、プラン変更方法、Mac】

スポンサーリンク

iPhoneiPadiCloudストレージをダウングレードする方法

f:id:rick1208:20200710224536p:plain
無料で使えるiCloudのストレージの容量は、はわずか5GBですので、iPhoneiPadiCloudのストレージプランをアップデートしたひとも多いのではないと思いますか?しかしiCloudのプランを元に戻したいということがあるかもしれません。

そのようなストレージプランを変更することは、iCloudのダウングレードオプションの設定から行うことが可能なのです。ダウングレードとはアップグレードの反対で今のアップデートしたものを下げることを言います。

それでは、iPhoneiPadで、iCloudのストレージプランを変更する方法を、さっそくご説明していきます。

ダウングレードの手順

f:id:rick1208:20200710224515p:plain
iPhoneiPadで、iCloudのストレージプランを変更する場合にダウングレードしていきましょう。そのダウングレード手順は、iPhoneiPadと共に同様な操作で設定可能ですので、とても簡単にストレージプランを変更することが可能です。

そのダウングレードの手順を一つ一つ見ていきましょう。

まず最初は、iPhoneiPadのホーム画面から「設定」を押して開いてください。
f:id:rick1208:20200711054629p:plain
iPhoneiPadの設定画面が開きますので、Apple IDを押していきます。画像では、Apple IDを消していますが、ご自身の画面ではあなたのApple IDが表示されていますので、チェックして押していきましょう。
f:id:rick1208:20200711055133p:plain
Apple ID画面から「iCloud」を押して進んでいきます。

iCloudの設定画面から「ストレージ管理」をさらに押していきます。

ストレージ管理の設定画面から「ストレージプランを変更」を押して進んでいきます。

プランの変更画面から「ダウングレードオプション」を押してください。

そうすると、Apple IDが表示されますのでパスワードを記入してください。記入をしないとダウングレードすることは可能でせんので気を付けてください。
f:id:rick1208:20200711055157p:plain
現在のアップデートしている、iCloudストレージのプランを無料プランなどを選び、ダウングレードしてください。これで、iPhoneiPadからiCloudストレージのプランをダウングレードすることが可能です。

MaciCloudストレージをダウングレードする方法

f:id:rick1208:20200710222018p:plain

Mac OSを使用しているひとも、iCloudのストレージプランをダウングレードしたいと思うことがあると思います。iPhoneiPadと同様に、ストレージ管理やパスワード記入など同様な操作でプランを変更可能なのか気になりますよね?

それでは、Mac OSからiCloudのストレージプランをダウングレードしていきましょう。

ダウングレード手順

f:id:rick1208:20200710221947p:plain

Mac OSiPhoneiPadで行った、iCloudのストレージプランをダウングレードする方法とほぼ同様な操作で設定やプランを変更をすることが可能です。しかしパソコンの画面からなので、ストレージ管理のボタン配置など選択する部分が異なります。

そうやって選びて進んでいくことが多少異なりますので、Mac OSでもダウングレード手順を説明していきたいと思います。

まず最初は、Mac OSのメニューバーから「システム環境設定」を開いてください。するとシステム環境設定の画面になります。そこから「iCloud」を見つけて押して進んでいきます。

iCloudの画面になります。ここから右下にある「管理」を押していきましょう。管理が選択できない場合は、iCloudのサインインする必要があります。Apple IDを所持していない場合は、Apple IDを作っておきましょう。

そうすると、ストレージの管理画面が表示されます。この画面では、iCloudの使用容量をチェックすることが可能です。そして「ストレージプランの変更」を押していきます。
f:id:rick1208:20200711055233p:plain
iCloudストレージのアップグレード画面になり、現在のプランがチェック可能です。そこから「ダウングレードオプション」を押しましょう。

ダウングレードオプションをクリックすると、Apple IDが表示されパスワードを記入してくださいと表示されます。ここでパスワードを記入してください。終わりましたら「管理」を押して進んでいきます。
f:id:rick1208:20200711055250p:plain
ダウングレードオプションの画面に戻り、現在のプランからダウングレードの選択をしてプランを選びましょう。プランの変更を選びましたら「終了」を押します。

これで、Mac OSからiCloudのストレージプランをダウングレードする方法はすべて終了しました。

WindowsiCloudストレージをダウングレードする方法

f:id:rick1208:20200710221921p:plain
最後にWindows パソコンを使用しているひとに向けて、iCloudストレージをダウングレードする方法を説明させていただきます。Windows パソコンを使用しているひとがiCloudを使用するには、条件が必要となってきます。これは他の端末にはない条件です。

それは、iCloud コントロールパネルをWindowsにダウンロードしなくてはなりません。まず最初は、iCloudストレージをダウングレードする前に、iCloud コントロールパネルをWindowsにダウンロードしておきましょう。

ダウングレード手順

f:id:rick1208:20200710221903p:plain
Windows パソコンからもMac OSもやPhoneと同様に、ストレージ管理などの画面から行うことが可能です。ダウングレード手順は基本的に同じですが、Windowsの操作方法が多少異なりますので、説明していきたいと思います。

Windowsの下にある、タスクバーから右の方にある「△」ボタンを押します。そこから「iCloud」を押して起動します。

iCloudが起動しましたら「保存容量」を押して進んでいきます。

保存容量の画面から「ストレージプラン」を押してください。

ストレージプランの画面から「ダウングレードオプション」を押します。
f:id:rick1208:20200711055325p:plain
ストレージ管理からダウングレードオプションをクリックすると、パスワードを記入画面になりますので記入して「管理」を押していきます。
f:id:rick1208:20200711055334p:plain
ダウングレードするプランを選びてください。無料などにダウングレードしましょう。これでWindows パソコンから、iCloudストレージをダウングレードする方法でした。

iCloudストレージのダウングレードができない時の対処法

f:id:rick1208:20200710221735p:plain
iCloudストレージのダウングレードがストレージ管理など操作をきとんと行っているのに、ダウングレードできないことがあるかもしれません。そのような問題はどういったことがあるのか原因を探っていきましょう。

ダウングレードは適用されて表示が異なる場合がある

f:id:rick1208:20200710221703p:plain
もしかしたら、iCloudストレージのダウングレードは成功しているけれど、何かしらの問題で表示がきちんとできていない場合があるのかもしれません。ダウングレードは正常に行っているけど、画面の表示がおかしいだけの場合があります。

その場合は、時間をおいてみる。あるいは端末の再起動やキャッシュの消去をしてみるなど行いましょう。

不明な場合はサポートに電話する

f:id:rick1208:20200710221637p:plain

まとめ

f:id:rick1208:20200710221530p:plain
どのようにしても、iCloudストレージのダウングレードが不可能になった場合は他のひとに頼ってみましょう。たとえば詳しい友人などに1回話してみるなどもいいと思います。しかし専門知識が必要ですので、その場合は専門のひとに頼ん可能と思います。

そんな頼りがいのあるひとが大勢いるのが、Apple サポートです。Apple サポートはiCloudの担当のひとがいますので、電話をして詳しく聞いてみるのをおススメします。

電話、チャット、メールで相談が可能ですので、iCloudストレージのダウングレードができない理由を詳しく説明してください。