漫画の地球儀

Windows Liveメールの文字化けを直す方法!【Windows10、pc、エンコード、コマンドプロント】

スポンサーリンク

Windows Liveメールで文字化けする原因

f:id:rick1208:20200706134202p:plain
まず最初は、Windows10におけるWindows Liveメールで文字化けする原因を以下の3つ解説します。

文字コードの影響
システムファイルが破損している
環境依存文字を使用している

文字コードの影響

f:id:rick1208:20200706134011p:plain

メールを受信する側のパソコンが「UTF-8」を変換できない設定になっている場合、文字の表示が通常通りにできず、文字化けになることがあります。

システムファイルが破損している

f:id:rick1208:20200706132750p:plain
また、Windows10のWindows Liveメールで文字化けするときに、システムファイルが破損している可能性があると思います。

環境依存文字を使用している

f:id:rick1208:20200706131240p:plain

Windows Liveメールで文字化けしてしまうのは、環境依存文字を利用していることが原因である可能性もあります。

エンコード

f:id:rick1208:20200706130120p:plain
次は、Windows Liveメールの文字化けを直す方法をエンコードに着目して解説します。

エンコードを変更する手順

f:id:rick1208:20200706125518p:plain
エンコードを変更する手順は以下の2つです。

Windows Liveメールを開く
エンコード」→「日本語 (自動選択)」を選択

Windows Liveメールを開く

f:id:rick1208:20200706141819p:plain
まず最初は、Windows Liveメールを開き、文字化けしているメールを選びてください。

エンコード」 →「日本語 (自動選択)」を選択

f:id:rick1208:20200706141836p:plain
Windows Liveメールを開いて文字化けしているメールを選びたら、「エンコード」を押しましょう。
f:id:rick1208:20200706141844p:plain
続いて「エンコード」を押したら、日本語 (自動選択)を選びます。以上で終了です。

コマンドプロント

f:id:rick1208:20200706125122p:plain

続いて解説するのは、コマンドプロントにおけるWindows Liveメールの文字化けを直す方法です。

コマンドプロントから直す手順

f:id:rick1208:20200706120354p:plain
コマンドプロントから直す手順は以下の4つです。

全部のアプリを終了させる
コマンドプロントを管理者権限で起動する
コマンドを記入し実行する
Windows Liveメールを起動してチェックする


コマンドプロントから直すには、まず全部のアプリを終了させなければなりません。

全部のアプリを終了させたら、次にコマンドプロントを管理者権限で起動させてください。

そして、コマンドプロントを管理者権限で起動したら、コマンドを記入して実行していきます。

コマンドを記入して実行したら、最後にWindows Liveメールを起動して文字化けが修正されていることをチェックして終了です。

環境依存文字

f:id:rick1208:20200706121341p:plain
最後に解説するのは、環境依存文字におけるWindows Liveメールの文字化けを直す方法です。

送信者に環境依存文字を使用してないか問い合わせる

f:id:rick1208:20200706112942p:plain
最後の手段として、文字化けしてしまったメールを送信した相手に、環境依存文字を使用してないかチェックしてください。

そもそも、環境依存文字とはパソコンの種類あるいは環境に依存して、異なる環境で出したときに、文字化けもしくは機器の故障を引き起こす可能性がある文字のことです。

まとめ

f:id:rick1208:20200705201018p:plain
はじめに、Windows Liveメールで文字化けする原因を3つ解説しました。

それから、Windows Liveメールの文字化けを直す方法を3種類説明しています。エンコード・コマンドプロント・環境依存文字の3つです。

上記のとおり、Windows Liveメールの文字化けを直す方法はいくつかあるので、ぜひ参考にしてみてください。