漫画の地球儀

削除したファイルを『シャドウコピー』で復元する方法!【Windows10、pc、複製、OS、ックアップ】

スポンサーリンク

シャドウコピー

f:id:rick1208:20200706132750p:plain
Windows10に搭載されているシャドウコピーについてご解説します。Windows10に搭載されているシャドウコピーは無料で使用できとても便利な機能ですのでぜひマスターしてください。

Windows10ではシャドウコピーのほかバックアップ機能も多く搭載されていますので、安心してWindows10を使いたい場合やWindows10の信頼性を高めたい人は複数のWindows10のバックアップ機能を合わせて使用しましょう。

Windows10のシャドウコピーはVSSと呼ばれるWindows10のサービスによって作成されます。Windows10のサービスによって作成されたWindows10のシャドウコピーは、通常利用しているWindows10のみで作成可能です。

よって、利用しているWindows10で作成したシャドウコピーを他のWindows10コンピュータなどで使用したいときははじめに、利用しているWindows10で復元したファイルを使用する他ありません。

OSの記憶装置管理機能

f:id:rick1208:20200706131240p:plain
Windows10に搭載されているシャドウコピーとはOSの記憶装置管理機能の一つです。消去したり上書きしてしまったファイルを以前のバージョンを復元と称して復元ポイントから復元可能な機能です。

なので、ファイルを誤消去や上書きしてしまったときにとても有効な機能となります。ぜひWindows10に搭載されているシャドウコピー機能を無効のままにするのではなく有効にして、ファイルの誤消去や上書きに備えましょう。

Windows10に搭載されているシャドウコピーは特定の時点におけるファイルの複製を自動的に作成し専用の領域に保管する機能です。これによりファイルを消去したり上書きしてしまっても以前のバージョンを復元から復元コツを利用して復元可能です。

シャドウコピーの保存可能な数は?

f:id:rick1208:20200706130120p:plain
Windows10のシャドウコピーで保存可能なデータの数はシャドウコピー用の領域として確保している容量に依存します。シャドウコピーを有効にしてもシャドウコピーに割り当てる領域をあまりにも小さくしていると無効にしているのと変わりません。

シャドウコピーを多く保存したい場合はその分多く領域を確保すればよいのですが、そうするとシャドウコピーでストレージ圧迫してしまいますので、シャドウコピーのために確保する容量はよく考えて設定しましょう。

シャドウコピーを設定する方法

f:id:rick1208:20200706125518p:plain
Windows10でシャドウコピーを有効にする方法をご解説します。Windows10ではシャドウコピーはデフォルトで無効になっているため、Windows10でシャドウコピーを使用したい場合はシャドウコピーを有効にしておく必要があります。

前述の通り、シャドウコピーはWindows10ではデフォルトでは無効になっています。なのでWindows10を安心して使いたい場合はWindows10のシャドウコピー機能を使用することをおススメします。

システム復元ポイントの使用

f:id:rick1208:20200706125122p:plain
シャドウコピーとは異なりますが、システムの復元ポイントも概念的には同じですのでご解説します。システムの復元ポイントは、Windowsの重要なファイルを復元ポイントとして保存しておき、何かしらの問題が起きたときにその復元ポイントから復元します。

復元コツはシステムの復元で戻すことの可能な、復元ポイントをとった時点のシステムの状態のスナップショットのようなイメージです。以前の復元コツに戻すとその復元コツの状態に上書きされて復元コツ以降の変更は失われます。

復元ポイントの作成方法

コントロールパネルを開きますが、Windows10でははじめにスタートボタンを押します。

コントロールパネルを開きます。
f:id:rick1208:20200706133040p:plain
システムとセキュリティを選びます。
f:id:rick1208:20200706133104p:plain
システムを選びます。
f:id:rick1208:20200706133226p:plain
システムの保護を選びます。
f:id:rick1208:20200706133235p:plain
構成を押します。ここでCドライブを選択すると一般的にWindows10がダウンロードされているドライブになります。
f:id:rick1208:20200706133243p:plain
システムの保護を有効にする、無効にするの部分をチェックしてください。デフォルトで無効になっています。
f:id:rick1208:20200706133252p:plain
システムの保護を有効にするを選びます。
f:id:rick1208:20200706133258p:plain
システムの保護に使用する容量を選びます。
f:id:rick1208:20200706133307p:plain
復元ポイントの作成を行います。
f:id:rick1208:20200706133323p:plain
復元ポイントの名前を指定します。後から復元ポイントが多くなり目的の復元ポイントが見つからないという事態にならないようにしましょう。
f:id:rick1208:20200706133350p:plain
後からでも見つからないという状況にならない名前をつけたら復元コツの作成が始まります。
f:id:rick1208:20200706133431p:plain
復元ポイントが完成します。必ず名前指定のときには見つからないということにならないよう分かりやすい名前をつけましょう。

タスクのスケジュールの使用

f:id:rick1208:20200706112942p:plain

Windows10でシャドウコピーを無効から有効にしたときにシャドウコピーを作成する時間を管理するにはWindows10のタスクスケジューラを使います。Windows10でタスクスケジューラを使えば色々な処理を自動化可能です。

シャドウコピーの設定が有効、無効をチェックする方法

f:id:rick1208:20200706112927p:plain
シャドウコピーの設定が有効、無効をチェックするにははじめにスタートボタンを押します。

コントロールパネルを開きます。
f:id:rick1208:20200706133543p:plain
システムとセキュリティを開きます。
f:id:rick1208:20200706133551p:plain
システムを選びます。見つからない場合はスクロールしてください。
f:id:rick1208:20200706133600p:plain
システムの保護を選びます。
f:id:rick1208:20200706133607p:plain
シャドウコピーを使用するドライブを選びます。
f:id:rick1208:20200706133616p:plain
無効になっているか否かをチェックします。
f:id:rick1208:20200706133624p:plain
無効になっていた場合は有効にして容量を設定します。
f:id:rick1208:20200706133632p:plain
Windows10のシャドウコピーが有効になります。

じっさいのファイルでチェック

f:id:rick1208:20200706133710p:plain
サンプルとしてテキストファイルを用意しました。サンプルは初期で1行のみテキストを書き込んでいます。
f:id:rick1208:20200706133845p:plain
復元ポイントの作成を行った後に、スクリーンショットのように2行の文章に編集して上書きします。ここではこのファイルを、以前のバージョンを復元から元の1行に復元します。
f:id:rick1208:20200706133905p:plain
以前のバージョンを復元したいファイルを右押してプロパティを開き、以前のバージョンを復元を開きます。するとファイルのバージョンから、編集前の以前のバージョンを復元することが可能です。

消去したファイルをシャドウコピーで復元する方法

f:id:rick1208:20200706134011p:plain
消去したファイルをシャドウコピーの以前のバージョンを復元を使用して復元する方法をご解説します。シャドウコピーを有効にしておかないと、以前のバージョンを復元する方法が使用できないので、以前のバージョンを復元したい人は有効にしましょう。

シャドウコピー利用してファイルを復元する手順

f:id:rick1208:20200706121341p:plain
シャドウコピーを利用してファイルを復元する方法をご解説いたします。

エクスプローラーで消去したファイルの前の階層のディレクトリを右押します。見つからない場合は検索などを使用してください。見つからない場合はクイックアクセスに表示されている場合もあります。

エクスプローラーで消去したファイルの前の階層のディレクトリを右押したら、以前のバージョンを復元を選びます。

エクスプローラーで消去したファイルの前の階層のディレクトリを右押して以前のバージョンを復元を選択すると、復元可能な日付や復元コツ名が表示可能なので、復元したい消去したファイルの復元コツを選びて復元します。

復元したい消去したファイルの復元コツがエクスプローラーで見つからない場合は、日付をチェックしましょう。消去する前の日付がわかっていて、その日付がファイルを作成したあとで、消去する前の日付であれば消去したファイルが復元可能なはずです。

シャドウコピーの復元コツが見つからない場合の対処法

f:id:rick1208:20200705214756p:plain
日付などをチェックしてもシャドウコピーの復元コツが見つからない場合は、最終手段として外部ソフトであるシャドウエクスプローラーを使用します。

シャドウエクスプローラー通常アクセスできないWindows10が保存しているシャドウコピーに直接アクセス可能なソフトですので、万が一ランサムウェアなどでファイルが失われた場合も、シャドウコピーに残っている可能性があります。

シャドウエクスプローラーを使用する

f:id:rick1208:20200706134202p:plain
シャドウエクスプローラーはWindows10のVSS(ボリュームシャドウコピーサービス)で作成されたシャドウコピーをエクスプローラーのように日付やタイトル別でチェック・復元可能な便利なソフトです。

ダウンロード

f:id:rick1208:20200705205523p:plain
シャドウエクスプローラーのダウンロードは下記のリンクから行なうことが可能です。シャドウエクスプローラーをダウンロードしたら、シャドウエクスプローラーをイ、ンストールしてシャドウエクスプローラーで復元したいファイルを見つけてください。

ファイルが見つからない場合はやはり日付でソートして見つけると見つかる確率が高くなりますので参考にしてください。
S

起動しファイルを選択する

f:id:rick1208:20200705205105p:plain
シャドウエクスプローラーを起動して、ファイルを見つけて消去してしまったファイルを復元します。シャドウエクスプローラーは通常のエクスプローラーのようにしてシャドウファイルをチェック可能なので目的のファイルが見つかる可能性はかなり高いと思います。

シャドウコピーの保存容量をWindows10でかなり多めに確保していた場合は時間がかかるかもしれませんが、大事なファイルのために根気強く探しましょう。

動作しない場合は復元ソフトを使用

利用しているWindows10でシャドウエクスプローラーが動作しない場合や日付でソートするなどしてもファイルが見つからない場合はファイル復元ソフトをお試しください。Windows10で動くファイル復元ソフトは沢山発売されています。