漫画の地球儀

デスクトップアイコンが勝手に移動する原因、対策法、解決方法!【Windows10、pc、自動配列機能】

スポンサーリンク

デスクトップアイコンが勝手に移動してしまう問題

f:id:rick1208:20200706130120p:plain
まれに起こる、Windows10でパソコンを使用しているとデスクトップのアイコンが勝手に移動するという問題があるそうです。なぜこのような原因がおこるのと思いますか?また、対処法があるのか気になりますよね。

そこでここではWindows10のデスクトップのアイコンが勝手に移動する問題についてまとめてみました。

XP時代から存在する

f:id:rick1208:20200706125518p:plain
Windows10のデスクトップのアイコンが勝手に移動するという問題についてここではまとめていきたいと思いますが、なんとデスクトップアイコンがが勝手に動く現象は、Windows10に限った話ではないそうです。どういうことなのと思いますか?

なんと、Windows Updateなどの主にパソコンの設定が大きく変わるタイミングで発生する場合があります。Windows7Vista・XPでも発生していた現象だそうです。要するにWindows10にアップデートしたことから始まったことではありません。

公式の解決方法はほぼない

f:id:rick1208:20200706125122p:plain
Windows10でデスクトップのアイコンが勝手に移動する問題や原因、解決方法をいくつか調べてみました。しかし、Windows10のデスクトップのアイコンの予想外な移動問題に関しては、マイクロソフトのサイトで問題の対策パッチなどはありません。

またデスクトップのアイコンが移動することは英文サイトなども見てみたが見付けられませんでした。もしマイクロソフトが把握していれば、もう既にMS公式の修正プログラムなどが公開されていても不思議ではないのですがそれが無いと言う事です。

要するにWindows10でデスクトップのアイコンが勝手に移動する問題の解決方法としてマイクロソフトとしてはこのデスクトップのアイコン移動症状は、Windowsの問題ではなくて、移動するのは他社のアプリが原因だという立場なのかもしれないのです。

移動場所やタイミングの規則性、法則性がわからない

f:id:rick1208:20200706121341p:plain
Windows10でデスクトップのアイコンが勝手に移動する問題ですが、何かアクションを起こすとデスクトップのアイコンが勝手に移動するということまではわかるのですが、その何か、ということと、また何か規則性があって移動することではないのです。

大半のWindows10のユーザーの人は気づいたら勝手にアイコンが移動されていた。と気づく方が多いのです。例えばWindows Updateをしたら・・・。ということならば何かしら解決策が打てるかもしれません。そうではないのです。

デスクトップのアイコンが勝手に移動するには規則性がないだけあって考えられる原因が少ないのも難しい問題です。

アイコンが勝手に移動する原因

f:id:rick1208:20200706120354p:plain

それではなぜWindows10のデスクトップのアイコンが勝手に移動するということが起きてしまうのと思いますか?ここではWindows10でデスクトップのアイコンが勝手に移動する原因をまとめてみました。

パソコンの起動、再起動

f:id:rick1208:20200706112942p:plain
Windows10でデスクトップのアイコンが勝手に移動する原因として考えられるのは起動や再起動をすると冒頭で解説したデスクトップの特定のアイコンが勝手に移動することがあります。再起動することなどは再現性があるため再起動が原因かもしれません。

特定ソフトの起動、終了時

f:id:rick1208:20200705214756p:plain
Windows10でデスクトップのアイコンが勝手に移動する原因として特定のソフトを起動したり終了したりと操作をすることでデスクトップのアイコンが勝手に移動することもあります。

最新の情報に更新時

f:id:rick1208:20200705205523p:plain
例えば、デスクトップ右クリックメニューで「最新の情報に更新」を実行すると移動します。再現性があり100%移動するという声もあるそうです。

Windows Update

f:id:rick1208:20200705205105p:plain
半年に1回行われるWindows Update。このWindows Updateが原因ということも。Windows Update 1903をダウンロードしたのだが、再び特定のアイコンが勝手に移動する問題が起こり始めました。再現性は100%です。

再起動は行わなくても大丈夫かもしれませんが、Windows Updateは行いたいですよね。ですが、Windows Updateを行うとアイコンが移動する・・・。しかし、快適にパソコンを使用するにはWindows Updateはしたいものです。

ファイル保存時

f:id:rick1208:20200705201018p:plain
Windowsはデスクトップアイコンの配置に弱点があるようで、Word・Excelの2003でデスクトップ上のデータファイルを上書き保存すると、データアイコンが必ず画面左下に移動します。

Windows Updateは必ず行うと同様にファイルの保持も行うものなのででデスクトップのアイコンが移動するのに対処法はあるのと思いますか?

セキュリティソフトの影響

f:id:rick1208:20200705185617p:plain
Windows10でデスクトップのアイコンが勝手に移動する原因としてキヤノンITソリューションズ株式会社が販売。セキュリティソフトのESETと言う製品を使うとアイコンが勝手に移動します。メーカーの公式サイトに対策が書かれているので確実な情報です。

アイコンが移動する時の対処法

f:id:rick1208:20200705151218p:plain
Windows10でデスクトップのアイコンが勝手に移動するという考えられる原因がちょっとわかりました。再起動やWindows Updateは避けられない問題なので何か対処法や解決方法はあるのと思いますか?

そこでここではアイコンが移動する再起動やWindows Updateの対処法になるようなものを探してまとめてみました。

スタートアップ設定をチェックする

f:id:rick1208:20200705150841p:plain
Windows10の高速スタートアップ設定がオンになっていると、アイコン位置を記憶出来ない症状が出たという人もいる。あるいは、セキュリティソフトESETを利用している人でアイコンが移動するのは、このソフトウェアが関係している可能性もあるそうです。

IconCache、dbの再構築

f:id:rick1208:20200705150509p:plain
「IconCache、db」というファイルが、デスクトップアイコンの位置情報を保存しているファイルになります。しかし、このIconCache、dbが破損するなど不具合が起きてしまうと、デスクトップアイコンの位置情報が正常に読み込めないため整列可能でせん。

「IconCache、db」のせいでアイコンの位置がバラバラになる・ずれる、移動するといった症状が発生してしまいます。この場合はIconCache、dbを消去して、再構築し直しましょう。それでは移動に対する再構築する方法を説明します。
f:id:rick1208:20200706130644p:plain
IconCache、dbは隠しファイルなので、まず最初は隠しファイルを表示する設定に変更する必要があります。エクスプローラーを起動したら、ウィンドウ上部の「ファイル」を押して「オプション」を押します。
f:id:rick1208:20200706130655p:plain
フォルダーオプションが表示されたら、「表示」タブを開きます。詳細設定一覧の項目「ファイルとフォルダーの表示」から「隠しファイル、隠しフォルダー、および隠しドライブを表示する」のボタンを押してオンにし、「OK」を選びます。
f:id:rick1208:20200706130844p:plain
続いて、IconCache、dbが保存されているフォルダを開きます。IconCache、dbが保存されているフォルダを開くには「C:\Users\<ユーザー名>\AppData\Local」を開きます。IconCache、dbを消去したら、パソコンを再起動し再構築します。

再起動することで、IconCache、dbの再構築が行われてデスクトップアイコンが固定されるようになります。これでIconCache、dbの再構築をする対処法は以上です。解決したかチェックしましょう。

レジストリの編集

f:id:rick1208:20200705145911p:plain
IconCache、dbの再構築を行ってもデスクトップアイコンが勝手に移動してしまう場合は、レジストリを編集して対処することが可能です。しかし、レジストリの編集を間違えるとパソコンの起動が困難になってしまうので、バックアップを取り行ってください。
f:id:rick1208:20200706131102p:plain
レジストリの編集方法は「Windowsキー+Rキー」の同時押しで「ファイル名を指定して実行」を呼び出したら、「regedit」と記入して「OK」を押しましょう。
f:id:rick1208:20200706131117p:plain
レジストリエディターが起動するので、左側のフォルダツリーから「HKEY_CURRENT_USER」から「Software」にいき「Microsoft」から「Windows」から「Shell」にいき「Bags」の順にフォルダを展開しましょう。
f:id:rick1208:20200706131126p:plain
右クリックメニューの「エクスポート」をクリックすることで、レジストリファイルのエクスポート(バックアップ)を行うことが可能です。分かりやすい場所に保存してバックアップを取ってきましょう。
f:id:rick1208:20200706131143p:plain
続いて、右クリックメニューの「消去」を押しましょう。
f:id:rick1208:20200706131218p:plain
「このキーとそのサブキーをすべて完全に消去しますか?」とチェック画面が表示されるので、「はい」をクリックすればBagsフォルダが消去されます。レジストリの編集が終了したら、パソコンを再起動してみて症状が改善されるかどうかチェックしましょう。

再構築できない場合にはレジストリの編集を試してみて下さい。

デスクトップアイコン移動の対処法の気を付ける点

f:id:rick1208:20200706131240p:plain
Windows10でデスクトップのアイコンが勝手に移動するときに再構築をしたり、色々な対処法や解決方法をご解説しました。しかし、アイコンが移動する対処法や解決方法を行うにあたって注意しなければならないこともあります。

ここではWindows10でデスクトップのアイコンが勝手に移動するときの対処法や解決方法を行うにあたっての気を付ける点を説明します。

レジストリの編集は慎重に

f:id:rick1208:20200705122836p:plain
アイコンが移動する対処法の気を付ける点はレジストリです。レジストリは誤って操作すると二度とパソコンが起動しなくなることがあります。慎重に操作しましょう。

アイコンが増えすぎると発生頻度が上がる可能性

f:id:rick1208:20200705113706p:plain
アイコンの定期的な整理を行い、デスクトップ上のデータファイル・アイコンが増えすぎないようにすると良いと思います。増えすぎるとWindows10でデスクトップのアイコンが勝手に移動する発生頻度が増える可能性があります。

アイコンが消えた時の解決方法

f:id:rick1208:20200705112352p:plain

Windows10でデスクトップのアイコンが勝手に移動するだけではなくアイコンが消えることもしばしあるそうです。解決方法はどのようにしたらいいのと思いますか。ここではWindows10でデスクトップのアイコンが消えたときの解決方法を説明します。

非表示設定を解除する

f:id:rick1208:20200705105300p:plain
デスクトップアイコンが非表示設定になっている為。以下の手順でデスクトップアイコンを表示します。デスクトップの何も表示されていない所で右押してください。「表示」から「デスクトップアイコンの表示」の順に押します。

以上で操作終了となりますので、正常にデスクトップアイコンが表示されているかチェックして下さい。

隠しファイルの設定変更

f:id:rick1208:20200705045124p:plain
全部隠しファイルを表示可能なようにし、対象のファイル、フォルダの隠しファイル設定を無効に変更します。エクスプローラーを開きます。エクスプローラーの「ファイル」を押し、「フォルダーと検索のオプションの変更」を押します。

「表示」タブを押します。「詳細設定」欄に表示されている「隠しファイル、隠しフォルダー、あるいはドライブを表示する」を選び「OK」を押します。これで操作は終了です。

デスクトップアイコンの設定を変更する

f:id:rick1208:20200706131345p:plain

「デスクトップアイコンの設定」の表示設定がオフになっている為です。「デスクトップアイコンの設定」を変更します。「スタート」から「設定」の順番で開きます。「個人用設定」を開きます。左側の欄から「テーマ」を選びます。
f:id:rick1208:20200706131424p:plain
右側表示欄「関連設定」の「デスクトップアイコンの設定」を押します。「デスクトップアイコンの設定」が表示されますので、「デスクトップアイコン」欄からデスクトップに出したいアイコンのチェックボックスにチェックを入れます。

最後に「OK」を押して以上で設定終了となります。デスクトップアイコンが表示されたかチェックしてください。

アイコンを自由に移動させる方法

f:id:rick1208:20200705041930p:plain
Windows10でデスクトップのアイコンが勝手に移動することで解決法として再構築などを説明してきましたが、ここでは自由に移動させることも可能です。ここではWindows10でデスクトップのアイコンを自由に移動する方法を説明します。

グリッド制限をなくして自由に配置可能

f:id:rick1208:20200704214511p:plain
アイコンを等間隔に整列を押しますと、以下のように横方向にアイコンを移動し、均等な間隔で決まったグリッドにアイコンを移動することが可能です。但し、アイコンの自動整列がオフ(OFF)になっているときに可能です。

設定変更方法

f:id:rick1208:20200705041438p:plain
「アイコンの自動整列」とは、デスクトップ上のアイコンを自動的に整列してくれる、Windowsに標準搭載されている機能です。デスクトップにあるアイコンを誤って押して移動してしまわないように、チェックを入れて固定する場合には有効です。
f:id:rick1208:20200706131502p:plain
しかし、この「自動整列」は、チェックが入っているとデスクトップにあるアイコンは固定されてしまうので、アイコンを移動することができなくなってしまいます。よって、誤ってチェックを入れてしまった確率が高いので「自動整列」のチェックを外します。
f:id:rick1208:20200706131511p:plain
パソコンは毎回1から情報を読み込むと、アイコンを表示するのに時間が掛かってしまいます。この問題を解決するので、パソコンは、1回行った作業は自動的にキャッシュファイルを作成し保存します。

再度同じ作業を行うときは、パソコンはまずキャッシュファイルから情報を読み込み、足りない部分に関しては1から情報を読み込みます。この「IconCache」のキャッシュファイルでアイコンが動かなくなってしまったり不具合が起きてしまいます。

よって、不具合の原因となっている「IconCache」のキャッシュファイルを消去した後に、パソコンを再起動します。すると、新しい「IconCache」のキャッシュファイルが作成されるので、「IconCache」を消去することで解決します。

自動配列機能とは?

f:id:rick1208:20200706131539p:plain
自動配列機能とは、デスクトップアイコンを自動で配列操作をしてくれるWindows10の設定なのですが、代わりにデスクトップアイコンが固定され、移動させる事が出来なくなってしまうのです。

Windows10に更新されたときにこの自動配列機能がONにされてしまい、デスクトップアイコンが固定化されていると思われます。Windows10になってからデスクトップアイコンが移動出来なくなったという人は、まず最初は自動配列機能をチェックします。

アイコンが勝手に移動する原因にもなりえる

f:id:rick1208:20200704191942p:plain
実はこれらはWindows10でデスクトップのアイコンが勝手に移動する原因ともなっているのです。なので、自由に動かさないような設定を行っておくことがベストといえると思います。

ここではWindows10でデスクトップのアイコンが勝手に移動するときの対処法などをご解説しましたがいかがでしたか?正直、Windows10でデスクトップのアイコンが勝手に移動する対処法は難しくありません。設定を見直すしかないです。

また、一番難しいであろう方法は再構築をする方法かと思いますが手順に沿って行えば大丈夫かと思います。ぜひ参考にしてください。