漫画の地球儀

「join.me」の使い方!【WEB会議をする方法、デスクトップ共有ツール、Windows、pc、Mac】

スポンサーリンク

join、me

f:id:rick1208:20200710081751p:plain
皆さんjoin、meというサービスがあることをご存知ですか?大半の人は知らないと思いますが、これはちょっとした時に便利なツールとなっています。

なので、本章ではまずjoin、meとは何かについてご説明していこうと思います。

WEB会議などでデスクトップ画面を共有するツール

f:id:rick1208:20200710072819p:plain
join、meとはWEB会議やWER上でmeetingを行う時に使用可能なデスクトップ画面を共有するツールです。簡単に言えば、ビジネス向けの画面共有ツールです。これを利用して、画面共有しながらWEB会議やWEBmeetingをすることが可能です。

そんなjoin、meですが、より具体的に使用するであろう場所についてご説明していこうと思います。次項で解説するものも一例にすぎませんので、各ビジネススタイルにあった使用方法をするのが一番効果的です。

使いどころ

f:id:rick1208:20200710081856p:plain
昨今日本でもサテライトオフィスや地方の重要さが謳われている他、支社を東京以外にいくつも置いている会社が多くなってきました。

そういう会社の場合、会議やmeetingのたびに1箇所に集まって行うというのは時間的にも金銭的にも損失しかありません。そこでWEB上で行えるよう最近は、このjoin、meのようなツールが多くなってきました。

なので、遠方にいる人とWEB会議やWEB上でmeetingするときが、このjoin、meの使いどころとなっています。

似たようなツール

f:id:rick1208:20200710064700p:plain
同様なツールとして一番有名なのはSkypeだと思います。Skypeの画面共有しながら、WEB会議やmeetingに特化したツールというのが、join、meになります。

他にもDiscordなどがありますが、使用目的が大きく異なっているため、WEB会議に使用することなどには向いていません。

ダウンロード不要

f:id:rick1208:20200710064633p:plain
このjoin、meは先ほどからツールと言っています。それはなぜかというと、このjoin、meはダウンロードもダウンロードも不要なためです。なので、このjoin、meはソフトでもアプリでもなくWEB上のサービスということになります。

なのでデクストップ画面を共有するのでに、何かソフトダウンロードするのでにURLを入れて設定して何々の方法をどうなのか調べてという面倒な手間がなくなります。

一応このjoin、meのデスクトップアプリとスマホアプリは存在します。なので、ブラウザ上にあるjoin、meツールをそのまま使うか、アプリを使用するかは各自で判断してください。ここではブラウザ上にあるjoin、meツールをご解説します。
「join、me - 会議をシンプルに実現」をApp Store
join、me - Simple Meetings - Google Play のアプリ

join、meの動作環境

f:id:rick1208:20200710060108p:plain
前章ではjoin、meとはどのようなサービスなのかご説明してきました。join、meとはデスクトップ共有ツールで、ダウンロード・ダウンロード不要だということをご理解頂けたかと思います。

そんなjoin、meがデスクトップ上でダウンロードせずに共有可能にするのでには、何かしらの電子媒体が必要になると思います。本章ではそんなjoin、meの動作環境についてご説明していきたいと思います。

サポートされているブラウザ

f:id:rick1208:20200710060241p:plain
サポートされているブラウザは多いですがGoogle Chromeを使ったほうがいいと思います。対応しているブラウザとして他にもFirefoxやEdge、Safariなどでも動作します。

次項からは、各デバイス毎のページをご説明していきたいと思います。全部同じURLのため、先に掲載したjoin、meのURLからトップページにいくことが可能です。

WindowsMac

f:id:rick1208:20200710082137p:plain
まず始めにWindowsMacでの表示は上図のようになっています。OSは異なっていてもブラウザは同じであるため、WindowsMacは大半変わりません。

なので基本的にはWindowsでもMacでも上図のような画面になると思います。

スマホタブレット

f:id:rick1208:20200710082227p:plain
上図はスマホ版でのjoin、meのトップページとなっています。画面下部にGoogle Playのボタンが存在しますが、おそらくiPhoneだとAppStoreへのボタンが出てくると思います。

他は変わらないと思うので、基本的にはAndroidでもiPhoneでもjoin、meのトップページは上図のような画面になると思います。

join、me freeとproの違い

f:id:rick1208:20200710052418p:plain
前章ではjoin、meのトップページがデバイスによってどう変わるかご説明してきました。これでどのデバイスでも使用可能なと思いますが、メインはデスクトップ共有ツールだということを忘れないようにしてください。

バイスによってもちょっと変わるjoin、meですが、プランによっても異なってきます。このjoin、meにはjoin、me freeとjoin、me proの2つあります。本章ではその違いについてご説明していきたいと思います。

free版で可能なこと

f:id:rick1208:20200710050044p:plain
join、me freeでも可能なこととして、まず標準としてデスクトップの画面共有機能がついています。そこに最大250のクライアントと同時接続することが可能です。

またその接続されているクライアントにコントロールを共有したり、チャットしたり、ファイルの送信を行うこともでき、マルチモニターにすることまで可能となっています。

しかし、iPhoneAndroidはビューアー専用要するにデスクトップの画面を共有・公開する側にはなれないということです。

pro版で可能なこと

f:id:rick1208:20200710044640p:plain
join、me pro版で可能なことは、join、me freeの機能に加えて、個人専用のURLが持てるようになります。なので、join、me、sampleのような固定URLを発行可能なようになります。

またミーティングのスケジューラーやロック機能、ユーザー管理機能、フリーの国とき電話会議の提供などが行えるようになります。このjoin、me pro版は14日間の試用をすることが可能です。

そして、無料版ではできなかったiPhoneAndroid側でも公開する側へなる事が可能なようになります。

join、meでWeb会議に参加する方法

f:id:rick1208:20200709173033p:plain
前章ではjoin、me freeとjoin、me proの違いについてご説明してきました。これで有料版と無料版での違いをご理解頂けたかと思います。

これでjoin、meについては知る事ができたと思いますが、使用方法についてはまだご説明していません。なので本章ではjoin、meでWEB会議を行う方法をご説明していきたいと思います。

本章で説明するのはブラウザ上のjoin、meを利用して行う方法です。ダウンロードしてアプリで行うものではありません。ダウンロードしたアプリで行っていないということを気を付けてご覧ください。

公開する側のパソコンでmeeting codeを取得

f:id:rick1208:20200710082333p:plain
まず公開する側の使用方法ですが、上図のようにホストの開始ボタンを選びてください。するとコードが出現するので、そのコードを会議に参加してほしい人に通知してください。

この時公開する人は、ルームのURLを公開したりする必要はないためスムーズに会議を始められるようになります。

参加する側のパソコンでmeeting codeを記入

f:id:rick1208:20200710082525p:plain
参加する方法ですが、公開されたコードを記入して、ルームに参加します。まず最初は上図のようにJOIN MEETINGというボタンを選びます。
f:id:rick1208:20200710082533p:plain
すると上図のような項目が出てくるので、そこに公開されたコードを記入してください。
f:id:rick1208:20200710082557p:plain
公開されたコードを記入し終わると、右にあるJOINというボタンを選択することで、ルームに参加することが可能です。

皆さんも便利な会議ツールであるjoin、meを是非利用してみてください。