漫画の地球儀

OneDriveにサインインする方法!【Windows10、アカウント作成、フォルダ設定、pc、安全、】

スポンサーリンク

OneDrive

f:id:rick1208:20200710155450p:plain
MicrosoftのWindows10で提供されているサービスには色々なものがありますが、そんな中でもOneDriveという便利なサービスをご存知と思いますか?

OneDriveはWindows10のパソコンからMicrosoftのアカウントでサインインしてログインすれば使えるオンライン上のサービスです。

オンライン上のサービスなので自分自身のWindows10のパソコン以外からでもブラウザが使えれば、どこでもOneDriveにサインインしてログインすることが可能です。

では、MicrosoftのOneDriveとはどういったサービスなのと思いますか?

Microsoftが提供しているクラウドストレージ

f:id:rick1208:20200710140944p:plain
OneDriveとはMicrosoftが提供しているクラウドストレージです。とても便利なサービスですが「クラウドストレージって何?」という方のために簡単に説明すると、ネット上に自分自身の色々なデータを保存可能なものです。

どんなパソコンにもストレージというものがあります。パソコンのストレージはデータを保存する場所なので、利用しているパソコンのストレージが増えれば自然とパソコンの容量も増え、動作が重くなってきます。

今まではパソコンにデータを保存することが多かったので、パソコンに外付けHDDなどを追加してパソコンのパフォーマンスの低下を防いだりしていました。

ですが、MicrosoftのOneDriveにサインインしてログインすると、今までパソコンに保存していたデータをネット上に保存、管理をすることが可能なようになります。

iCloudやGoogleDriveといったサービスもMicrosoftのOneDriveと同じクラウドストレージのひとつです。ネット上に色々なデータを保存、管理することが可能なので利用しているパソコンの容量を増やすことなく、パソコン動作は軽いままデータのやり取りを行えます。

また、ネット上でデータを管理するので、Microsoftのアカウントでサインインしてログインできれば利用しているスマホのデータなどもOneDriveに保存することが可能です。

MicrosoftのOneDriveは安全なのか?

f:id:rick1208:20200710130432p:plain
では、ネット上にパソコンなどのデータを保存して大丈夫なのと思いますか?こういった不安は誰にでもあると思います。マイクロソフトのOneDriveはサインインしてログインするのに2段階認証を設定することも可能です。

2段階認証を設定すればMicrosoftのアカウントのメールアドレスやパスワードが万が一漏洩しても安心です。また、OneDriveに保存したデータはMicrosoftが管理するデータセンターに保存されるので、データ盗まれたり、データが破損したりする心配は大半ありません。

こうした大きな安心感があるのもMicrosoftのOneDriveならではかもしれません。

データの保存容量も大きい

f:id:rick1208:20200710081856p:plain
MicrosoftのOneDriveにサインインしてログインすると、色々なデータを保存可能なようになりますが、そのようなデータの保存容量は5GBです。

これは大体写真であれば1700枚に相当する容量の大きさです。5GBの容量を無料で使えるのはなかなか嬉しいサービスです。

また、MicrosoftのOfficePremiumという有料プランであれば、最大1TBまでデータを保存することが可能なようになります。1TBを写真データで保存すると大体35万枚です。

それではここからMicrosoftのOneDriveをWindows10で使う方法をご説明していきたいと思います。OneDriveを使おうとお考えの人は参考にしてみてください。

OneDriveにサインインする方法「アカウント作成」

f:id:rick1208:20200710072819p:plain
MicrosoftのOneDriveを使用するにはアカウントを作ってからサインインしてログインする必要があります。ネット上にデータを保存、管理しているのでどうしてもサインインするアカウントが必要になるわけです。

それではまずWindows10でMicrosoftのOneDriveにサインインしてログインするのでのアカウントの作成方法をご説明していきたいと思います。

Microsoftアカウントの作成手順

f:id:rick1208:20200710064700p:plain
まずOneDriveにサインインするのでにはMicrosoftのアカウントを作成する必要があります。なので、以下のリンクから利用しているパソコンでアクセスして新規登録をしていきましょう。


すると、以下のような画面が表示されるので「無料で新規登録」と書かれた項目を押します。
f:id:rick1208:20200710161809p:plain
すると、Microsoftアカウントの新規登録画面が表示されるので、「Microsoftアカウントを作成する」と書かれた項目を押します。
f:id:rick1208:20200710161928p:plain
Microsoftアカウントの作成画面を開くとまず最初にメールアドレスを記入する画面が表示されます。利用しているメールアドレスを記入しましょう。

ちなみにメールアドレスではなく、電話番号での登録も可能です。ここではメールアドレスを利用してアカウント登録の解説をしていきます。
f:id:rick1208:20200710163226p:plain
メールアドレスを記入したあとはパスワードを決めます。パスワードはなるべく他で利用しているパスワード以外を設定するようにしましょう。

パスワードを使いまわしていると、不正ログインの原因にもつながります。また、Microsoftのアカウントに登録するメールアドレスはGmailYahoo!メールなどのフリーメールアドレスで大丈夫です。
f:id:rick1208:20200710163234p:plain
メールアドレスとパスワードを記入したら先ほどアカウントに登録したメールアドレスにチェックメールが届くになっています。

このチェックメールには数字4桁の認証コードが記載されているので、その数字4桁の認証コードを利用してアカウントのチェックを行います。こういった認証コードが送られる2段階認証を使えばサインインしてログインする場合も安心です。
f:id:rick1208:20200710163243p:plain
先ほどのチェックメール記載されている数字4桁の認証コードをチェックしたら、アカウント作成画面に認証コードを記入していきます。
f:id:rick1208:20200710164630p:plain
認証コードを記入する空欄の下側に「Microsoftからのキャンペーンに関するメールを受け取る」という項目がありますが、そこは必要なければ無視して大丈夫です。

認証コードの記入が終われば一番下にある「次へ」と書かれた項目を押します。

認証コードを記入するとさらに今度は画面に表示されている英数字を下側の空欄に記入する必要があります。記入が終われば一番下にある「次へ」と書かれた項目を押します。
f:id:rick1208:20200710164638p:plain
最後に「セキュリティ情報は正確ですか?」というチェック表示が画面に出てくるので、下側にある「問題ありません」と書かれた項目を押します。
f:id:rick1208:20200710165029p:plain
これでMicrosoftのOneDriveにアカウントを登録することが可能でした。アカウント登録にはメールアドレスとパスワードを設定するぐらいですが、ネット上のサービスなだけにチェックがとても多いです。

そのチェック作業のおかげで安心してOneDriveにサインインしてログインすることが可能なわけです。メールアドレスやパスワードはちゃんと管理して、忘れても大丈夫なようにメモ帳などに保存しておきましょう。

ちなみにOneDriveで1TBの容量が使えるプレミアムプランは1ヶ月1274円です。容量がたっぷりほしい人はこういったプランを活用するといいと思います。

ログイン

f:id:rick1208:20200710060108p:plain
続いてWindows10でOneDriveにサインインしてログインする方法をご解説したいと思います。先ほどMicrosoftのアカウントを作ったので、これでOneDriveにサインインすることが可能なようになりました。

メールアドレス、パスワードを記入しサインイン

f:id:rick1208:20200710055143p:plain
OneDriveを使うにはまず先ほどアカウント登録したときのメールアドレスとパスワードを利用してサインインする必要があります。

OneDriveの最初画面右上に「サインイン」と書かれた項目があるのでそちらを押してサインインします。
f:id:rick1208:20200710165115p:plain
OneDriveの画面から「サインイン」を押したらサインインする画面に切り替わります。まず最初は、先ほどアカウント登録したときに使ったメールアドレスを記入します。

電話番号を利用して登録した人は電話番号を記入してサインインします。記入が終われば右下の「次へ」と書かれた項目を押します。
f:id:rick1208:20200710165125p:plain
メールアドレスの記入が終われば続いてパスワードの記入画面です。パスワードは間違えやすい項目なので、メモ帳などに保存して忘れてもいいように管理しておきましょう。

パスワードの記入が終わればOneDriveにサインインすることが可能です。また、パスワード記入画面にある「サインインしたままにする」を押してチェックを入れるとメールアドレスとパスワードの記入を省略してOneDriveにサインインすることが可能です。
f:id:rick1208:20200710165139p:plain
また、OneDriveにサインインするときにパスワードを忘れたときは「パスワードを忘れた場合」と書かれた項目を押してパスワードを再設定するようにしましょう。

そうすれば再びOneDriveにサインインすることが可能なようになります。OneDriveにサインインすると以下のような画面に切り替わり色々なデータを保存可能なようになります。
f:id:rick1208:20200710165145p:plain
OneDriveにサインインしてパソコンに保存してあるデータなどをすべてOneDrive内に移行しておくと、万が一パソコンが壊れた場合でもデータはOneDriveにちゃんと保存、管理されているので安心です。

OneDriveにサインインしたら続いてはOneDriveのフォルダの設定方法やチュートリアルなどの使用方法について解説したいと思います。

フォルダ設定

f:id:rick1208:20200710052418p:plain
Windows10搭載パソコンであればOneDriveが始めから用意されています。もちろんMicrosoftアカウントが無ければサインインすることが可能でせん。

OneDriveにサインインしてOneDriveフォルダを開くと、あとはフォルダにドラッグ&ドロップでデータを保存可能なわけですが、OneDriveに頻繁にサインインして使いたい人にとってはOneDriveフォルダの場所を利用しやすい場所へ変更したいものです。

そこでOneDriveフォルダの場所を変更する方法をご解説したいと思います。

OneDriveフォルダの場所を変更する方法

f:id:rick1208:20200710050044p:plain
OneDriveフォルダの場所を使用するにはOneDriveを開いてフォルダの上で右クリックをします。そこから「設定」と書かれた項目が表示されるのでそちらを押します。
f:id:rick1208:20200710165218p:plain
OneDriveの設定を開いたら続いて「このパソコンのリンク解除」と書かれた項目があるのでそちらを押します。
f:id:rick1208:20200710165230p:plain
続いてチェック画面が表示されるので「アカウントのリンク解除」と書かれた項目を押します。
f:id:rick1208:20200710165320p:plain
すると、再びOneDriveへのサインイン画面が表示されるので、メールアドレスとパスワードを記入してサインインします。
f:id:rick1208:20200710165330p:plain
OneDriveにサインインしたらOneDriveのチュートリアル画面に切り替わるので、「場所の変更」と書かれた項目を押します。

場所の変更はこのようにOneDriveで初めてサインインした場合に表示されるチュートリアルから簡単に行うことが可能です。
f:id:rick1208:20200710165338p:plain
OneDriveにサインインしたあとのデフォルトではCドライブにOneDriveフォルダがありますが、Dドライブに変更するなど、自分自身の好きな場所にフォルダを移動させることが可能です。
f:id:rick1208:20200710165354p:plain
下の画像はDドライブへとフォルダの場所を変更したあとの表示です。OneDriveにサインインした状態ではCドライブにありましたが、フォルダを移動させるとDドライブに表示が変わりました。
f:id:rick1208:20200710173748p:plain
OneDriveを利用していて場所を変えたいなと思った場合は、この操作で簡単にフォルダの場所を変更することが可能です。

再びサインインしなければいけないのはやり方ありませんが、自分自身の好きな場所に変更可能なのはありがたいことです。

チュートリアル、終了

f:id:rick1208:20200710173817p:plain
Windows10でOneDriveに初めてサインインしたときは必ずチュートリアル表示されます。チュートリアルは初めてサインインして使うときの教科書のようなものです。

OneDriveにサインインしたらまず最初はチュートリアル画面から始まるので、チュートリアルの解説を簡単にしたいと思います。

まずOneDriveにサインインしたら表示される最初のチュートリアルはフォルダの場所の解説です。フォルダの場所は先ほど解説したように変更することも可能です。
f:id:rick1208:20200710173830p:plain
OneDriveにサインインしたら続いてのチュートリアルはプレミアムプランの解説ですが、大半の人は無視して一番下にある「後で」と書かれた項目を押して次へ進みましょう。
f:id:rick1208:20200710173836p:plain
OneDriveのチュートリアルで最初に教えてくれるのはデータの保存のやり方です。利用しているWindows10パソコンでデータファイルをOneDriveにドラッグ&ドロップで保存することが可能です。

チュートリアルではこのように画像付きで説明してくれるのでとてもわかりやすいです。
f:id:rick1208:20200710173843p:plain
続いてのチュートリアルはOneDriveではネット上で保存したデータの管理をすることが可能なことを伝えています。利用しているパソコンにデータを保存するわけではないので、パソコンのパフォーマンスを落とすこともありません。
f:id:rick1208:20200710173849p:plain
次のチュートリアルではOneDriveにサインインして保存したデータをネットに接続していなくても使えるように可能なことを伝えてします。

OneDrive自体はネット上にデータを保存するものですが、自分自身で設定したデータファイルはネットに接続されていなくても使うことが可能です。

これはOneDriveを使う上でとても嬉しいコツでもあります。
f:id:rick1208:20200710173859p:plain
通常パソコンに保存してあるデータはそのパソコンからでないと使うことが可能でせんが、OneDriveにサインインして保存したデータは他の人と共有して使用することが可能です。

メールで添付したり、USBメモリからデータを移したりする必要がなく、ネット上でデータを共有可能なので余計な手間がかかりません。
f:id:rick1208:20200710173905p:plain
OneDriveにはスマホ向けのアプリも存在します。なので、スマホに保存されているデータもOneDriveで保存、管理をすることができたり、共有することが可能です。
f:id:rick1208:20200710173913p:plain
これでOneDriveのチュートリアルは終了です。チュートリアルが終了すればサインインしてOneDriveを使い始めることが可能です。

「OneDriveフォルダーを開く」と書かれた項目をクリックするとチュートリアルが終了してサインインします。
f:id:rick1208:20200710173919p:plain
OneDriveではチュートリアルでもあったようにかなり便利にデータ保存、管理を行うことが可能です。仕事などで使えるのはもちろんですが、普通にパソコンやスマホのデータを別の場所に保存しておくことが可能なので、何かのバックアップを取っておくのにも最適です。

チュートリアルを終えたらサインイン終了

f:id:rick1208:20200710173939p:plain
チュートリアルが終わるとサインイン終了です。OneDriveにサインインすればすぐにでもパソコンやスマホでOneDriveにデータを保存することが可能になります。

また、Windows10のパソコンであれば元々OneDrive自体も入っているので、そこからOneDriveにサインインするか、ブラウザでOneDriveを開いてサインインすることも可能です。

Windows10に入っているOneDriveを使えばインターネットにつながっていなくても保存しているデータを使用することが可能です。

OneDriveでのデータ保存方法

f:id:rick1208:20200710173954p:plain
先ほども簡単に説明しましたが、OneDriveにデータを保存するには基本的にドラッグ&ドロップでOKです。OneDriveにサインインしてからOneDriveフォルダを開いてそこに保存したいデータをドラッグで所持していて、OneDriveフォルダ内にドロップします。

マウスでデータを押したら、押したままOneDriveのフォルダの上までカーソルを所持していて、OneDriveフォルダの上で押した指を離せばドロップ可能です。

これでOneDriveフォルダにデータを保存することが可能でした。
f:id:rick1208:20200710174004p:plain
OneDriveはこのようにパソコンに詳しくない方でも簡単に操作可能なようになっているので、誰でも自分自身のデータをネット上で保存、管理をすることが可能です。

OneDriveにサインインして早速利用してみましょう。

ブラウザ版OneDriveでのデータ保存方法

f:id:rick1208:20200710174030p:plain


ブラウザ版OneDriveでも同様にサインインしてからOneDriveにデータを保存することが可能です。ブラウザ版OneDriveにサインインしたら「アップロード」と書かれた項目をクリックすればパソコンにあるデータをアップロードしてOneDriveに保存することが可能です。

ブラウザ版OneDriveにサインインしてデータをアップロードするには、「アップロード」と書かれた項目を押してデータファイルを選ぶだけなので、こちらも簡単に操作することが可能です。
f:id:rick1208:20200710174038p:plain
また、ブラウザ版OneDriveではサインインとサインアウトすることが可能です。画面右上の自分自身のアカウントをクリックすると「サインアウト」と書かれた項目が表示されるので、そちらをクリックすればサインアウトすることが可能です。

それと一緒に「サインイン」と書かれた項目をクリックすると再びサインインすることが可能です。サインアウトとサインインを手動で行うことも可能なので、安全にOneDriveを使用したい人は活用するといいと思います。
f:id:rick1208:20200710174556p:plain
ここまでOneDriveのダウンロードからサインインの方法、簡単な使用方法などをご解説させていただきました。OneDriveを使えばパソコン作業などの効率も良くなり、パソコンのパフォーマンスを落とすことなくデータを保存しておくことが可能です。

かなり使い勝手はいいと思うので、これからOneDriveをちゃんと利用してみてください。