漫画の地球儀

AVGアンチウイルス無料最新最新版の使い方!【AVG AntiVirus Free、pc、Windows、ダウンロード】

スポンサーリンク

AVG AntiVirus Free

f:id:rick1208:20200710125926p:plain
今記事では、"AVGアンチウイルス(AVG AntiVirus Free)"を使ったウイルススキャン方法やウイルスファイルの消去方法などを説明していきます。アンチウイルスソフトのどれを使うか迷っている人は是非この機会にAVGアンチウイルスを使用してみてください!

無料で使えるアンチウイルスソフト

f:id:rick1208:20200710130432p:plain
AVGアンチウイルス(AVG AntiVirus Free)とは無料で使えるアンチウイルスソフトとなっております。開発はAVGテクノロジー社(チェコ)が開発しており、日本ではデジカ社がサポートをしているので、日本語化の必要性は一切ありません。

またAVGアンチウイルスは無料であるにもかかわらず、多くの機能を使うことが可能です。

一般的なパソコン内の手動ウイルススキャン機能以外にも、スキャンの自動化やEmailにウイルスの危険性がないかチェックする"AVGメールスキャナー"機能やファイルを抹消する機能などを無料で使うことが可能です。

AVGアンチウイルスはWindowsOSとMacOSにダウンロードすることができ、AndroidスマホにもAVGアンチウイルスをダウンロードすることが可能になっています。

AVGアンチウイルスの有料版では安全でないウェブサイトの保護機能やスパムメールをブロックする機能、ファイヤーウォールを強化、個人のファイルをランサムウェアから守る機能、ウェブカメラの保護や秘密文書の読み取りを防ぐ機能を追加可能です。

AVG AntiVirus Freeの無料最新版のダウンロード

f:id:rick1208:20200710081856p:plain
ここでは最新バージョンAVGアンチウイルス(AVG AntiVirus Free)のWindows版ダウンロード方法とダウンロード方法について説明していきます。

AVGアンチウイルスは無料でダウンロード、ダウンロードすることが可能です。またAVGアンチウイルスのダウンロード時は日本語表記されているので簡単に操作することが可能です。

ダウンロード手順

f:id:rick1208:20200710130453p:plain


公式AVG無料アンチウイルス(AVG AntiVirus Free)のダウンロードページを以下の外部リンクに示しました。該当ページにアクセスしたら、上の画像のように"無料ダウンロード"を左押してください。

f:id:rick1208:20200710131310p:plain
AVGアンチウイルスインストーラが自動的にダウンロードされます。AVGアンチウイルスインストーラのダウンロードが始まらない時、"ここをクリック"を左押して、再度ダウンロードしてください。

イ、ンストール手順

f:id:rick1208:20200710131318p:plain
ダウンロードした最新版AVGアンチウイルスインストーラを左押して、AVGアンチウイルスのダウンロードを始めます。
f:id:rick1208:20200710131326p:plain
上の画像のようなウィンドウが表示されたら、"了解してダウンロード"を左押してください。
f:id:rick1208:20200710132107p:plain
AVGアンチウイルスインストーラが起動します。このままダウンロードを左クリックすると、AVGセキュアブラウザソフトも勝手にダウンロードされてしまいます。

AVGセキュアブラウザが要らない場合、上の画像のように"はい、AVG セキュア ブラウザをダウンロードします"のチェックボックスを左押して、チェックを外してください。
f:id:rick1208:20200710132122p:plain
緑色のボタン"ダウンロード"を左押して、AVGアンチウイルスをダウンロードします。
f:id:rick1208:20200710133142p:plain
上の画像のようなウィンドウが表示されます。AVGアンチウイルスのダウンロードが終了するまで待機して下さい。

AVG AntiVirus Freeの初期設定

f:id:rick1208:20200710133156p:plain
AVGアンチウイルスのダウンロードが終了すると、上の画像のようなAVGアンチウイルスの初期設定ウィンドウが表示されます。"続行"を左押してください。
f:id:rick1208:20200710133448p:plain
Androidスマホ版のAVGアンチウイルスを使用するかどうか聞いてきます。必要でない場合は"いいえ、今はスマートフォンの保護は必要ありません"を左押してください。設定が終了するとAVGアンチウイルスが自動的に起動します。

スキャン

f:id:rick1208:20200710064633p:plain
最新版のAVGアンチウイルス(AVG AntiVirus Free)をダウンロードすることができたら、早速AVGアンチウイルスでパソコン内のファイルをスキャンして、ウイルスを検出していきましょう。

ここでは手動のファイルスキャン以外にも、スケジュールスキャンもといユーザー定義のスキャンやスキャンしない除外ファイル設定とURL設定の使用方法、AVGアンチウイルスの常駐状態の解除方法までお教えします。

パソコンのスキャン

f:id:rick1208:20200710133507p:plain
パソコン内のファイルを手動でスキャンする(ユーザー定義スキャンではない)場合、AVGアンチウイルスの起動後の画面内ですぐに行こなうことが可能です。上の画像のように"コンピュータをスキャンする"を左押してください。
f:id:rick1208:20200710133516p:plain
またAVGアンチウイルスのスキャン設定画面内からも、パソコン内のファイルを手動でスキャンすることが可能です。まず最初は、上の画像のようにAVGアンチウイルスの起動後画面内にある"歯車マーク"を左押してください。
f:id:rick1208:20200710133624p:plain
AVGアンチウイルスのスキャン設定画面を開くことができたら、"コンピュータのスキャン"を左押してください。
f:id:rick1208:20200710134205p:plain
パソコン内のファイルをスキャンし始めると、上の画像のようなウィンドウが表示されます。全部のスキャンが終了されるまでお待ちください。"スキャンを停止"を左クリックすると、AVGアンチウイルスのコンピュータスキャンが終了します。
f:id:rick1208:20200710134212p:plain
パソコン内のファイルをスキャンしたら、"終了"を左押して手動スキャンを終了します。

スケジュールスキャンの設定

f:id:rick1208:20200710134218p:plain
ここではAVGアンチウイルスのスキャンを定期的に行うスケジュールスキャン(ユーザー定義のスキャン)の設定画面を開く方法について説明していきます。

まず最初は、AVGアンチウイルスのスキャン設定画面を開きます。AVGアンチウイルスの起動後画面内にある"歯車マーク"を左押してください。
f:id:rick1208:20200710134227p:plain
上の画像のように"ディープスキャン"にある小さい"歯車マーク"を左押して、ディープスキャンの設定画面を開いてください。
f:id:rick1208:20200710134238p:plain
ディープスキャンの設定画面が表示されます。左側にある項目欄から"スケジュール"を左クリックすることでスケジュールスキャン(ユーザー定義のスキャン)を作成することが可能です。

スケジュールスキャン(ユーザー定義のスキャン)の作成方法については後述する"ユーザー定義のスキャンを作成する方法"を参考にしてください。

スキャンの例外ファイル、URLの設定をする

f:id:rick1208:20200710060108p:plain
AVGアンチウイルスでウイルスと無縁なファイルをスキャン時に除外したり、実ときには危険ではないURLをスキャン時に除外したい場合、ここで説明する設定方法を行うことでスキャンの例外ファイルやURLをAVGアンチウイルスに設定することが可能です。

例外ファイルの設定

f:id:rick1208:20200710134300p:plain
まず最初は、AVGアンチウイルスの起動後画面内にある"歯車マーク"を左押してください。
f:id:rick1208:20200710134315p:plain
上の画像のように"ファイルあるいはフォルダのスキャン"にある小さい"歯車マーク"を左押して、ファイルあるいはフォルダのスキャンの設定画面を開いてください。
f:id:rick1208:20200710134324p:plain
するとAVGアンチウイルスのファイルあるいはフォルダのスキャン設定画面が表示されます。左側にある項目欄から"例外"を左押してください。
f:id:rick1208:20200710134331p:plain
ここではAVGアンチウイルスで除外するフォルダ(ファイル)を選択することが可能です。"参照"を左押して、除外するフォルダ(ファイル)を選びてください。ファイルを選びた後、"追加"を左押して、"OK"を左押してください。

例外URLの設定

f:id:rick1208:20200710134340p:plain
ここでは例外URLの設定をしていきます。AVGアンチウイルスの起動後の画面内右上にある"メニュー"を左押してください。
f:id:rick1208:20200710134351p:plain
表示されたメニュー内の項目から、歯車マークのある"設定"を左押してください。AVGアンチウイルス全般の設定を開くことが可能です。
f:id:rick1208:20200710134402p:plain
AVGアンチウイルス設定画面の"一般"項目内で表示された"例外"の項目を左押してください。
f:id:rick1208:20200710134411p:plain
上の画像のように"URL"タブを左押して、URL記入欄に除外したいURLを記入してください。その後"追加"を左押して除外するURLを追加することが可能です。最後にAVGアンチウイルス設定画面の"OK"を左押して設定を保存してください。

常駐保護を一時的に無効にする方法

f:id:rick1208:20200710134417p:plain

AVGアンチウイルスの常駐保護状態を一時的に無効にする方法について説明していきます。ここでいう常駐保護状態というのは、ユーザー定義のスキャンなどといったAVGアンチウイルスの機能が自動になっていることを指します。

まず最初は、AVGアンチウイルスの起動後の画面内右上にある"メニュー"を左押してください。
f:id:rick1208:20200710134424p:plain
表示されたメニュー内の項目から、歯車マークのある"設定"を左押してください。AVGアンチウイルス全般の設定を開かれます。
f:id:rick1208:20200710134432p:plain
AVGアンチウイルス設定画面の"一般"項目内で表示された"コンポーネント"の項目を左押してください。
f:id:rick1208:20200710134440p:plain
上の画像のように、非常駐状態にしたい保護(シールド)項目の緑色のボタンを左押します。
f:id:rick1208:20200710134449p:plain
すると新たなメニューが表示されます。どのタイミングまで保護状態を停止し続けるか、メニュー内から選んで左押してください。

また常駐保護の状態に戻したいときは、オフにしたボタンをもう1回左押してください。

ユーザー定義のスキャンを作成する方法

f:id:rick1208:20200710134454p:plain
続いて、AVGアンチウイルスのユーザー定義のスキャン(スケジュールスキャン)を作成する方法について説明していきます。まず最初は、前述した"スケジュールスキャンの設定"の手順から、スケジュールスキャン設定画面を出します。

まず最初は、"このスキャンをスケジュールする"を左押して、チェックを入れてください。
f:id:rick1208:20200710134519p:plain
"スキャンの予定"ではどれ程の間隔で自動的にユーザー定義のスキャンするか決めることが可能です。またどういった状況下でユーザー定義のスキャンをするか決めることが可能です。
f:id:rick1208:20200710134527p:plain
"スケジュール"では何日の何曜日の何時に行うかといった、ユーザー定義のスキャンをいつ頃に行うのか詳しく設定することが可能です。
f:id:rick1208:20200710134534p:plain
全部の項目にスキャン設定を記入できたら、右下の"OK"を左押してユーザー定義のスキャンを作ってください。

ユーザー定義のスキャン(スケジュールスキャン)はスキャン設定画面下部に表示されます。そこからユーザー定義のスキャンの設定を変更することが可能になります。

ファイル抹消

f:id:rick1208:20200710055143p:plain
ここではAVGアンチウイルスエクスプローラー上で機密情報が入ったファイルをそのまま復元できないように抹消するAVGアンチウイルスの使用方法について説明していきます。

ファイルを復元できないように抹消する手順

f:id:rick1208:20200710134553p:plain
まず最初はAVGアンチウイルスを起動して、ファイルを抹消する方法を説明していきます。AVGアンチウイルスの起動後の画面内右上にある"メニュー"を左押してください。
f:id:rick1208:20200710134600p:plain
そしたらメニューにある"ファイル抹消"を左押してください。
f:id:rick1208:20200710134608p:plain
上の画像のようなウィンドウが表示されたら、緑色の"ファイルあるいはフォルダを選びてください"を左押してください。エクスプローラが開かれて、ファイルあるいはフォルダを選択することが可能です。選択が終了したら、"OK"を左押します。
f:id:rick1208:20200710134625p:plain
またエクスプローラを開きながら、データ消去したい特定のファイルをすぐに抹消することが可能です。上の画像のように抹消したいファイルを右押し、メニューを出してください。

表示されたメニューから"AVGを使用して抹消する"を左押します。これでファイルあるいはフォルダを抹消することが可能です。

検疫アイテム

f:id:rick1208:20200710050044p:plain
AVGアンチウイルスのウイルススキャンなどにより、ウイルスファイルとして検疫されたファイルは検疫されたアイテムとして表示されます。ここでは、そうした検疫アイテムの管理方法について説明していきます。

検疫されたアイテムの管理

f:id:rick1208:20200710134640p:plain

検疫されたアイテムを管理していきましょう。まずAVGアンチウイルスの起動後の画面内右上にある"メニュー"を左押してください。
f:id:rick1208:20200710134648p:plain
そしたらメニュー内にある"隔離"という項目を左押してください。
f:id:rick1208:20200710134655p:plain
検疫されたアイテム(ファイル)がリスト上に追加されています。もし検疫されたアイテムがない場合は上の画像のような表示がされます。
[f:id:rick1208:20200710134701p:plain
全部の検疫されたアイテムを消去するには、左下の"全部のウイルスを選択"にチェックをいれて、"消去"を左押してください。