漫画の地球儀

ネットワーク資格情報の保存したパスワードを削除、変更する方法!【Windows10、pc、Web】

スポンサーリンク

ネットワーク資格情報

f:id:rick1208:20200705214756p:plain
Windows10では、共有フォルダやネットワークドライブにアクセスする場合、ネットワーク資格情報を記入する必要があります。記入項目はユーザー名やパスワードなどです。

ネットワーク上のパソコンにアクセスするのでの情報

f:id:rick1208:20200705205523p:plain
このWindows10のネットワーク資格情報とは、ネットワーク上のパソコンにアクセスするのでに必要な情報です。

このWindows10のネットワーク資格情報の記入を促すポップがWindows セキュリティから表示されるのであれば、再度記入の必要があります。

これは例えば、Windows10にてネットワークドライブなどの接続先に対してネットワーク資格情報をまだ記入していない場合や、Windows10にて接続先の変更により再度ネットワーク資格情報を記入する必要がある場合などが挙げられます。

ここではWindows10においてネットワーク資格情報が表示される原因や、Windows10でネットワーク資格情報に保存したパスワードの変更方法及び消去方法について触れていきます。

他にもWindows10でネットワーク資格情報を非表示にする方法、Windows10でネットワーク資格情報を扱う場合の気を付ける点などについてチェックしていきますので、気になる人はぜひチェックしてみてください。

ネットワーク資格情報が急に表示される原因

f:id:rick1208:20200705205105p:plain
ではまず、Windows10でネットワーク資格情報が急に表示される原因について触れていきたいと思います。

接続先の設定が変更された

f:id:rick1208:20200705201042p:plain
Windows10でネットワーク資格情報が急に表示される原因一つ目としては、接続先の設定が変更されたパターンが挙げられます。

Windows10に保存されたネットワーク資格情報の内容が変わったわけですから、当然パスワードの再記入も必要となると思います。以前記入した接続先は消去されることもあります。

1回接続先を変更した場合はそのままパスワードも記入しておしておくと「忘れた」と後で困ることもないと思います。気を付ける点として覚えておくとよいと思います。

接続先のWindows Updateの影響

f:id:rick1208:20200705201018p:plain
Windows10でネットワーク資格情報が急に表示される原因二つ目としては、接続先のWindows Updateの影響も可能性としては挙がってきます。

これは、接続先のWindows Updateによりパソコン(パソコン)の設定変更が行われた場合に発生します。Windows10のネットワーク資格情報の保持はパソコン(パソコン)の設定次第です。

要するに、接続先のパソコン(パソコン)に保存されたWindows10のネットワーク資格情報が解除されてしまった場合はWindows10のネットワーク資格情報を再記入する必要があるということになります。

接続元の資格情報を更新する必要がある

f:id:rick1208:20200705175143p:plain
Windows10でネットワーク資格情報が急に表示される原因三つ目としては、接続元のWindows10のパソコン(パソコン)の資格情報を更新する必要がある場合です。

これは二つ目のパターンと似ていますが、二つ目のパターンはあくまで接続先のWindows10のWindows Updateの影響です。三つ目のパターンは接続元のパソコン(パソコン)の更新です。

二つ目同様、接続元に対してもWindows Updateの影響は起こりえる話です。もしネットワーク資格情報の再記入を促された場合は、接続元及び接続先のWindows Updateの影響なども気を付ける点としてチェックしておくとよいと思います。

ネットワーク資格情報の保存したパスワードを変更する方法

f:id:rick1208:20200705151006p:plain
続いてはWindows10でネットワーク資格情報の保存したパスワードを変更する方法とはいったいどのようなやり方なのか。順にチェックしていきたいと思います。

保存しているパスワードの変更やり方

f:id:rick1208:20200705150934p:plain
保存しているパスワードの変更やり方は以下のとおりです。まず最初は画面左下のタスクバーの検索ボックスを押します。
記入

続いて検索ボックスにて「資格情報マネージャー」と記入して検索してみてください。その後は資格情報マネージャーコントロールパネルを選びてみましょう。
f:id:rick1208:20200706111954p:plain
資格情報マネージャーコントロールパネルを選択すると、「Web 資格情報」か「Windows 資格情報」どっちかを選択可能です。
f:id:rick1208:20200706112004p:plain
管理したい資格情報にアクセスしてみてください。
Windows10にて保存されたネットワーク資格情報の項目が表示されるので項目を指定して「編集」を押したら「ユーザー名」と「パスワードを記入」を記入します。
f:id:rick1208:20200706112015p:plain
以上がWindows10にて保存しているネットワーク資格情報のパスワード変更やり方となります。
f:id:rick1208:20200706112034p:plain
ちなみにWindows10にて新しくネットワーク資格情報を追加したい場合は「インターネットあるいはネットワークのアドレス」を記入することになります。
f:id:rick1208:20200706112052p:plain

接続先にアクセスして動作チェック

f:id:rick1208:20200705122836p:plain
最後は接続先のWindows10においてアクセスさせることで動作チェックを行って終了です。接続元・接続先に問題がないかチェックしておくことも気を付ける点の一つとして覚えておくとよいと思います。

ネットワーク資格情報の保存したパスワードを消去する方法

f:id:rick1208:20200705113706p:plain
Windows10のネットワーク資格情報として保存したパスワードは消去することも可能です。ではその消去方法とはいったいどのようなやり方で行うのか、Windows10でネットワーク資格情報のパスワードを消去する場合のやり方をチェックしていきましょう。

保存しているパスワードの消去やり方

f:id:rick1208:20200705113046p:plain
Windows10で保存しているネットワーク資格情報のパスワードの消去やり方は以下のとおりです。

画面左下のタスクバーの検索ボックスをクリック
検索ボックスにて「資格情報マネージャー」と記入して検索
資格情報マネージャーコントロールパネルを選択
「Web 資格情報」か「Windows 資格情報」どっちかを選択可能なので、管理したい資格情報にアクセス
Windows10にて保存されたネットワーク資格情報の項目が表示されるので項目を指定して「消去」をクリック

資格管理情報マネージャーを開きます。
f:id:rick1208:20200706112151p:plain
やり方としては前述した「保存しているパスワードの変更やり方」とほぼ同じです。ただし、ここで消去したこと忘れたら困るので、必ずどの項目を消去したのか意識して作業してください。
各項目それぞれ指定可能です。
f:id:rick1208:20200706112218p:plain
消去は完全に自己責任による作業なので、気を付ける点として頭に入れておくとよいと思います。
f:id:rick1208:20200706112225p:plain

接続先にアクセスすると資格情報の記入が求められる

f:id:rick1208:20200705112352p:plain
Windows10のネットワーク資格情報のパスワードを消去した場合、その後Windows10で接続先にアクセスするとネットワーク資格情報の記入が求められます。そのときはユーザー名とパスワードを記入してみましょう。

ユーザー名とパスワードを記入してアクセスできれば設定は終了です。気を付ける点としては、パスワードを忘れることのないよう控えておくことも大事です。

ネットワーク資格情報を非表示にする方法

f:id:rick1208:20200705105300p:plain
続いてはWindows10にてネットワーク資格情報を非表示にする方法について触れていきたいと思います。

接続先のパソコンでパスワード保護共有を無効にする

f:id:rick1208:20200705045221p:plain
Windows10にてネットワーク資格情報を非表示にしたい場合は、接続先のパソコン(パソコン)からパスワード保護共有を無効にする必要があります。

このWindows10の保護共有とはWindows10の設定から操作を行う必要があります。その操作方法とはどのようなものかというと、Windows10における設定方法は以下のやり方で行うことが可能です。

スタートボタンから歯車をクリック
コントロールパネルを開いたら、「ネットワークとインターネット」をクリック
左側のメニューで「状態」をクリック
「共有オプション」をクリック
表示された画面に「すべてのネットワーク」という項目があるのでこちらをクリック
「パスワード保護共有」の項目から「パスワードの保護共有を無効にする」をチェック
「変更を保存」をクリック


以上の操作により、Windows10において接続先のパソコン(パソコン)でパスワード保護共有を無効にすることが可能です。

ネットワーク資格情報を扱う時の気を付ける点

f:id:rick1208:20200705045201p:plain
続いてはWindows10のネットワーク資格情報を扱う時の気を付ける点について触れていきたいと思います。

ネットワーク資格情報を忘れた場合は管理者に尋ねる

f:id:rick1208:20200705045147p:plain
もし仕事でWindows10を扱っている場合、普段使いなれていないネットワーク資格情報のパスワード記入を求められたけど忘れた・・・といったことが起きる可能性があります。

実はWindows10ではネットワーク資格情報を忘れてしまった場合、管理者にチェックする必要があります。この点がネットワーク資格情報についての気を付ける点となります。ではその気を付ける点とはいったいどのようなものなのかというと、以下二つが挙げられます。

資格情報マネージャーではパスワードをチェックできない
Webの資格情報のパスワードはチェック可能な


実は、Webの資格情報とWindows 資格情報は微妙に扱いが異なるのです。では資格情報マネージャーとはいったいなんなのか、チェックしていきたいと思います。

資格情報マネージャーではパスワードをチェックできない

f:id:rick1208:20200705045124p:plain
Windows10の資格情報マネージャーではパスワードをチェック可能でせん。資格情報マネージャーの「Webの資格情報」と「Windows 資格情報」の表示のやり方を見比較してみましょう。

Windows 資格情報」では、操作可能な項目が「編集」か「削除」しかありません。要するに、パスワードをチェックすることができないというわけです。

要するに、もし接続元か接続先でネットワーク資格情報のパスワードを管理者が変更した状態で管理者以外が資格情報マネージャーを開いても、新しいパスワードをチェックすることはできないということになります。

結果、管理者へ尋ねる以外の解決策はないという結論になるわけです。ただし、「Webの資格情報」については別です。「Webの資格情報」とはいったいなんなのか、チェックしていきましょう。

Webの資格情報のパスワードはチェック可能

f:id:rick1208:20200705045124p:plain
「Webの資格情報」では、例えばWebブラウザで使用するログイン情報などを保存しています。

ログイン情報を「Webの資格情報」で保存しておけば、ログイン情報を忘れた場合もこの「Webの資格情報」から情報を引っ張ってこれるので気軽にログイン可能なというわけです。

そんな便利な「Webの資格情報」ですが、資格情報マネージャーの「Webの資格情報」から各項目を選択するだけでWebの資格情報のパスワードをチェックすることが可能です。

この点は「Windows 資格情報」と違い、パスワードを出しる項目が用意されているので気軽にチェックが可能です。

Webブラウザのログイン情報を忘れた場合も、「Windows 資格情報」からログイン情報を引っ張ってくることが可能です。

さらに資格情報マネージャーからパスワードを出してチェックすることも可能なので、ログイン情報を忘れた・忘れやすい方には大事な機能といえると思います。

ログインパスワードを忘れた・忘れやすいと悩んでいる人はこの「Webの資格情報」の存在を知っておくだけでも利便性が向上するかもしれません。

まとめ

f:id:rick1208:20200705043235p:plain
ここでは、Windows10においてネットワーク資格情報が表示される原因や、Windows10でネットワーク資格情報に保存したパスワードの変更方法及び消去方法について触れてきました。

他にもWindows10でネットワーク資格情報を非表示にする方法、Windows10でネットワーク資格情報を扱う場合の気を付ける点などについてチェックしています。

Windows10において、ネットワーク資格情報とはネットワーク上のパソコンにアクセスするのでに必要な情報となっています。

Windows10でネットワーク資格情報が突然ポップされる原因としては、ネットワーク接続先が変更されていたり、接続先のWindows10のWindows Updateの影響で発生した場合、接続元のWindows10の更新を求められている場合などが挙げられます。

Windows10でネットワーク上のパソコン(パソコン)にアクセスしたい場合は接続元のWindows10や接続先のWindows10のネットワーク資格情報が正確である必要があります。

とはいえ、Windows10のネットワーク資格情報自体は簡単に管理可能です。正しいネットワーク資格情報を記入して動作チェックを行えばいいだけです。

ただし、気を付ける点としてパスワードを忘れた場合や管理者によるパスワード変更が接続先で行われた場合などは、パスワード管理者へパスワードを尋ねる必要があります。

これは、忘れた人が自力で解決する手段がないのでやり方のないことなのです。「Webの資格情報」であれば、パスワードを忘れても「Webの資格情報」からそのまま情報を引っ張ることが可能です。

資格情報マネージャーを使用して忘れたパスワードを出しることで解決することも可能です。豆知識として頭に入れておくと後々ログインするとき楽になるかもしれません