漫画の地球儀

ウィルスバスターが有効にならない原因、対処法!【Windows Defender、pc、Windows、Mac】

スポンサーリンク

Windows Defender

f:id:rick1208:20200710052418p:plain
皆さんはWindows Defenderというものをご存知と思いますか。ここではWindows Defenderによってセキュリティソフトのウイルスバスターが有効にならないときの回避策についてまとめて説明してきたいと思いますがご存知と思いますか。

Windows DefenderとはWindowsのパソコンであれば、基本的に入っているセキュリティソフトになりますが、有効にならない時があります。気づいてないだけでWindows Defenderによってパソコンが守ってくれています。

Windows10に標準搭載されているウィルス対策ソフト

f:id:rick1208:20200710055124p:plain
Windows DefenderとはWindows10に標準搭載されているウィルス対策ソフトであります。要はセキュリティソフトのウイルスバスターWindows版と思って貰えればいいかと思いますので、Windows Defenderは基本的に入っています。

なので、このWindows Defenderが原因になってセキュリティソフトのウイルスバスターが有効にならないことがあるので、Windows Defenderの設定をしておかないとセキュリティソフトのウイルスバスターが有効にならないことになります。

Windows Defenderの特徴

f:id:rick1208:20200710055143p:plain
ここからはWindows Defenderの特徴についてここから説明していきますので、Windows Defenderについてチェックしっておいて損はないかと思いますのでここでWindows Defenderについてまとめて説明していきたいと思います。

Windows DefenderはWindows10に標準搭載されているウィルス対策ソフトになりますので、Windows Defenderがどういったものなのかをマスターしておけば他のセキュリティソフトのウイルスバスターなどがいらない可能性があります。

無償で使うことが可能

f:id:rick1208:20200710044640p:plain
Windows Defenderは、Windows10に標準搭載されているウィルス対策ソフトですが、標準で入っているものなので無償で使うことが可能なセキュリティソフトになります。これを利用していれば基本的なセキュリティレベルで使うことが可能です。

Windows10に標準搭載されているものなので、気付かないうちにセキュリティソフトがパソコンを守ってくれているのでありがたい話ではあります。なので、お金がかかるものではないのでセキュリティソフトであることは理解しておいてください。

マルウェアのスキャン検知性能が高い

f:id:rick1208:20200709183722p:plain

Windows DefenderはWindows10に標準搭載されているウィルス対策ソフトで無料で使えるものになりますが、とても優秀な面もあるセキュリティソフトになります。Windows Defenderはマルウェアのスキャン検知性能が高いです。

マルウェアのスキャン検知性能が高いので、自分自身のパソコンをマルウェアから守ってくれます。これが標準搭載されているのはとてもいことだと思いますので、こういったセキュリティソフトが入っていることは理解しておいてください。

ウィルスバスター

f:id:rick1208:20200710055625p:plain
ここからはセキルティソフトのウイルスバスターとはどういったものなのかについて説明してまとめて行きたいと思いますので、セキルティソフトのウイルスバスターがどういったものなのかを理解して貰えればと思います。

セキュリティソフトと言えばウイルスバスターと思い浮かべるほど、知名度があるセキュリティソフトですが、どういったものなのかと言えば説明が難しいと思いますので、ここでセキュリティソフトのウイルスバスターについてまとめます。

有償ウィルス、セキュリティ対策アプリ

f:id:rick1208:20200709160621p:plain
セキルティソフトのウイルスバスターは、Windows Defenderのように無料ではなく有償のウィルス、セキュリティ対策アプリになります。なので、標準で入っているWindows Defenderとは違い、別途購入する必要があります。

セキルティソフトのウイルスバスターは自動的にセキュリティチェックを行ってくれて、チェックした内容結果も自動でチェックしてくれます。とても優秀なセキュリティソフトになっていますので、利用している人も多いのではないと思いますか。

ウィルスバスターのダウンロード方法

f:id:rick1208:20200709150203p:plain
セキュリティソフトのウイルスバスターのダウンロード方法について説明していきたいと思います。まだパソコンにセキュリティソフトを入れていない人は、ここを参考にしてセキュリティソフトのウイルスバスターを入れて貰えればと思います。

アプリをダウンロードするには、下記のURLにアクセスしてください。アクセスしたら、セキュリティソフトのウイルスバスターを自分自身のパソコンにダウンロード・ダウンロードして、使用可能なように権限を購入します。
ウイルスバスター クラウド の手動ダウンロード方法 | サポート Q&A:トレンドマイクロ

ウィルスバスターが有効にならない原因

f:id:rick1208:20200709125129p:plain
Windows Defenderのが原因になって、セキュリティソフトのウイルスバスターが有効にならないときの原因や対処法についてここで説明していきたいと思います。セキュリティソフトのウイルスバスターが有効にならないと困ります。

せっかく有料で買ったセキュリティソフトのウイルスバスターが有効にならないと勿体ないのと、セキュリティが脆弱になったままになっていますので、有効にならない原因についてもここで説明していきたいと思います。

Windows Defenderが有効化されている

f:id:rick1208:20200709112805p:plain
セキュリティソフトのウイルスバスターが有効にならない原因の一つとして、Windows Defenderが有効化されていることが原因になっている可能性がありますので、アプリが有効にならない場合はWindows Defenderをチェックしてください。

実はWindows Defenderが邪魔になっていることが原因でセキュリティソフトのウイルスバスターが有効にならないことがあるようですので、セキュリティアプリがセキュリティアプリを危険だと判断してしまっている状態になります。

ウィルスバスターが有効にならないときの回避策

f:id:rick1208:20200709104342p:plain
せっかくダウンロードしたセキュリティアプリが有効にならないことほど意味がないものはないかと思いますので、せっかくダウンロードしたセキュリティアプリを有効にならないことにならないように回避策について説明していきます。

ダウンロードしてもWindows Defenderの設定などをチェックしておかないといつまでたっても有効にならないので、セキュリティアプリをダウンロードしたら、ちゃんとと有効になっているかどうかをチェックしてください。

有効になっているウィルス対策の状態をチェックする

f:id:rick1208:20200709051758p:plain
ダウンロードしたセキュリティアプリをチェックしていきましょう。ここでは有効になっているウィルス対策の状態をチェックすることが一番大事になりますので、Windows Defenderのなどの設定状態をチェックしてください。

有効になっているウィルス対策の状態をチェックする方法や手順については下記にまとめていますので、手順にそって有効になっているウィルス対策の状態をチェックしてみてください。見たこともない方が大半だと思います。

有効になっているウィルス対策の状態をチェックするには、システムとセキュリティ項目からチェックをすることが可能ですので、セキュリティアプリが現状どうなっているのかをチェックしてみてください。こういった機会がないとチェックすることもないと思います。

有効になっているウィルス対策の状態をチェックするときに、Windows Defenderがどうなっているのかをチェックしてみてください。どっちかというとそこ以外はあまり気にすることもありませんので、セキュリティアプリの状態をチェックしてください。

Windows Diffenderを無効にする

f:id:rick1208:20200710055711p:plain
せっかくダウンロードしたセキュリティソフトのウイルスバスターが有効にならない時はWindows Diffenderを無効にすることが必要になってきますので、Windows Diffenderを無効にしてみて有効になるかどうかをチェックしてみてください。

無効にしておくと危ないと思うかと思いますが、無効にしてもセキュリティソフトのウイルスバスターありますので、無効にしても問題はありません。無効にしたままなにもしなければ危ないですが、無効にしても問題はありません。

レジストリエディタを使用して無効化する

Windows Diffenderを無効にするにはレジストリエディタを使用して無効化していきます。今開いてもらっているところからレジストリエディタを使用すれば、Windows Defenderを無効化することが可能ですのでサクッと無効にします。

Windows Defenderを無効にしたら、可能な限り早めにセキュリティソフトのウイルスバスターを有効にしておいてください。無効になった間はセキュリティアプリが正常に動きませんので、無効にしたらすぐにセキュリティソフトを有効にします。

Windows Defenderを使用するときの気を付ける点

f:id:rick1208:20200709045130p:plain
ここからはWindows Defenderを使用するときの気を付ける点について説明してまとめて行きたいと思いますので、どっちかと言えば、無効にせずにセキュリティソフトが有効になるのがいいのですが、回避策として気を付ける点を抑えておいてください。

Windows Defenderは無償といってもちゃんととしたセキュリティアプリになりますので、無効にするとき以外にも気を付ける点が必要になりますので、下記の気を付ける点は理解しておいた方がいいかと思います。

有害なファイルの誤検出が多い

f:id:rick1208:20200708203622p:plain
Windows Defenderを使用するときの気を付ける点としてはスキャンをしてくれますが、そのスキャンの精度があまり良くない時がありますので、スキャンをしてもスキャン結果が正しくない場合がありますので、スキャン結果はよくチェックする必要があります。

どういうことかというと、普通は異常があるものだけをスキャンしたときに検出するべきところが、正常なファイルもスキャンしてしまうことがありますので、スキャン結果の性能が高いかと言えば安全すぎるぐらいかもしれません。

メモリ消費が大きい

f:id:rick1208:20200708193310p:plain
Windows Defenderの気を付ける点としては、メモリの消費が大きいことが挙げられます。パソコンのメモリの消費が高いと、Windows Defenderが動いているときに他の作業をしていると、パソコンの動きが重くなる時があります。

なので、必要なだけWindows Defenderを動かさないとメモリを大きく消費してしまうことになります。Windows Defenderが原因でパソコンが重くなってしまうことにもなってしまいますので、注意が必要になります。

Windows Defender、ウィルスバスターのどっちを選ぶべきか

f:id:rick1208:20200708172858p:plain
ここからはWindows Defenderとセキルティソフトのウイルスバスターのどっちを選ぶべきかについてまとめていきます。みなさんもどっちを選ぶべきか迷うと思いますので、どっちを選ぶべきかについてまとめていきたいと思います。

無償で使うならWindows Defender

f:id:rick1208:20200708171212p:plain
セキルティソフトのウイルスバスターにお金を払いたくないという人は、無償で使うならWindows Defenderかなという感じです。どっちかというと、安全をとるならWindows Defenderではないほうがいいかと思います。

パソコン初心者ならウィルスバスター

f:id:rick1208:20200708172233p:plain
どっちかと言えば、パソコン初心者ならウィルスバスターかなと思います。どっちを選ぶべきかというよりはどっちの方が安全なのかということになるかと思います。どっちもいいものですが、どっちかというとウイルスバスターがいいかと思います。

Windows Defender、ウィルスバスターの評価

f:id:rick1208:20200708133936p:plain
回避策についてまとめていきましたので、ここからはWindows Defender、ウィルスバスターの評価についてここでご説明していきたいと思います。

ツイッターのレビュー

f:id:rick1208:20200708122550p:plain
こちらは実ときのツイッターでのレビューになります。見てみると、やはり回避策としてセキルティソフトのウイルスバスターは入れておいた方がいいかと思います。回避策はこうなったときにやっておけばと良かったと思うものだと思います。