漫画の地球儀

ローカルグループポリシーエディタを起動して設定変更する方法!【Windows10、pc、パスワード】

スポンサーリンク

Windows10のローカルグループポリシー

f:id:rick1208:20200704043134p:plain
Windows10の「ローカルグループポリシー」とは、使用しているパソコンを色々な設定や運用規則に適用させる設定画面のことです。

まず、「グループポリシー」とは、その前身である「システム・ポリシー」の不十分な点を解決するのでにActive Directoryで新たに導入されたメカニズムです。Active Directoryのように多くのドメイン(グループ)にポリシーを適用させる「グループポリシー」に対し、個人的なカスタマイズ設定を「ローカルグループポリシー」と言います。

Windows10の「ローカルグループポリシー」という機能は、Windows10管理のために備わっている標準機能の1つです。

Windowsをカスタマイズする設定画面

f:id:rick1208:20200704043155p:plain
Windows10のローカルグループポリシーを起動すると、使用しているパソコンに対して色々なカスタマイズが可能です。

たとえば、スタート画面やタスクバーのレイアウトを色々な部署や組織に合わせて最小限のものへとカスタマイズが可能です。他にも、パスワード設定に文字数の制限をつけたり、期限を設けたりといったカスタマイズが可能です。

ローカルグループポリシーエディタ(gpedit、msc)が使用可能な環境

f:id:rick1208:20200704043229p:plain
「ローカルグループポリシーエディタ(gpedit、msc)」とは、ローカルグループポリシオブジェクト(操作)の全部の設定を管理可能なマイクロソフト管理コントロール(MMC)のスナップインです。

Windows10のローカルグループポリシーは、エディション(環境)によっては使用できない場合があります。

使用可能なエディション

f:id:rick1208:20200704045325p:plain
Windows10のローカルグループポリシーは、使用可能なパソコンが限られています。Windowsの中でローカルグループポリシーの使用が可能なエディション(環境)は、以下の通りです。

Windows 10 Pro
Windows 10 Enterprise
Windows 10 Education
Windows10 Pro

Windows10 Homeは使用できない

f:id:rick1208:20200704045347p:plain
「Windows10 Home」を含むその他のエディションでは、ローカルグループポリシーを使用可能でせん。

「Windows10 Home」を含むその他のエディション(環境)がローカルグループポリシーを使用するには、事前に「グループポリシーエディター」を有効にしておく必要があります。もしくは「Windows 10 Home」から「Windows 10 Pro」へのアップグレードする方法もあります。

ローカルグループポリシーを使用する前に、使用しているパソコンのエディション(環境)についてチェックしましょう。

Windows10でローカルグループポリシーエディタを起動する

f:id:rick1208:20200704045439p:plain
それではWindows10でローカルグループポリシーエディタを起動してみましょう。Windows10のローカルグループポリシーの起動方法は2つの方法があります。

起動方法

f:id:rick1208:20200704045455p:plain
Windows10でローカルグループポリシーエディタを起動するには、「検索バーから起動する」か「ファイル名を指定して実行することで起動する」のどっちかの方法で行いましょう。

Windows10で検索バーからローカルグループポリシーエディタを起動する方法は、以下の通りです。
1、デスクトップの画面下部にあるタスクバーの「検索バー」で「gpedit、msc」と記入します。
2、「gpedit、mscMicrosoft Common Console Document)」と表示されるのをチェックし、押します。これでローカルグループポリシーエディターが起動します。
f:id:rick1208:20200704045518p:plain
Windows10でファイルの実行からローカルグループポリシーエディタを起動する方法は、以下の通りです。
1、「Windows」キーと「R」キーを同時に押して、「ファイル名を指定して実行」という画面を表示します。
2、「実行するプログラム名、あるいは開くフォルダーやドキュメント名、インターネットリソース名を記入してください」の表示をチェックし、「gpedit、msc」と記入し、「OK」を押します。これでローカルグループポリシーエディターが起動します。

Windows10のローカルグループポリシーで設定

f:id:rick1208:20200704045655p:plain

Windows10のローカルグループポリシー機能を使うと、使用しているWindows10の色々なカスタマイズ設定が可能になります。では、Windows10のローカルグループポリシーでは具体的にどんなカスタマイズが可能なのと思いますか?

以下では、Windows10のローカルグループポリシーを使ったカスタマイズの例をいくつかご解説します。

レジストリのカスタマイズは一歩間違えると使用しているWindows10が正常に機能しなくなる恐れがあります。しかしローカルグループポリシー機能を使うと便利で安心にWindows10のスタマイズが可能です。Windows10のローカルグループポリシーを使用して、実ときに使用しているWindows10の設定をカスタマイズしてみましょう。

スタート画面のレイアウトを適用・強制する

f:id:rick1208:20200704045709p:plain
Windows10のローカルグループポリシーを起動すると、使用しているWindows10のスタート画面のレイアウトをカスタマイズ可能です。Windows10のスタート画面をレイアウトした「、xml」ファイルをデバイスに展開することで、カスタマイズしたスタート画面が使用しているWindows10に適用されます。

Windows10スタート画面のレイアウトをカスタマイズする方法は他にもありますが、ローカルグループポリシーを使うことで、イメージを再作成することなく、レイアウトが含まれている 、xml ファイルを上書きするだけで、レイアウトを簡単に適用可能です。

Windows10のローカルグループポリシーを使用して使用しているWindows10のスタートメニューのレイアウトを適用させる方法は、以下のとおりです。

1、デスクトップ下部にある「検索バー」に「gpedit」と記入し、グループポリシーエディターを開きます。
2、スナップインのコンソールツリーで、「コンピューターの構成」→「管理用テンプレート」→「タスクバーとスタートメニュー」の順に押します。
3、メニューウィンドウで、「スタート画面のレイアウト」→「編集」の順に押します。
4、編集の設定ウィンドウで、「有効」を押し、「オプション」でカスタマイズしたスタート画面のレイアウトを、「Export-StartLayout -Path <ファイル名○○>、xml」で記入します。出力したファイルを共有フォルダに置いてUNCパスを定めておきます。

これでローカルグループポリシーを使用して、Windows10のスタートメニューのカスタマイズを適用可能でした。

ストアの使用を禁止する

f:id:rick1208:20200704045740p:plain
Windows10のローカルグループポリシーを使うと、マイクロソフトストアへのアクセスを構成することも可能です。要するに、Windows10のローカルグループポリシーはマイクロソフトストアの使用を禁止することも可能です。

ユーザー権限を使用してWindows10に個人的なアプリをダウンロードできないようにするので、Windows10のローカルグループポリシーはシステム管理者にとっても便利な機能です。
f:id:rick1208:20200704045806p:plain
グループポリシーを使ったマイクロソフトストアを使用禁止にする方法は、以下の通りです。

1、デスクトップ下部にある「検索バー」に「gpedit」と記入し、グループポリシー エディターを検索して開始します。
2、スナップインのコンソールツリーで、 「コンピューターの構成」→「管理用テンプレート」→「Windows コンポーネント」→「ストア」の順に押します。
3、設定ウィンドウで、「ストア アプリケーションをオフにする」→「ポリシー設定の編集」の順に押します。
4、「ストア アプリケーションをオフにする」」の設定ウィンドウで、 「有効」→ 「OK」の順に押します。

ローカルディスクのOneDriveを無効にする

f:id:rick1208:20200704045825p:plain
「OneDrive」とは、クラウド上にある専用のデータ保管場所のことです。「OneDrive」では写真や動画など色々なデータを自由に、そして無料で保存することが可能です。

ローカルグループポリシーを使用してローカルディスク(使用しているパソコン上)の「OneDrive」を無効にしても、クラウド上の「OneDrive」にあるデータは消去されません。ローカルディスク(使用しているパソコン上)の「OneDrive」を無効にすることで、クラウド上の「OneDrive」との同期ができなくなります。

Windows10のローカルグループポリシーを使用してローカルディスク(使用しているパソコン上)の「OneDrive」を無効にする方法は、以下の通りです。

1、デスクトップ下部にある「検索バー」に「gpedit」と記入し、グループポリシー エディターを検索して開始します。
2、スナップインのコンソールツリーで、 「コンピューターの構成」→「管理用テンプレート」→「Windows コンポーネント」→「OneDrive」の順に押します。
3、設定ウィンドウで、「OneDriveをファイル記憶域として使用できないようにする」を押します。
4、「OneDriveをファイル記憶域として使用できないようにする」の設定ウィンドウで、 「有効」→ 「OK」の順に押します。

パスワードの設定をする

f:id:rick1208:20200704182725p:plain
Windows10のローカルグループポリシーを使うと、パスワード設定のカスタマイズも可能です。パスワードは、とてもパソコン管理においてとても大事なものです。ですが、パスワードを忘れてしますことを恐れて単純的に自分自身自身の誕生日や電話番号を登録してはいませんか?

Windows10のローカルグループポリシーを使用して、単純なパスワードを作れないようにカスタマイズ設定してみましょう。パスワードの設定方法は、以下の通りです。

1、デスクトップ下部にある「検索バー」に「gpedit」と記入し、グループポリシー エディターを検索して開始します。
2、スナップインのコンソールツリーで、「コンピューターの構成」→「Windowsの設定」→「セキュリティの設定」」の順に押します。
3、設定ウィンドウで「アカウントポリシー」→「パスワード」の順に押します。
4、「パスワード」の設定ウィンドウで、「ゼロより大きな値」を「有効」→ 「OK」の順に押します

まとめ

f:id:rick1208:20200704181719p:plain

Windows10のローカルグループポリシーを使うと、スタートメニューのレイアウトをカスタマイズできたり、ストアへのアクセス制限をつけたりと、色々な設定に対して自由なカスタマイズが可能です。

ローカルグループポリシーを使用して、使用しているWindows10を自由にカスタマイズしてみましょう。