漫画の地球儀

「おめでとうございます!Googleをお使いのあなた」の原因、対処法【当選者詐欺、「偽サイト」、「日本郵便」】

スポンサーリンク

「おめでとうございます!Googleを利用しているあなた」という通知

f:id:rick1208:20200708172858p:plain
インターネットを楽しんでいると、「おめでとうございます!Googleを利用しているあなた」・・・と謎の通知が来ることがあります。特にGoogleを使用していると表示されることが多く、これを真に受けてしまうと個人情報が抜き取られる可能性も。

今回の記事では、「おめでとうございます!Googleを利用しているあなた」という通知が来る原因と、その対処法についてを説明していきます。この表示はインターネット上でも有名な「詐欺」です。騙されないように注意しましょう。

「おめでとうございます!Googleを利用しているあなた」に似た通知は何件かあり、どれもが詐欺の通知です。下記ではそれらを説明していきますので、チェックしましょう

突然ポップアップで表示

f:id:rick1208:20200708173418p:plain
インターネットを楽しんでいる最中、突然下記のようなポップアップが表示されます。一番上に表示されるURLはさまざまな種類があるようです。

おめでとうございます!

Googleを利用しているあなた!
本日の無料iPhone XiPad Air 2、Samsung Galaxy S6のいずれかの当選者に選ばれました。

OKを押して景品をお受け取りください。そうしない限り別のユーザーに当選権が移行します!

「OK」

偽サイトに誘導

f:id:rick1208:20200708171212p:plain
「おめでとうございます!Googleを利用しているあなた・・・」のポップアップ表示のOKを押すと、Googleギフトに当選したという内容の文が続きます。3つの質問に答えることで、自分自身の欲しいギフトを選択することが出来るのですがこれは「偽サイトへの誘導」。

このまま進んでいけば、偽サイトで個人情報の記入を求められるでしょう。

Google
Googleメンバーシップ・リワード
Googleユーザーのあなた、おめでとうございます!(1)件のGoogleギフトが当選しました!

毎週 土曜日 幸運な10名のユーザーが1日に1回無作為に選ばれ、スポンサーからのギフトが進呈されます。これは当社製品やサービスに対するご愛顧への感謝の印です。

iPhone X, iPad Air 2, Samsung Galaxy S6 の中からお選びください。

賞品を受け取るには次の3つの質問にお答えください。

注意: 10名の無作為に選出されたユーザーがこの招待状を受け取っており、賞品は限られた数のみとなっております。

他の幸運なユーザーに賞品を受け取る権利が移行するまで 0 分 00 秒 です!幸運をお祈りします!

個人情報やクレジットカードを記入させる

f:id:rick1208:20200708133936p:plain
「おめでとうございます!Googleを利用しているあなた」通知のOKを押したあと、そのまま進んでいけば偽サイトに移動し、「個人情報を記入」を求められる画面に移動します。

下記のような内容が表示されますが、ここで個人情報を記入してしまうと、後々取り返しのつかないことになる可能性が。

iPhoneが欲しいですか? それは無料です!

取得する 135¥
新しいiPhone X

135¥でIPHONE Xを入手
「名前」「姓」「住所」「郵便番号」「シティ」「Eメール」
「次へ」

当選画面は偽物、フェイクアラート

f:id:rick1208:20200708122550p:plain
「おめでとうございます!Googleを利用しているあなた」から始まる、Googleメンバーシップ・リワードの当選通知は、一見本当にGoogle側が提供している企画に当選したのか?と勘違いしてしまいそうになります。

しかし、この当選通知はフェイクアラート。決してGoogleは、このような当選企画を行ってはいません。これはGoogleになりすますことで、ユーザーから個人情報を抜き取ろうとしているのです。

偽メッセージの正体は”詐欺”

f:id:rick1208:20200708125239p:plain
「おめでとうございます!Googleを利用しているあなた」の通知はいわゆる「フィッシング詐欺」と呼ばれるもので、無作為に10名の当選者を選んでいると書かれていますが実ときは何人ものユーザーにこの当選通知が行き渡っています。

個人情報を抜き取るためのフィッシングサイト

f:id:rick1208:20200708120916p:plain
「おめでとうございます!Googleを利用しているあなた」でOKを押し、そのまま進めてけばサイトの個人情報記入フォームにたどり着きます。

最終的に個人情報を記入するサイトは、もちろん偽サイト。クレジットカードの番号や住所などを書き込まないように要注意です。

「おめでとうございます!Googleを利用しているあなた」が表示される原因

f:id:rick1208:20200708105116p:plain

今では多くの方がスマホやパソコンでネットサーフィンを行う時代。Googleは特に有名なこともあり、インターネットに強くない方であれば騙されてしまうということも少なくはありません。

「おめでとうございます!Googleを利用しているあなた」の類の通知が表示されるのは一体何故なのでしょうか。原因をチェックしていきます。

フェイクアラートが表示される原因

f:id:rick1208:20200708041710p:plain
フェイクアラートなどの詐欺メッセージが出る原因の多くは、「Web広告」です。Googleに限らず、インターネットではWeb広告が多く配置されています。見ること者の検索履歴などの要因で自動で選ばれる仕組みとなっています。

この広告の中に、不正なコードを紛れ込ませることでフィッシングサイトを出しることが可能です。自動で選ばれるため、Webサイトの運営者に問い合わせても解決しない場合が大半。

アドウェアにより表示される場合もある

f:id:rick1208:20200708041333p:plain
「おめでとうございます!Googleを利用しているあなた・・・」などの表示は、大半がネット広告経由によるもの。けれど、フェイクアラートはGoogleに関するものだけではありません。多くのフェイクアラート・偽サイトが世の中には存在します。

その他のフェイクアラートは、アドウェアによる表示である場合もあります。あまり信用の出来ないアプリなどはダウンロードをしない方が良いでしょう。

当選者詐欺を見分けるコツは?

f:id:rick1208:20200707173746p:plain
当選者詐欺の通知は、減るどころか近頃ではどんどんと多くなってきています。「おめでとうございます!Googleを利用しているあなた」以外にも似たような通知が増え、中にはさらに巧妙なものも。

「おめでとうございます!Googleを利用しているあなた」などの当選通知によるフィッシング詐欺は、どのようにして見分けることが可能なのでしょうか。

この項目では、その当選通知が本物か偽物かを見分けるポイントを解説します。この記事を参考にして、落ち着いて考えてみましょう。

誰かに相談する

f:id:rick1208:20200707174112p:plain

「偽物かどうかなんてすぐ分かる」と、インターネットの情報に強い方などは思うでしょうが、実ときに騙されている方が多く存在しています。それだけ、巧妙なものもあるということでしょう。

分かりやすい通知は、日本語が可笑しかったりするのでそこで見分けがつくこともあります。しかし、見た目だけの判断ではもしも巧妙な、本物のようだと思える通知が来てしまった時に騙される可能性があります。

一番は、「誰かに相談」して一人では判断しないこと。そのような通知がきたら、家族や友人に相談をしてみましょう。第三者目線なら、まず「怪しい」という言葉が出てくることが多いでしょう。

通知の内容を検索でかけてみる

f:id:rick1208:20200707173812p:plain
すぐに相談可能なような相手がいなかった場合は、通知の内容を「検索」してみましょう。恐らく、検索結果の多くが「詐欺」「注意」となっていることでしょう。

先ほどの項目でも述べた通り、このフェイクアラームは多くの人に行き渡っているフィッシング詐欺の通知。その場で判断するのでなく、ちゃんとと自分自身で調査をして判断するということも大事です。

多くの被害が出ている問題なので、似たような内容の通知アラームのチェックもとれるでしょう。

確認が取れなければ偽物

f:id:rick1208:20200707173255p:plain
突然表示される通知に、思わず「えっ本当に?」と慌てて個人情報を記入しようとする方も少なくはないでしょう。しかし、冷静に考えれば「こんな上手い話があるわけがない」と後々思うはず。

調査を行い、本物であるチェックが取れないのであれば偽物と考える方が無難です。例え本物と思えるような巧妙なものであっても、フィッシング詐欺の注意喚起が出ているこの世の中です。わざわざその手段による当選企画を行う企業はいないでしょう。

基本的に、インターネットで突如表示されるポップアップは全部「偽物」であると考えた方が良いと思います。

クレジットカードや個人情報を記入する場合

f:id:rick1208:20200708175013p:plain
実ときにクレジットカードや個人情報を記入する画面に進んでみようと思う方もいるでしょう。この時、通知からそのまま進めるのでなく、「自分自身で画面にたどり着く」ことを心掛けましょう。

記入画面まで自分自身で進めるか?

f:id:rick1208:20200707173305p:plain
個人情報を記入する画面に進みたい場合、Googleで検索をかけたり、自分自身でURLアドレスを記入してみましょう。自分自身で記入画面まで進めるかどうかのチェックです。

本物のトップページから、自分自身で記入画面までたどり着けるかというチェックの仕方を取れば、本物かそうでないかの見分けはつきやすいです。

通知からそのまま進まないことを心掛ければ、フィッシング詐欺の被害は減らせるでしょう。

偽サイト側の匠な工夫にも注意を

f:id:rick1208:20200707163955p:plain
しかし、上記のチェック手段をとったとしても偽サイト側もこちらを信じ込ませるために必死です。最近では本当に巧妙な偽サイトも多くなってきました。

偽サイトのどのような点が、見分けるポイントとなるのでしょうか。チェックしましょう。

コメント欄がおかしい

f:id:rick1208:20200707163938p:plain
コメント欄を見ると、実ときの当選者の声などが書き込まれていることがあります。この表示を見て、本物なのだろうかと信じてしまいそうになる方も多いのです。

しかし、コメントというのは簡単に偽サイト側で偽装ができてしまうもの。作りが雑な偽サイトであれば、似たような声ばかり、botのような簡素なコメントばかりだと思えるものもあるでしょう。

当選者の内容に変な点がある

f:id:rick1208:20200707162751p:plain
コメント欄と合わせて当選者の内容を見ると、可笑しいなと思う場面もあります。

しかし、「おめでとうございます!Googleを利用している貴方・・・」を進めてしまうと突然カウントダウンが始まるため、当選内容などをあまりチェックする時間を与えてくれないのです。

こういった相手に「考えさせる時間を与えない」というのも、詐欺の手口。判断間違いを起こさない様に気をつけましょう。

フェイクアラートが表示された時の対処法

f:id:rick1208:20200707154346p:plain
実ときに「おめでとうございます!Googleを利用している貴方・・・」という、Googleを装った通知が表示されたらどのように対処を行えば良いのでしょうか。

一番の対処法は、「ブラウザの消去」です。しかし、時々ブラウザを閉じようとしても消えない!という時があるのです。その場合の対処法を説明します。チェックしていきましょう。

閉じようとしても消せない時は?

f:id:rick1208:20200707144427p:plain
一番の対処法である「ブラウザの消去」ですが、閉じようとしても消せない時があります。中には繰り返し繰り返し表示される悪質なものも。

その場合は、「ブラウザの強制終了」を行います。iPhoneAndroidの、パソコンの手順は以下のとおりです。チェックしましょう。

iPhoneの場合

f:id:rick1208:20200708175129p:plain
iPhoneの場合はとても簡単で、ホームボタンを2回押したあとアプリ一覧の中からSafariを上方向にスワイプするだけです。立ち上げているアプリ一覧の中からアプリを消しましょう。

Androidの場合

f:id:rick1208:20200708175141p:plain
Androidの場合も、タスクマネージャーから立ち上げているアプリをスワイプで消してしまえば基本的には強制終了となり、ブラウザは消えます。

もしくは、設定からアプリを選択。使用しているブラウザアプリを選んで「強制終了」を押すという手段もあります。確実なのは、設定から行う強制終了です。

パソコンの場合

f:id:rick1208:20200707135027p:plain
Windowsの時になりますが、タスクバーで右クリックをすれば「タスクマネージャー」が開けます。そこから詳細をクリックで選び、プロセスの一覧から「開いてるブラウザ」を右押して「タスクの終了」を選びましょう。

Macの場合は、上のメニューから強制終了を行うことが可能です。

個人情報を記入してしまった時は?

f:id:rick1208:20200707135010p:plain
個人情報を記入してしまった場合は、クレジットカードの会社に連絡して暗証番号の変更・カードの再発行を行ったり、普段使用しているショッピングサイトのIDやメールアドレス、パスワードの変更などを行っておきましょう。

特に、クレジットカードの番号を記入していた場合は即座に会社へ連絡しましょう。不正使用の被害が多発しています。

実ときに被害が出ていた場合は、都道府県警察の「サイバー犯罪相談窓口」に連絡して相談をしましょう。

フェイクアラートを表示しないようにするには

f:id:rick1208:20200707135154p:plain
「自分自身は引っかからない」と思っていても、実ときにフェイクアラートを見てしまうとカウントダウンなどの巧妙な工夫により、慌てて個人情報を記入してしまう・・・という方もいるのが現状です。

こういった被害に合わないためには、まず「通知を出しないようにする」のが一番の対処法。

この項目では、フィッシング詐欺に合わないためにフェイクアラートを出しない方法を解説します。どのような操作を行えば、フィッシング詐欺に繋がる通知を出しないように出来るのでしょうか。

cookieを消去する

f:id:rick1208:20200707130816p:plain
何度も「おめでとうございます!Googleを利用しているあなた・・・」と通知が来る場合は、Web広告の仕組みのせいで表示がされている場合が大半。あるページに訪れたユーザーの元に通知を出していることが多いです。

その場合、は「cookie」の消去を行いましょう。cookieの消去と共に、見ること履歴なども1回消してしまうのが良いかもしれません

cookieの消去は、利用しているブラウザアプリの見ること履歴から消すことが可能です。cookie消去による対処法は以下のとおりです。チェックしましょう。

スマホの消去手順『iPhone

f:id:rick1208:20200708175616p:plain

SafariGoogle Chromeなど、使用しているブラウザアプリは人によってさまざまかと思います。しかし、似た手順でcookieや見ること履歴の消去が可能かと思います。

iPhoneの場合は、「全Webサイトデータを消去」などを選択することでcookieの消去を行うことが可能です。中には、cookie・見ること履歴・キャッシュなど、消去可能なデータを細かく選ぶことが可能なブラウザアプリもあります。

スマホの消去手順『Android

f:id:rick1208:20200708175647p:plain
Androidの場合は、Googleとの連携が強いこともあり、Google Chromeを利用している方も多いでしょう。別のブラウザアプリを使用している方も多いと思いますが、手順は大体同じです。

設定から履歴を開けば、見ること履歴やcookie・キャッシュの消去が可能です。Google Chromeの場合は、消去したいデータにチェックを入れることでそのデータを消すことが可能です。

なので、cookieだけ消したいということであれば他のデータのチェックは外しておきましょう。

パソコンの消去手順『Microsoft Edge

f:id:rick1208:20200708175720p:plain
パソコンの場合も、多くのブラウザソフトが存在します。まず最初はMicrosoft Edgeの消去手順をチェックしていきましょう。Microsoft Edgeの場合は、上の「・・・」マークから設定を開きます。
f:id:rick1208:20200708175730p:plain
設定の中に、見ることデータのクリアという項目があります。そこに、「クリアするデータの選択」というボタンが表示されているかと思います。

「クリアするデータの選択」を押して、選択画面を出しましょう。
f:id:rick1208:20200708175738p:plain
閲覧履歴や、cookie、キャッシュなど、細かく消去したいデータを選択することが可能です。cookieや見ること履歴など、任意の箇所にチェックを入れてください。

チェックを入れたら、「クリア」のボタンを押してデータの消去を行います。
f:id:rick1208:20200708180324p:plain
データの消去が終わると、クリアボタンの下に「すべてクリアされました」という表示が出てきます。この表示が出てきたら、cookieの消去は終了です。

パソコンの消去手順『Google Chrome

f:id:rick1208:20200708180804p:plain
続いては、Google Chromecookie消去手順をチェックしていきます。Google Chromeの場合も、流れは基本的に同じです。先ほどと同じく、上に「・・・」マークがあるかと思います。

「・・・」マークを選択すると、「履歴」という項目があるかと思います。履歴を押して開きましょう。
f:id:rick1208:20200708183030p:plain
閲覧履歴が並ぶ中に、「見ること履歴データを消去する」というリンクがあります。そこをクリックすると、データの消去画面が表示されます。

ここでも、見ること履歴やcookie・キャッシュなど、細かく消去したいデータの選択が可能です。cookieのほか、任意の箇所にチェックを入れて「データを消去する」ボタンを押してください。

履歴やcookieの消去は、定期的に行っておくのが安心です。

リダイレクトブロック機能を有効にする

f:id:rick1208:20200707123518p:plain
通知が来ないように、「リダイレクトブロック」機能を有効にしましょう。リダイレクトブロックとは、偽サイトなどへ誘導するポップアップをブロックする機能のこと。

リダイレクトブロックを有効にしておくことで、フィッシング詐欺の通知は格段に減るでしょう。しかし、怪しいものでないポップアップ表示も勝手にリダイレクトブロックされてしまう可能性があるので注意です。

リダイレクトブロックを有効にするのでの操作手順をチェックしましょう。

スマホの場合『iPhone

f:id:rick1208:20200708183058p:plain
リダイレクトブロック機能が搭載されているGoogle Chromeでの手順を解説します。基本的に、リダイレクトブロックの手順はiPhoneAndroid双方同じです。

設定の中にある、「サイトの設定」という項目をタップで出します。するとその中に、「ポップアップとリダイレクト」という項目があるはずです。

そこをタップで開き、設定をONにしておきましょう。これで、リダイレクト機能が有効になりました。

スマホの場合『Android

Androidの場合も、iPhoneで解説した手順と同じ操作でリダイレクトブロックを行うことが可能です。Google Chromeを利用している人は、リダイレクトブロック機能を有効に活用しましょう。

パソコンの場合『Microsoft Edge

f:id:rick1208:20200708183145p:plain
パソコンのMicrosoft Edgeにも、リダイレクトブロックと同様な機能が搭載されています。設定の中に、上記のような項目がありますので、この機能をONにしておきましょう。

ポップ表示以外にも、害のあるサイトやダウンロードもブロックしてくれます。

パソコンの場合『Google Chrome

f:id:rick1208:20200708183432p:plain
パソコン版のGoogle Chromeも手順はスマホと変わりはありません。設定の中からポップアップとリダイレクトを探し、ブロックの箇所をONにしておきましょう。

フィッシング詐欺防止機能のあるセキュリティアプリを使う

f:id:rick1208:20200707085016p:plain

Google Chromeなどのブラウザアプリに元々搭載されているリダイレクトブロック機能を使うのも有効ですが、中には必要のないものまでブロックしてしまうといってリダイレクトブロック機能をオフにしている方も少なくはありません。

その場合は、フィッシング詐欺防止機能のあるセキュリティアプリを使用しましょう。パソコンにもさまざまなセキュリティソフトが存在しますし、スマホでも無料で使えるアプリが多くリリースされています。

セキュリティ強化にもなりますし、アプリは有効な対処法です。

フィッシングサイトでウイルス感染する危険性は?

f:id:rick1208:20200707085024p:plain
Googleを装ったフィッシング詐欺ですが、来た時点でブラウザを閉じず、そのまま偽サイトを開いてしまった場合「ウイルス感染」などの危険性はないのでしょうか?

怪しいサイトを開くことで、ウイルスやトロイの木馬などに感染するといった被害も多く報告されています。

Googleを装ったフィッシング詐欺によるウイルス感染はあり得るのか、チェックしていきましょう。

閲覧だけでは可能性は低い

f:id:rick1208:20200707084147p:plain
Googleを装ったフィッシングサイトは、今のところ見ることだけでウイルスに感染した!という声はありません。見ることだけでウイルスに感染する可能性は低いでしょう。

しかしGoogleを装ったもの以外にも多くのフィッシング詐欺がありますので、もちろん可能性が0というわけではありません。極力見ることも避けた方が良いでしょう。

プログラムを開いた場合は注意が必要

f:id:rick1208:20200707084220p:plain
Googleを装ったものの場合、大体が個人情報記入の画面に行き着きますが、Google以外の詐欺通知だとアプリやファイルのダウンロード・ダウンロードに誘導するものがあります。

この場合は、ダウンロード・ダウンロードをしないように気をつけましょう。ダウンロードしたプログラムを実行してしまったりすると、そこでウイルスに感染する可能性があります。

特にパソコンでは引っかかりやすいので、パソコン利用者の人は要注意です。

さまざまな「偽サイト」に注意

f:id:rick1208:20200707083017p:plain
上でも述べた通り、「おめでとうございます!Googleを利用しているあなた・・・」以外にも偽サイトへ誘導してくる通知は多く存在します。

Google以外にも、Safari日本郵便を装った通知まであるのです。特に、日本郵便などは騙される人が多いかと思います。この項目では、Google以外にどのような偽サイトが存在するのかを解説します。

他に注意が必要な「偽サイト」「偽画面」表示

f:id:rick1208:20200707074218p:plain
Googleを装ったもの以外には、どのような偽サイト・偽画面が存在するのでしょうか?Google以外のフェイクアラートは以下のとおりです。チェックして、騙されないように気をつけましょう。
f:id:rick1208:20200708183611p:plain
Google以外で多いものだと、「iPhone7おめでとうございます!」という内容の通知。iPhoneのバージョンが最新になっていくと共に、内容は変化していくでしょう。

もちろん、こちらもフィッシング詐欺の一種。iPhoneが実ときに貰えることはないので、この通知が表示されたらすぐにブラウザを消しましょう。

日本郵便

f:id:rick1208:20200708183625p:plain
Google以外だと、「日本郵便」を装った悪質な通知も存在します。Googleの場合、海外企業ということもありその時点で疑いにかかる人は多いです。

しかし、日本郵便の場合実ときのロゴまで使用しているため、騙されてしまう方が多いです。

高齢者の方などは、ロゴを見て「本物かも」と思ってしまうかもしれませんね。このように、巧妙な作り・表示の通知も多くなってきているので要注意です。

「ウイルスに感染しています」

f:id:rick1208:20200708183645p:plain
Google Chromeを使用していると、特に多いのがこの通知です。「利用しているGoogle・・・・・・は(2つ)のウイルスに感染しています!」といった、ウイルス感染を警告する通知。

見たところ、クリックするボタンがとてもGoogleのものと似ていて、思わず本物と信じてしまいそうな作りになっています。その上、ウイルスに感染していると警告が出たら誰でも焦ってしまいます。

焦って「今すぐウィルスを駆除」を押してしまう方も少なくはありません。しかし、この表示が出ても決して「ウイルスに感染している」ということはありません。嘘の警告です。今後この通知が表示されたら、すぐにブラウザを閉じましょう。

Safariを利用しているあなた!」

f:id:rick1208:20200708183705p:plain
こちらはGoogleを装ったものとよく似ています。「おめでとうございます!Safariを利用しているあなた!」という内容の通知です。Googleを利用していないからといって、安心してはいけません。

こちらも、Googleのものと同様に個人情報を抜き出そうとしてくるもの。そのまま記入画面に進まない様に気を付けてください。すぐにブラウザを閉じ、キャッシュ消去などの対処法をとりましょう。

「おめでとうございます!Googleを利用しているあなた・・・」という通知が表示された時の原因や対処法については以上になります。

いかがでしたか?一見本物のGoogleが提供しているように見えてしまう作りであっても、Googleは決してこのような通知を送ったりはしません。Google以外にも注意したい通知はたくさんあります。

ネットサーフィンの最中に送られてくる通知は「全部詐欺のもの」として覚えておきましょう。万が一個人情報を記入してしまった方がいれば、今回解説した対処法でそれ以上に被害に遭わないように対処してください。