漫画の地球儀

スポットライト画像『ロック画面背景』が変わらない原因、対処法!【Windwos10、pc、保存場所】

スポンサーリンク

Windows10のスポットライト

f:id:rick1208:20200705151218p:plain

「スポットライト」を見るチャンスは、「スリープ」を解除してパスワードを記入するまでです。Windows7の頃のロック画面の壁紙は変わりませんでしたが、Windows10になり、動物や風景が表示され一定期間経過すると、画像が変更されます。

Windows10では、素晴らしい絶景が映しだされるようになり、次はどんな風景かなと楽しみになりました。※Windows7のころにもあった、Windowsの「ロック機能」未使用時間が、設定された時間をこえると画面が「ロック」されます。

Windows10スポットライトの設定方法

f:id:rick1208:20200705151006p:plain
しかしその「スポットライト」が、変わらないとしたらどうと思います。他の人のWindowsのロック画面は変化するのに、「自分自身のは変わらない」これはどこか設定の落ち度が考えられます。チェックしてみましょう。

Windowsの「スタートボタン」から設定を押します。
f:id:rick1208:20200705151637p:plain
設定の「ホーム」画面の中から、「個人用設定」を押します。
f:id:rick1208:20200705151742p:plain
「個人用設定」で画面が「背景」になっているので「ロック画面」を選びます。
f:id:rick1208:20200705151812p:plain
上でロック画面の設定が可能です。赤枠の中の下向きの矢印を押してみます。

画面では正常に「Windowsスポットライト」になっていますが、「画像」を選択すると、ロック画面をオリジナル画像に変更することが可能です。「スライドショー」に変更すると画像の切り替え時間を自由に設定可能です。

Windows10スポットライトの画像の保存場所

f:id:rick1208:20200705150934p:plain

C:\Users\ユーザー名\AppData\Local\Packages\Microsoft.Windows.ContentDeliveryManager
_cw5n1h2txyewy\LocalState\Assets

Windows10スポットライトの「ネタ画像」はCドライブの「Users」フォルダの階層をかなり深く進んだところの「Assets」フォルダにあります。上記のパスの「ユーザー名」をパソコンの「デバイス名」に書き換えれば見つけられます。
f:id:rick1208:20200705151854p:plain
上の図が「スポットライト」の画像一覧です。

Windwos10のスポットライト画像が変わらない場合の対処法

f:id:rick1208:20200705150841p:plain
いよいよ具体的に対処法を説明していきます。

スポットライト設定(ロック画面背景)のチェックをしてみる

f:id:rick1208:20200705150509p:plain
Windwos10のスポットライト画像が、変わらない原因はいくつかありますが、ひとつは単純な設定の問題ということもあります。
f:id:rick1208:20200705152044p:plain
「対処法1」たとえば上の画面では背景の設定が「スポットライト」でない「画像」や「スライドショー」になっていると世界の絶景にはならない可能性があります。

エクスプローラからスポットライトの設定ファイルを消去してみる

f:id:rick1208:20200705145911p:plain

C:\users\ユーザー名\AppData\Local\Packages\Microsoft.Windows.ContentDeliveryManager_cw5n1h2txyewy\Settings

「対処法2」上記のパスの「ユーザー名」をWindowsのデバイス名におきかえて、「エクスプローラ」の検索欄の大きい方にコピペして検索すると下記のファイルに移動します。上記のパスは分けて、コピペしようとすると、うまくいかない事もあります。

その場合には「メモ帳」などにコピペすると一列に可能なので、それから一気にコピーして検索欄に貼りつけるとうまくいきます。

※「デバイス名(ユーザー名)」は「バージョン」画面にあります。

windowsスタートボタンをクリック
設定をクリック~「ホーム」画面に行くようにする
ホーム画面から「システム」を選択
「バージョン」をクリック

f:id:rick1208:20200705152143p:plain
「1」のパスはちょっと変化してますが、上記のパスを記入して「enter」を押すとこうなります。そして「2」にあるファイルをすべて「消去」してみます。

プライバシー設定からバックグラウンドアプリをオンにしてみる

f:id:rick1208:20200705114817p:plain
「対処法3」バックグラウンドアプリが無効になっていると「スポットライト」の背景画像が変更されないという報告があります。いちど「バックグラウンドアプリ」をチェックしてみましょう。

「設定」のホーム画面より「プライバシー」を選びて「OFF」になっているアプリを「ON」にして様子を見てみましょう。とくに「MicrosoftEdge」はメインブラウザにしなくとも、メニューに残しておきましょう。「MicrosoftEdge」はスポットライトと連動しています。

従量制課金接続として設定してみる

f:id:rick1208:20200705113706p:plain
「対処法4」Wi-Fiでインターネット接続していると、「従量制課金接続設定」がOFFになっていることも考えられます。「設定」から「ネットワークとインターネット」を押してチェックします。

Windows PowerShellからコマンド記入からの再起動

f:id:rick1208:20200705152420p:plain
Get-AppxPackage Microsoft.Windows.ContentDeliveryManager -allusers | foreach {Add-AppxPackage -register “$($_.InstallLocation)¥appxmanifest.xml” -DisableDevelopmentMode}

「対処法5」上記のコマンドを記入して「Windows Content Delivery Manager」を「Windows PowerShell(管理者として)」から実行して、再ダウンロードすると改善します。

Windowsスポットライトのレジストリを修正「バックアップ必須」

f:id:rick1208:20200705112352p:plain
「対処法6」Windowsの「レジストリ」を編集するときは、バックアップは必ず取るようにしてください。やり直しは可能でせん。

「ファイル」をクリック
「エクスポート」を押してレジストリファイルを「ドキュメント」などに保存
バックアップファイルを使用する場合は「ファイル」⇒「インポート」から読み込む

※詳しくはこの項の下段に公式のリンクがあります

f:id:rick1208:20200705152450p:plain
レジストリ」は「ファイル名を指定して実行」からか、もしくは、タスクバーの検索欄(ここに記入して検索)に「regedit」と記入すれば、開くことが可能です。
f:id:rick1208:20200705152501p:plain
HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Authentication\LogonUI\Creative
~S-1-5-21-・・・ or user SID

エクスプローラー」のような画面が現れます、上のパスに従い辿っていきます。
f:id:rick1208:20200705152819p:plain
見つかりましたら、右の欄で「RotatingLockScreenEnabled」があるかチェックします。上の図のようにあれば問題ありません。
f:id:rick1208:20200705152826p:plain
「RotatingLockScreenEnabled」が見当たらない時には、空いているスペースを右押して追加します

名前~ RotatingLockScreenEnabled
種類~ REG_DWORD
データ ~1

f:id:rick1208:20200705152837p:plain
赤枠の中を書き換えて終了です、再起動すると変更が反映されます。くれぐれも初心者はレジストリの編集は最後の手段として、編集する場合には「バックアップ」を忘れないでください。

Windwos10のスポットライト画像をまとめてダウンロードする

f:id:rick1208:20200705152902p:plain

SpotBrightをダウンロードする

残念ながら現在「SpotBright」は使用することは可能でせん、ですがSpotBrightの基本的な動作の仕組みは判ります。

ダウンロードした画像を壁紙に変更して終了

Windows10の綺麗な壁紙を無料でダウンロード可能なお得なサービス

f:id:rick1208:20200705105300p:plain
SpotBrightではダウンロードした、大量の背景画像を「ピクチャー」に保存しておき、Windowsの「背景」の「スライドショー」機能で、ロック画面を変更していきます。

「SpotBright」の動作をまねて下記の画像で「スポットライト」を作成します。

Windowsのサポート(場所・風景の壁紙)

f:id:rick1208:20200705045221p:plain
鮮やかな風景写真が400以上あります。
https://support.microsoft.com/ja-jp/help/18827/places-landscapes-wallpaper

Wallpaperswide

f:id:rick1208:20200705043342p:plain
アカウントを求められますが幻想的な写真が揃っています。
http://wallpaperswide.com/

Picky Wallpapers

f:id:rick1208:20200705153044p:plain
人物キャラクターが素晴らしいです。
https://pickywallpapers.com/

Large Pictures

f:id:rick1208:20200705155456p:plain
独特な印象の写真が揃っています。
Large Pictures - Best Professional Photo

マイロック画面の作成

f:id:rick1208:20200705155536p:plain
「ロック画面が変わらない」対処法の切り札になります。上記のフリーの風景画像を集め独自のデスクトップを作成します。

「ピクチャー」に「ロック画面用」画像フォルダを作成する
上記のサイトから好みの画像をフォルダに収集する
Windows10のデスクトップの画面で右クリック
f:id:rick1208:20200705155550p:plain
ここでは右押して「個人設定」を選びます。
f:id:rick1208:20200705161523p:plain
「参照」を押します。
f:id:rick1208:20200705161533p:plain
画像を集めたフォルダを指定します。
f:id:rick1208:20200705161545p:plain
「背景欄」の矢印を押します。
f:id:rick1208:20200705161555p:plain
一覧から「スライドショー」を選びます。
Windwos10のスポットライト画像8
f:id:rick1208:20200705161608p:plain
ロック画面の切り替わる間隔をうまく設定して終了です。毎日異なる壁紙になります。