漫画の地球儀

『Game DVR』で録画できないときの原因、対処法!【Windows10、pc、エラーメッセージ、デメリット】

スポンサーリンク

Windows10の「Game DVR」

f:id:rick1208:20200706112942p:plain
Game DVRはWindows10の標準機能の一つです。ここではこの「Game DVR」とはいったいなんなのか?という点から説明していきます。

標準機能でデスクトップを録画可能な機能

f:id:rick1208:20200706112927p:plain
Game DVRはデスクトップを録画可能な機能のことを指します。ブラウザやWindows10に搭載された各アプリもGame DVRで録画開始することが可能です。ゲーム録画も可能です。

Game DVR最大の特徴はバックグラウンドで録画が可能という点と思います。ゲーム録画可能なアプリは他にも沢山ありますが、Game DVRでは手動でアプリを起動設定せずとも、最大10分前までの動画を保存可能です。

要するに、いちいち録画開始を設定しなくてもいいわけです。特にゲーム録画をしている場合、良いプレイができた時だけゲーム録画を保存可能なので、手動でアプリを起動させたり録画開始を設定させたりする手間がなくなるというメリットがあります。

また、Game DVRは無料なので誰でも気軽に使用可能な点もありがたいですね。ちなみにこのGame DVRはXboxアプリというソフトに含まれていた機能です。

Xboxアプリアプリは元々Windows10に搭載されているので、わざわざゲーム録画する為にフリーソフトをダウンロードする手間も省けます。

ここではそんなGame DVRを使用する為の要件や録画開始方法、そして実ときに録画できない場合のエラーメッセージやXboxアプリのゲームバーを出しる方法などについて触れていきます。

合わせて対処法に対するデメリットについてやGame DVRで録画開始できない時のための代替ソフトなどについてチェックしていきましょう。

Windows10の「Game DVR」に必要なハードウェア要件

f:id:rick1208:20200705214756p:plain
Windows10の「Game DVR」で録画できない場合の対処法の前に、まず最初はなぜ「Game DVR」で録画できないのか、「Game DVR」に必要なハードウェア要件についてチェックしていきましょう。

「Game DVR」はビデオカードに関わらずスクリーンショットをキャプチャすることが可能となっています。しかし、実ときに「Game DVR」でゲームクリップをキャプチャするには「Game DVR」のハードウェア要件を満たす必要があります。

その要件に満たなければ、当然録画はできないというわけです。

対応するハードウェア要件

f:id:rick1208:20200705205523p:plain
「Game DVR」ではハードウェア要件として以下三種のエンコーダーのいずれかに対応している必要があります。

Intel Quick Sync H、264
NVidia NVENC
AMD VCE


どれか一つ対応していなければ、録画は可能でせん。一つひとつチェックしていきましょう。

Intel Quick Sync H.264

一つ目の「Game DVR」のハードウェア要件のエンコーダーIntel Quick Sync H、264です。エンコーダーとは機械的な位置の変化を電気信号として位置情報を出力してくれる装置のことです。

NVidia NVENC

二つ目の「Game DVR」のハードウェア要件のエンコーダーNVidia NVENCです。Nvidiaのビデオエンコードエンジンとなっています。CPUによるエンコードよりも省電力になるのが特徴です。

AMD VCE

三つ目の「Game DVR」のハードウェア要件のエンコーダーAMD VCEです。最新版のグラフィックカードのドライバーAMD公式サイトからダウンロード可能です。

上記三種のうちどれかに対応していない限り、Game DVRで録画はできないので気を付けておきましょう。

Windows10の「Game DVR」で録画する方法

f:id:rick1208:20200705205105p:plain
続いてはゲーム録画を設定したい方向けに、Windows10の「Game DVR」で録画開始する方法について触れていきましょう。

録画のやり方

f:id:rick1208:20200705201018p:plain
録画のやり方については、通常の録画開始やり方とバックグラウンドで録画するやり方の2種類があります。まず最初は通常の録画開始やり方についれ触れていきましょう。

通常の録画開始やり方

通常の録画開始やり方としては、まず録画開始したいアプリのウィンドウをアクティブ状態にしてみましょう。その状態から「Windowsキー + G」を押してみてください。すると、「ゲームバーを開きますか?」というポップが表示されます。

そのポップに対して「はい、これをゲームとして記憶します」にチェックを入れればゲームバーが表示されます。ちなみにゲームバーが表示されない場合、ゲーム録画はできないので気を付けてください。

ゲームバーが表示されたら「今から録画」ボタンをクリックするだけでゲーム録画されます。ゲーム録画を停止したい場合は停止ボタンもしくはタイマーの停止ボタンを押してください。

バックグラウンドで録画するやり方

f:id:rick1208:20200705185617p:plain
続いてバックグラウンドで録画したい場合についてです。バックグラウンドで録画したい場合、特に手動で起動・設定といった作業をする必要はありません。バックグラウンドで録画する場合、最大10分前からの映像が自動で録画されます。

実ときにゲーム録画を残したい場合は、ゲームバーの「録画する(バックグラウンド録画の保存)」ボタンを押してみてください。すると、自動でバックグラウンドで録画されていた映像が保存される仕組みとなっています。

このバックグラウンドで録画を有効化させたい場合は「ゲームのプレイ中にバックグラウンドで記録する」を「オン」にして「最後を記録する」で時間を選択(最長10分)する必要があります。

エラーメッセージ

f:id:rick1208:20200705175143p:plain

Windows10の「Game DVR」で録画できないパターンがあります。そのGame DVRを録画できないパターンとしては、エラーメッセージが表示されるパターンがあります。ここではエラーメッセージが表示された場合の対処法について触れていきたいと思います。

エラーメッセージが表示される場合

f:id:rick1208:20200705150841p:plain
Game DVRでエラーメッセージが表示されてしまい録画できない場合、例えば以下のようなエラーメッセージが表示されます。

このパソコンはクリップ録画に必要な条件を満たしていません
録画可能なものがありません。しばらくプレイしてからもう1回お試しください


一つ目の「このパソコンはクリップ録画に必要な条件を満たしていません」というエラーメッセージはGame DVRのハードウェア要件を満たしていない場合に表示されます。要件を満たしていないので、当然録画はできないわけです。

ですので、前述したハードウェア要件であるIntel Quick Sync H、264やNVidia NVENC、AMD VCEの三種のエンコーダーいずれかに対応してみてください。

二つ目の「録画可能なものがありません。しばらくプレイしてからもう1回お試しください」というエラーメッセージについては、パソコン(パソコン)を再起動することで改善する可能性があります。

録画できないのも一時的なものかもしれないというわけです。このエラーにより録画できないパターンについてハイパーネーション機能を無効にすることで改善する可能性もあるようです。
f:id:rick1208:20200706120009p:plain
ハイパーネーションとは、コンピュータの実行状態を保存した状態で電源を切ったうえで、次回起動時に休止前の状態を再現する機能です。

ハイパーネーション機能を使用したい場合はコマンドプロンプトを管理者権限で実行、「powercfg 、h off」と記入し、enterキーを押してみてください。
f:id:rick1208:20200706120018p:plain

ゲームバー

f:id:rick1208:20200705150509p:plain

続いてはWindows10の「Game DVR」で録画できないパターンとしてゲームバーが表示されないときの対処法やそのデメリットについてチェックしていきましょう。

ゲームバーが出ない、表示されない場合の対処やり方

f:id:rick1208:20200705145911p:plain
ゲームバーが出ない・表示されずGame DVRで録画できない場合の対処法としては、以下やり方を行ってみてください。

Xboxアプリを起動し設定画面を開く
・ゲーム録画タブを選択
・バックグラウンドで録画 のチェックボックスをオフに設定

f:id:rick1208:20200706120145p:plain
ゲームバーが出ないことで録画できない場合の対処やり方ではバックグラウンドでの録画設定を解除する為に行います。

バックグラウンドでの録画設定を解除するにはXboxアプリを開く必要がありますので、まず最初はXboxアプリを起動し設定画面を開いてみてください。
f:id:rick1208:20200706120227p:plain
Xboxアプリを開いて設定画面を出したら、続いてゲーム録画タブを選びてみましょう。ゲーム録画タブの中に「バックグラウンドで録画」というチェックボックスが表示されていることをチェックしてください。

今回の対処法では、このチェックボックスをオフにすることが目的となっています。

Xboxアプリの設定画面にあるゲーム録画タブから「バックグラウンドで録画」の項目を見つけたら、そのチェックボックスをオフに設定してみてください。これにより、録画できないパターンを改善可能な可能性があります。

チェックボックスをオフにできたら、最後は録画したいゲームを再起動します。ただし、このXboxアプリを起動させてバックグラウンドで録画のチェックボックスをオフに設定方法にはデメリットもあります。

ここではそのデメリットについても記載しておきましょう。

この方法のデメリット

f:id:rick1208:20200705105300p:plain
今回指定したチェックボックスをオフにする場合のデメリットとは、自動で録画開始されなくなるという点です。この対処法はバックグラウンド録画をオフにするというものなので、事前に録画開始を指定しないと録画できなくなるというデメリットがあります。

ですので、録画できないけどこのデメリットを負いたくないという場合は、バックグラウンドで録画ができず・ゲームバーも表示されない場合でも一旦他の対処法を行っておくとよいと思います。例えば、Winキーが無効化されているパターンもあります。

ゲームバー自体はショートカットキーを変更させることも可能です。Windows10の設定からゲームを選び、ゲームバーを出しると「キーボードショートカット」という項目があります。

このキーボードショートカットを設定すれば、xboxアプリを開かずともゲームバーの表示が可能となる場合もあります。ゲームバーが表示されず録画できないと悩んでいる人は上記方法を検討してみてください。
f:id:rick1208:20200706120324p:plain

代替ソフト

f:id:rick1208:20200706120354p:plain
続いては、Windows10の「Game DVR」で録画できないときの対処法として代替ソフトについて触れていきたいと思います。今回解説するのは「VideoProc」と「Aiseesoft スクリーンレコーダー」の二つです。

VideoProc

f:id:rick1208:20200705045201p:plain

VideoProcとは、動画編集を目的とした動画ソフトです。DVD形式変換や動画形式変換、動画サイト保存、パソコン画面録画などが機能として備わっています。

特徴

動画形式変換は色々な記入形式に対応しており、MP4、AVI、WMV、MPG、FLV、ASF、MKV、TS 、MOV、H、264、HEVCといった動画形式に変換・圧縮・リサイズが可能となっています。

また、字幕やトリミング、クロップ、エフェクト、回転、結合など、色々な編集機能も備わっているのが特徴です。他にも手振れ補正やレンズ補正といった修正も可能となっています。

さらにyoutubeニコニコ動画、FC2動画など、色々な動画サイトからの動画ダウンロードも可能です。音楽形式でのダウンロードも可能です。ダウンロードもURLをコピペして保存形式の指定を行うだけなのでとても簡単です。

パソコン画面録画についても全画面録画やウインドウ録画、範囲指定録画が簡単に可能です。気になる人はダウンロードサイトは以下リンクからチェックしてみてください。

ただし、無料版の場合は各機能の使用は5分間までと制限されているので、この点には気を付けておきましょう。

Aiseesoft スクリーンレコーダー

f:id:rick1208:20200705045124p:plain
続いてはAiseesoft スクリーンレコーダーについて説明していきましょう。Aiseesoft スクリーンレコーダーは画面キャプチャソフトです。

特徴

パソコン画面の録画については全画面録画か指定のエリア内を録画する方法に別れます。録画するビデオには文字を付けたり枠や矢印を描くといった機能も用意されています。youtubeなどのオンライン動画ファイルを見たまま録画も可能となっています。

また、音声レコーダーを選択すれば音声の録音も可能です。さらにスクリーンショットを撮影することも可能です。スクリーンショットは範囲を自由に指定することも可能です。

どうしてもGame DVRで録画できない場合、今回解説した2つのソフトを使用してみるのも一つの手段といえると思います。

まとめ

f:id:rick1208:20200705043302p:plain
ここではWindows10の「Game DVR」とはどんな機能なのか?Game DVRに必要なハードウェア要件やGame DVRで録画する方法、Game DVRで録画できないときの対処法、別の録画ソフトなどについて触れてみました。

Game DVRはWindows10に最初から備わっているデスクトップ録画機能です。ただし、使用するにはIntel QuickSync H、264やNVidia NVENC、ーAMD VCEといったハードウェア要件があります。

Game DVRで録画できない場合、まず最初にチェックするのが上記ハードウェア要件と思います。エラーメッセージについてもこのハードウェア要件が指定されるパターンもあります。

ゲームバーが出ない場合はXboxアプリからバックグラウンドで録画のチェックボックスをオフにすれば改善する場合もあります。ただしこの方法は事前録画が行えなくなるというデメリットもあります。

このデメリットは事前録画を普段している方には影響が大きいので、このデメリットのある方法を使用する前に、Winキーが無効化されているかどうかチェックしたり、ゲームバー表示の為のショートカットキーを変更するといった対処法も行ってみてください。

Game DVRの録画やり方自体方法はとても簡単ですが、どうしてもエラーやバックグラウンドで録画のチェックボックスをオフにするのが気になる場合は別のソフトを使うのも一つの手段です。

今回解説したVideoProcやAiseesoft スクリーンレコーダーはどっちも使い勝手が良いものなので、まず最初は無料版から試してみると良いと思います。