漫画の地球儀

Telnetコマンドを使うための有効化する方法!【Windows、メリット、無効化、pc、クライアント】

スポンサーリンク

Telnetコマンド

f:id:rick1208:20200706120354p:plain
それでは、まずTelnetコマンドとは何?からご解説します。

単純な文字コードで行うコマンドのこと

f:id:rick1208:20200706112942p:plain
Telnetコマンドとは、単純な文字コードで行うコマンドのことです。ネットワークプロトコルにおける、基本的なコマンドやデータなどのやりとりを調べるために役に立ちます。

使用するメリット

f:id:rick1208:20200706121341p:plain
次に、Telnetコマンドを使用するメリットについて、ご解説します。

サーバの疎通チェックが可能

Telnetコマンドを使用するメリットは、サーバの疎通チェックが可能なことです。

TelnetコマンドをWindowsで使うときの気を付ける点

f:id:rick1208:20200706112927p:plain
次に、TelnetコマンドをWindowsで使うときの気を付ける点について、ご解説します。

初期設定ではWindowsでの使用はできない

f:id:rick1208:20200705214756p:plain
Telnetコマンドは、初期設定ではWindowsでの使用はできないので、その点を気を付けてください。

elnetコマンドをWindowsで使うために有効化する手順

f:id:rick1208:20200705205523p:plain
続きまして、TelnetコマンドをWindowsで使うために有効化する手順について、ご解説します。

有効化の手順

f:id:rick1208:20200705201018p:plain
TelnetコマンドをWindowsで使うための有効化の手順について、以下のとおり解説します。

スタートからコントロールパネルを選択

まず最初は、スタートからコントロールパネルを選びます。スタートは、デスクトップの左下にありますので、スタートからコントロールパネルを選択するのを迷った時は、そこをチェックしてください。

プログラムと機能からTelnetクライアントを有効化

スタートからコントロールパネルを選びたら次に、プログラムと機能の中から「Windowsの機能の有効化あるいは無効化」を選びます。プログラムと機能は見つけやすいと思います。

そして、プログラムと機能の中から「Windowsの機能の有効化あるいは無効化」を選択できたら、Windowsの機能の一覧から「Telnetクライアント」のチェックボックスを有効にして「OK」を選びます。

コマンドプロンプトでヘルプが表示可能なかチェック

Telnet」が使えるかどうか、コマンドプロンプトでヘルプが表示可能なかチェックします。コマンドプロンプトでヘルプが表示できれば、「Telnet」が使えます。ですので、コマンドプロンプトでヘルプが表示可能なかはきちんとチェックしてください。

コマンドプロンプトでヘルプが表示可能なかチェックすることがコツになります。

TelnetコマンドをWindowsで使う方法

f:id:rick1208:20200705185617p:plain
続きまして、TelnetコマンドをWindowsで使う方法について、ご解説します。

基本的な使用方法

f:id:rick1208:20200705175143p:plain
TelnetコマンドをWindowsで使う方法について、基本的な使用方法をご解説します。

コマンドモードでの起動

TelnetコマンドをWindowsで使う方法の基本的な使用方法としては、まずコマンドプロンプトを起動します。

サーバへの接続

次に、接続先サーバ名(ホスト名)を指定してTelnetクライアントを起動するという方法が基本的な使用方法になります。

TelnetコマンドをWindowsで無効化する手順

f:id:rick1208:20200705151218p:plain
次は、TelnetコマンドをWindowsで無効化する手順について、ご解説します。

無効化の手順

f:id:rick1208:20200705150841p:plain

Telnetクライアント」のチェックボックスをはずし、無効にして「OK」を選びます。

f:id:rick1208:20200706124411p:plain