漫画の地球儀

Windows10のエクスプローラの便利な使い方!【設定、システムツール、pc、リボン、カスタマイズ】

スポンサーリンク

Windows10のエクスプローラーを起動させる方法

f:id:rick1208:20200705113706p:plain

Windows10に標準で装備されている「エクスプローラー」は、Windowsパソコン内のファイルやフォルダーを検索したり見ることしたり可能な管理機能のことで、実は知らないうちに利用しているものになります。そんなWindows10のエクスプローラーを説明していきます。まず最初は、エクスプローラーの起動方法について見ていきましょう。

Windows10のショートカットキー

f:id:rick1208:20200705113046p:plain
Windows10のエクスプローラーの一番手っ取り早い起動方法はショートカットキーかと思います。「Windowsキー+E」でエクスプローラーを起動可能です。Windowsキーと「Explorer(エクスプローラー)」の頭文字の「E」のキーなので、覚えやすいですね。

Windowsシステムツール

f:id:rick1208:20200705114817p:plain
ショートカットキーで起動する以外には、「Windowsシステムツール」から起動する方法が一般的と思います。まず最初は、Windows10のデスクトップのタスクバーにある「Windowsマーク」のアイコンを押します。

すべてのアプリが表示されますので、「W」の項目を探します。

「W」の項目の中の「Windowsシステムツール」を押します。

エクスプローラー」を押します。

エクスプローラーを起動可能でした。

Windows10のスタートメニューの機能を使うと、簡単に起動することも可能です。

Windows10のスタートメニューを開き、「エクスプローラー」を右押します。するとサブメニューが表示されるので、「スタートにピン留めする」を押します。

スタートにエクスプローラーが追加されました。今後はこちらをクリックするだけで起動が可能です。

Windows10のエクスプローラーの設定

f:id:rick1208:20200705105300p:plain
Windows10のエクスプローラーを起動で来たところで、次はエクスプローラーを利用しやすいように設定しておきましょう。初期設定のままだと使いづらいところもあるかと思います。自分自身好みに設定しましょう。

起動時の場所の設定

f:id:rick1208:20200705120336p:plain
まず最初は、Windows10のエクスプローラーを起動したときの場所の設定について解説します。初期設定のままだと、「クイックアクセス」が表示されます。これをデバイスやドライブの表示に変更可能です。最初に、エクスプローラーを起動し、上部にある「表示」のタブを押します。

次に、画面上部のリボンのバーの右側ある「オプション」を押します。
f:id:rick1208:20200705120356p:plain
すると、フォルダーオプションが開きますので、「エクスプローラーを開く」の横のプルダウンを選びます。
f:id:rick1208:20200705120403p:plain
プルダウンを開くと、「クイックアクセス」か「パソコン」かを選択可能です。
f:id:rick1208:20200705120807p:plain
ここで、「パソコン」を選びて「OK」あるいは「適用」を押します。

このように「パソコン」に設定すると、次回エクスプローラーを起動したときには、上の画像のように初期表示が「パソコン」に変わります。

拡張子を表示設定

f:id:rick1208:20200705045221p:plain
次に、Windows10のエクスプローラーの拡張子の表示を設定しましょう。初期設定だと、拡張子は非表示の状態で、たびたび不便な場面が出てくるかと思います。拡張子を表示する設定方法について説明していきます。
f:id:rick1208:20200705120830p:plain
ちなみに、初期設定のままだと、上の画像のようにファイル名の後に拡張子が付いていません。

まず、Windows10のエクスプローラーを起動し、上部にある「表示」のタブを押します。

画面上部のリボンのバーの「表示、非表示」の「ファイル名拡張子」のチェックボックスにチェックを入れればOKです。

この設定後は、上の画像のようにファイル名に拡張子が表示されています。

Windows10のエクスプローラーの便利な使用方法

f:id:rick1208:20200705045201p:plain
ここからは、Windows10のエクスプローラーの便利な使用方法についてご説明していきます。エクスプローラーを使いこなすには必須となりますので、ぜひ覚えておきたいところです。

クイックアクセス

f:id:rick1208:20200705120857p:plain
まず最初は「クイックアクセス」です。これは、Windows10でよく使うフォルダーや最近使用したファイルにすぐにアクセスすることが可能な場所です。お気に入り機能と言えばお分かり頂けるかと思います。そして、クイックアクセスには好きなフォルダーを登録することが可能です。その方法をチェックしていきましょう。
クイックアクセスへのフォルダーの追加

クイックアクセスに追加したいフォルダーを出します。

追加したいフォルダーを右押します。

「クイックアクセスにピン留めする」をクリックすると、クイックアクセスに追加されます。
f:id:rick1208:20200705120925p:plain
なお、クイックアクセスに追加したフォルダーには、上の画像のようにピンのマークが付きます。

また、エクスプローラーのリボンのバーを表示していれば、もっと簡単にクイックアクセスへの追加が可能です。追加したいフォルダーを選びておき、ホームタブを選びてリボンの左端の「クイックアクセスにピン留めする」を押してもOKです。

クイックアクセスからのフォルダーの解除

f:id:rick1208:20200705045147p:plain
クイックアクセスへフォルダーを追加したのとは反対に、解除する方法についても説明しておきます。やり方は簡単です。

クイックアクセスを開き、解除したいフォルダーを右押します。

ここで、「クイックアクセスからピン留めを外す」をクリックすれば解除されます。

リボン

f:id:rick1208:20200705121001p:plain
Windows10のエクスプローラーのリボンとは、上の画像の赤枠で囲われた部分のことです。従来のWindowsツールバーが新しくなったもので、視覚的に操作可能なようになっています。タブをクリックすることで、リボンのバーを出しることが可能です。

このリボンのバーを常に出しることも可能です。エクスプローラーの上部右端にある「v」のアイコンをクリックすれば常に表示されます。
f:id:rick1208:20200705121316p:plain
また、選びているフォルダーやファイルの種類によって、上の画像のようにリボンのタブの項目が変わります。

クイックアクセスツールバーをカスタマイズする

f:id:rick1208:20200705121322p:plain
クイックアクセスツールバーは、Windows10のエクスプローラーの上部左端の部分のことを指します。ここでは、フォルダーの作成やプロパティを開くなどの、よく使う機能のショートカットを登録可能です。

ショートカットの追加方法は、まず、クイックアクセスツールバーの右端の「▼」を押します。すると、追加が可能なショートカットの一覧が出てきますので、追加したいショートカットにチェックを入れればOKです。

フォルダーオプション

f:id:rick1208:20200705121339p:plain
フォルダーオプションは、Windows10のフォルダーに共通した設定を施せる機能のことです。とても細かい設定も可能になっています。フォルダーオプションは、エクスプローラーの表示タブを押し、リボンの「オプション」をクリックすれば表示可能です。
f:id:rick1208:20200705121407p:plain
フォルダーオプションでは、「全般」「表示」「検索」の3つの設定が可能です。「全般」タブでは、エクスプローラーを起動したときの初期表示の場所を設定したり、フォルダーの参照方法を設定したり可能です。
f:id:rick1208:20200705121413p:plain
フォルダーオプションの「表示」タブでは、フォルダーの表示方法の詳細を設定可能です。
f:id:rick1208:20200705121421p:plain
「検索」タブでは、ファイルやフォルダーの検索方法を設定可能です。

Windows10にはファイルエクスプローラーにタブ機能が付いている?

f:id:rick1208:20200705043342p:plain
Windows10でブラウジングするときには、Google Chromeなどのブラウザを使うと思いますが、それらのブラウザでは「タブ機能」がもはや当たり前に標準装備されており、皆さんもタブ機能をなにげなく使用されているかと思います。このタブ機能がなければ、複数のウィンドウを立ち上げなければならず、なかなか不便ですよね。

そして、Windows10のエクスプローラーには、残念ながらこのタブ機能は付いていません。ですので、複数のフォルダーを開いて操作しなければならず、不便に感じる場面が多いかと思います。しかし、「QTTabBar」というオープンソフトウェアがあれば、Windows10のエクスプローラーにタブ機能を追加可能です。このQTTabBarを説明していきます。

QTTabBarをダウンロード

f:id:rick1208:20200705043302p:plain

それでは、QTTabBarをダウンロードしてみましょう。まず最初は、QTTabBarをダウンロードします。
QTTabBar - QuizoApps

QTTabBarをダウンロード可能な公式サイトです。

ダウンロードは公式サイトがありますので、ここからするのが良いと思います。

QTTabBarはZIPファイルでダウンロードされます。まず最初は、このZIPファイルを展開しましょう。ZIPファイルを押します。

「展開タブ」を開き、リボンのバーにある「すべて展開」を押します。
f:id:rick1208:20200705121514p:plain
展開先を選び、「展開」を押してZIPファイルを展開します。「終了時に展開されたファイルを表示する」は任意でチェックを入れます。
f:id:rick1208:20200705121522p:plain
展開できました。次に、展開したフォルダーをダブル押して開きます。

展開したフォルダーにはいくつかファイルが入っていますが、「QTTabBar、exe」ファイルをダブル押して起動します。
f:id:rick1208:20200705121551p:plain
セットアップウィザードが開きますので、「続行」を押します。
f:id:rick1208:20200705121602p:plain
「スタートメニューに項目を作成する」には任意でチェックを入れます。そして、「アクションの選択」で、「ダウンロード」を選び、「続行」をクリックすると、ダウンロードが始まります。
f:id:rick1208:20200705121610p:plain
ダウンロードが無事成功しました。あとは再ログインあるいは再起動をしてダウンロードが終了です。

最後に、Windows10のエクスプローラーを起動し、表示タブを開き、リボンの「オプションの文字」のところ(アイコンではない)をクリックすると、使いたい機能を選択可能です。ここで、「QTタブバー」を選択すると、タブ機能が有効化されます。
f:id:rick1208:20200705121622p:plain
タブ機能が有効化されると、上の画像のようにタブが使えるようになります。これでフォルダーやファイルをサクサクと扱えるようになります。

タブ機能だけではない

f:id:rick1208:20200705043235p:plain
さて、ここまで読んできた方ならお気づきかもしれませんが、QTTabBarはWindows10のエクスプローラーにタブ機能を追加するだけではなく、さまざまな機能を追加してくれています。そのうちいくつかの機能をご解説します。

まず、画像や動画、ドキュメントファイルにカーソルを合わせるだけで、プレビューを見ることが可能です。これまでは、いちいちファイルを開かなくては中身が分からなかったものが、カーソルを合わせるだけで分かるわけですから、これは画期的です。
f:id:rick1208:20200705121706p:plain
フォルダーにカーソルを合わせると「↓」のアイコンが出てきますので、この「↓」をクリックすると、そのフォルダーの中のファイルを除くことが可能になります。今までは、フォルダーを開かなくては中に入っているファイルは分かりませんでした。これもかなり画期的なものだと思います。
f:id:rick1208:20200705121715p:plain
上の画像の〇で囲んだ部分のように、空白部分をダブルクリックすると、一つ上の階層へ移動することが可能です。今までは、「↑」のアイコンを押しなければ一つ上の階層へは移動可能でせんでした。
f:id:rick1208:20200705121724p:plain
上の画像のように、ファイルを選び、「QTコマンドバー」の「↑」をクリックすると、ファイルを現在のフォルダーから一階層上に移動することが可能です。これまでは、カット&ペーストなどをしなければならなかったものが、ワンクリックで可能なようになります。

Windows10のエクスプローラーで日付を絞り込むことも可能

f:id:rick1208:20200705041930p:plain
Windows10を使いこなしていると、フォルダーやファイルが多くなっていきます。そして、エクスプローラーでファイルやフォルダを検索しようとするとき、なかなか目当てのフォルダーやファイルが見つからないということもあるかと思います。そんなときは、日付での絞り込みで目当てのフォルダーやファイルを見つけることが可能です。方法を覚えておきましょう。

エクスプローラーで目的のフォルダーを開く

まず最初は、目当てのフォルダーやファイルを探すフォルダーを開きます。目当てのフォルダーやファイルをどこに格納したのか覚えていない場合には、初期表示のままでもよいと思います。

表示方式を「詳細」にする

次に、「表示」のタブを押し、「レイアウト」のところで「詳細」を選びます。

日付時刻のフィールドをクリック

エクスプローラーが詳細表示になったら、「更新日時」にカーソルを合わせます。そして、更新日時の右隣りに現れた「v」のアイコンを押します。
f:id:rick1208:20200705121756p:plain
すると、サブウィンドウが開きます。ここで、日付や日付範囲などを押してチェックを入れます。
f:id:rick1208:20200705121804p:plain
チェックを入れると、フォルダーやファイルが絞り込まれました。このようにすれば、目当てのフォルダーやファイルを探しやすくなります。