漫画の地球儀

Windows10でスクリーンショットが自動保存できない原因、対処法!【pc、画像、コミック】

スポンサーリンク

f:id:rick1208:20200705175143p:plain

Windows10で普段通りにスクリーンショットしたのにもかかわらず、何故か自動で保存されないことがあります。自動でスクショが保存できないと、手間がかかって困ってしまうという人は少なくないと思います。

ここでは、Windows10でスクリーンショットが自動保存できない場合の対処法をご説明していきます。

Windows10でスクリーンショットできない原因

f:id:rick1208:20200705151218p:plain
Windows10でスクリーンショットできない原因は色々なものが考えられますが、大きく分けると

スクリーンショットの方法を間違えている
キーボード及び操作が通常と異なる
スクショを撮りたいWebサイトがPrintScreenキーを無効化している
アプリによってスクリーンショットの保存先が変わっている

といった要因が考えられます。

Windows10でスクリーンショットが自動保存できない場合の対処法

f:id:rick1208:20200705151006p:plain

それでは、Windows10でスクリーンショットが自動保存できない場合の対処法を原因ごとに説明していきます。

スクリーンショットの方法を間違えている場合

f:id:rick1208:20200705150841p:plain
スクリーンショットの方法ですが、いくつかやり方があります。

PrintScreen(プリントスクリーン)キーを押して画面全体をクリップボードにコピーする
Altキー+PrintScreenキーを押してアクティブなウィンドウをクリップボードにコピーする
Shiftキー+Windowsキー+Sキーで範囲指定してクリップボードにコピーする

といった方法があります。

これらの方法は全部「クリップボードにコピーする」方法なので、スクショは自動保存されない点に注意しましょう。

スクリーンショットを自動保存したい場合は「Windowsキー+PrintScreenキー」の同時押しでスクショを撮ることが可能です。

キーボードのレイアウト&操作が通常と異なる場合

f:id:rick1208:20200705150509p:plain
ノートパソコンなどパソコンとキーボードが一体化していたり、メーカー製のパソコンの場合キーボードのレイアウト・表記が通常と異なるパターンがあります。ノートパソコンの場合は、「Fnキー+PrintScreenキー」や「Fnキー+Altキー+PrintScreenキー」といった形でショートカットキーが変わっていることが多いです。

キーボードのレイアウト・表記が通常と異なるパターンの場合はキーボードごとに操作が異なっていることが大半で、InsertキーとPrintScreenキーが同じキーになっている「Insert Prt S」では「Fnキー+Insert Prt Sキー」の同時押しが必要となります。

PrintScreenキーを無効化しているWebサイトの場合

f:id:rick1208:20200705145911p:plain
インターネット上のWebサイトで、右押したらメニューが表示できないといったWebサイトに遭遇したことはありませんか?

Webサイトによっては、ユーザーの特定の行動を禁止にする設定が行われていることがあります。PrintScreenキーも同様に、押しても反応しないようにされているパターンがあります。

そのようなPrintScreenキーが無効化されているWebサイトでは、スクリーンショットを行うことが可能でせん。

他にも、Webコミック配信サイトや動画サイトでは、スクリーンショットしても保存した画像が真っ黒やグレー一色になってしまい、正常に保存できないものがあります。

システム管理者が無効にしている場合

f:id:rick1208:20200705122836p:plain
会社のパソコンなどでは、機密情報をスクショできないように、PrintScreenキーでのスクショを無効にしている場合があります。

その場合は、会社の方針に従うべきですし、どうしても必要な場合はシステム管理者に相談するようにしましょう。

OneDriveでスクリーンショットの保存先が変わっている場合

f:id:rick1208:20200705112352p:plain
Windows10のパソコンには、デフォルトでOneDriveアプリがダウンロードされています。

このOneDriveアプリを使用している場合にスクリーンショットの保存先が変わってしまうことがあります。何故かと言うと、OneDriveにはスクリーンショットをOneDriveに自動保存する設定があるからです。

設定を解除するにはタスクトレイに表示されているOneDriveアイコンを押してウィンドウを出し、「その他」を押しましょう。
f:id:rick1208:20200705185324p:plain
その他メニューが表示されるので、「設定」を押します。
f:id:rick1208:20200705185334p:plain
OneDriveの設定ウィンドウが表示されるので、「バックアップ」タブを押します。スクリーンショット項目の「作成したスクリーンショットをOneDriveに自動的に保存する」のチェックボックスをオフにして、「OK」を押して設定を保存しましょう。

これで、スクリーンショットの保存先がOneDriveではなく元のフォルダに戻ります。
f:id:rick1208:20200705185341p:plain
下記リンク先の記事では、逆にOneDriveにスクリーンショットを自動保存する設定方法をご説明しています。興味のある人はぜひご覧ください。

ディスク容量がいっぱいの場合

f:id:rick1208:20200705043302p:plain
ハードディスクの容量に空きがなければ、スクショの保存もできなくなります。ハードディスク容量がいっぱいでないかのチェックと、いっぱいであれば空き容量を作るようにしましょう。