漫画の地球儀

Windows10の時刻同期方法!【時刻がずれる原因、対処法、NTPサーバー、自動的、変更する方法】

スポンサーリンク

Windows10の時計の時刻がずれる

f:id:rick1208:20200704184308p:plain
普段皆さんが仕事やプライベートで利用しているWindows10の時刻は、正しい時間に合っていますか?仕事やプライベートでよく使うパソコンであるからこそ、時刻はちゃんと合わせておきたいものです。

性能の高いWindows10をダウンロードしているパソコンでも、時計の時刻がずれてることがあります。ここでは、時計の時刻がずれてしまった場合、Windows10の時刻の同期方法、NTPサーバーと同期時間を変更して時間のずれを解消する方法をご説明していきます。

日付と時刻の設定をチェックしよう

f:id:rick1208:20200704181719p:plain
Windows10の時間がずれてしまった場合、まず最初は日付と時刻の設定をチェックしましょう。日付と時刻の設定をチェックするには、まず最初はWindows10のトップ画面を開きましょう。デスクトップ画面の右下にある、システム領域に表示されている「表示時刻」を右押し、設定を変更します。「日付と時刻の調整」を押しましょう。

「日付と時刻の調整」をクリックすると、以下の画像が表示されます。この画面に表示されている内容が、時刻設定の基本内容です。基本的に、時刻設定をする場合は、赤枠で囲まれている「時刻を自動的に設定する」を有効にしましょう。そのときは、タイムゾーン設定が、皆さんがいらっしゃる国に設定されていることも同時にチェックしましょう。
f:id:rick1208:20200704185149p:plain
どうしても自分自身の手で時計を設定したいという場合は、先ほどご解説した、画像内で赤枠で囲まれている「時刻を自動的に設定する」を無効にしましょう。無効にした後、下の画像の赤枠で囲まれている「日付と時刻を変更する」の「変更」を押しましょう。
f:id:rick1208:20200704185202p:plain
「日付と時刻を変更する」の「変更」をクリックすると、以下のような画面が表示されます。設定したい時間を記入し、時間設定が終了したら、「変更」を押し、時刻設定を終了しましょう。

時刻を自動的に設定する

f:id:rick1208:20200704045908p:plain
手動で時間のチェックするのが面倒、可能であれば自動で時刻設定してほしいという場合は、時刻を自動的に設定する方法を身につけましょう。時刻を自動的に設定するには、「インターネット時刻サーバー」とWindows10のパソコンを同期しましょう。同期することで、常に正しい時刻が表示されます。

Windows10のスタート画面から、Windowsマークを押しましょう。「設定(歯車アイコン)」を押し、メニューの中から「時刻と言語」を選びましょう。
f:id:rick1208:20200704185736p:plain
「日付と時刻」というタブから、「別のタイムゾーンの時計を追加する」という項目を選びましょう。
f:id:rick1208:20200704185745p:plain
「別のタイムゾーンの時計を追加する」という項目をクリックすると、以下のような画像の画面が表示されます。この画面の中から「インターネット時刻」のタブを押し、次に「設定の変更」を押しましょう。
f:id:rick1208:20200704190845p:plain
「設定の変更」をクリックすると、「インターネット時刻設定」のウィンドウが表示されます。まず最初は、「インターネット時刻サーバーと同期する」にチェックを入れましょう。次に、時刻を同期させたいサーバーを選びましょう。インターネットに常時接続されている場合は、時刻の同期は定期的に行われるようになります。すぐに時刻を合わせたいときは、「今すぐ更新」という項目を押し、時刻を同期させましょう。
f:id:rick1208:20200704190855p:plain
時刻を同期させたいサーバーを選びた後は「OK」を押しましょう。同期するまでには、少々時間がかかります。同期が終了するまで待ちましょう。

インターネット時刻サーバーと同期する設定にすることで、皆さんが利用しているWindows10の表示時刻は、インターネット時刻サーバーと同期するように設定されている状態になります。インターネット時刻サーバーと同期することで、パソコンに表示時刻は定期的に更新され、常に正しい時刻を表示することが可能です。

タイムゾーンを自動的に設定する

f:id:rick1208:20200704045325p:plain
次に、「タイムゾーンを自動的に設定する」方法をご説明していきます。タイムゾーンを自動的に設定することで、海外に行ってパソコンを起動したとき、パソコンが自動でタイムゾーンを変更し、正確な時間を表示してくれます。
f:id:rick1208:20200704190923p:plain
タイムゾーンを自動的に設定するには、まず最初はWindows10のトップ画面を開きましょう。デスクトップ画面の右下にある、システム領域に表示されている「表示時刻」を右押し、設定を変更します。「日付と時刻の調整」を押しましょう。

「日付と時刻の調整」をクリックすると、以下の画像が表示されます。赤枠で囲まれている「タイムゾーンを自動的に設定する」を有効にしましょう。

タイムゾーンを自動的に設定

f:id:rick1208:20200704043155p:plain
タイムゾーンを自動的に設定する」を有効にすることで、海外には、そのタイムゾーンの時間がWindows10のパソコン上で表示されるようになります。

NTPサーバーの変更

f:id:rick1208:20200704043229p:plain
次に、Windows10の時刻同期方法で、「NTPサーバーの変更」を使用した同期方法をご説明していきます。

NTPサーバーとは「Network Time Protocol (ネットワークタイムプロトコル)」の略称で、正しい現在の時刻をパソコン上で取得するのでのプロトコルの一つです。パソコンで表示される時計の時刻を正しく調整するので、ネットワーク上で時刻情報を配信しているサーバーに問い合わせるものです。

このNTPサーバーを変更することで、Windows10の時刻を同期が可能です。

NTPサーバーを変更する方法

f:id:rick1208:20200704045347p:plain
早速、NTPサーバーを変更する方法をご説明していきます。NTPサーバーを変更するには、Windows10のスタートメニューの「設定(歯車アイコン)」を押します。メニューの中から「時刻と言語」を押しましょう。「日付と時刻」の設定を選び、画面右側に表示される「別のタイムゾーンの時計を追加する」を押しましょう。
f:id:rick1208:20200704191028p:plain
「日付と時刻」というウィンドウが表示されるので、3種類のタブの中から「インターネット時刻」というタブを押します。インターネット時刻設定の詳細が表示され、デフォルトでは「time、windows、com」というサーバーに自動で同期するように設定されています。これらをチェックしたら、「設定の変更」を押しましょう。

「インターネット時刻サーバーと同期する」にチェックが入っていることをチェックし、下の「サーバー」に「ntp、nict、jp」と記入しましょう。「ntp、nict、jp」と記入したら、「今すぐ更新」を押しましょう。
f:id:rick1208:20200704191856p:plain
「今すぐ更新」をクリックすると、NTPサーバーと同期されます。同期されたことをチェックし「OK」を押し、NTPサーバーの変更を終了しましょう。

NTPサーバーと同期ができない場合

NTPサーバーと同期ができない場合は、ファイアウォールの設定をチェックする必要があります。ファイアウォールの設定で、NTPサーバーブロックされているという可能性があります。

同期時間の変更

f:id:rick1208:20200704045709p:plain
最後に、Windows10の時刻同期方法で、「同期時間の変更」を使用した同期方法をご説明していきます。Windows10の同期時間の変更を使用した同期方法は、以下の3種類があります。

タイムスケジューラで同期時間を設定する方法
Windows10の時刻同期方法〜手動で修正〜
日付と時刻の設定から手動で修正する方法


それぞれのWindows10同期時間の変更を使用した同期方法ごとに、時間の同期方法をご説明していきます。

タイムスケジューラで同期時間を設定する方法

f:id:rick1208:20200704191942p:plain
まず最初はじめに、タイムスケジューラで同期時間を設定する方法をご説明していきます。Windows10のコントロールパネルを起動させ、「管理ツール」を押します。「管理ツール」の中から「システムとセキュリティ」を押しましょう。
f:id:rick1208:20200704193202p:plain
次の画面に表示されるメニューの中から「管理ツール」を選びましょう。色々な管理ツールの中から「タスクスケジューラ」を押しましょう。タスクスケジューラをクリックすると、以下の画像のような画面が表示されます。
f:id:rick1208:20200704193210p:plain
画面右側に表示されている「タスクスケジューラライブラリ」を下にスクロールし、「Time Synchronization」を押しましょう。画面真ん中に「SynchronizeTime」という項目が表示されるので、これを右押し、次に「プロパティ」を押しましょう。
f:id:rick1208:20200704193218p:plain
「プロパティ」をクリックすると、以下の画面が表示されます。タブの中から「トリガー」というタブを選び、「新規」を押しましょう。
f:id:rick1208:20200704193225p:plain
次に、詳細の設定をしていきます。「設定」の中から「毎日」にチェックを入れましょう。画面真ん中に表示されている時間の欄には、時間を記入します。最後に、画面左下に表示されている「有効」にチェックが入っているのをチェックし、「OK」を押しましょう。
f:id:rick1208:20200704193232p:plain
このやり方に従うことで、タイムスケジューラで同期時間を設定可能です。

手動で修正

f:id:rick1208:20200704214309p:plain
次に、Windows10の時刻同期方法(手動で修正)をご説明していきます。この方法は、先に解説した「どうしても自分自身の手で時計を設定したいという場合」と同じような設定です。以下の画面で時刻を手動で記入し、時刻を同期しましょう。

日付と時刻の設定から手動で修正する方法

f:id:rick1208:20200704214511p:plain

最後に、日付と時刻の設定から手動で修正する方法をご説明していきます。先に解説した「Windows10の時刻同期方法〜手動で修正〜」の方法と同じようなやり方で設定します。

この設定では、設定したい時刻を手動で設定可能なことに加え、日付も同時に設定可能です。

まとめ

f:id:rick1208:20200704214612p:plain
ここでは、ずれてしまったWindows10の時刻設定方法をご説明してきました。長く利用していれば、表示される時間がずれる可能性があります。正しい時間を常に出しるため、Windows10の時刻同期し、正しい時間を表示しましょう。