漫画の地球儀

Facebook広告の料金、仕組み、種類、効果!【pc、iPhone、android、スマホ、設定方法】

スポンサーリンク

Facebook広告

f:id:rick1208:20200703170215p:plain
世界的に有名なFacebookですが、現在月間アクティブは18億人以上と言われています。これは日本人の総人口の18倍です。この最大SNSでもあるFacebookは圧倒的に集客力が高く、ビジネスで利用している人も多いのではなきでしょうか。

その中でFacebookにはこの集客力を武器に広告ビジネスを展開しています。人の目に映る可能性が高いFacebookですが、使用していて広告を目にする機会も年々と多くなっています。

このFacebookの広告とはどのような仕組みで種類があるのか。費用体系や設定方法、そして効果や特徴などをまとめていますので、参考にしてください。

特徴や仕組み

f:id:rick1208:20200703170014p:plain
Facebookの広告とは、タイムラインのニュースフィード内とタイムライン横のサイドメニューに表示され、自然と人目につきやすい特徴があります。

また年齢、地域、性別、趣味・嗜好など幅広い情報をもとに必要とされる人にだけ配信する仕組みを取り入れた効果が期待可能な広告となっており、現在広告を出したいと言う企業や個人事業主が増加中の媒体がFacebook広告です。

さらにターゲティングに強く、購買ファネルのすべての段階に使え、幅広い人にアプローチをかけることの可能な仕組みや特徴があるので、広告を考えている人は利用してみてはいかがでしょうか。

メリット

f:id:rick1208:20200703170613p:plain
ではFacebookの広告を出すメリットとはどのようなものがあるのでしょうか。3つのメリットに分けて細かく説明していきます。この仕組みや特徴を知れば知るほど、ビジネス展開に必要な要素が見えてくるはずです。

Facebook広告の特徴(メリット)とは「ターゲティングに強い」「購買ファネルのすべての段階に使える」「デバイスを超えて幅広い人にトラッキング可能な」と言う仕組みや特徴があります。

ターゲティングに強い

f:id:rick1208:20200703170633p:plain
Facebook広告の最大に特徴と言えるのがこの「ターゲティングに強い」と言うことです。

FacebookSNSなので、使用するのには個人情報を記入します。友達と繋がるために個人名や性別、年齢そして住まいの地域や仕事などあらゆる基本情報を記入して始めます。

さらに、日頃どこに行っているのか、誰と会っているのかなど移動歴や交とき歴などあらゆる情報をFacebookは無料で確実に収集することが可能な仕組みを構築しているのです。

このような情報をもとにFacebook広告を出す企業や事業主は細かな条件設定を元にニーズの強い人にだけに絞り広告を出すことが可能となったのです。

ターゲティングに強いとは、細かな条件の設定が可能な広告はFacebookの特徴を最大限に活かすことが可能なと言うことです。このメリットは企業側からすればありがたいです。

購買ファネルのすべての段階に使える

f:id:rick1208:20200703170545p:plain
Facebook広告には購買ファネルのすべての段階に使えると言うメリットがあります。

購買ファネルとは人がサービスや物を使用、購入するのでの流れのようなもので、まず最初は、認知から始まります。会社名、商品、サービスなど知ることによって次は比較や検討を考え始めます。そして最後には決定したり買ったりすると言う流れです。

もっとわかりやすく言うと「英会話教室」と言うものに興味があるとします。でもあくまでも興味段階です。

そこで「A社の英会話教室」があると知ります。これが認知です。何度も目にするので認知度は高くなっていき、次第に興味が湧いていきます。

そして価格や内容が気になり始め他社と比較を始めていきます。すごく内容的に良いと言う結論に至るとサービスを受けるために「A社の英会話教室」に通い始めるのです。
f:id:rick1208:20200703234918p:plain
Facebookではこの購買ファネルのすべての段階に使えると言うのは、認知、比較。購入の三段階の人に向けてどの段階にもアプローチ可能な仕組みを構築しているのです。

どこの段階にでもアプローチをかけることの可能な広告の種類がFacebook広告の特徴です。

バイスを超えて幅広い人にトラッキング可能

f:id:rick1208:20200703170800p:plain
Facebook広告とは一般的な広告とは違い、トラッキングの幅が広いです。

ラッキングとはどのような流入で情報を得ているのかを知り、記憶することでその人を知ると言うものです。インターネットでのトラッキング方法はCookieが主流と言われています。

Facebook広告では、アプリなどの連携や移動歴、検索歴などあらゆる情報からトラッキングし、デバイススマホタブレット、パソコン)などもトラッキングして収集します。
f:id:rick1208:20200703235438p:plain
このように幅広い人に向けてトラッキング可能なという特徴があるので、効果にも期待ができ、失敗しにくい広告を配信することが可能です。

Facebook広告のメリットをまとめてみても、これだけターゲットの情報を収集しニーズに合わせてアプローチ可能なのは、企業側にもメリットがあります。さらに利用者にもニーズに合った情報を提供してもらえるので、邪魔になりにくい特徴があります。

両者にとってのメリットはFacebookにとっても利用者数が増加するので、効率が良く失敗しにくい戦略ではないでしょうか。

Facebook広告が表示される場所

f:id:rick1208:20200703170827p:plain
ではFacebook広告とはどこに表示されているのでしょうか。Facebook広告のメリットをチェックしながら、スマホ、パソコン、タブレットなど自身のFacebookを見ながらチェックしてみてください。

全部のでデバイスで特徴があります。

パソコン

f:id:rick1208:20200703235504p:plain
パソコンなどのブラウザでFacebookを見るときに出る広告は、「フィード」と「右側広告枠」の2箇所にFacebook広告が表示されます。

これは大きなパソコンなどで見るときに目に留まりやすい場所に配置している特徴があります。

「フィード」の場合はスクロールすると消えてしまいますが、右側のFacebook広告はスクロールしても一部ついてくる追跡型広告となっているので、クリック率も高い場所です。

Facebook広告「フィード広告」

Facebook広告「フィード広告」とは、タイムラインに表示される記事と記事の間のフィードに挟まれるように表示される広告のことを「フィード広告」といいます。Facebook広告では主流の広告です。

Facebook広告「右側広告枠」

Facebook広告「右側広告枠」とは、パソコンなどのコンピューターに表示される限定の広告で、ブラウザの右側に表示されています。

タブレット

f:id:rick1208:20200703170735p:plain
タブレットiPad)のFacebook広告の表示場所は「フィード」に表示されています。大画面での広告は迫力ありますね。

スマホ

f:id:rick1208:20200703171056p:plain
スマホの場合コンパクトになり、1回に得られる情報がおあそこんより少ないので広告が多すぎると嫌気がさします。Facebook広告では嫌気が刺さない程度に、でもちゃんと広告を提案可能なように、スマホ用に広告を出しる仕組みを利用しています。

ではどこにFacebook広告を出しるのかと言うと、記事と記事の間や広告記事や動画などフィードに主に表示されています。

またこのあと解説しますが、Facebook広告の種類も豊富でスマホで表示さtれるFacebook広告の種類は「インスタント記事」「インストリーム動画」「ストーリー」「Marketplace」と種類が豊富で広告も楽しませる工夫をしています。

Facebook広告「インスタント記事」

Facebook広告「インスタント記事」とは、タイムラインに流れている一般の投稿みたいに表示されている記事広告でFacebookでは「インスタント記事」と言われています。

Facebook広告「インストリーム動画」

Facebook広告「インストリーム動画」とは、短い動画をフィード上に出しる広告です。記事とは違い、インストリーム動画がスマホタブレットなどの画面に表示されtら、動画の自動再生が始まります。

Facebook広告「ストーリー」

フルスクリーンのクリエイティブフォーマットで、写真や動画を通して利用者が見ることしたり、シェアしたりすることの可能な広告を、Facebook広告「ストーリー」といいます。

Facebook広告「Marketplace」

Facebook広告「Marketplace」とは、Facebookが提供している販売形態の1つで物を買ったり可能です。このMarketplaceを使用している人には、フィード上にも広告を出しることが可能です。

Instagram

f:id:rick1208:20200703171056p:plain
Instagramの場合は「フィード」と「ストーリーズ」に広告が表示されます。ここで気づく人も出てくると思いますが、なぜInstagramの高校の話をしているのかと言うと、Instagramは2012年にFacebookに買収されていますので、InstagramFacebookの傘下ということ(同じ企業が運営)しているということです。

なので広告表示についても今回記事で説明しています。

Instagram広告「ストーリーズ」とは

フルスクリーンのクリエイティブフォーマットで、写真や動画を通して利用者が見ることしたり、シェアしたりすることの可能な広告を、Instagram広告「ストーリーズ」といいます。Facebook広告の「ストーリー」と同じ仕組みです。

オーディエンスネットワーク

f:id:rick1208:20200703171112p:plain
バナー広告、インタースティシャル広告、ネイティブ広告と選択可能な広告です。オーディエンスネットワークのモバイルでのアプリ内インプレッションのおよそ86%はネイティブ広告で発生しています(Facebook内部データ、2017年4月)。

Messenger

f:id:rick1208:20200704020749p:plain
広告はMessengerのホームタブに表示されます。上の画像のようにメッセージとメッセージの間に表示され目につきやすいところにFacebook広告を出しる仕組みになっています。

このように色々な広告に種類や仕組みがあり、ユーザーの目につきやすいく特徴を幅広いニーズに答えています。

では表示方法と場所は上記の通りですが、ここからはFacebook広告の種類についてまとめていきます。

Facebook広告の種類

f:id:rick1208:20200703170827p:plain
ここからは、Facebook広告の種類を中心に費用や設定方法、広告記事の作り方、失敗例をまとめていきます。まず最初はFacebook広告の種類についてですが、大きく分けて8種類の広告が用意されています。

「リンク広告」「カルーセル広告」「キャンバス広告」「スライドシュー広告」「リード獲得広告」「ダイナミック広告」「動画広告」「アプリダウンロード広告」の順に説明していきます。どの広告にもメリットもあればデメリットもあります。

リンク広告

f:id:rick1208:20200703183710p:plain
Facebook広告の種類は大きく分けて8種類です。その中の1つが「リンク広告」ですが、Facebookの広告には「コールトゥアクションボタン」が用意されています。

その広告の「コールトゥアクションボタン」を押すことで企業サイトに移動(サービスや商品のページに誘導)させることが可能な一般的な広告となります。

ルーセル広告

f:id:rick1208:20200704021745p:plain
ルーセル広告とは上の画像のように1つの広告に複数の画像や動画、見出しとリンク、あるいはコールトゥアクションを表示可能です。

広告を見ている人は、携帯電話やタブレットの場合はスワイプ、コンピューター画面の場合は矢印をクリックすることで、カルーセルカードをスクロールすることで、少ないスペースで数多くの情報(広告)を提供することが可能です。

キャンバス広告

f:id:rick1208:20200703191016p:plain
キャンバス広告とはFacebookユーザーが広告を押すとフルスクリーンの専用ビューワーが表示され、テキスト・写真・動画・GIFアニメなど色々なコンテンツを出しることが可能です。

キャンパスと名称がつけられるように、自由度の高い広告を提供することが可能です。

スライドショー広告

f:id:rick1208:20200703191030p:plain
最長15秒のスライドショーを用いて広告画像を自動でスライドショーとして出しる広告です。

3枚から7枚程度の画像を動画のように出しることで、見た目にも印象が残りやすく、動画よりも読み込みスピードが早いので、ユーザーも嫌がりにくいFacebook広告と言えます。

リード獲得広告

f:id:rick1208:20200703191123p:plain
リード獲得広告とは、facebookユーザーからのビジネスや商品への問い合わせを促進する広告です。Facebookユーザーの情報を元に広告を出しるため成約率も高いとされています。

ダイナミック広告

f:id:rick1208:20200703191153p:plain
ダイナミック広告とはビジネスのウェブサイトやアプリ、インターネットのその他の場所でインベントリーに関心を示した人に、自動的にインベントリーを宣伝するものす。

Facebookで「いいね」を押した記事が自分自身のFacebookページで広告として出しる仕組みです。 Facebook広告の種類でも効果の高い仕組みだと言えます。

動画広告

f:id:rick1208:20200703191243p:plain
広告の定番になるつつある動画広告ですが、Facebookの8種類の1つとして動画広告は用意されています。Facebookの動画広告は毎日1億時間以上再生されていると言われており、ニーズの高さが証明されています。

アプリダウンロード広告

f:id:rick1208:20200703191231p:plain
アプリダウンロード広告はスマホタブレットなどのアプリの解説をしている広告です。大半の Facebookユーザーのフィードでも表示されているので見たことある方も多いと思います。

アプリをダウンロードしていない人にしか出しないので、成約率も高く、安定的にユーザーを獲得可能なのではないでしょうか。

このように Facebook広告は大きく分けて8種類あるのですが、それぞれの仕組みや特徴はある程度理解できたのではないでしょうか。

次は気になる Facebook広告の費用について解説します。広告の種類によっても金額が変わるので、気になる広告の費用を調べてみてください。

Facebook広告の費用

f:id:rick1208:20200703200543p:plain
Facebook広告が発生する仕組みは大きく分けて7種類にです。

ますは通常の広告でも利用されている「クリック課金(Cパソコン)」「インプレッション課金(CPM)」「アプリのダウンロード(CPI)」「動画の10秒間の再生」の4種類です。

そして Facebookならではの仕組みを取り入れた「最適化インプレッション課金(oCPM)」「ページへのいいね!」「投稿のエンゲージメント」の3種類の合計7種類となっています。それぞれについて説明していきます。

全部の広告費に言えることは自分自身で予算を先に設定することが可能なので、予算を超えることはありません。そして、自分自身で選びた課金対象の条件(上記の7種類)が満たされた時にだけ費用が発生する仕組みになっています。

通常の広告でも利用されている課金システム

f:id:rick1208:20200703200657p:plain
他のサイトでも利用されている広告についてまとめています。ネット広告では主流と言われるタイプです。広告効果も安定的で失敗しにくい仕組みとも言われています。

Facebook広告課金対象「クリック課金(CPC)」

投稿やページなどで記載しているURLなどをアクション(クリック)した人に対してだけ費用が発生する設定が可能な広告です。

Googleで特に採用しているクリック型(成約は関係なし)なので、興味のあるユーザーを集客することが可能です。

例えば100回クリックされたら100回分のクリックに対しての費用が発生します。

Facebook広告課金対象「インプレッション課金(CPM)」

インプレッション課金(CPM)とは表示された回数によって費用が発生する仕組みで、クリックするのではなく、 Facebookのユーザーのページに表示された回数で課金が発生します。

例えば100回表示されたらいくらというような精算になります。

Facebook広告課金対象「アプリのダウンロード(CPI)」

アプリのダウンロード(CPI)とはスマホタブレットなどのアプリを Facebook広告経由でダウンロードされるごとに支払いが発生する仕組みです。

ダウンロードされる無料アプリでも費用が発生します。成約して費用が発生するので、効果は絶大です。

例えば10ダウンロードされたら10回分の費用が発生します。

Facebookならではの仕組みを取り入れた課金システム

f:id:rick1208:20200703205936p:plain
ここからは、 Facebook独自の仕組みを活用した広告課金です。費用発生するのは同じですが、この仕組みが Facebook広告を支えていると言っても過言ではありません。

Facebook広告課金対象「最適化インプレッション課金(oCPM)」

インプレッション課金(CPM)とは表示された回数によって費用が発生する仕組みで、クリックするのではなく、 Facebookのユーザーのページに表示された回数で課金が発生するのは同じです。

しかし、Facebookの独自の情報収集で二ーズの高いユーザーにだけ出しることが可能な為、成約率が高いというメリットがあります。

こちらも例えばですが、100回表示されたらいくらというような精算になります。

Facebook広告課金対象「ページへのいいね」

自身が作っている Facebookページに「いいね」を集めるための広告です。「いいね」を押した分だけ費用が発生します。

Facebookページでいいねが増えるだけで表示される数も増え、安定した成約を獲得するメリットがあります。

例えば1000いいねをされたらいくらというような費用設定です。期間内に押されたいいねの数の費用が精算対象となります。

Facebook広告課金対象「投稿のエンゲージメント」

投稿のエンゲージメントとは Facebookページではなく投稿記事に対しての「いいね」や「シェア」の数に応じて費用が発生する仕組みです。

短期間に情報を提供させたい時に有効な広告で、拡散させることで幅広い人に広告をみてもらえるメリットがあります。

例えば10回シェアされて、100いいねが集まったらその分の広告費を精算しないといけません。

費用対効果が高い

f:id:rick1208:20200703200627p:plain
このように、色々な広告は先に費用設定を行うので、気がつけば莫大な広告費が請求されるということはありません。さらに成約率も高いので費用対効果は高いので失敗しにくいと言われています。

領収書は発行されるか

f:id:rick1208:20200703200741p:plain
Facebook広告の支払いが実行されると、取引内容の詳細(費用、請求内容、資金が使用されたキャンペーン、広告の結果など)が記載された領収書が発行されます。

例えば1000円分の広告予算を決めても、期間内に達成しなかったら、発生した分だけの精算になります。

Facebook広告の設定方法

f:id:rick1208:20200704041544p:plain
Facebook広告の設定方法をまとめています。どのような設定をすればどのような効果を発揮するかなどまとめていきますので参考にしてもらえたら幸いです。

あくまでも例としての設定方法なのでご理解ください。

広告アカウントの作成

f:id:rick1208:20200704041613p:plain
まず最初はアカウントを作成しましょう。広告を設定するにはFacebookページが必要となりますので、広告アカウントを作ってFacebookページを作ってください。

広告マネージャーへログイン

f:id:rick1208:20200704041633p:plain
Facebookアカウントを作成したらそのアカウントで、広告マネージャーへログインしましょう。同じアカウントパスワードでログインすることが可能です。

キャンペーンの設定

f:id:rick1208:20200704041644p:plain
Facebookメニュー一覧より「広告マネージャ」を押してください。
f:id:rick1208:20200704041655p:plain
「作成する」を選びた後、キャンペーン名や購入タイプ、目的を記入して進んでください。

広告セットの作成

f:id:rick1208:20200704041716p:plain
キャンペーンを作成したら次は、広告をセットしていきます。「コンバージョンピクセル」「オーディエンス(セグメント)」「配置(広告の掲載カ所)」「予算と配信期間」をそれぞれ広告内容と目的に沿って設定してください。

広告の配置設定

f:id:rick1208:20200704041747p:plain
広告の配置については先に記述した内容に沿ってどこにターゲットを置くかで決めるようにしましょう。例えば、タブレットの人をターゲットにする場合は「フィード」のみなど広告配置を考えて失敗しない配置を選んでください。

予算と期間の設定

f:id:rick1208:20200704041806p:plain
最後に広告の予算と期間を設定して終了です。あとは効果がある広告だったのか、失敗してしまったのか、費用と効果が見合うものだったのか、情報をまとめながら修正をしていきましょう。

Facebook広告の作り方

f:id:rick1208:20200704041820p:plain
ここっからは広告の作り方を例としてまとめています。効果のある広告はこの作り方で変わっていきます。失敗しない広告作りは経験を積んでいかないといけないので、失敗を恐れず挑戦してみましょう。

広告のサイズ

例えばスマホにターゲットを置くなら一回で表示可能な大きさに設定しないと、効果のある広告は可能でせん。逆にパソコンであれば小さすぎる広告は見にくすぎて失敗に終わる可能性があります。

どこにターゲットを絞るかで画像、動画と変わっていきますので失敗しないようにちゃんと打ち合わせをしていきましょう。

動画広告

動画も長さやインパクトがなければ見ることしてもらうこともできないでしょう。どのような広告なのかわかりやすく伝える努力が必要です。例えば、最初にジャンルやニーズを伝えその後、解決策となるような一連の動画を作ってくのがオススメです。

ポリシーに準拠した広告を作成する

f:id:rick1208:20200704041914p:plain
誇大広告や嘘の動画、勘違いされやすい動画は、クレームの対象となりますので、モラルとFacebookポリシーに準拠した広告の作成を心がけてください。

失敗しない広告作りはこのポリシーを守り、伝えるための情報をわかりやすく短い時間で伝える努力が大事です。効果がある動画作りを目指していけばFacebook広告はメリットだらけです。

Facebook広告の失敗例

Facebook広告の失敗例としては、効果のない広告とは、情報を詰め込みすぎて何を伝えたいのかわからなくなる広告や、逆に情報がなさすぎて、アクションを起こしにくい広告などがいい例です。

またターゲット設定など思惑とはずれて、効果が半減し失敗する場合もあります。例えなので、
これだけではないのですが、まず最初は失敗しない広告作りを目指すより、たくさんの広告を作り失敗を重ねるのも必要ではないでしょうか。

まとめ

f:id:rick1208:20200704041851p:plain

このようにFacebook広告と言っても今まで聞いたことない用語や仕組みがあったのではないでしょうか。一気に覚えて使いこなすことはできないので、ちゃんと効果のある広告を作ってビジネス展開のきっかけを作っていきましょう。