漫画の地球儀

インスタグラムでリポスト、リグラムする方法!【pc、iPhone、android、スマホ、画像、動画】

スポンサーリンク

インスタグラムの「リポスト」「リグラム」

f:id:rick1208:20200630161032p:plain
インスタグラムのリポスト(リグラム)とは、誰かの投稿した画像や動画、キャプションの文章に書かれている情報などを、自身のインスタグラムのフォロワーにシェアすることをいいます。

ツイッターの「リツイート」や、Facebookの「シェア」にあたるのが、インスタグラムのリポスト機能です。インスタグラムで綺麗だと感じた画像・動画をシェアしたり、書かれてある情報に共感したとき、拡散したいときなどには、積極的に利用していきましょう。

インスタグラムでリポスト(リグラム)する方法『文章、画像、動画』

f:id:rick1208:20200630161734p:plain
インスタグラムでリポスト(リグラム)が可能なのは、ストーリーズ上のみとなっています。ただし、インスタグラムのストーリーズに投稿したものを編集して、インスタグラムの通常のフィード投稿としてリポストすることも可能です。

ここでは、インスタグラムのストーリーズへのリポストの方法、そのストーリーズを編集してフィード投稿する方法について解説します。

ストーリーにリポスト(リグラム)してシェアする

f:id:rick1208:20200630162539p:plain
まず最初は基本となる、インスタグラムのストーリーズにリポスト(リグラム)してシェアする方法です。インスタグラムを開いて、リポストしたいフィード投稿を見つけたら、画像の下にある紙飛行機のアイコンを押しましょう。※画面はiPhoneのものですが、Androidでも同じような操作となります

シェアを行う項目の中に、「ストーリーズに投稿を追加」と出てくるので、こちらを選択すると自分自身のインスタグラムのストーリーズに投稿を行うことが可能です。
f:id:rick1208:20200701155528p:plain
インスタグラムへの投稿画面が表示されますので、「ストーリーズ」というボタンをタップすれば、自分自身のインスタグラムへの投稿が終了です。

ちなみにインスタグラムでは、複数枚の画像や動画なども投稿可能ですが、複数枚の画像がある場合には選びた最後の写真が、動画の場合はサムネイル画像のみが表示され、それぞれインスタグラムのストーリーズに投稿することが可能です。

また、インスタグラムに投稿されたストーリーズを押すと、投稿元のインスタグラムのユーザーネームが表示されるので、その投稿を見に行くことが可能です。

画像が複数枚ある場合には一番シェアしたいものを、動画の場合には一番見せたい場面を、それぞれ吟味してからインスタグラムのストーリーズへリポストするようにしましょう。

フィードにリポスト(リグラム)してシェアする

f:id:rick1208:20200630162702p:plain
すこし変則的なやり方になりますが、1回インスタグラムのストーリーズにリポストした投稿を利用して、フィード投稿にシェアすることが可能です。ここでは、さきほどインスタグラムのストーリーズにリポストした投稿を、さらにインスタグラムのフィードにリポストするやり方を解説します。

まず最初はインスタグラムに投稿したストーリーズの「もっと見る」ボタンを押して、「投稿としてシェア」を選びます。

表示されたメニューの中から、「投稿としてシェア」を選びます。

次の新規投稿の画面から、画像のトリミングを行うことが可能です。画像を拡大することでリポストした元のユーザーネームを切り取ることも可能ですが、インスタグラムでのマナーとして引用元を残しておくのがよいでしょう。

あとはインスタグラムでの通常のフィード投稿と同様に、キャプションの文章・タグ・位置情報の追加、他SNSへの共有設定が可能です。

これで、フィード投稿へのシェアが終了です。

なお、通常インスタグラムでリポストを行うときには、投稿元のキャプションの文章を残しておくことが、インスタグラムにおけるマナーの一つとされていますが、上記の「ストーリーズへリポスト」→「ストーリーズからフィード投稿へシェア」を行うと、投稿元の文章は反映されません。

投稿元のキャプションから文章をコピーしてきてペーストるか、のちほどご解説するアプリで反映させるかのどっちかになります。インスタグラムでのマナーを守るうえでも、使い勝手のいいやり方で試してみてください。

インスタグラムでリポスト(リグラム)できないとき

f:id:rick1208:20200630162949p:plain
もし、上記のやり方でインスタグラムでリポスト(リグラム)できないときには、別のアプリを利用してリポストするやり方があります。アプリを使えば、インスタグラムでのフィード投稿をそのまま自分自身のフィード投稿にリポストできて便利です。その方法については、のちほどご解説します。

インスタグラムで複数枚の写真をリポスト(リグラム)する方法

f:id:rick1208:20200630163519p:plain
インスタグラムでは、複数枚の画像を1回に投稿してある内容もありますが、複数枚ある画像を1回にリポスト(リグラム)することはできません。

さきほど解説した通り、インスタグラムの複数枚の画像の場合は、最後に選んだ1枚のみがストーリーズにリポストされるからです。もし、インスタグラムで複数枚ある画像をリポストしたい場合には、1枚1枚選びながらリポストしていきましょう。

逆に、誰かにリポストされたい画像がある場合には、複数枚での投稿にせずに、1枚だけの画像で投稿するのがインスタグラムでの上手なやり方です。

インスタグラムで自分自身の投稿をリポスト(リグラム)させない方法

f:id:rick1208:20200630163347p:plain
インスタグラムで自分自身の投稿した内容を、誰かにリポスト(リグラム)されたくない場合には、シェアさせないようにインスタグラム内で設定を行うことが可能です。

主にプライベートでインスタグラムを使う場合や、鍵をかけたアカウントなどでインスタグラムを運用する場合には、シェアさせない設定はとても重要です。ここでは、そのやり方について解説します。

まず最初はインスタグラムの自分自身の投稿画面から、画面右上の3点リーダー(あるいは歯車のアイコン)を押し、オプションを開きます。
f:id:rick1208:20200701202926p:plain
オプションを開いたら、「プライバシー設定とセキュリティ」の項目にある、「ストーリーズの再シェア」を押します。
f:id:rick1208:20200701203146p:plain
ここで「ストーリーズへの再シェアを許可する」をオフにすれば、他の人のストーリーズに自分自身のインスタグラムでの投稿をリポストさせないように設定することが可能です。
f:id:rick1208:20200701203152p:plain
インスタグラムで他の人からのリポストをさせないようにするには、上記のやり方を覚えておきましょう。

※なお、上記のインスタグラムでの設定については「ストーリーズへの再シェア」をさせないように設定することは可能ですが、のちほどご解説する「無料アプリによるフィード投稿へのシェア」を制限することができない場合があります。

反対に相手がインスタグラムでシェアさせない設定をしていても、無料アプリを使えばリポスト可能な可能性もあります。トラブルの元にもなりかねませんので、かならずインスタグラムでのリポストのときには投稿元ユーザーへ事前の許可を取るように心掛けましょう。

インスタグラムのリポスト(リグラム)におススメの無料アプリ

f:id:rick1208:20200630161313p:plain
インスタグラムから行うリポスト(リグラム)は、ストーリーズへのシェアになりますが、無料アプリを使うことで、通常のフィード投稿にもリポスト可能なようになります。

ここでは、インスタグラムのリポストに使える便利なアプリをご解説します。iPhoneでもAndroidでも用意されているので、インスタグラムの運用を効率化したい人は、ぜひ試してみてください。

Repost for Instagram

f:id:rick1208:20200701204850p:plain
まず最初はインスタグラムのリポスト用アプリとして一番有名な、「Repost for Instagram」です。インスタグラム内でコピーしたリンクから、そのままアプリですぐにフィード投稿としてリポストが可能です。

インスタグラムへリポストしたときに、左下にリポストアイコンを自動で反映してくれるのも大変便利です。

また、さきほどちょっと触れたインスタグラムでのリポストのときのマナー「投稿元のキャプションの文章を残しておく」をスムーズに行うことが可能なのも、このアプリの大きな特徴です。

キャプション作成時にペーストするだけで投稿元の文章も反映されるので、わざわざ投稿元に見に行く手間を省けます。

リポスト、リグラム+写真加工 for インスタグラムのPackeD

f:id:rick1208:20200701214103p:plain
「リポスト、リグラム+写真加工 for インスタグラムのPackeD」も、インスタグラムのリポスト(リグラム)用の有名な無料アプリです。

アプリ名の通り、リポスト以外にも、写真の加工や検索、フォロー管理やいいね管理など、インスタグラムの運用に欠かせない機能が満載です。

Sounds App Music

f:id:rick1208:20200701214019p:plain
前の2つのアプリとすこし系統が異なる「Sounds App Music」は、元々は音楽のシェアが可能な無料アプリですが、インスタグラムでも使える便利ツールです。

アプリ内でシェア可能なのはもちろん、インスタグラムへのシェアもでき、さらにインスタグラムで投稿された画像に、音楽をあてて再投稿可能なのが大きな魅力です。一味異なるインスタグラムのリポストを試したい方におススメのアプリです。

インスタグラムでリポスト(リグラム)するときの注意、マナー

f:id:rick1208:20200630180738p:plain
インスタグラムのリポスト(リグラム)は、誰かの投稿をシェアする行為です。投稿した人に、その投稿を使わせてもらう上で忘れてはいけないマナーや気を付ける点があります。

インスタグラムでリポストを活用したい場合には、以下の気を付ける点を忘れずに、インスタグラムでのマナーを守ったリポストを心掛けましょう。

キャプションに「#Repost」というハッシュタグを入れる

f:id:rick1208:20200630180633p:plain
インスタグラム内でリポストした投稿であることが一目で分かるように、キャプションの文章の中には、かならず「#Repost」というハッシュタグを入れるのがインスタグラムでのマナーです。

これを入れることで、インスタグラムの投稿を見た人がリポストされた内容だということが分かりますし、投稿元の内容にも興味を所持してもらえます。

また、ハッシュタグ検索によって、インスタグラム内でリポストした投稿を探したい人からも探してもらえ、見ることされる可能性も高まります。

リポストする写真に「リポストアイコン」を入れる

f:id:rick1208:20200630175821p:plain
インスタグラムでリポストする写真には、「リポストアイコン」を入れるようにしましょう。リポストアイコンとは、無料アプリなどでインスタグラムにリポストしたときに、画像に反映されるアイコンのことです。
f:id:rick1208:20200702034954p:plain
このリポストアイコンは、インスタグラムだけでリポストする場合には反映されません。自分自身でアイコンを反映するのが難しい場合には、さきほどご解説したアプリを使えば、自動的にインスタグラムの投稿にリポストアイコンが反映されます。

さきほどのハッシュタグ以外にも、インスタグラムの画像を一目みたときにも、リポストしたものと分かるように配慮するのがインスタグラムにおけるリポストのマナーといえます。

キャプションに「@ユーザーネーム」とメンションを入れる

f:id:rick1208:20200630165622p:plain
インスタグラムではキャプションに「@ユーザーネーム」を入れることで、投稿元のユーザーへインスタグラム上で通知を送ることが可能です。インスタグラムのリポストのときには必ず記載して、リポストしたことを相手に知らせるのがインスタグラムでのマナーです。

インスタグラムでリポストする場合には画像部分のユーザーネームを消さないように、アプリからインスタグラムへリポストを行う場合には、キャプション部分にちゃんと反映するようにしましょう。

また、インスタグラムで投稿された内容を無断で使用するのは厳禁です。インスタグラムでリポストする場合には投稿元のお相手にメンションを飛ばして、気持ちよくリポストするよう気をつけましょう。

また、事前にインスタグラムのDMなどでリポストの許諾を得るなど、丁寧な対応も心掛けましょう。